妄想キャリブレーション メンバー全員が作詞にも取り組んだ最新シングル「桜色ダイアリー」

妄想キャリブレーション | 2017.06.12

 秋葉原ディアステージ所属のアイドルユニット・妄想キャリブレーション。最新シングルのタイトル曲は、テレビアニメ『冴えない彼女の育てかた♭』のエンディングテーマだ。メンバー全員が同アニメの世界を踏まえながら作詞に取り組んだこの曲は、ステージに立って夢を追いかけている彼女たちの姿とも重なる仕上がりとなっている。藤咲彩音(でんぱ組.inc)×星野にぁ(妄想キャリブレーション)によるユニット「ニァピン」、相沢梨紗(でんぱ組.inc)×桜野羽咲(妄想キャリブレーション)によるユニット「LAVILITH」の曲も収録された今作について、メンバーたちに語ってもらった。

EMTG:「桜色ダイアリー」は、『冴えない彼女の育てかた♭』のエンディングテーマですね。
桜野羽咲:はい。「『冴えない彼女の育てかた♭』のコンペに出したいから」というお話を頂いて書き始めた曲です。このアニメの第1期のエンディングテーマを担当していた沢井美空さんにも協力して頂きながら歌詞を書いていきました。
胡桃沢まひる:沢井さんと「どういう空気を作っていきましょうか?」というお話をしながら、「登場人物の1人だけに寄り添うんじゃなくて、どのヒロインにも当てはまるような女の子の気持ちを歌ったものにしたいですよね」ということになりました。
EMTG:女の子が勇気と自信を持つようになっていく姿が描かれていますけど、妄キャリの姿と重なるものがありました。
星野にぁ:私たちは、めちゃくちゃ不器用な女の子の集まりなので、そういう気持ちもこめています。2番の《不器用なりのクオリティ》とか《妄想 カタチにしていこう》の《妄想》も、私たち寄りに書いている部分ですね。
水城夢子:ライブで歌っていても、とても感情をこめやすいです。
雨宮伊織:私は歌詞で曲を好きになることが多いんです。歌詞ってとても大事ですよね。歌詞を見ただけで、どなたの曲なのか分かるアーティストさんもいらっしゃいますし、妄キャリもいつかそうなれたらいいなと思っています。
夢子:どんなジャンルの歌でも「あっ、これ、妄キャリの曲だ!」ってすぐに分かってもらえるようになりたいです。
羽咲:「桜色ダイアリー」の歌詞はオタクっぽさとか、ゲーム用語を入れられたので、それは妄キャリらしさに繋がったと思います。『冴えない彼女の育てかた♭』は、ゲームを作るストーリーなので、そういう作品に対して出せる妄キャリらしさは、やはりオタクな面なのかなと。
夢子:私はメンバーの中で1人だけオタクじゃないですけど(笑)。でも、『冴えない彼女の育てかた♭』に出てくる女の子たちはメンバーと重なるところがたくさんあるので、すごく妄キャリにぴったりだなと思っています。
まひる:『冴えない彼女の育てかた♭』のファンのみなさんにも受け入れてもらえるものにしないと、私たちアイドルがアニソンを歌う意味が生まれなくて、マイナスの方向になってしまうこともあり得ると思っていたんです。私たちはオタクだからこそ、愛と熱意で『冴えない彼女の育てかた♭』に関わらせて頂きたかったんです。
EMTG:夢子さんはオタクじゃないそうですか、ゲームに関しては?
夢子:ゲームも詳しくないです。
まひる:夢子は桃鉄もやったことないんですよ。
EMTG:貴重な現代人ですね。
夢子:ゲームも勉強中です。でも、『冴えない彼女の育てかた♭』を観させて頂いていることによって、メンバーのみんなの気持ちが少し分かった気がしています。好きなアニメについてみんなと話し合って盛り上がる楽しさも知りました。
にぁ:夢子をゲームの世界にも染めようと、みんなで話し合っているところなんですけど(笑)。
EMTG:(笑)「桜色ダイアリー」は、もうライブでも歌っていますよね?
まひる:はい。この前、ライブで伊織にピアノを弾いてもらって「桜色ダイアリー」を歌ったんですけど、今までの活動のことが走馬灯のようによみがえりました。伊織はライブの直前まで、「上手く弾けるか自信ない」って言っていたんですよ。それが歌詞の《本当は自信ないよ 理想とは程遠いし》とリンクしました。《なりたい なりたい ヒロインに》も歌いながら、「私たちもヒロインになりたくて一生懸命走っているんだな」と感じて、泣いてしまいました。
羽咲:私は伊織が鍵盤を触った瞬間に涙が「ぶわー!」っと(笑)。
にぁ:この曲の最初のところが上を向いているポーズで良かったです。そうじゃないと、みんな涙が出過ぎて大変だったでしょうね。
伊織:泣いていなかったのは私だけです。ピアノを弾くのに必死過ぎて(笑)。
夢子:伊織は頑張っている姿をあまり他人に見せないんです。隠れて努力するタイプなんですよ。そういうことも思い出すと泣ける曲です。
EMTG:伊織さんはレコーディングでもピアノを弾いたんですよね?
伊織:弾きました。なかなか思うようにできなくて、すごく悔しい気持ちになりました。だから「ライブでは完璧に弾きたいです」って言ったんですよ。実際に弾かせて頂けて、とても嬉しかったです。
まひる:前回のシングルで伊織は、作曲にも関わらせて頂いたので(メジャー4thシングル『激ヤバ∞ボッカーン! !』の期間生産限定アニメ盤に収録された「back stage」)、今後、さらにいろいろな面で私たちの表現ができるようになったらいいなあと思っています。
伊織:「back stage」を作ったの、すごく昔みたいな気がします。
まひる:いろんなことがあるから、あっという間だよね。もう6月だ。ヤバい(笑)。
夢子:時間が過ぎるのが早いのは、充実しているっていうことなんでしょうね。夜寝る前に「今日も無事にお仕事をすることができて、幸せだったな」と、いつも思っています。
にぁ:『冴えない彼女の育てかた♭』のキャラクターのみんなも、今、すごく試練に耐えているんです。いろいろな経験をしながら前に進んでいるので、私たちみたいな気持ちを感じているんだと思います。
まひる:『冴えない彼女の育てかた♭』に出てくるみんなもそうだと思うんですけど、「今が青春だ」って、その時点では気づかないんでしょうね。2曲目の「青春プロローグ」では、そういうことを歌っています。「桜色ダイアリー」と「青春プロローグ」は、私たちの「今」を表現できた曲ですね。
EMTG:今回のシングルはでんぱ組.incのピンキーさん(藤咲彩音)と、りさちーさん(相沢梨紗)とのコラボの曲が収録されるのも、ファンのみなさんが注目していると思います。まず、ピンキーさん&にぁさんのユニット「ニァピン」の曲は、「PINKY☆STAR」(初回生産限定盤に収録されている)ですね。
にぁ:はい。ついにニァピンの曲が音源化されます。ピンキーさんは、とても親しくしてくださるので、大先輩であることをうっかり忘れそうになるんですけど(笑)。一緒に歌って踊っていると、「すごいなあ」って思います。「PINKY☆STAR」は、PandaBoYさんに作詞作曲をして頂きました。すごくテンションが上がる曲です。ニァピンのコンセプトの「届きそうで届かない想い」という切なさも表現しているので、「かわいい」と「切ない」の両方を感じて頂けたら嬉しいです。
EMTG:りさちーさん&羽咲さんのユニット「LAVILITH」の「スバラシキセカイ」は、とてもかっこいい仕上がりですね。
羽咲:ありがとうございます。曲選びから梨紗さんと関わらせて頂きました。作詞を岩里祐穂さんにして頂けたのも、とても嬉しかったです。梨紗さんが「叶えたい夢が1つ叶った」とおっしゃっていました。梨紗さんも私も、歌をすごく歌いたい2人ですので、「“歌わなきゃ生きていけない”っていうイメージで書いてください」と岩里さんにお願いをしたんです。
EMTG:歌詞の最初が《歌いつづけろ》なのが、グッときます。
羽咲:岩里さんから頂いたメッセージだと感じて、私も痺れました。先日、梨紗さんと一緒に歌を合わせて練習したんですけど、歌唱力を求められる曲なので頑張っています。「スバラシキセカイ」なので、素晴らしく仕上げていきたいです(笑)。
EMTG:(笑)まひるさんは、りさちーさんの歌を秋葉原ディアステージで聴いたのが、この世界に入る大きなきっかっけになったんですよね?
まひる:はい。初めてディアステージに行った時に梨紗さんが歌っていて、「私もこんな風に輝きたい」って思ったんです。もしあの時梨紗さんの歌を聴かなければ、「こういうお店なんだなあ」っていうだけで終わっていたかもしれないです。梨紗さんのおかげで私の人生がアイドルの方へ向いたんだと思います。
羽咲:私も今回の曲で梨紗さんからいっぱい勉強をさせて頂きました。自分の中にあるイメージを言葉にするのはなかなか難しいですけど、梨紗さんの姿を見て「こうやって言葉にしていけばいいんだな」と感じました。学んだことを妄キャリにも活かしていきたいです。
夢子:でんぱ組.incのみなさんからは、いつもいろいろなアドバイスを頂いています。ライブを観させて頂くと、オーラがすごいですよね。私たちもいつか、でんぱ組incのみなさんのようなライブができるようになりたいです。
伊織:私はでんぱ組.incのみなさんが初めて武道館でワンマンライブをやった時、朝の情報番組で映像を観たんです。それがきっかけでディアステージに応募したので、私にとっても大きな存在です。自分たちの考えを持っていろいろなことに取り組んでいる姿を見て、いつもすごく勉強をさせて頂いています。
EMTG:今回のコラボの経験は、妄キャリの47都道府県ツアーでも活かされていくんじゃないでしょうか?
羽咲:活かしていきたいです。どんどんいいライブをできるようになっていきたいですから。47都道府県ツアーは、まだ行ったことがない場所に行けるのも嬉しいです。
にぁ:私の出身地の宮崎にも行けますしね。
夢子:私の地元の富山に行けるのは2回目なんですよ。前回は友だちを呼べなかったので、今回は呼びたいです。
伊織:富山は私の地元でもあるので、楽しみですね。富山でもピアノを弾きたいです。聴いてほしい人がたくさんいます。
まひる:たくさんのみなさんに、「妄キャリは、こういうグループになったよ」と、伝えられるのが嬉しいです。47都道府県ツアーは前から叶えたかった夢なので、いいツアーにしたいと思っています。

【取材・文:田中 大】

tag一覧 J-POP シングル 女性ボーカル 妄想キャリブレーション

リリース情報

桜色ダイアリー

桜色ダイアリー

2017年06月14日

Sony Music Records

1.桜色ダイアリー
2.青春プロローグ
3.桜色ダイアリー -Instrumental-
4.青春プロローグ -Instrumental-

このアルバムを購入

お知らせ

■コメント動画



■ライブ情報

妄想キャリブレーション47都道府県ツアー〜大声出そうぜ。MOSO MAX〜
特設サイトへ

トップに戻る