極上のファンクロックを鳴らし続けてきたBRADIOのメジャーデビューシングル「LA PA PARADISE」

BRADIO | 2017.10.11

今年は、チケットが即完売となった中野サンプラザでの初ホールワンマンも大成功。夏の大型フェスやイベントなどにも多数出演しながら、オーディエンスの腰と心を直撃するファンクロックを高らかに鳴らし続けてきたBRADIOが、シングル「LA PA PARADISE」でいよいよメジャーデビューを果たす。難しいことは抜きにしてただただこの音に身を任せたい!踊りたい!そんな極上のグルーヴを堪能できる今作は、サザンオールスターズなどを手がけているプロデューサー・藤井丈司とのタッグで生まれたものだ。テーマは<愛と宇宙とセックス>。制作の過程、そこから生まれた次のツアーに賭ける思いなどを聞いた。
EMTG:この作品でメジャーデビューとなるわけですが、楽曲についてはどんな風に方向性を決めて行ったんですか?
大山聡一(Gt):メジャーということで、今まで以上に多くの人に届けようとしてくれる人が増える体制になるから、まずは「BRADIOってこうだぜ!」みたいな作品を出したいよねって話をしました。これまでもいろんなタイプの曲を出してきましたが、もっと“That’s!”みたいな曲を出したいよねって。
酒井亮輔(Ba):その上で、自然に踊らせる曲みたいなところは、最初からすごくイメージしてましたね。
EMTG:BRADIOの音楽は<踊る>というのも大事なキーワードのひとつだと思うんですが、今回の「LA PA PARADISE」を聴くと、踊りたくて仕方ない! という気持ちが自分の中から生まれてくるのを感じました。
大山:そこは、俺らも感じてます。もちろん振りがあってみんなで踊れるみたいな曲もライブでやると一体感があって楽しいですけど、そんな風に自然に踊りだしたくなっちゃうような曲を今回は作りたかったんですよね。そういう意味では、本当にナイス・グルーヴな曲が出来たなと思ってます。
田邊有希(Dr):今まではリズムの楽器として「踊ってよ」とか「踊ってみない?」って感じで叩いてましたけど、今回は「踊れ!!!」って気持ちでやりましたから(笑)。
EMTG:念を送るみたいな(笑)。
真行寺貴秋(Vo):(笑)。今回は藤井丈司さんというプロデューサーの方に入っていただいたんですけど、すごくウマが合ったというか。制作が終わった後もいろいろ話してるんですよ。メル友なんで(笑)。
田邊:グループLINEとかでも、藤井さん、結構スタンプとか使ってね(笑)」
真行寺:そう。おすすめの本とか教えてくれるんだけど、最後はいつもよく分からないスタンプが送られてくる(笑)。
EMTG:(笑)。藤井さんはサザンオールスターズや玉置浩二さん、JUDY AND MARYなども手掛けてこられた方ですね。
田邊:そうです、そうです。
大山:単純に、今回の制作はミュージシャンとして面白かったですよ。藤井さんは音楽に対して、すごく感覚的な捉え方をされるんです。グルーヴ系の音楽って、ロジックとかも大事だとは思うけどやっぱり単純に踊れるか踊れないかっていう感覚値がすごい重要で。スタジオで、ベーシック録ったやつを聴いたりするじゃないですか。いいテイクが録れてると、藤井さん踊り出すんですよね。クラップとか入れ始めるとさらに、「あぁ、これいいテイク録れたな」ってわかる(笑)。
酒井:個人的には、藤井さんとやっていく過程で、自分の感覚はズレてなかったなっていうのを実感して自信になりました。振り付けとかを強要しなくても踊りたくなるような、たとえばEarth, Wind & Fireとかああいうバンドのライブをイメージしながら作っていったんですけど、ちゃんとBRADIOとしてそれが具現化できた。ある意味期待を裏切れるような、みんなの想像を上回るような曲をひとつめに持ってこれたなっていうのはすごいありますね。
EMTG:今回、歌詞の中にいろんな曲のタイトルが出てきますよね? 最初は、Warner Music Japanからデビューするということで、これはWarner Music歴代のヒット曲が隠されているか!? と思ったんですが全然違いましたね(笑)。
大山:そこですか(笑)!?
田邊:それ、クサいですよ(笑)。
真行寺:あ、それもっと早く聞いておけばよかった(笑)。まぁ、藤井さんのアイデアもあったんですけど、仮歌の段階でいくつか入ってたんですよ。ニュアンスが合えばいいやって感じで。いくつあったかわかりました? 「宇宙のファンタジー」はEarth, Wind & Fire、久保田利伸さんの「LA・LA・LA LOVE SONG」、「Like a Virgin」はマドンナ。山本リンダさんの「どうにもとまらない」もあるし、Aメロの歌い出しはキヨシローさんの「雨あがりの夜空に」だったりして、探せば結構ありますよ。
EMTG:カップリングは「Baddest」ということで、これは久保田利伸さんのベスト・アルバム「the BADDEST」から?
真行寺:これはたまたまです(笑)。
大山:こっちはミドルで、シャッフルしている曲を単純に作りたいなっていうとこからのスタートで。あんまりコンセプトとか考えずに作っていったんです。逆に、そういうの入れたくない方なんで。好きなことを、好きな風に演奏して、気持ちいいグルーブを作っていく。その感覚はこの2曲に限らず、大事にしているところかもしれないです。
真行寺:でもライブとなると、それをちゃんと表現できるテクニックだとかフィジカルだったりが必要だなってことを最近あらためて感じていて。
EMTG:というと?
真行寺:自分たちの好きな音楽を気持ち込めてやってます! 感情100%です!だけじゃやっぱり伝わらないんですよね。今回の「LA PA PARADISE」のテーマは愛と宇宙とセックスなんですけど、僕らが好きなソウルとか(ブラックミュージックの)そもそもの部分、根底のところに立ち返ったっていうそのコンセプトには、聴いただけで腰が動いてしまうとか、踊っちゃうとか、音楽っていいなあって感じるとか、そういうすごく自然体なものをライブでも表現していきたい、感じてもらいたいっていうのがあるんです。だけどその裏では、こういうテーマを掲げることで、僕たちにとって音楽ってそもそも何なのか、音楽とどう向き合っているのかを考えるきっかけになっていったし、さらに言うと、次のツアーでこの曲をセトリに入れる意味とか、この曲で何を感じてもらいたいかっていうところまで、深く考えるようになったんですよね。
EMTG:その上でステージに立って、音楽を心から楽しむために。
真行寺:はい。「BRADIOです! 俺たちファンキーだぜ!」って言ったら「そうか、このバンドはファンキーなんだ」って刷り込みみたいになると思うけど、俺らからそう言わなくても音楽でそれを伝えたい。「音楽って素晴らしい!」っていつも言うんだけど、それをこっちから言わなくても言われるようなライブを作りたいなって、そんな風に思うようになったんです。
大山:前回、アルバムツアーのファイナルが中野サンプラザで、初のホールでもあったからかなり気合が入ってたんですね。曲もいっぱい詰め込んで、3時間ぐらいやっちゃって(笑)。そのライブDVD(「BRADIO LIVE at中野サンプラザ-FREEDOM tour 2017-」)を見ながら気づかされたこともいっぱいあったので、次はまた違う領域のライブができるんじゃないかって期待もすごくあるんですよね。
真行寺:ステージに立った感じもきっと違ってくると思うし、もっと本能みたいなところで「音楽は最高だぜ」って感じあえるようになりたい。新しい曲がひとつ出来たってだけじゃなく、自分たちのメンタルにとっても意味のあるものを今回みんなで作れたんじゃないかなって思ってます。

【取材・文:山田邦子】

tag一覧 J-POP シングル インタビュー BRADIO

リリース情報

LA PA PARADISE

LA PA PARADISE

2017年10月11日

ワーナーミュージック・ジャパン

1.LA PA PARADISE 
2.Baddest
3.LA PA PARADISE(HIDDEN AFRO ver.)
4.Baddest(HIDDEN AFRO ver.)

このアルバムを購入

お知らせ

■コメント動画



■ライブ情報

LA☆PA!PA!PA!PARADISE TOUR 2017
10/27(金) Zepp Nagoya
10/28(土) Zepp Osaka Bayside
11/12(日) Zepp Tokyo

ZENKOKU-O-BAN-DOSS TOUR
11/23(木・祝) 函館club COCOA
11/25(土) 旭川 CASINO DRIVE
11/26(日) 帯広MEGA STONE

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る