go!go!vanillasの音楽歴史を振り返る短期連載『go!go!music~3rd SEASON~』最終回となる第4回目は「自分をあらわすこの一曲」です!

go!go!vanillas | 2017.03.17

【第4回】お題「自分をあらわすこの一曲」


go!go!vanillasの音楽歴史を振り返る短期集中連載『go!go!music』。
“3rd SEASON”では、1月18日にリリースされたニューシングル「おはようカルチャー」にちなんで、4人が様々なカルチャーに触れながら、ルーツミュージックを掘り下げます。

連載最終回となる今回のテーマは「自分をあらわすこの一曲」です!
「おはようカルチャー」のジャケットにかけ場所はふくろうカフェにて、4人がいま自分を表すならどんな曲をセレクトするのか!?熱いトークを繰り広げていただきました。

最終回、どうぞお楽しみください♪





EMTG:早速、プリティからいきましょうか。
長谷川プリティ敬祐:ザ・50回転ズの「放課後のロックンロール」(アルバム『50回転ズのビリビリ!!』収録)です。これを聴いたのが中学生とか高校生のときで、そのときは、全然、“これが俺だ”なんて思わなかったけど、どんどんロックンロールっていうのを知り始めて、この歳になって聴くと、当時、ロックンロールと出会ってワクワクした気持ちが蘇ってくるような気がするんです。
EMTG:「放課後のロックンロール」はどういう歌詞なんですか?
プリティ:学生のときにロックンロールに出会って、いろんなことがどうでもよくなっちゃって、バカになってっちゃうっていうか。中学まではまともだったのに、的な(笑)。かっこいいものに出会ったときの情熱が詰まってるんです。“うわ~! かっこいいものがいっぱいある、すごい! すごい!”っていう音楽の原体験にいつでも戻れる歌詞ですね。



ジェットセイヤ:初期衝動だよね。
EMTG:50回転ズは“本当のロックンロールはこれだ!”っていうのを体現してますよね。
柳沢進太郎:中学校ぐらいのときに「ゲゲゲの鬼太郎」のオープニングやってたよね。
セイヤ:ああ、やってた。また対バンしたいな。
プリティ:昔、コピバンをやってたときも、この曲をやってたんです。勢い余ってハメを外したりして、ライブハウスの兄ちゃんに怒られたりもしましたね。
牧 達弥:もがいてた時代ですよね(笑)。
EMTG:じゃあ、次はセイヤくん。
セイヤ:俺はザ・クロマニヨンズの「おれ今日バイク」ですね。去年出たいちばん新しいアルバム(『BIMBOROLL』)に入ってるんですけど。よくライブとかに行って「今日何で来た?」って聞かれて、「おれ今日バイク」って答えるような曲です(笑)。
プリティ:え? そういう歌詞なの?
セイヤ:すごく短文やけどね。曲もいわゆる“クロマニヨンズ!”っていうテンション上がる感じです。クロマニヨンズは学生がカバーしやすいような曲ですよね。
EMTG:サビはずっと♪おれ今日バイク おれ今日バイク♪ですね。
セイヤ:あとは“安全ってなんだ”“便利ってなんだ”とか言ってますよね。(甲本)ヒロトさんがバイク好きで、バイクの雑誌にも載ってたりするんですよ。ハーレーのスタンドが折れて、エンジンをかける時に周りのおっちゃんに助けられて帰ったとか(笑)。



EMTG:セイヤくんもバイク好きだから、この曲がずばり自分だと?
セイヤ:正月も親父と走りに行きました。毎年恒例になってるんです。
牧:この時代にバイクっていうのが良いよね。若い人は車にも乗らないのに、バイクっていう言葉を出してくれる感じがクロマニヨンズらしいし。
セイヤ:クロマニヨンズは「オートバイと皮ジャンパーとカレー」っていう曲もありますからね。好きなものを3つ並べたみたいな。それも良いなと思います。
牧:俺もなんか趣味がほしいな……。音楽制作に影響があるのは、やっぱり音楽以外のことからのほうが大きいと思うんですよ。
EMTG:バイクに乗ったら曲が出来る?
牧:それこそステッペンウルフの「ワイルドでいこう!(ボーン・トゥ・ビー・ワイルド)」みたいな曲が(笑)。
全員:♪ボ~ントゥビ~ワ~イ♪
EMTG:はい(笑)。では次、進太郎くん。
進太郎:ザ・クークスの「シー・ミー・ナウ」っていう曲ですね。ボーカルのルーク・プリチャードが亡くなった父親に対して書いた曲なんです。父親は、毎日ネクタイを締めて家を出て仕事をして、いろんなところにも連れて行ってくれた、みたいな歌詞なんですね。その背中をずっと見てたけど、今度は今の自分の姿を見せたかったっていうような。
EMTG:それが自分に重なるのは?
進太郎:俺、おじいちゃんが80歳すぎで亡くなったんですけど、そのおじいちゃんがずっと俺に「大学に行け」って言ってたんです。でも、音楽の専門学校に行って、俺がいない間もずーっと親とかに「何してるんだ、あいつは」みたいなことを言ってたらしくて。これを聴くと、ライブを観てほしかったなあとか思いますね。特に今回のシングル(「おはようカルチャー」)では2曲目(「12:25」)で歌ってたりするから、聴かせたかったです。



EMTG:曲を聴いたのも、おじいさんが亡くなった頃だったんですか?
進太郎:意外とそういう節目に(自分に必要な曲に)出会ったりするんですよね。クークスは大好きなので、発売してすぐに買ったんですけど。歌詞カードを見る前に、MVを観てたんですよ。それは日本で撮影してて、ルークがネクタイをつけて、お父さんを模倣したサラリーマンみたいな恰好で街を練り歩いてるんです。で、その曲が終わったときに、お父さんの写真と没年が出て。“あ、そういう曲なんだ”みたいな。だから、全然アッパーでもないんですけど、朝、昼問わず、ずーっと聴いてました。
セイヤ:ルークも親父のことが好きだったんだろうね。
進太郎:最初はそんなに好きじゃなかったかもしれないけど、亡くなってやっぱり……。
セイヤ:偉大さというか。
進太郎:うん。自分で稼ぐっていうことをし始めると、“すげえな、親父”みたいな。俺の場合は父親じゃなくて、おじいちゃんですけど。エモい気持ちになりますね。
セイヤ:良い話や。
EMTG:最後は牧くん。
牧:僕は吉田拓郎の「暮らし」ですね。この曲は歌ってることもめちゃくちゃ響くんですけど、合いの手で挟まってくるギターソロがグッとくるんですよ。16小節目のソロかな。♪我が子を抱いて思った♪のあとなんですけど。たぶん手癖というか、セッションっぽく入れてると思うんですけど。“男っつうものは何ぞや”と。大人になれる曲です。
EMTG:出だしから♪男だったんだと 女が居て気づいた♪ですからね。
牧:これがまさに子どもから大人になる瞬間なんですよね。初めて聴いたのは大学生の頃だったんですけど、義務教育は終えても、まだ学生じゃないですか。4年間、俺らは守られてるというか。でも、この世代の人たちは、学生がもう“俺ら大人だぜ”っていう気持ちを持ってたから、歌詞もかっこいいんですよ。それで俺も“男になろう”と思えたし、そういう自分を奮い立たせてくれた曲なんです。



セイヤ:今でもライブでやっとる?
牧:やってた。去年の10月ぐらいに国際フォーラムで観たんですけど。拓郎さんって、いまだに新曲を作ってるんですよ。でも、過去の栄光には勝てないって言ってて。もちろんアーティストとしては新曲を聴いてほしいじゃないですか。でも、やっぱり名曲と言われる曲に戻ったときに、お客さんがワーッて迎えてくれる。それを昔はすごく悩んだけど、今となっては、それもそれでいいかなと思う、でも、やっぱり書き続けなきゃって言ってて。なるほど、と。売れても、なお悩む何かはあるんですよね。
EMTG:吉田拓郎さんですら。
牧:だから、一生悩み続けるんだろうなと思うんです。音楽をやり続ける以上は。
EMTG:なるほど。今回4人に話を聞いてて改めて思ったのは、音楽ってアーティストが発信するものだけど、最終的にはリスナーのものになるのが素敵じゃないですか。
牧:そうですね。
EMTG:そういう音楽をバニラズにも鳴らし続けてほしいなと。
牧:それは思ってることですね。歌詞の捉え方も曖昧にする場所と、明確にする場所を、結構考えてるんです。自分の想いがあるけども、僕を通して聴いたときに、その人が“これ、俺のことだ!”って思ってくれたら、そこを邪魔する気はなくて。
EMTG:ええ。
牧:だから“この曲の真意は何ですか?”とかインタビューでも聞かれて、そのときはそれに対して答えてますけど、実はどうでもいいことなんです。それを知って“あ、(自分が思っていたこととは)違うんだ”とは思わないでほしい。自分で思い込めばいい、というか。実際、俺もそうやって音楽を聴いてきたから。

【カメラマン:オオタシンイチロウ】
【取材・文:秦 理絵】



●今回ご協力いただいたお店
パクチーバル8889
東京都豊島区高田3-14-23
TEL:03-6912-9883

【営業時間】
フクロウカフェ:平日13:30~17:00土日祝13:00~17:00
パクチーバル:全日19:00~24:00
火曜日定休


4回にわたりお届けした「go!go!music ~3rd SEASON~」は今回が最終回!
ご覧いただいた皆さん、そしてgo!go!vanillasの4人、ありがとうございました~♪



ニューシングル発売決定!!!!

2017年5月17日リリース
ニューシングル「平成ペイン」

8,200枚完全限定生産盤(CD+DVD):VIZL-1160 ¥1,800 + 税
通常盤(CD):VICL-37268 ¥1,200 + 税

<CD収録曲>
「平成ペイン」ほか全3曲収録

8,200枚限定生産盤付属DVD
「go!go!vanillas 1st Acoustic Session」
<DVD収録曲>
全6曲(曲順未定)
オリエント
12:25
ツインズ
バイリンガール
ギフト
なつのうた


tag一覧 J-POP 男性ボーカル go!go!vanillas

リリース情報

おはようカルチャー

おはようカルチャー

2017年01月18日

ビクターエンタテインメント

01.おはようカルチャー
02.12:25
03.あの素晴しい愛をもう一度

このアルバムを購入

お知らせ

■ライブ情報

rockin’on presents JAPAN’S NEXT TURBO 2017
03/19(日) 豊洲PIT

Rocks Forchile
03/25(土) ZEPP OSAKA BAYSIDE

YON FES 2017
04/02(日) モリコロパーク(愛・地球博記念公園)

ARABAKI ROCK FEST.17
04/30(日) 宮城県 みちのく公園北地区 エコキャンプみちのく

VIVA LA ROCK 2017
05/03(水) さいたまスーパーアリーナ

rockin’on presents JAPAN JAM 2017
05/04(木) 千葉市蘇我スポーツ公園 (千葉市中央区)

go!go!vanillas presents READY STEADY go!go! vol.04
05/05(金) 赤坂BLITZ

百万石音楽祭~ミリオンロックフェスティバル~
06/03(土)~06/04(日) 石川県産業展示館

ストレイテナー「BROKEN SCENE TOUR 2017」
06/09(金) 青森 Quarter
06/18(日) 横浜 BAY HALL

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る