要注目の3ピースロックバンド・Seven Billion Dots、メジャーデビュー! 彼らのルーツと見据えているビジョンとは?

Seven Billion Dots | 2019.12.11

 NY帰りのボーカルMasafumiと、ギターKen・ドラムLyoという実の双子からなる3ピースバンド、Seven Billion Dots。結成半年足らずで多数の大型フェスに出演するなど、インディーズ時代から注目度の高い彼らが、12月11日、E.P.『Stay With Me』でメジャーデビューする。シライシ紗トリをプロデューサーに迎え、たくさん学びながら制作していったという今作。そして、デビューの先に見据えるビジョンについて3人に話を訊いた。

EMTG:メジャーデビューおめでとうございます!
一同:ありがとうございます!
EMTG:なんといっても、双子の間にMasafumiさんが挟まれているという状況が新鮮なんですが、なぜこの3人でバンドをやることになったんでしょうか?
Masafumi:僕は以前はダンスボーカルとして活動をしていて、その一環として海外で生活していたんですけど、2人と知り合ったばかりの頃は、LyoとKenもそれぞれ違うバンドやサポートとして活動していて。でも、それぞれが新たにロックバンドを作りたいと思っていたんですよね。
Ken:で、僕とLyoに関しては、高校生の頃には一緒にバンドをやっていたこともあるので、自然な流れで一緒にやろうって話になって。
Masafumi:僕は共通の知り合いの人に2人と引き合わせてもらいました。
EMTG:双子というか、家族の中に加わるのって、どんな感覚なんですか?(笑)
Masafumi:僕と2人は歳が4つ離れているんですけど……初めて会った時に敬語禁止って言われたよね?
Lyo:禁止じゃないけどね(笑)。
Ken:「敬語じゃなくていいよ」って言ったんですよ。
Masafumi:心が広いんですよね、2人とも。逆に僕は結構ズケズケ行くタイプなので、双子と自分ですけど、楽しくやれてます(笑)。
EMTG:KenさんはL’Arc~en~Ciel、LyoさんはX JAPAN、MasafumiさんはBring Me The Horizon(イギリスのロックバンド)がルーツだそうですね。でも、Seven Billion Dotsの音楽性としては洋楽の要素が強いなと感じました。
Masafumi:そうですね。わりと僕がメロディーや歌詞、全体像を決めていく立ち位置にいるので。
Ken:僕はこのバンドを組むまでは全然洋楽を聴いてこなかったんですけど、今は曲作りをする際に「こういう雰囲気の曲にしたい」っていうイメージを洋楽のバンドの曲で共有することも多いので、最近は洋楽ばっかり聴いてます。
Lyo:でも、各々が「ここはこういうアレンジにしたい」とか「こういうことをやってみたい」っていうアイディアを持ち寄って形にしていくので、クレジットも全曲、作詞作曲:Seven Billion Dotsという表記になっていて。今作のカップリングの「No looking back」では、僕が初めて作詞に挑戦していたりしますし、結構自由な発想で制作してますね。
Masafumi:せっかくバックグラウンドの違う3人が集まっているので、各々の色を消さないように、化学反応を楽しみながら制作していきたいなと思っています。
EMTG:では、カップリングについては後ほどじっくり伺うとして。まずは表題曲の「Stay With Me」について、どんな流れで制作していったのか教えてください。
Masafumi:曲作りの流れも曲によって違うんですけど、「Stay With Me」の場合は、僕がアコギを弾きながらメロディーを考えて。ライブを想定した上で、Aメロでお客さんに歌ってほしいなっていうところから広げていって、みんなで味付けをしていきました。歌詞はアレンジと同時進行でしたね。
EMTG:みんなで歌うところは、ライブでの一体感が浮かびますね。勇ましく進んでいくような歌詞然り、ワールドカップのテーマソングにピッタリだなって思いました(笑)。
Masafumi:あはは。じつは僕、長年サッカーをやってたんですよ。だから、もしかしたらその経験がインスピレーションに繋がったのかもしれないです(笑)。
Ken:なんなら、全員サッカーやってました(笑)。
EMTG:まさか、サッカー少年だった一面が曲に投影されていたとは……! 「Stay With Me」はTVアニメ『GRANBLUE FANTASY The Animation Season 2』のオープニングテーマでもありますが、そこに向けて書き下ろしたわけではないんですか?
Ken:この曲はタイアップが決まる前、それこそ1年くらい前からあるので、書き下ろしではないですね。ずっと寝かしていた曲を今年の夏頃に掘り起こして、アレンジを考え直したものが、タイアップに選ばれました。なので、初期衝動もありつつ、今の自分達らしさもありつつ、という楽曲になっています。
Masafumi:しかも、今作からはシライシ(紗トリ)さんがサウンドプロデュースをしてくださっていて。シライシさん以外の制作の方も含めて、たくさんのプロが集まってSeven Billion Dotsという1つのチームになって動いてくださったので、みなさんから学んだことも活かしながら制作できました。
EMTG:たとえば、どんな学びがありました?
Ken:前作は完全セルフプロデュースで、アレンジまで全部自分達でやったんですけど、今振り返ると、その時は音を詰め込みすぎていたなって思うんですよ。
EMTG:3ピースバンドだと1人1人が担う部分が多いから、良くも悪くも自由度が高くなりますもんね。
Ken:そう、4人組バンドだったら「ここはベースを目立たせたいから、ギターちょっと押さえて」って言われると思うんですけど、うちはベースがいないからギターで引っ張っていかなきゃと思って、ついやりすぎちゃって……。でも、今回はシライシさんから「音を入れすぎたら、どこを目立たせたいのかわからなくなるよ」っていうアドバイスをいだだいたので、ライブのことも想定して、できるだけシンプルに音を重ねていくように心がけました。引き算の大切さがちょっとわかってきたなと思います。
EMTG:「Stay With Me」のドラムも、わかりやすくメリハリのあるアレンジになっていますね。
Lyo:そうですね。どの曲も“歌を聴かせたい”というのを第一に考えて、ドラムが主張しすぎないようにと思っているんですけど。この曲はとくにサビでパッと開ける感じを出したかったので、AメロBメロは音数少なめで、サビで急上昇するような演奏を意識しました。
Ken:ドラムも音数が少ないけど、ギターもずっと同じコード進行で簡単だから、これはぜひコピーしてほしいですね。初心者向けなので。
Masafumi:“「Stay With Me」のギターを弾いてみた”動画がバズったらいいなって思います(笑)。
EMTG:なお、カップリングには、先ほどLyoさんが作詞に初挑戦したとおっしゃっていた「No looking back」のほか、「MELTING SALTY ICE CREAM」「アゼリア」といったラブソングも収録されます。改めてこの4曲を見て、どう感じますか?
Masafumi:「Stay With Me」は今まで書いてきたような、リスナーを引っ張っていくような等身大のメッセージソングになっているんですけど、カップリングには「MELTING SALTY ICE CREAM」みたいな踊れるパーティーチューンもあるし、「アゼリア」みたいに初恋を歌った歌モノもあるし、これからもっと音楽の幅を広げてやっていきたいっていう意志表明の4曲になったなと思います。どの曲も好きなんですけど、強いてイチオシを挙げるとすれば、2曲目の「MELTING SALTY ICE CREAM」ですね。ちょっとエッチなアイスクリームの曲です!(一同笑)
Ken:チャラいな(笑)。逆に3曲目の「アゼリア」は、“初恋”というテーマに合わせてギターの音色も懐かしい感じのものを選んでいったので、「MELTING SALTY ICE CREAM」とのギャップが面白いなと思います。
EMTG:個人的には、最初と最後に「Stay With Me」と「No looking back」が収録されていることで、「MELTING SALTY ICE CREAM」と「アゼリア」の振り幅の広さが“Seven Billion Dotsの冒険”のワンシーンのように見えました。さまざまな冒険をしながら、これからも旅は続いていくんだな、と。
Lyo:ああ、そう思ってもらえたら嬉しいですね。「No looking back」は演奏面も旅をイメージして制作していたので、歌詞に関しても、人生も旅だなぁと思いながら、違う道を歩くことになった昔の友達に向けて今の自分が思っていることを詰め込みました。僕も友達が多いほうじゃないんですけど、たぶんみんな、1人や2人は友達がいると思うので(笑)。その人達を思って聴いてもらえたらいいなと思います。
EMTG:この先、どんな活動をしていきたいですか?
Masafumi:僕としては“自分の思っていることをいろんな人に伝えていきたい”っていう想いが軸にあって、その1つの方法として音楽があるんですよね。だから、これまではバンド以外の形でも音楽をやってきたし、今も“唯一無二のものを創りたい”“自分達にしかできないものを確立していきたい”っていう気持ちでいます。
Ken:日本でめちゃくちゃ売れたい!(一同笑)
Lyo:そうだね。あと、“世界規模で活動していきたい”っていうのは、3人とも結成時から考えていることなので。そのためにも、音楽に限らず、3人それぞれがオールマイティーに活躍できるバンドになりたいなって思います。

【取材・文:斉藤碧】






Seven Billion Dots 『Stay With Me』Music Video Full Ver.

tag一覧 J-POP EP インタビュー 男性ボーカル Seven Billion Dots

リリース情報

Stay With Me

Stay With Me

2019年12月11日

ソニー・ミュージックレーベルズ

01.Stay With Me
02.MELTING SALTY ICE CREAM
03.アゼリア
04.No looking back

お知らせ

■コメント動画




■ライブ情報

エアトリ presents 毎日がクリスマス 2019
2019/12/17(火) 横浜赤レンガ倉庫第一号館3Fホール

Dots Fes Vol.2 in Osaka
2020/02/16(日) アメリカ村FANJ twice

Seven Billion Dots Presents
「Dots Fes Vol.2」

2020/02/23(日) 渋谷WWW

TENJIN ONTAQ 2020
2020/03/14(土),15(日) 福岡天神地区複数会場

HAPPY JACK 2020 ~Show Must Go On~
2020/03/14(土),15(日) 熊本B-9 V1・V2/Django/ぺいあのPLUS’

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る