SHE’S 新たな魅力を発揮したニューアルバム『Now & Then』リリース

SHE’S | 2019.02.01

 シングル「歓びの陽」「The Everglow」を含む3rdアルバム『Now & Then』が完成! ホーンセクションを大胆に取り入れたダンスチューン「Dance With Me」、エレクトロとバンド・グルーヴを融合させた「Clock」、アコースティックな手触りの「ミッドナイト」、SHE’Sの王道というべきピアノロック「Stand By Me」などを収めた本作は、“今とあの時”を意味するタイトルが示す通り、このバンド本来の個性と新たなトライアルが凝縮された作品となった。「これまで以上に自由に曲が書けたし、“制限を作るのはもったいない。好きなことをやろう”と思えるようになりました」(井上竜馬/Key&V)という本作について、メンバー全員に語ってもらった。

EMTG:ニューアルバム『Now & Then』は、これまでのSHE’Sらしさと新しい表現が共存した作品だと思います。制作が始まったときは、どんなビジョンがあったんですか?
井上竜馬(Key):2018年は、さらに自由に曲が書けた1年だったんですよ。”今とあの時”という大枠のテーマはありつつ、制作においては何も制限なく、好きなようにやれたというか。だから、いろいろな表情を持った曲が揃ったんじゃないかなと。ある意味、いままででいちばん自分勝手に作ったアルバムかもしれないですね。自分のパーソナルな部分も、歌詞を通して伝わりやすくなってると思うし。
EMTG:「もっと自由にやるべきだ」という意識もあった?
井上:いや、特にそういうことも意識してなくて。「歓びの陽」と「The Everglow」を出したことで、“もっと音楽を楽しもう”という根っこの部分を思い出せたことがきっかけですね。「The Everglow」のサビはメロディと歌詞が一緒に出て来たんですけど、後になって“あの頃と変わらないものはない”“今も色褪せないものは/まだこんなにもあるよ”という歌詞が出て来たのはどうしてだろう?と考えてみたんです。そのときに「歌うこともピアノを弾くのも好きだけど、それ以前に、作曲することが大好きだった」と思い出して。それがSHE’Sを結成した理由でもあるし、そこを忘れちゃダメだなと。
EMTG:なるほど。レコーディングも自由な雰囲気だったんですか?
服部栞汰(G):そうですね。いままでは竜馬から「次、どんな曲作ったらいいと思う?」って相談されることが多かったんですけど、今回の制作はそれがなくて、どんどんデモが送られてきて。それがすごく良かったし、アレンジするときも自然といろんなアイデアが出て来て。以前は考えに考えて、煮詰まることもありましたけど、そういうこともほとんどなく、楽しく制作できました。いい意味で力を抜いて、リラックスできてたというか。それはアルバムにも反映されていると思いますね。
木村雅人(Dr):僕もすごく自由にやれました。表現の幅も広がって、“こうしたい”というリズムのアイデアも自分から出てきて。それを解釈して落とし込む作業を続けていたんですが、充実感のあるレコーディングでした。
広瀬臣吾(Dr):「歓びの陽」はエレクトロの要素が入ってるんですが、あの曲を作ったときに「結局、どんなアレンジであっても、4人で音を出して竜馬が歌えばSHE’Sになる」と改めてわかって。そのことを実感していたから、アルバムの制作もラクな気持ちでやれました。ライブが多かったのも良かったんですよ、去年は。ツアーの合間にレコーディングすることもあったけど、いい一体感がずっとあって。
服部:うん。ライブの後で「こうしたほうがいいよね」みたいな話もさらにするようになって、メンバーの距離も近くなったんですよね。
EMTG:3枚目のアルバムだし、「ここが勝負だ」という緊張感はなかった?
井上:最初はめっちゃありました。アルバムのタイトルも、セルフタイトル(「SHE’S」)か「Now & Then」で迷ってたんですよ、じつは。もし「SHE’S」にしていたら、ぜんぜん違う曲が入っていたと思います。
EMTG:これぞSHE’S!という曲が増えていたかも。
井上:そうですね。でも、途中で「そうじゃないな」と思ったし、さっきも言ったように、気負わず、自由にやろうと。歌詞のメッセージ性も、井上竜馬でしかないですからね、今回は。
EMTG:曲の表現に対して、素直になった?
井上:そういう言い方も出来るかも。「こういう表現はナシ」とか「このテイストは苦手」みたいなこともなくなってきたんですよ。アルバムの曲でいうと、「月は美しく」みたいな
真っ直ぐな片思いの曲も、以前だったら恥ずかしくて書けなかっただろうし。「Sweet Sweet Magic」もそう。ちょっとフザけてるくらい楽しい曲なんですけど(笑)、前だったらナシだったと思います。それを出せるようになったのは、素直になったからかもしれないですね。
EMTG:Yaffleをプロデューサーに招いた「Clock」からも、バンドの表現が大きく広がっていることが感じられました。こういうエレクトロサウンドは、以前から興味があったんですか?
井上:聴くのは好きだったんですけど、自分たちの曲として表現する力がなかったんです。「Clock」のメロディはだいぶ前からあって――最初は弾き語りのデモだったんですよ――エレクトロ的な音を入れようとしたら、上手くまとまらなくて。当時はパソコンでデモを作ってなかったし、やり方がわからなかったんですよね。いまはある程度自分でやれるようになって、「もうちょっとこうしたい」という部分をYaffleさんにお願いしたという感じです。この先、自分たちだけでエレクトロサウンドを作れるようになりたいとは思ってないんですけど(笑)。
EMTG:それはどうして?
井上:こういうサウンドに関しては、「他の人のアイデアのほうがおもしろいな」と思うことが多いからです。もちろん自分にアイデアがあるときは取り入れますけど、違う発想が入ってくるほうがいいので。
広瀬:うん。さっきも言いましたけど、どんなアレンジでも、最後はちゃんとSHE’Sの曲になるので。「Clock」も最初から最後までエレクトロではなくて、途中からバンドサウンドになるじゃないですか。そこはもう、いつもの自分たちなので。
井上:全編打ち込みの曲は作らないでしょうね。臣吾もたぶん、シンセベースを弾いたりしないだろうし。
広瀬:あ、でも、それはちょっといいなと思ってる、最近。
井上:えっ?!
広瀬:(笑)。以前は違ったんですよ。ベーシストがシンベを弾いてると「何やねん」と思ってたけど(笑)、そういうやり方のすごいライブを観て「カッコいい」と感じるようになって。
井上:そうなんや(笑)。すごいライブを観ると、影響されるしね。
EMTG:メンバーがシンセベースや鍵盤を弾いたりしたら、バンドの見え方も変わりますね。
井上:そのあたりも気にしてないですね、いまは。バンドの見え方、井上竜馬の見え方、曲のイメージもそうですけど、すべて自由でいいんじゃないかなって。音楽をやっている身として、制限や境界線を作ってしまうのは、ホントにもったいないと思うんですよ。「日本で活動するんだったら、こうするべき」みたいな話を聞くと、「しんどそう。もっと楽しんで好きなことやったらいいのに」って思う。
EMTG:確かに、何かに捉われて活動するのは窮屈ですよね。
井上:海外のバンドのマネをしたかったら、やればいいし。「ロックバンドはこうあるべき」みたいなことも自分は違うと思うし、「だったらSHE’Sはロックバンドじゃなくていい」と。「Dance With Me」みたいなブラスがめっちゃ入った曲をリードにしたのも、そういうことですからね。
EMTG:さらなる音楽的自由を求めている現在のSHE’Sの姿勢を示した曲である、と。アルバムのラストを飾る「Stand By Me」も素晴らしいですね。最後にめちゃくちゃSHE’Sらしい曲が入ってるっていう。
井上:そうなんですよ。アルバムもライブも、大事なのは最初と最後だと思ってるので。
1曲目の「the Everglow」と最後の「Stand By Me」は最初から決めてたし、この2曲があるからこそ、「あとは何でもやれる」という気持ちになれたんですよね。「Stand By Me」の歌詞は、いままでの作品の英語のタイトル(「WHO IS SHE?」「She’ll be fine」「Awakening」「Wandering」など)を日本語にして散りばめてるんです。そうすることで、ファンの人たちへのメッセージを込めたというか。
EMTG:リリース後のツアーも楽しみです。『Now & Then』の曲が中心になれば、ライブの雰囲気もかなり変わるのでは?
井上:そうかも。今回のアルバム、じつはエモい曲が多いんですよ。
広瀬:セットリストを組んでみたら、思ったよりも暗めで(笑)。
木村:そうかも(笑)。
服部:そのぶん、「Dance With Me」と「Sweet Sweet Magic」が明るいので。
EMTG:その両面があるのも、SHE’Sらしさですよね。
井上:そう思います。“光と影”みたいなものは、ずっと表現のテーマなので。『Now & Then』にも力強い曲、明るい曲、エモい曲が揃っているし、どういうライブになるのか、ぜひ楽しみにしていてほしいですね。

【取材・文:森朋之】

tag一覧 J-POP アルバム インタビュー 男性ボーカル SHE’S

リリース情報

Now & Then

Now & Then

2019年02月06日

ユニバーサルミュージック

01. The Everglow
02. Dance With Me
03. Used To Be
04. Clock
05. 歓びの陽
06. Set a Fire
07. ミッドナイトワゴン
08. Upside Down
09. 月は美しく(Album ver.)
10. Sweet Sweet Magic
11. Stand By Me

お知らせ

■コメント動画




■ライブ情報

SHE’S Tour 2019 “Now & Then”
02/16(土)郡山 HIPSHOT JAPAN
02/23(土)京都KYOTO MUSE
02/24(日)高松 DIME
03/01(金)浜松 Live House 窓枠
03/15(金)札幌 PENNY LANE24
03/17(日)仙台 Rensa
03/20(水)岡山YEBISU YA PRO
03/21(木・祝) 福岡DRUM Logos
03/23(土)HIROSHIMA CLUB QUATTRO
03/24(日)名古屋 DIAMOND HALL
04/06(土)松本 ALECX
04/07(日)金沢 EIGHT HALL
04/13(土)なんばHatch
04/20(土)Zepp Tokyo

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る