FABLED NUMBER、“らしさ”が底上げされた1stフルアルバム『ILLUMINATE』で堂々のメジャーデビュー!

FABLED NUMBER | 2017.02.06

 エレクトロダンスミュージック(EDM)とエッジーなロックのハイブリッドな音楽性が特徴的なFABLED NUMBER(フェイブルド ナンバー)。先鋭的なサウンドとキャッチーでメロディアスな歌。そしてシンガロング必至の音楽性で近年頭角を現してきた6人組だ。
そんな彼らがこの度メジャーデビュー。1stフルアルバム『ILLUMINATE』を発表する。 
これまで以上のスケール感と日本語詞を中心とした気持ちを重ねやすい歌詞。そこにこれまで以上の最先鋭なダンスサウンドが融合し、より伝わりやすく分かりやすくもきちんとカッコ良さを擁した、実に彼ららしさが底上げされた全12曲となった。
数多の共有感を含め、目新しさたっぷりの音楽性が耳を惹く今作。ボーカル&ギターで歌詞を担当する弟のN’Eita(以下:Eita)と、作曲とサウンドメイクを担う兄でベース担当のN’Taichi(以下:Taichi)に色々と今作についてを訊いた。

EMTG:ダンスロックを基調にエレクトロニカやラウドロック等を交えたりと、作品毎に都度、その音楽性に変化をつけてきたFABLED NUMBERですが、今作ではそれらがバランス良く且つ全開に収まっていますね。
Taichi:その感想は嬉しいですね。元々今回のアルバムではその辺り、いわゆる“自分たちならでは”を出したかったところもあったので。
EMTG:それはいわゆるEDMやエレクトロとロックの融合といった部分ですか?
Taichi:ですね。元々、<海外のEDMやダンスロックのDJのプレイをバンドで演りたい!!との発想から始めたバンドでしたから、僕らは。そこにあくまでも王道の曲の在り方で且つきちんとメロディも届けたいとの想いが融合して…。今作で完全にその流れや理想に辿り着けた感が自分の中でもあるんです。自分としては、ダンスミュージックがあらゆる音楽の中で最もカッコいいし、とんがっていて最先端、且つ売れるジャンルだと信じてますから。
EMTG: てっきりロックにEDMを融合していったが故の現在の音楽性かと思ってました。
Taichi:実は逆で。単純にあのかっこいいサウンド自体に惚れてましたから。とは言え、ああいったサウンドが好きな人たちに向けてというよりかは、音色やリズムの在り方等を自分のバンドでも演ってみたいし放ってみたい、そんな発想からでしたね。
EMTG:今作では楽曲のスケール感のアップもですが、日本語の歌詞が中心となっているところも意外でした。
Taichi:その辺りは最初から狙っていたところでもあって。
Eita:これまではほぼ英語詞でしたからね。元々僕はJason Mraz(ジェイソン・ムラーズ=アメリカ出身のナチュラルでオーガニック系の男性シンガーソングライター)が好きで。ああいった感じのギターを弾きながら、そこにリズミカルなメロディやラップを入れたり…、そんな歌が好みなところもあったんで。 
EMTG: そこから今作での日本語詞メインへの移行には何か理由でも?
Eita:結局、自分たちは日本で活動しているし、歌を向けているのも日本人にだし、これからは主に10代で青春を謳歌しているティーンネイジミュージックを作っていかなくてはいけない立場になってきた自覚からですね。あとは、<一緒に歌って欲しいし、一緒にライブを作って行って欲しい!!>そんな想いもあるかな。
EMTG:それこそ今作では作品全体的に、これまで以上にお客さんも一緒に呼応できる箇所や一緒に歌えるところの比重も増えてますもんね。
Eita:やはり日本語の歌を聴きたいという人が多いでしょうから。女の子は歌詞を噛みしめ、男子は一緒に声を出して歌いたいだろうし。それらも踏まえ、今作ではあえて分かりやすい日本語の歌詞や一緒に歌える、シンプルだけど力強く印章に残るメロディライン、その辺りを意識して作っていきました。
EMTG:より日本語寄りになったことでの共有感や一緒感は、これまで以上に表れています。
Eita:これまでもサウンドでの共有感や一体感、一緒感は充分にあったと思うんです。だけど、こと歌に関しては、そこまで出ていたか?と問われると、はなはだ疑問で。それらも踏まえて今回は、歌の部分でも共有できて、意味が伝わることで更に一緒に参加している感が生まれ、ひいてはこれまでとはまた違った景色を共有できるんじゃないかなと。
EMTG:凄く分かりやすく、伝わりやすく、しかも女性が聴いたらたまらない歌詞内容も印象的でした。
Eita:一緒に歌って欲しいとの気持ちも込めて、あえて自分がいま思っていることを書きました。こういった音楽性だと、ややもすると高揚感や快楽への比重が高く歌に中身が無い印象を持たれがちですが、逆にこのようなサウンドだからこそ、あえてこのような歌詞を乗せた的なカウンターさも必要かなって。光景感や景色感も含めて、これまで以上にカッコ良さと分かりやすさが共存した作品になったと自分では思っています。
EMTG:そうそう。情景感や景色感が今まで以上に表れているのも今作の特徴ですもんね。
Taichi:そうなんです。その辺りは全曲意識しました。歌詞もだけどサウンドでも情景描写をしたくて。まずは景色をイメージして、それに合うアレンジや音色、空気感を探りながら構築していったんです。
Eita:今回の作品は大きければ大きいステージほど映える、スケール感のある楽曲が揃いましたから。僕ら自身どんどん大きなステージに立っていきたいし、そこに見合う楽曲を作っていきたいですからね。
EMTG:それこそこれまでのライブハウスクラスのサウンドイメージから、大きな会場や野外で映える楽曲が揃った印象があります。
Taichi:そう感じていただけたのなら大成功です。今回、目指していたところの一つはそこでもあったので。正直これまでもけっしてライブハウスをイメージして作っていたわけではないんです (笑)。常に大会場でのプレイをイメージして作ってはいたんですが…。そう考えるとやはり今回は、音のクオリティが上がったところも大きいんでしょう。サウンドの鳴りも違うし、いかんせん声が遠くまでよく響く作風になりましたからね。
EMTG: シンガロングにしてもスタジアムアンセムと言っても過言じゃないぐらいのスケールアップ具合で。
Taichi:まさに狙ったスケール感はそこでした。そう、スタジアムクラスのスケール感。
Eita:自分にしても、今回日本語詞にしたことによって、これまで築いてきたカッコ良さや元々のスケール感を損なわずに、且つより伝わりやすいものになったと自負しています。特にM-2の「The Lights」でのいきなりの日本語詞、しかも激しい曲に誰にでも分かる日本語詞がいきなり優しい歌声で飛び込んでくる。その辺りだけでも、これまでの自分たちを想像して聴いていたお客さんの驚く顔が楽しみです。
EMTG:最後に今後のFABLED NUMBERの目標等を教えて下さい。
Eita:大きなステージが似合うバンドになりたいです。ここにきてようやく自分たちの中でも、お客さんに向けての意識も強くなってきたし、今回の作品を持って確実に新しい面白さをみなさんに提示できましたから。これまでのロックバンドのノり方とはまた違った躍動感や一体感をより引き出せる楽曲が沢山収まった今作を持って、今いるライブキッズたちを、この4分(しぶ)のビート感でノらせていきたいです。まだまだ多くの人をアゲていきたいし、自分たちの世界に惹き込んでいきたい。これからどんどんステップアップして幅広い人、多くの人が観に来たいと思ってもらえるバンドになっていきますから!
Taichi:僕たちが音楽を演っている一番の理由は、<届けたい!!>との想いなんです。歌にしろサウンドにしろ何かを伝える手段として音楽があり、それが1人でも多くの人に届けばいいなと。まっ、それが故の今回のメジャーデビューですから。より多くの人に観てもらえる大きな場所を目指すし、これからメジャーシーンをかき乱していくんで、みなさん是非ここから一緒に始めて下さい。よろしくお願いします!

【取材・文:池田スカオ和宏】

tag一覧 J-POP アルバム インタビュー FABLED NUMBER 男性ボーカル

リリース情報

ILLUMINATE

ILLUMINATE

2017年02月08日

日本クラウン

01. 2012
02. The Lights
03. 夜の鼓動
04. オーケストラック
05. World Joke
06. Let You Cry, Let You Fly
07. Sing In A Night
08. Two
09. トワイライトシティ
10. キライな君はもういない
11. Don’t let me go
12. The King

お知らせ

■コメント動画



■ライブ情報

FABLED NUMBER presents 1st full album『ILLUMINATE Tour 2017』
2017/03/16(木) 神戸太陽と虎
2017/03/24(金) 千葉LOOK
2017/03/30(木) 金沢vanvanV4
2017/03/31(金) 富山Soul Power
2017/04/07(金) 浜松FORCE
2017/04/14(金) 京都GATTACA
2017/04/21(金) 広島CAVE-BE
2017/04/28(金) 熊谷HEAVEN’S ROCK
2017/05/15(月) 仙台MACANA
2017/05/26(金) 高松DIME
2017/05/31(水) 梅田AKASO
2017/06/16(金) 名古屋Electric Lady Land
2017/06/30(金) 渋谷TSUTAYA O-WEST

RAD CREATION presents でらロックフェスティバル2017
2017/02/05(日) 名古屋ダイアモンドホール

Rhythmic Toy World presents
「ライブ三昧はっけよい、骨の髄までいっちゃって!汗と涙の10本勝負!!」 ~うちのお庭で勝負編~ 5本目

2017/02/20(月) 渋谷CLUB CRAWL

FABLED NUMBER presents 1st full album『ILLUMINATE Tour 2017』
2017/02/24(金) 福岡Queblick

見放題東京2017
2017/03/04(土) 東京新宿歌舞伎町界隈9会場

RED in BLUE presents FULL POWER FEST’17
2017/03/05(日) 広島CLUB QUATTRO

TENJIN ONTAQ 2017
2017/03/11(土) 福岡市 天神地区ライブハウス 全8会場

HIROSHIMA MUSIC STADIUM -ハルバン’17-
2017/03/12(日) 広島ライブハウス 全5会場

SANUKI ROCK COLOSSEUM
2017/03/20(月) 高松6会場

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る