まるでアルバムのように濃厚な、sumikaの5年間のベスト盤的作品『Fiction e.p』

sumika | 2018.04.25

 片岡健太(Vo・Gt)、荒井智之(Dr・Cho)、黒田隼之介(G・Cho)、小川貴之(Key・Cho)からなるsumika。アットホームで温かく、誰でもウェルカムで親しみやすい、そんな音楽を数多く贈り出してきた。そのバンド名にも通ずる、多くの人の居場所になれる楽曲を作品やライブを通し用意してくれる彼ら。そこに触れた者たちはみな、どこか豊かな気持ちになり、不思議なバイタリティや生命力を湧かせている。
そんなsumikaが新作「Fiction e.p」を発表した。今作はまさに上述の如し。sumikaらしさを4編に渡り繰り広げつつも、現行の彼らならではのアップデートとの同居も興味深い。これまでと現在、そしてこれからの彼らが眺望できる1枚だ。今作を機に更に彼らのもとに多くの人が集い、また新たなる活力を漲らせていくことだろう。

EMTG:先日みなさんとお会いした際に、「キャッチャーの重要性」みたいな会話をしたじゃないですか。あの後、よくよく考えたら“sumikaってキャッチャーっぽいな……”と思い当たったんです。ホーム上にいるし、安定感もあり、戻ってくると安心する。要でもあるし、指令塔であったり……。
片岡:言われてみると、受け止めることに重きを置いているバンドではあるかも。みなさんの投げてくる色々な想いの込もったボールを受け止めたり、あとそれを胸元めがけて返したり。それから、招いたゲストミュージシャンたちの個性を受取り、どう反映させようかを考えたり……。
黒田:確かにキャッチボールをしている感はあるかな。しかも凄く楽しいキャッチボールを。
小川:僕ら新しい何かを提示するのが好きなんですが、それも僕ら流のサインだったりしますからね。そこからのリアクションやレスポンスを受け取るのも凄く好きだし。
EMTG:我々もみなさんのライブでは、観終わったあと何かを得られた充足感がかなりあります。
荒井:バンドによってはライブで発散させてスッキリとさせるタイプもありますよね。「だけど、sumikaのライブは、その逆だよね」って話をメンバー間でしたことがあるんです。
EMTG:確かに発散するよりは得れるタイプのバンドです、sumikaは。
荒井:僕らの場合、その場の雰囲気や歌や演奏を自分の中に取り込んで、幸せそうだったり、満足そうな顔をして帰っていただけてる方が多い気がするんです。その場に居るみなさんが何かを得て、それで明日もまた頑張ろうって気持ちになってもらえる。そんな空間を作り出せるのがsumikaのひとつの強みかなって。
EMTG:sumikaのライブは不思議なバイタリティや活力を得て帰路につけますからね。
片岡:とは言え、僕らの方こそお客さんから補給したり、チャージさせてもらってますから。あっ、捕球か(笑)。
EMTG:キャッチャーの話は既に終わってますから(笑)。
片岡:(笑)。ライブを終えて楽屋に戻る毎に感じますもん。今日も沢山みなさんからエネルギーをもらったなって。
黒田:それがあるから次のライブまで頑張れるんだよね。
EMTG:話は『Fiction e.p』に。まさに今作からはsumikaの集大成的な印象を受けました。
小川:これまでのsumikaの音楽をしっかりと肯定し、更に今できる最新のアップグレード版を提示したかったですからね。それもあって、これまで入れてきたストリングスやホーン隊の起用も含め、自分たちが今できる最大を出してみました。
黒田:「これがsumikaなんだ!!」と感じてもらえる1枚かなと。
EMTG:4曲入りながら、これ1枚でアルバムに匹敵するぐらい各曲が濃厚ですが、逆にこのタイミングでリスタートの意味も込めて、あえてこの4人のバンドサウンドだけで、といった発想は無かったんですか?
片岡:実は前作アルバムの『Familia』で、小川くんが加入した2015年以降の、この4人となってからの集大成的な作品がつくれた自負があって。だったら今度は、sumikaが結成された2013年から現在までの集大成的な作品を作ってみようと。いわゆる、このメンバー、スタッフ、チーム、そしてリスナーの方との関係性のもと、最強の布陣でこの5年間を読点ナシで一気に一呼吸で語り切る。E.Pですが、この5年間のベスト盤を作るぐらいの気概で臨みました。
EMTG:でも、これまで様々なタイプを擁してきたぶん、それを4曲で表すのは大変だったのでは?
黒田:もちろんもっとやりたかったことは沢山ありました。でも今回の4曲は、全て違ったタイプですが、どれもまんべんなくsumikaだし、今できる最もいいものが収められましたからね。やり切った感はあります。
荒井:今回の4曲は、どれもsumikaの主軸となりうる曲ばかりですから。でも、当初は全体像を全く考えずにレコーディングに臨んだんです。なので、曲単位で最良最善を尽くして1曲1曲作っていった結果、並べたら全く違ったタイプばかりだった感じで。その割にはバランスがいいのも偶然だけど不思議なんです。
黒田:そうそう。曲を作っている時は、周りが見えなくなるぐらい没頭してましたから(笑)。
EMTG:今回はその自身の拡大再解釈的な面が主だって感じられますが、それって進化し続けているアーティストとしては、ある意味、一度過去を振り返らなくてはならないし、もう一度同じことをトレースしているように映る懸念もあり、勇気が要るように察します。よく踏み切りましたね。
片岡:その怖さもありましたが、反面、あの当時っぽい曲を今の自分たちがやっても、絶対にあの時のようになったり、オマージュにはならない自信もありました。あれからお互い色々なものを吸収して今があるから、あえてそこから逃げずに挑んだんです。
EMTG:凄いです。逆に自分たちに自信を持っていないと出来ない行為です。
片岡:そうそう。今回は面白い試みとして、この4人だけでプリプロに入った時もあったんです。あえてゲストメンバーを呼ばずにこの4人だけで。僕や隼ちゃん(黒田)がベースを弾いたりしながら。予想通り、ベースがいないんで、かなりスカスカでしたが(笑)。でも初期の頃は、そのジャムセッションで曲を作っていくことすらできませんでしたから。当時は、「自分たち以外の楽器がどう入るか?」「それをどこにどう入れたらいいか?」が全く想像できなくて。でも、5年もやってきたら自然と、「この空白に何か面白いものが入るであろう」との想像が出来るようになっていて。結果、作者である僕の想像以上のものが、この4人から生まれたんです。
EMTG:改めてバンドマジックや化学変化を味わえたと。
片岡:ですね。これまではゲストの方々頼みの化学変化やマジックだったものが、この4人の中だけでも起こせることが分かったんです。おかげさまで新しい武器も手に入れられたし、新たな自信にもなりました。今さらですが、“ああ、このメンバーだけでやるのも面白いもんだな……”と結成5年目にして初めて気づけました(笑)。
EMTG:遅っ(笑)。しかし今作は、これまで以上にどの曲から聴いても成立するところが面白いです。
片岡:当初はシングルとカップリングって案もあったんです。でも今回は、全部の曲が立っており、どの曲を聴いてもらっても、「これがsumikaです!!」と言えるものにしたくて。なので今回は最初にE.Pをつけたタイトルを決め、そこから各曲を作っていったんです。過不足なく4曲各曲で言い切ってやる、と自分に課して(笑)。だから、この順番で聴かなくても全然OKで。
EMTG:4種タイプも全く違いますもんね。
片岡:なので、聴く人によって好きな曲が分かれるかもしれませんね。正直、全曲好きであって欲しいですが(笑)。でも、どれも100%出しきったんで、あとの好きか嫌いかの判断は聴く人に委ねようと。そこまで振り切ったし、自信のある作品なんです。
EMTG:1枚通して「これがsumikaです!!」的な作品ながら、各曲が「これもsumikaです」「これもsumikaです」と主張しているような作品集ですもんね。
片岡:でも、それがsumikaらしさなんです。広義に捉え過ぎず、まずは一つひとつ真剣に取り組んでいく。
小川:ここから過去をさかのぼって聴いてみたくなる方も出てくれるんじゃないかな。そのキッカケや糸口にもなる作品でしょうから。
片岡:このバンドの歩みのように一歩一歩進み、1曲ずつ作った集合体が今回のE.Pなので。そういった意味でも今作は、非常に自分たちらしい作品だと自負しています。

【取材・文:池田スカオ和宏】

tag一覧 J-POP アルバム インタビュー 男性ボーカル sumika

リリース情報

Fiction e.p

Fiction e.p

2018年04月25日

SMR

1.フィクション
2.下弦の月
3. ペルソナ・プロムナード
4.いいのに

このアルバムを購入

お知らせ

■マイ検索ワード

片岡健太
花鳥風月
「家の前の桜が完全に散っていて、そこからぱっと『花鳥風月』って言葉が浮かんできたんです。で、花鳥風月って春を愛でる言葉のイメージがあったので、実際どのような時に使うのかを調べてみたんです。<自然界の美しい景物。風流に浸る日々を送る>って意味らしく、特に季節に関係のない言葉だったんですが。よく桜が散り、葉桜になると、『あーぁ……』なんてみんな言うし、『葉桜になる』って比較的ネガティブな言葉として使うじゃないですか。だけど、よくよく考えると緑が生まれてくることは素晴らしいことで。他の植物なら、葉が出たり、芽が出たら喜ばれるのに…。桜って因果でかわいそうですよね」




■ライブ情報

sumika Live Tour 2018 "Starting Caravan"
05/08(火)[神奈川]カルッツかわさき ホール
05/11(金)[宮城]トークネットホール仙台(仙台市民会館)大ホール
05/13(日)[北海道]札幌市教育文化会館 大ホール
05/18(金)[新潟]新潟県民会館 大ホール
05/26(土)[広島]上野学園ホール
05/30(水)[高松]サンポートホール高松 大ホール
06/01(金)[熊本]市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
06/08(金)[福岡]福岡市民会館 大ホール
06/10(日)[石川]本多の森ホール
06/22(金)[愛知]日本特殊陶業市民会館フォレストホール
06/23(土)[愛知]日本特殊陶業市民会館フォレストホール
06/30(土)[東京]日本武道館
07/01(日)[東京]日本武道館
07/14(土)[京都]ロームシアター京都
07/17(火)[兵庫]神戸国際会館こくさいホール
07/18(水)[大阪]フェスティバルホール

VIVA LA ROCK 2018
05/03(木)[埼玉]さいたまスーパーアリーナ

rockin’on presents JAPAN JAM 2018
05/04(金)[千葉]千葉市蘇我スポーツ公園

METROCK2018-METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2018-OSAKA
05/20(日)[大阪]METROCK大阪特設会場

SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018
08/31(金)[山梨]山中湖交流プラザ きらら
09/01(土)[山梨]山中湖交流プラザ きらら
09/02(日)[山梨]山中湖交流プラザ きらら

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る