ミオヤマザキ集中連載第1回 ニューアルバム『choice』解体新書

ミオヤマザキ | 2017.10.14

ふくりゅう (音楽コンシェルジュ)vs編集U子(EMTG)でミオヤマザキ最新アルバム「choice」を徹底解析。3週連続でスペシャル企画を実施!!
ミオヤマザキを愛してやまない編集U子の体験談とふくりゅう氏でLINE対談し、歌詞を解体します。内容はすべて独断と偏見ですのでご容赦ください。
さらに…ミオヤマザキ本人の独占セルフライナーノーツも掲載!!
ぜひお楽しみください!!

【プロフィール】

編集U
■ふくりゅう(音楽コンシェルジュ):
Yahoo!ニュース、J-WAVE、Spotifyなどで書いたり喋ったり選曲したり呑んでます。保健体育科、フェンシング部出身のミオラー。キリン一番搾りを愛するビール党。
編集U
■編集U子(EMTG MUSIC)
EMTG MUSIC編集、企画。バツイチ33歳、元バンドマンの嫁。ライブハウスかフェスでほぼ毎日お酒を飲んでいる人です。好きなお酒はカティーサーク。

Track.1【ピーーーーーーーー】
対談キーワード:女子的集団思考

編集U
編集U子
最近すごく仲のいい女友達が出来たんですが、一瞬で嫌われまして。「もうU子には男を紹介しない」とこっぴどく叱られました。
この曲は同族嫌悪を歌っているのかなあ?
音楽コンシェルジュふくりゅう
ふくりゅう
ははは、そっち?(苦笑)。
編集U
編集U子
実はこの曲は、世の中でも問題を抱えている、いじめが世になくならない本質? 人間の関係性、心の闇へと踏み込んでますよね。
音楽コンシェルジュふくりゅう
ふくりゅう
集団思考というか、女子ってそういう経験って多いんでしょ? 
編集U
編集U子
わたし、そういうのに疎いんで大変だったんですよ。
音楽コンシェルジュふくりゅう
ふくりゅう
タイトル自体(「ピーーーーーーーー」)が警鐘を鳴らしているよね。曲の中でも笛を鳴らしてるし。「人生は決してフェアじゃない」っていうフレーズが強いなぁ。
編集U
編集U子
1曲目から胸ぐら掴まれた感じです。
【ミオヤマザキのセルフライナーノーツ】
“いじめっ子”、“いじめられっ子”、そして“それを傍観する子”。
集団というものが存在する限り、そこには必ず“アイツ”が生まれてしまうと思うんです。
そしてそれは誰にでもなりえることで。
ほんの少しでも何かのきっかけがあると、綻があると、異物と認定されてしまう。
誰もがそれに恐怖を覚えるから誰もがそうならない様に異物を見つける。
それが結果的に“アイツ”を生む。
そんな葛藤を歌に込めてみました。

歌詞はこちら

Track.2【他力自分本位症】
対談キーワード:ポスト・トゥルース

編集U
編集U子
テン年代(※1)に生きる人たちの流行病でしょうかね。
音楽コンシェルジュふくりゅう
ふくりゅう
自分を守るための“言い訳”がみんな上手くなったよね。誰もが主役な発信者になれる聖域となるSNSがあることが理由のひとつかな。
編集U
編集U子
ふくりゅうさんも、毎回原稿遅れるとき
「パソコン壊れた!」とか「メール届いてない!」とか「お化けが出た!」とか“言い訳”するし、重度の他力自分本位症ですよね(怒)。
音楽コンシェルジュふくりゅう
ふくりゅう
ははは(苦笑)。
誰もが正義を語るし、情に訴えられたらロジックが破綻していても批判しづらいポスト・トゥルース時代(※2)な世相を描き切った歌ですよね(自分のことは棚に上げながら...)。
【註釈】
(※1)テン年代:2010年代
(※2)ポスト・トゥルース:客観的な事実が重視されず、感情的な想いが社会的に影響を与える状況

【ミオヤマザキのセルフライナーノーツ】
ある人にとってのは常識は誰かにとっての非常識。
もっと優しくなれないものか。
まぁ無理だよな。。じゃあどうする?
そんな歌です。

歌詞はこちら

Track.3【裏アカ】
対談キーワード:欲求不満のはけぐち

編集U
編集U子
ふくりゅうさんは裏アカありますか?
音楽コンシェルジュふくりゅう
ふくりゅう
基本体育会系で記憶力悪いし、うまく立ち回れないんで裏と表を使い分けられないんだよ。
編集U
編集U子
体育会系の人は単純、みたいな言い方ですが、裏アカ持ってる子って実は多いんですよ。
私ももちろんあります。
音楽コンシェルジュふくりゅう
ふくりゅう
吐き出したい欲望を精神的に処理しているというか“王様の耳はロバの耳”的なバランスをとっているってことだよね? 
編集U
編集U子
そうです。
特定の人へ向けて悪口を書いたり、抑えきれない衝動をブチまけます。そういう女子の面倒くささを、ふくりゅうさんはわかってなさそうですよね。
音楽コンシェルジュふくりゅう
ふくりゅう
本音な趣味とか性癖!?とか仲間内に知られたく無い人が裏アカで別人格持ってたりするよね。
あれだ、藤子・F・不二雄先生の『パーマン』のコピーロボットみたいなもんだよね。
編集U
編集U子
その昭和センス、よくわかりません。
【ミオヤマザキのセルフライナーノーツ】
めちゃくちゃこだわったサビの歌詞に注目して欲しいです。
3秒で作りました。

タイトル通り、自分が裏アカに書き殴りたくなるような事が歌詞になっています。
まぁ私はオフィシャルのツィッターに書きまくってますが。笑
今の子は、ほとんどが裏アカを持ってます。
みんな体裁とか色々、ホント大変ですよね。
めまぐるしい毎日の中でどれが本当の自分なのかもわからなくなる事ばっかりで。
アイドルも芸能人もクラスのマドンナだって、本当は違う事を思ってる...けど...言っちゃいけないんだろうな。みたいな。
そんな、普段言えない本音を声に出来たらいいなと思って大合唱のサビにしました。

裏アカは正義。

歌詞はこちら

Track.4【鋲心全壊ガール】
対談キーワード:痛い女

編集U
編集U子
アラサー独身女性が陥る病があります。いわゆる自分の恋愛水準ハイレベル病です。
音楽コンシェルジュふくりゅう
ふくりゅう
あ~、多いよね。
ていうか、この曲はボーカロイド・プロデューサーれるりり(神曲「脳漿炸裂ガール」の大ヒットで知られる)とのコライト(共作)なんだ。
編集U
編集U子
アルバムの推し曲ですよね。MVもアップされてました。



音楽コンシェルジュふくりゅう
ふくりゅう
このタイトル「鋲心全壊ガール」って、なんかU子さんにぴったりなキャッチコピーだよね。
編集U
編集U子
それ、私が痛い女ってことですか?
ふんっ、いつだって“最大級 目指して大暴走中”なんですよ(怒)。
音楽コンシェルジュふくりゅう
ふくりゅう
……いいヒトみつかるといいねぇ
(スマホ片手に土下座しながら後ずさり...)。
【ミオヤマザキのセルフライナーノーツ】
この曲は私にとって初めて”誰かと一緒に歌詞を書く”っていう経験だったんです。
れるりりさんの作品を元々何曲か知っていたので歌詞のコラボに不安はあまりなくて。
多分、お互いに知られてない界隈があるはずなんです。だからニコ動業界での認知とロック業界での認知をお互い共有してもらえる様に、絶対面白い事したいと思ってました。
レコーディング自体は、れるりりさんにボーカルディレクションしてもらったんです。
初めての経験だったけど、やっぱりボカロPの人って凄いんです。
全ての細かい音階を正確にとってその上で今回は私、要は”人間”が歌うから"人間らしさ"も出したくて。
大変でしたけど。笑
『鋲心全壊ガール』はchoiceの中で凄くいい位置にいてくれている作品だと感じています。

歌詞はこちら

Track.5【ノイズ】
対談キーワード:あまのじゃく

編集U
編集U子
どうです、女って面倒くさい存在でしょう。
音楽コンシェルジュふくりゅう
ふくりゅう
この曲「ノイズ」って、女子心を知るための指南書みたいだよね。妄想力全開なDT(※)な人は必ずチェックすべきだな。
編集U
編集U子
「“大丈夫”はだいじょばなくて」ってJ-POP史に残る名フレーズですよね。
音楽コンシェルジュふくりゅう
ふくりゅう
でも、そんな小悪魔的なあまのじゃくさに男は翻弄されたいっていうM心を持っていたりするんだからおもしろいよね。
編集U
編集U子
「“さよなら”は引き止めて」で、「“もういい”は全然良くなくて」ですからね。
音楽コンシェルジュふくりゅう
ふくりゅう
やっぱり面倒くさいなぁ(苦笑)。
【註釈】
(※)DT:童貞

【ミオヤマザキのセルフライナーノーツ】
ミオヤマザキにとって初めてがたくさん詰まった曲でした。

初のアニメタイアップ、初の演奏シーンが入っているMV。
紛れもなくミオヤマザキにとってターニングポイントになった1曲でした。

いつもね、「何回も聴くのしんどい」って言われるんだけど(笑)、この曲だけは「一生聴いてられる」って言われて嬉しかったなぁ。

ミオヤマザキにとって、大切な曲の一つになりました。

歌詞はこちら
集中連載第2回は、さらに4曲を掘り下げます!!
次回更新は10月20日を予定!お楽しみに。

tag一覧 J-POP ミオヤマザキ

リリース情報

choice

choice

2017年10月25日

Epic Record Japan

1. ピーーーーーーーー
2. 他力自分本位症
3. 裏アカ
4. 鋲心全壊ガール
5. ノイズ
6. リフレイン 
7. LINK
8. 0721
9. セツナグ
10. 斉藤さん
11. アーティスト
12. 最愛
13. 愛されたいよ。

このアルバムを購入

お知らせ

■ライブ情報

ミオヤマザキ2017全国ワンマンツアー「Contagion」
10/29(日) 柏PALOOZA
11/04(土) 仙台MACANA
11/11(土) 札幌Sound lab mole
11/19(日) 金沢vanvan V4
11/23(木) 大阪ユニバース
11/25(土) 福岡DRUM Be-1
11/26(日) 岡山CRAZY MAMA 2nd Room
12/01(金) 名古屋E.L.L
12/10(日) 渋谷TSUTAYA O-EAST

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る