ゆびィンタビュー vol.18 すとぷり

ゆびィンタビュー | 2020.01.17

歌い手シーンで、10代女子を中心に爆発的な人気を誇っている動画配信エンタメユニット・すとぷり。彼らは、リーダー・ななもり。によって、歌い手、ゲーム実況者、ツイキャス主といった、出自の異なる活動者で結成されたユニット。結成3周年を迎えた2019年は、毎日の動画投稿、2枚のアルバムリリースに加え、ユニット史上最大規模となった埼玉・メットライフドーム公演における「すとろべりーめもりーvol.10」を成功させるなど、ひたすらに挑戦者としての背中を見せ続けていた。そして、今年の3月にナゴヤドームでのワンマンライブ「すとろべりーめもりー Vol.Next!!」を控えるすとぷりが、いちごの日(1月15日)にリリースするのは、作家陣に3人のボカロPが加わり、サウンド、歌詞面ともに、新たな色が重なった、2ndフルアルバム『すとろべりーねくすとっ!』。今回は、ななもり。、ころんへのインタビューを実施し、アルバムにまつわる話はもちろんのこと、活動についてのことから、6人がどんな時でもリスナーに溢れんばかりの“好き”を伝える真意までをも聞くことができた。

PROFILE

sample dummy

すとぷり


YouTubeの公式チャンネルの登録者数は66万人※1、Twitter総フォロワー数約320万人※2、動画総再生数12億回※2超え。2018年12月24日に両国国技館で行われたライブは、チケットが10秒で完売。この驚異的な数字を叩き出しているのが“すとぷり”こと、すとろべりーぷりんす。中高生のあいだで絶大なる支持を得ている歌い手ユニット。2016年6月に、ニコニコ動画の歌い手やツイキャスの配信者、ゲーム実況者より結成され、メンバーを入れ替えながら現在は、さとみ、るぅと、ころん、莉犬、ジェル、ななもり。の6人で活動中。1stフルアルバム『すとろべりーらぶっ!』は総出荷枚数15万枚を突破!発売初週ではウィークリーランキング1位を記録した。2019年9月22日、23日には初のドーム公演となるメットライフドームでの公演を成功させ、2020年春にはナゴヤドームでのワンマンライブが決まっている。
※1 2020年1月8日現在  ※2メンバー公式アカウントを含む合計数

  • 「すとろべりーぷりんす」というユニット名の由来について教えてください。
  • ななもり。

    王子には、偉そうにしている王子と、お姫様を救う王子と、ふたつのイメージがあるなと思っていまして。
  • ななもり。

    僕達を見てくれている女性の方達に、努力し続けることで、喜んでいただけるような、怠惰じゃない王子になろうという思いを込めて、「ぷりんす」をつけたいねっていうお話になったんです。
  • ななもり。

    ただ、ぷりんすだけじゃ味気ないなということで、可愛らしくて、女性も好きで、僕達も好きって、胸を張って言える「すとろべりー」を兼ね合わせて、「すとろべりーぷりんす」になりました。
  • なるほど、そんな意味があったんですね。
  • では、早速アルバムのことについて、お話を伺いたいと思います。2019年の3月に初のミニアルバム『すとろべりーすたーと』と7月に1stフルアルバム『すとろべりーらぶっ!』、そして、今回、『すとろべりーねくすとっ!』をリリースされるわけですが、この“ねくすとっ!”にはどのような思いが込められているんですか?
  • ななもり。

    次のステージへいくために、2020年の1月15日のいちごの日からの一年間で、努力し続けるぞっていう思いを込めています。
  • “次へ”といえば、ななもり。さん作詞の「Next Stage!!」。こちらはなぜ、メンバー一人ひとりを紹介する歌詞にされたんですか?
  • ななもり。

    “次へ先へ”皆で一緒に行きたいっていう思いがあったのと、ライブで歌った時に皆の自己紹介ができる曲がなかったので、そういう曲も欲しいよねっていうことで作りました。
  • これは完璧にメンバー一人ひとりの個性を捉えていますよね。
  • ななもり。

    そうですね。この曲は、言葉をいかにわかりやすく、誤解がないように、シンプルに伝えられるようにと、悩んだ曲でもあります。
  • ななもり。

    いま多くの人に見てもらえるようになって思うのは、僕達は、ひとつの思いで伝えていても、皆さん、年齢も育った環境も違うので、すごく、いろんな捉え方をされるな、ということでして……。
  • ななもり。

    リスナーさんと一緒に行きたいんだっていう思いを書いてはいるんですけど、きっと、受け取り手によっては、いろんな受け取られ方をすると思うので、それもちょっと楽しみです。
  • どんなふうに届くのか、楽しみですね。
  • ほかに、るぅとさん作詞作曲の「咲かせて恋の1・2・3!」も、メンバーの個性が表れています。
  • ころん

    やっぱりメンバーとご飯を食べたり、いろいろ話し合ったり、接触の機会がとても多いので。
  • ころん

    ほかのクリエイターさんももちろん、僕達にいい楽曲を提供してくださってるんですけど、彼にしか、僕達の特色を表した曲は書けないんじゃないかなと思ってます。
  • 今回のアルバムは、作家陣として、ナユタン星人さん、DECO*27さん、れるりりさんも加わっていますが、どのようにして書き下ろしに繋がったんでしょう。
  • ななもり。

    ナユタン星人さんの楽曲は、もともと僕含め、メンバーも大好きで、普段から“歌ってみた”でカバーさせていただいてまして。
  • ななもり。

    「ダンスロボットダンス」の動画は、すとぷりちゃんねるのなかでも2番目に再生されているんですけど、いままで楽曲を書き下ろしていただたことはなかったので、ご相談しました。
  • ななもり。

    れるりりさん、DECO*27さんもなんですけど、ボカロPさんの良さと僕達の活動が交わったらすごくいい化学反応が起きるんじゃないかなっていう。
  • DECO*27さんの曲は、リスナーさん思いで、すとぷりに合っていますけど、れるりりさん書き下ろしの「ヒカリユメ」は、すとぷりの明るいイメージとは違って、新鮮ですよね。
  • ななもり。

    そうですね。すとぷりの曲は、僕達すとぷりとリスナーさんのことを書いている曲が多いんですけど、「ヒカリユメ」はジャズっぽくて、恋愛曲なのに、すごい明るいわけではなく、物語を俯瞰して見ているような曲で、僕達の曲では珍しいなと思っています。
  • ななもり。

    最後、急に突き落とされるところも、いままでにないすとぷりなので、本当に好きな一曲です。
  • さらに、大人組、信号機組で分けた曲と、ペア曲が合わさっていますが、そこでも結構気合いを入れられたんですか?
  • ななもり。

    気合入ってましたね~。ただ、もっとほかの組み合わせもあるんですよね!
  • ななもり。

    僕と莉犬くん、ころんくんとるぅとくん、さとみくんとジェルくんの声がカッコイイ同士とか。まだまだ僕達出し切っていないよね、っていうのを再確認した一枚でもありました。
  • ななもり。

    レコーディングと曲が追いついていかないと難しいんですけど、30曲くらい行けたんじゃないかな(笑)。
  • 30曲(笑)! ちなみに、ななもり。さんは、『すとろべりーねくすとっ!』のなかで、どの楽曲がお気に入りですか?
  • ななもり。

    ナユタン星人さんの「ストロベリー☆プラネット!」が一番ですかね。
  • ななもり。

  • ななもり。

    どの曲も好きなんですけど、一番、2020年のすとぷりのテーマが詰まっているのは「ストロベリー☆プラネット!」だと思っていて、大好きです。
  • ころんさんは?
  • ころん

    僕はDECO*27さんの「好きでいてくれていいよ」です。
  • ころん

  • ころん

    僕がリスナーさんだとして、この曲を聴いたら好きになっちゃうなと思わせてくれるような素晴らしい楽曲になっています。
  • 〈好きでいてくれていいよ〉という歌詞には安心感がありますし、すごく温かいですよね。
  • ころん

    リスナーさんとともに歩んできたみたいな感じがあって、親近感がものすごく湧きます。
  • ひとことで、『すとろべりーねくすとっ!』を表すとしたら?
  • ななもり。

    “君と次へ”なのか、“もっと次へ”なのか、“もっと先へ”なのか……。
  • ななもり。

    テーマは人それぞれで違うと思うんですけど、受け取ってくれる方の“次へ、先へ”の後押しになるような、そして僕達も前へ進めるような思いを込めて作ったので、「君と次へ」です。
  • ころんさんはどうですか?
  • ころん

    僕も同じで「君と次へ」です。どんどん先に進んで、皆と一緒にいい景色を見られたらなと思ってます。
  • ライブ、生配信などのすべての活動は、ななもり。さんがプロデュースされてるんですか?
  • ななもり。

    はい。基本、皆が同じ意志を持っているので、この活動どうかっていう提案をして、OKしてくれれば、やるような感じですね。
  • ななもり。

    ただ、僕も皆がやりたくないことを提案しないので、いままでに提案が通らなかったことはないんですけど。
  • ころん

    もともと、なーくんは、僕が憧れていた活動者をやっていたので、昔から慕っていますし、なーくんの望んでることが皆の望んでることだし、僕達の望んでることがなーくんの望んでることなので、これはちょっと違いますっていうのは全くなかったですね。
  • すとぷりは、リスナーさんへの思いも強いですし、メンバー間の絆も強いですよね。
  • ここまで、揺るぎないのは、なぜだと思いますか?
  • ななもり。

    いまでこそ、多くの方に見ていただけているんですけど、僕達の活動を皆さんの一時的な流行りで終わらせないためには、皆さんのことを思う気持ちと、現状に甘んじず努力し続ける姿勢は必要だと思っていて。
  • ななもり。

    インターネットが流行っているいまは、テレビよりもYouTubeを見ている若い方たちが多くて、そのもっと先にあるのがリアルタイムで嘘偽りない生放送だと思っているので、その時代の中心に僕達がいずれ来る時に備えて、もっともっと多くの努力と活動をし続けたいっていう思いがあります。
  • ななもり。

    その志は、活動者やアーティストの誰よりも負けない自信がすごくあって、そういう思いが皆と共有できているからだと思いますね。
  • ころん

    僕も全く同じですね。僕達ってお仕事としてではなく、趣味から、いまの活動を始めたので、活動自体がすごい苦っていうのは一回も思ったことはなくて。
  • ころん

    自分の時間は皆がやりたいことや、リスナーさんからの「これやってほしい」「あれやってほしい」に注ぐ時間になるんです。
  • ころん

    今後も、いろんなことに挑戦したり、リスナーさんがやってほしいことを率先したりして、いい方向に行ければなと思っています。
  • 今後は、なにか先のことを考えているんですか?
  • ななもり。

    そうですね。ライブのことやCDのことなど、そういう活動はもちろんあるんですけど。
  • ななもり。

    僕は、ライブに来ることができないけど、僕達のことを好きで居てくれる子達が画面の向こうにたくさん居ることも知っているので。
  • ななもり。

    なにか、僕達のそのリアルタイムと生の良さと、それでいてネットの僕達、イラストで活動している僕達の掛け算をしてくれるような、5Gを使った取り組みにすごく興味があります。
  • ころん

    がんばります!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

【取材・文:小町碧音】





【MV】アモーレ・ミオ/すとぷり

tag一覧 J-POP アルバム ゆびィンタビュー 男性ボーカル すとぷり

関連記事

リリース情報

すとろべりーねくすとっ!

すとろべりーねくすとっ!

2020年01月15日

STPR Records

01.ストロベリー☆プラネット!
02.ギンギラ銀河
03.アモーレ・ミオ
04.Next Stage!!
05.Now and Forever
06.Party Light
07.忍恋 (ななもり。×ジェル)
08.溶解ウォッチ (莉犬×るぅと)
09.遊獣浮男ボーイ (さとみ×ころん)
10.脳内ピエロ (ななもり。×ジェル×さとみ)
11.咲かせて恋の 1・2・3! (莉犬×るぅと×ころん)
12.ヒカリユメ
13.LOOK UP
14.タラレバ
15.好きでいてくれていいよ
16.革命前夜

お知らせ

■ライブ情報

すとぷり ワンマンライブ
『すとろべりーめもりー Vol.Next!!』

03/21(土) ナゴヤドーム

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る