各種コンテスト総ナメの怪物バンド、YAJICO GIRLが初の全国流通盤ミニアルバム『沈百景』をリリース!

YAJICO GIRL | 2017.09.06

 活性化と言う名の変化。そのタームがどんどん短くなり、流れの向きさえ予想できないのが、この数年の音楽シーンだ。まるでその様は、最近の黒潮のニュースが如く。過去何回かあったバンドブームとは、もう地盤も環境も違っている。
そんな中、潮流の行く先を見据え、そこに流されない強いマインドを持ったバンドが出て来た。
YAJICO GIRL。日本語の面白さを探求しようとしている歌詞、切実で誠実なメロディ。ギターロック、シューゲイザー系のディープなアプローチ、パワーポップなど、アレンジのバリエーションも豊富だ。
今回EMTG MUSIC初登場となる彼らに、アルバム『沈百景』について訊いた。

EMTG:1度聞いたら忘れられないバンド名ですが、どのようにして決まったんでしょうか?
武志綜真(Ba):YAJICOっていうワードは適当なノリで決めました。GIRLはNUMBER GIRLから取りました。
EMTG:バンド結成のいきさつを教えてください。
古谷駿(Dr):高校の部活でバンド結成する時、その場にいた人で組みました。全員どんな音楽が好きとか、相手の性格もほとんど知らない状態でしたね。
吉見和起(Gt):バンドを組んで初めてコピーしたのは、the pillowsの”Funny Bunny”のELLEGARDENバージョンでしたね。必死に覚えた曲を間違えないかとか不安がとても大きかったんですけど、音を出し始めてからは小さなミスも気にならないくらい楽しくなりましたね。
EMTG:曲はどうやって作るんですか?
四方颯人(Vo)ギターで弾き語りっぽい感じで作ることが多いです。そこにGarageBandで他のパートを入れていきます。歌詞は、発語した時の気持ち良さや韻を意識して作っています。詞の内容は映画や漫画から影響を受けることが多いですね。細かい作り方は曲によってバラバラで、元々メモってたフレーズを使うこともあるし、適当に歌いながら作っていくこともあります。 
EMTG:歌詞は全部日本語。日本語を使った情景や気持ちの描写、聴いていてイマジネーションを刺激する展開、言葉とセンテンスの並びがすごく心に残りました。四方さんが思う、日本語の良さ、面白さとは?
四方:言葉の数の多さに一番魅力を感じますね。例えば、一人称を指す言葉は英語では「I」だけですけど、日本語では「私」「僕」「俺」などいろんな言葉がありますよね。詞の内容っていくつかに限られると思うんですけど、その中でも個性を出せるのが良いなぁと思ってます。 
EMTG:曲を作る際に、最も大切にしていることは?
四方:ありきたりな感じにならないようには意識していますかね。あとは、言語化するのが難しいんですけど、メロディにも結構こだわりがある方だと思います。自分の中で良いメロディと良くないメロディっていうのが明確にあって、それを探す作業に重きを置いてます。
EMTG:四方さんの作る曲の良さって?
武志:良い意味で楽器をあんまり弾いてないからこそ、曲のリフもちょっとしたフレーズも新鮮味があるとこですかね。手癖で完結させないとこが好きです。
吉見:ありきたりな展開にならないとこも好きです。
古谷:間口の広さと奥行きがあるところですね。
榎本陸(Gt):メロディが良すぎてとろけちゃう……。
EMTG:アルバムタイトルの『沈百景』に込められた意味、気持ちは?
四方:音楽に向き合うことは自分の中に沈んでいったり潜っていったりっていうイメージがあって、その中で見えてくる景色を目指したいという意味を込めて、『沈百景』にしました。作る際に思ったのは、音楽的なところでいうと、何となく感覚でやっていたものを意図的に意識することでアレンジの幅を広げようというのはありましたね。
EMTG:曲順はどうやって決めました?
四方:完成した曲を並び替えるのでなく、アルバムの流れを意識して曲を作るので曲順を考えたというのはないです。
EMTG:アルバム収録曲「光る予感」を作る際のテーマは?
四方:日々生活していると一つの側面だけ見てキャラ付けとか○○系みたいにイメージを固められることが多いんですが、あくまでそれは一部でしかないと思っています。曖昧さが切り捨てられがちな事が多いなと思って曲を作りました。
EMTG:アルバム収録曲のタイトルにちなんだ質問です。自分が思う“ロマン”と“ロマンス”の違いって? ちなみに私はロマンは男性だけが追いかけられる夢、ロマンスは男女がいてこそ成立する夢、と思っています。
全員:まさしくその通りだと思います(笑)
四方:この曲では、ロマンとロマンスを天秤にかけた時の心情みたいなものを書きました。
EMTG:「サラバ」は、今の音楽シーンに対するこのバンドからのメッセージにとれますが、バンドとしてシーンの中で、どのようなスタンスになっていきたいと思ってますか?
四方:作品が世に出る度にシーンに影響を与えられるようなバンドになりたいと思っています。
EMTG:「黒い海」のバンドサウンドのスケール感、展開、最後までしっかり聴かせるテンションの高さに感激しました。この曲は、どのようにして作られ、バンドサウンドに仕上げていったのですか? またこの曲に関して、それぞれの “ここが肝だ!”というところを教えてください。
四方:ロック音楽のかっこよさを1番に意識して作りました。後半落ち着くパートから盛り上がっていく部分は特にこだわって歌いました。
武志:間奏のコードが段々下がっていくとこは海に潜っていくイメージを大事にしてます。
吉見:武志と同じく間奏は、深く黒い海のような幻想的な雰囲気を大事にしています。
榎本:ウィーザー味を大事にしてます。
古谷:8分の6拍子はアレンジがしにくくあんまり好きじゃなかったんですけど、王道をいきつつ少し捻くれたアレンジに出来たと思います。 
EMTG:ライヴもたくさん決まってますね。このバンドにとってライヴって?
榎本:ライヴ至上主義が今日の流れではありますが、その流れに迎合するのは自分達らしくなく、音源で勝負したいと思っています。すぐ結果が出るかはわかりませんが、続けていくことで状況が変わっていくものと考えています。
EMTG:このバンドで演奏する際、最も大切にしていることを教えてください。
武志: その曲の部分部分で、誰の音を一番聴かせるべきかを考えながら弾いてます。
榎本:ウィーザー味を残すようにしてます。
EMTG:自分たちの世代や、今の時代を意識することはありますか?
四方:音楽の聴かれ方が変わっていくからこそ、新しいやり方があると思ってるので、そういうのはすごく意識しています。
EMTG:最後に、このサイトの読者の皆さんにメッセージをお願いします!
吉見:今のYAJICO GIRLがわかる作品なので、是非『沈百景』を手にとってみてください!

【取材・文:伊藤 亜希】

tag一覧 J-POP アルバム インタビュー YAJICO GIRL 男性ボーカル

リリース情報

沈百景

沈百景

2017年09月06日

Eggs

1.光る予感
2.PARK LIGHT
3.ロマンとロマンス
4.サラバ
5.黒い海

お知らせ

■ライブ情報

ヤジヤジしようぜ! vol.2 supported by NANIWAdelic
09/17(日) ESAKA MUSE

TOKYO CALLING 2017
09/18(月) 渋谷ライブハウス数カ所開催

MASH FIGHT! Vol.6 2nd Season MATCH
09/24(日) 福島 2nd LINE

Eggs × CINRA presents「exPoP!!!!! volume101」
09/28(木) TSUTAYA O-nest

MASH FIGHT FINAL MATCH
12/03(日) 渋谷WWW

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る