FABLED NUMBERの新しいキラーチューンを作るという強固な意志で制作された最新作

FABLED NUMBER | 2018.06.19

 FABLED NUMBERの新曲「I Bet My Life (or Death)」は、今の彼らだからこそ歌え、裏返せば、今の彼らにしか歌えない謳(うた)でもある。再びバンドサウンドやラウドロックのテイストを全面に推し出した今作。多くの観衆が現在の彼らに求めている音楽性にあえてコミットし、応えるかのようなテイストも印象深い。
 今後の彼らのキラーチューン必至な最新曲は、疾走感とドライブ感、開放的で爽快感を有した一撃必殺な逸曲。一聴で共にノれ、声を合わせられ、一体感が作り出せる、夏フェスでの盛り上がり必至のサマーアンセム。聴き手をグイグイと引っ張り、自身の世界観へと惹き込み、改めて彼らの魅力や深さに気づくキッズを多数生み出していくこと間違いなしだ。

EMTG:今回のシングルは全体的にかなり攻めてますね。
N’Taichi(Ba/Cho):攻めてますよ~。もう、「この夏はこの曲で行こう!!」と決意してのリリースですから。
EMTG:個人的には、前作の次にこのような楽曲が届き、いささか意外でした。今回ここに至った経緯を教えて下さい。
Taichi:このシングルを作る時に、もう一度、メンバー、スタッフを交えて話し合ったんです。今の自分たちのいいとことか、お客さんが自分たちに求めているであろうこととか。その結果ですね。
EMTG:再びインディーズ時代のような、ロックバンドを彷彿とさせる路線ですよね?
Taichi:ぶっちゃけ、「Like a Thunder」や「The King」のタイプの曲ですごいことになってたら、絶対にその先に向かっていっていたんでしょうけど、今はそれより自分たち的にやらないとならない事が見つかったというか。
EMTG:それは?
Taichi:やっぱり、もう少しみんなをキチンと引き連れて、次のフェイズへと向かわないとダメだろうと。まずはそこを制覇しないことには、自分たちが今後、フェスなどで何千人、何万人と一体感を生み出すことはとうてい難しいでしょうからね。その為にも、こういった楽曲が今一度必要だったんです。今後も大切に演り続ける、いわゆる切り札になるような曲が。
EMTG:中でも「I Bet My Life (or Death)」からは、みなさんの覚悟や決意が感じられました。
Taichi:シングルなので、余計1曲入魂的になりましたからね。とにかく欲しかったのは、走り抜けるかのような曲で。もう、それだけで良かった。クソ暑い時期に開放感全開で、ひたすらアッパーな曲を演って、ぐちゃぐちゃになって楽しんでもらいたくて。
EMTG:では割とフェスを念頭に? 夏、みんなと一体化して一緒になって盛り上がれるし、声を出せますもんね。
Taichi:まさにそこです!! ぶっちゃけ、それまではそこに深みなども表そうとしていたんですが、もうこの曲に関しては、そんなものも不必要なぐらい、ひたすら頭から最後まで一緒に一気に駆け抜けてやろうと。
EMTG:フィールドでのお客さんの楽しそうで阿鼻叫喚な光景が浮かんできます。
Taichi:逆に、その大変な状態のフィールドの光景をイメージして作りましたから(笑)。
N’Eita(Gt/Vo):正直、制作中は迷いもありましたよ。前作のミニアルバムで、「よし、これからはEDMやダンスミュージックの歌モノを極めていくバンドになるゾ!!」と宣言した後に、もう一度ロックバンドサウンドが中心の音楽性に戻るわけですから。でも、もう一度ここに立ち戻らないと、次へと進めないのも事実やったし。実際、ツアーで全国を回った時も、やっぱり今、自分たちが望まれているのは、こっちの方なんやな……と実感しましたから。だったら逆に、「これでどうだ!!」と。
Taichi:最後は満場一致、逆に一致団結して楽曲制作に臨めました。みんなが意図していること、目指していること、思い浮かべる光景が一緒になって作れたので、それはそれであの葛藤もアリやったんやなって。
Eita:明確にコミットしたい層やゾーンを想定して今回は作りましたからね。これまではどうしても、不特定多数やまだ見ぬお客さんを取り込もう、新しい音楽を提起しよう的な考えが働いて、結果、ラウドバンドの中でも異質、ダンスミュージックの中でも異質、歌モノ系でも異質、全部にとって異質と捉えられてましたから。だったら人間的にもライヴ的にも自分たちが行きたい方向性は、やはり「I Bet My Life (or Death)」のような、ある程度スピーディなテンポ感があって、一緒に歌える要素があって、しっかり力強く演奏も歌も出来ている、そんな路線だろうと。だったら今は、「この曲で勝負を賭けよう!!」ってなったんです。逆にこういう曲が出来たことによって、これまでの曲もメリハリやコントラスト的に映えるでしょうからね。
EMTG:いい意味で、いわゆるキラーチューンを作ろうとの強い意志の下、作られたんですね。
Taichi:完全にそうです。言い換えると、それしか目指してなかった。それもあり曲はサビから入ってるし。あえて凄く分かりやすい入り口を作ってみました。
Eita:これがやれたことで、またどちらにも行けるようになりましたから。ロックバンドとしても、ダンスミュージックバンドとしても。その架け橋にもなれる曲だと自負しているし。対バンにしても、より色々なバンドと出来るし、ややをもすると、クラブイベントでも勝負できるポテンシャルも出てきましたからね。
Taichi:それこそ今回は、自分たちの幾つものストロングポイントを惜しみなく凝縮できたかなって。あと、どんなタイプの音楽をやろうが、このシンセ音だったり、歌だったりを聴けば、FABLED NUMBERだと気づいてもらえるし、他のバンドとの差別化も出来てますからね。
EMTG:確かにみなさんの場合、シンセの音色が他のアーティストに比べ異質ではあります。通例、このようなサウンドだったらレイビーなシンセ音が主流でしょうが、みなさんの場合はあえてポップな音色を使ってますもんね。
Taichi:他と違うでしょ? そこら辺りは俺らしか使わへん音や方法論で、あえて臨みましたからね。
EMTG:でもこの曲で、私が最も“おっ!”と感じたのは、途中でキチンと美しさも醸し出している部分でした。
Eita:ポイントはそこなんです! サビの前にふっとピアノの旋律が現われる。そこで幻想的な世界に誘っておいて、サビでドカンと。より、サビをドカンとさせる為にも、あの美しさは自分たち的には絶対に必要で。そこもやっぱり自分たちらしさだと自負している部分ではあるので。
Taichi:あれは完全にちーちゃん(Chii,pucchi/Key)の発想ですね。 「そこ電子音ちゃうやん!!」って。同時にうわっ、かっこいいって。ホント、ここは聴きどころのひとつです。
EMTG:あそこでいい意味で粗野な楽曲にエレガンスさが加わって、FABLED NUMBERらしいバランスを魅せてくた感じが凄くしたんです。ところで、歌やリリックに関してはいかがでした?
Eita:もう、これは自分たちにも言い聞かせている面もありますが、「一回きりの人生や。やりたいことをやるしかないやろう!!」と、ただそれだけを伝えたくて歌いました。正直この曲に関しては、他の人の背中を押すとかではなく、自分たちの気持ちを奮い立たたせる、そんな気持ちで書いたし、歌ったんです。そうじゃないと伝わるものも伝わらへんやろうし。
EMTG:その「自分たちを奮い立たせる」という描写は凄く納得できます。
Eita:聴いている方に向けて歌ったわけではないですが、結果的に背中を押せる曲として響いてもらえたら嬉しいです。「あいつもあんな気やったら、俺らも負けへんでぇ!!」みたいな。歌ってても演奏が演奏なんで、凄くアガるんです。やったるでぇ~!! みたいな。
EMTG:聴いていて腕をグイッと強引に引っ張られている気がしました。で、タイトル曲でグイッと引き寄せたあと、カップリングでは逆にみなさんの深部に引きずり込む流れが面白いです。
Taichi:そこも大事だったんです。それがシングルの肝の部分でもあるし、少ない収録曲が故のいい所でもある。「他にも僕ら、こんな面もありますよ~」って。「Windshield」の方も疾走感を共通して持たせていて。EDM調の曲の中ではBPMも速いし。こちらはもっとポップなアプローチにしてみました。
Eita:この曲は英語詞ですが、これは英語がピッタリだったんで、そのようにしてみたんです。
EMTG:「夜の鼓動」のリミックスはいかがですか?フューチャーベースなテイストですね。
Taichi:この曲は、“ザ・EDM曲”です。元々EDMっぽさはあったんですが、より極端に寄せてみました。高揚感やピーク感もあえて織り交ぜたし。DJの際は、この曲をかけて盛り上げますから。
EMTG:それこそ今回は3曲それぞれで聴き手のこの夏を盛り上げてくれそうな1枚になりましたね。
Eita:カッコ良くて、入りやすい1枚が出来たので、是非ここから入ってハマってもらいたいです。
Taichi:分かりやすいけど、実は深い。そんなシングルになりましたからね。是非この曲たちを体感しにライヴにも遊びにきて下さい。がっちりハメてみせますから!!

【取材・文:池田スカオ和宏】

tag一覧 J-POP シングル インタビュー 男性ボーカル FABLED NUMBER

リリース情報

I Bet My Life (or Death)

I Bet My Life (or Death)

2018年06月20日

日本クラウン

1. I Bet My Life (or Death)
2. Windshield
3. 夜の鼓動 (The night beat remix)

お知らせ

■コメント動画




■ライブ情報

FABLED NUMBER VILLAGE VANGUARDインストアイベント
06/21(木)VILLAGE VANGUARD下北沢店
06/26(火)VILLAGE VANGUARDアメリカ村店
07/10(火)VILLAGE VANGUARD 名古屋中央店

FABLED NUMBER presents 1st SINGLE”I Bet My Life(or Death)”release tour ~FABLED NUMBERのメジャー初シングルを盛大にお祝いしまSHOW!!~
06/22(金)下北沢ReG
07/26(木)名古屋APOLLO BASE
08/03(金)大阪アメリカ村DROP

FREEDOM NAGOYA 2018
06/23(土)愛知県名古屋大高緑地特設ステージ

FABLED NUMBER presents 『WARNING!! 緊急事態発生!セトリがみんなに決められちゃう……』 〜完全リクエストライブ〜
06/27(水)大阪アメリカ村BEYOND

SUMMER TIME LOVER CIRCUIT「サマラバ!」2018
06/30(土)仙台市内ライブハウスサーキットイベント

見放題2018
07/07(土)心斎橋アメリカ村周辺の19会場

JOIN ALIVE 2018
07/15(日)いわみざわ公園<野外音楽堂キタオン&北海道グリーンランド遊園地>

EAT THE ROCK 2018
08/11(土)滋賀県竜王町総合運動公園内ドラゴンハット

TREASURE05X
08/18(土)名古屋ダイヤモンドホール&アポロベース

wata presents 【TRUST YOUR SOULS】 FREEDOM NAGOYA EXTRA
09/13(木)栄R.A.D

TOKYO CALLING 2018
09/15(土)新宿エリア複数のライブハウス
09/16(日)下北沢エリア複数のライブハウス
09/17(祝月)渋谷エリア複数のライブハウス

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る