ゆびィンタビュー vol.01 chelmico

ゆびィンタビュー | 2018.08.07

かわいらしい容姿から想像を絶するラップスキル、等身大のリリック、キャッチ―なメロディーに加え、自由なキャラクターも魅力のガールズラップユニットchelmico。様々なクリエイターからも注目を集め、音楽のフィールドを超え多方面で活躍中の彼女たちが、待望のメジャーデビュー! 初登場となる今回は、2人の出会いからアルバムの話題までたっぷりとお話を伺いました!

PROFILE

sample dummy

chelmico

chelmico(チェルミコ)

Rachel(レイチェル)とMamiko(マミコ)からなる2014年結成のガールズラップユニット。かわいらしい容姿から想像を絶するラップスキルと、キャッチ―なメロディーに乗せる滑らかなフロウが音楽業界の全方位から大評価を受けている。

Mamiko

写真右側のショートカット女子。1996.06.26生まれ、東京都出身。好きなことはラジオ鑑賞、お笑い、飲むこと。

Rachel

写真左側の金髪女子。1993.07.04生まれ、神奈川県出身。好きなことは映画鑑賞、読書、ゲーム、そして飲むこと。

  • まずはお二人の出会いからお伺いできますか?
  • Rachel

    最初は4年前かな。共通の友人と3人で会ったときに、二人ともリップスライムが好きだっていうところで盛り上がって。二人でカラオケに行くようになったんですけど、こんなに一緒に歌える子が初めてだったんですよ。
  • Mamiko

    完璧だったもんね。息吸うところまで一緒だった(笑)。
  • Rachel

    その後、二人でイベントに出たことがきっかけでラップにハマっていって。ただ、職業になるとは思ってなかったよね。
  • Mamiko

    うん。楽しければいいっていう感じだった。だから、本当の最初は、ラップじゃなくてもよかったんですよ。
  • Rachel

    部活みたいな感じだよね。私は何事も打ち込むタイプだから、やるからにはやるっしょって感じでやってたけど。
  • Mamiko

    私にとっては初めて熱中できるものだったのかな~。
  • Rachel

    いろいろできるからね。ラップもできるし、いろんな人に会えるし、グッズを作ったりもできるし。楽しいことだらけでハマっていったよね。
  • 二人が仲良くなるきっかけになったリップスライムとの出会いは? リアルタイムの世代ではないですよね。
  • Mamiko

    小学校2年生の時に逗子に遊びに行ってたんですけど、ちょうど逗子フェス(2003年)をやってて。生音でリップスライムの「楽園ベイベー」が流れてきたんですよ。訳も分からずにいい曲だなと思って、涙を流して(笑)。なに、このめっちゃいい曲!って。
  • Mamiko

    youtube
  • Rachel

    感受性豊かちゃん! いい曲すぎて感動したんだよね。
  • Rachel

    私は近所のお姉ちゃんが聴いてて。年上の人のカッコいい文化っていうイメージがあったし、「このめっちゃ早口の音楽を歌えたらかっこいいな」と思って。
  • Mamiko

    なんの曲だったの?
  • Rachel

    「ファンカステック」だった。
  • Rachel

    youtube
  • Rachel

    そのお姉ちゃんに歌詞を書いてもらって。一生懸命に練習して歌えるようにして。そこから今までずっと好きですね。
  • メジャーデビューアルバム『POWER』に収録されている「サマータイム」には「楽園ベイベー」というフレーズも出てきます。
  • Rachel

    好きな漫画とか映画とかアーティストとか、結構、入れてますね。だから、アルバムを聴けば、chelmicoが今、何にハマってるかわかると思う。
  • Mamiko

    「BANANA」の私のバースに出てくる<テキーラビグコンチュ>は漫画『ザ・ファブル』に出てくるワードだし。「Good Morning」には<アジカン>も出てくるし。リップとアジカンは二人共通の趣味だね。
  • ASIAN KANFUU GENERATION

    sample dummy

    http://www.asiankung-fu.com/

  • その共通のリップとアジカン以外の二人それぞれの音楽的ルーツをあげるとすると?
  • Rachel

    子供の時に聞いてたのは、セサミストリートの「I Say BANANA」。
  • Mamiko

    あれ、いいよね。
  • Rachel

    あとは、宇多田ヒカルだね。お母さんと二人家族だったから、仲が良くて。二人でよく一緒にカラオケ行ってたんだけど、宇多田ヒカルの「Moving on without you」を練習させられて。当時は、なんか、恥ずかしいなって思ってた。
  • Mamiko

    女の歌だからね。
  • Rachel

    <いい女、演じるのはまだ早すぎるから~>って。幼稚園の年長さんの頃に。
  • Mamiko

    あははははは。はえーよ!
  • Rachel

    あとは、Coccoが好きだったからCoccoを歌ってたかな。あと、パラモアとか。ギターヴォーカルで。
  • Mamiko

    強めが好きだよね。
  • Rachel

    中高は、ブルーハーツとか好きだった。
  • Mamiko

    日本マドンナとか、ZAZEN BOYS、ナンバガも好きだしね。
  • Rachel

    パンクが好きだった。陰キャだったから、それで発散してた。解放してたんだと思う。
  • Mamiko

    うちに秘めたものを。
  • Rachel

    そう。普段は言えないこととかを言うみたいなのがあったのかもね。逆に今はそんなに聞かなくなったから。
  • Mamikoさんのルーツは?
  • Mamiko

    3~4歳の頃に、家で見つけたカセットテープをずっと聞いてました。「Maiki Chants And Mele Of Hawai」っていうハワイの音楽なんですけど。
  • Mamiko

    youtube
  • Rachel

    それ、聴いてみたんだけど、きもいというか、怖いというか、謎なんだよね。
  • Mamiko

    自分でもなんでかはわからないけど、それが一番最初に聴いた音楽で、その後もずっと聴いてたし、いまでも時々思い出すの。
  • Rachel

    大人になってから聴くと、変な音楽って思うけど、子供の時は先入観がないから、楽しく歌ってたのかもね。でも、太鼓だけで女の人が歌ってる曲って。
  • Mamiko

    変な子供。気持ち悪いよね。あははは。
  • Rachel

    でも、U-zhaanさん好きなのも、それがルーツだからじゃない?
  • Mamiko

    そうかも。一番最初に作った曲も、太鼓がポコポコしてた。
  • Rachel

    太鼓が好きなんだよ。太鼓の達人だ!
  • Mamiko

    「太鼓の達人」もよくやってたもん。めちゃめちゃやってた。
  • Rachel

    リズム好きだよね。「リズム天国」だ!
  • Mamiko

    あはははは。全部、ゲームに繋げんなよ!!!
  • (笑)アルバムでは「デート」でU-zhaanさんとのコラボが実現してます。
  • Rachel

    夢が叶ったんだよね。
  • Mamiko

    めちゃめちゃ好きだったから。夢が1つ叶って嬉しかったですね。初の五拍子にも挑戦できたし、これが、一番ラップが楽しかった。
  • 「デート」以外で、個人的に好きな曲を1曲ずつあげるとすると?
  • Rachel

    「Get It」かな。初めて強い曲を作ったっていうことが印象深くて。思い切りお酒の曲なんですけど。
  • Mamiko

    二日酔いの曲を描こうって言ってたんだよね。
  • Rachel

    何よりトラックがカッコいいんだよね。chelmicoとしては新鮮だし、自分でもよく聴いてる。
  • Mamiko

    私は「E.P.S.」。一番ヒップホップかなって。コントラストして、ウエディングソング「OK, Cheers!」もありながら、フックもない、ラップだけで聴かす曲になってて。ビートも、ライブでバックDJをしてくれている%C(パーシー)で、リリックも%Cへの愛を込めてて。
  • Rachel

    %Cへのラブレターだよね。ずっと伝えたかったことが伝えられた。
  • Mamiko

    ずっと付き合ってくれてるのがすごく嬉しくて。
  • Rachel

    わかる。
  • Mamiko

    親戚のお兄ちゃんというか、お父ちゃんみたいな感じかな。だから、メジャーデビューが決まって、アルバムを出すっていう時に、絶対に%Cのビートはいれたかったんですよね。
  • この曲名はどんな意味なんですか?「E.P.S.=いいパーシー」かなって思ったんですが。
  • Rachel

    惜しい!
  • Mamiko

    最終的には「エブリディ・パーシー・サイコー」の略ですね。
  • Rachel

    元々は『BATICA』っていう恵比寿にあるクラブのことを歌ってて。最初は「EBIS」か「BATICA」にしようかって言ってて。
  • Mamiko

    でも、だんだん「エピス」はどう?ってなって。「EBS」じゃなくて、「EPS」にしたらカッコよくね? ドットドットつけたら、ヒップホップっぽくね? ってことで。……ちょっと疲れてたんですよね。
  • Rachel

    あはははは。だから、本当は「エピス」って読むんです。
  • (笑)では、アルバムのタイトルの方はどんな思いでつけました?
  • Rachel

    ちょっと気持ち的に停滞してる時期だったので、『POWER』ってつけたら、パワーが付いてくるんじゃないかと思って。私が思いついて、ラインで送ったら、すぐに「いいね。OK!」って返ってきて。
  • 軽くない!? メジャーデビュー作ですよ。
  • Mamiko

    意味も聞かずに、いいんじゃないすか、パワーって。あはははは。
  • Rachel

    マミちゃんはお笑い好きなんですよ。
  • Mamiko

    ラジオ好きなんです。おぎやはぎ、バナナマン、アルピー、ハライチ……。
  • Rachel

    で、きんに君のハマってるのは知ってたから。
  • Mamiko

    なかやまきんに君と何かしら一緒にやりたいって思ってて。当時、ラジオをやってた時に、ゲストに来て欲しいですって言ってて。そしたら、最終回に、ラジオなのに、動画メッセージをくれて。そこもまたいいんですけど。
  • Rachel

    そこでまた大好きになってね。
  • Mamiko

    だから、『POWER』は全然OK。しかも、今回、コラボもさせてもらって。
  • Rachel

    結果的に、本当にパワーがついたし、インパクトのあるいいタイトルになったと思います。
  • アルバムジャケットでは冬服を着てるのはどうしてですか?
  • sample dummy

  • Rachel

    夏にファーを着るのが一番の贅沢だな、セレブっぽいなって思って。前からやりたかったことを実現したのと、犬はまみちゃんが犬好きだから。
  • Mamiko

    犬チャンスはずっと狙ってたんですよ。アー写かジャケ写で囲まれたいなって。
  • これも夢が叶った1つなんですね。「Highlight」には、<犬派?猫派?>っていうリリックもあるし、犬の鳴き声のマネも入ってたりして。「OK, Cheers!」のPVでは犬が踊ってますしね(笑)。
  • youtube
  • Mamiko

    すごい犬好きのイメージつくね。
  • Rachel

    犬、好きだからいいんじゃない。人の犬とか盗撮してるもん。
  • Mamiko

    あはははは。「こんにちわ~」って飼い主の人に挨拶しながら、パシャって。
  • Rachel

    信号の向こうで待ってる犬とか隠し撮りしてるよ。どうすんの?それって。
  • Mamiko

    集めてるんですよ。どんな犬でも、どんな猫でもなんでも撮る。なぜなら可愛いから!
  • アルムが完成して、どんな感想を持ちました?
  • Mamiko

    いや~、よくやったよ!
  • Rachel

    本当偉い。自分を褒めたい。
  • Mamiko

    頑張ったよね。でも、もっと聴きたいと思った。
  • 今後はどう考えてますか?
  • Mamiko

    なんも考えてない。でも、曲作りたいね~。
  • Rachel

    作ってないと何にもしてない感じ。作ってないと鬱になっちゃうんだよね。なんで生きてるんだろうっていう感じになってきちゃう。
  • Mamiko

    でけえな、話が(笑)。
  • Rachel

    暇すぎるとね。それがないと何もやることないんだよな、私。
  • 最終的に何か目標はありますか?
  • Mamiko

    それ、こないだ決めたんだよね。「ない」って言おうって。
  • Rachel

    いっそうのこと、言っちまったほうがいいって。
  • Mamiko

    そう。なので、野望も願望もありません!
  • Rachel

    一生懸命に考えたんだけどね。「ない」って言い切ることにしました。以上、chelmicoでした~。アルバムは聴いてね。気さくだから、私たち(笑)。

【取材・文:永堀アツオ】

tag一覧 J-POP ゆびィンタビュー 女性ボーカル chelmico

リリース情報

POWER

POWER

2018年08月08日

unBORDE

01. Power
02. Player
03. OK, Cheers!
04. Get It
05. BANANA
06. サマータイム
07. UFO
08. E. P. S.
09. Good Morning
10. デート
11. Highlight
12. 午後
13. Love Is Over (1UP Version)

このアルバムを購入

お知らせ

■コメント動画





■ライブ情報

真夏のPOW(ワンマンライブ)
09/07(金)渋谷WWWX


TOKYO HEALTH CLUB pesents “NINGENDOG"
08/11(土)渋谷WWW

SOUND SHOCK 2018
08/28(火)CREATIVE CENTER OSAKA(名村造船所跡地)

26th Sunset Live 2018 -Love & Unity-
09/01(土)芥屋海水浴場・キャンプ場 特設ステージ

中津川THE SOLAR BUDOKAN 2018
09/22(土)中津川公園内特設ステージ

unBORDE LUCKY 7TH TOUR
10/19(金)仙台PIT
10/21(日)Zepp Sapporo
11/08(木)Zepp Tokyo

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る