前へ

次へ

夏をもっと熱くするソウルの祭典、開催。

SOUL POWER | 2014.07.25

 今年で9回目を迎えたソウルの祭典「SOUL POWER」の東京公演初日、トップバッターは、ミラーボール星から来たTHE☆FUNKS。ゴスペラーズの安岡 優に似たくさい兄と、ダンス☆マンに似たくさい弟によるこの兄弟デュオ、自慢のギンギンギラギラの衣装に身を包み、ファンクにおける「あるある」を、惜しげもなく誇張して演じ、歌う。たとえば、大袈裟なジェスチャーでバンドの音を止め、俺様ポーズで延々とストップしたまま拍手が湧くのを待つ。すると、リピーターも多く見られる観客は、待ってましたとばかりにそのノリにのっかり、やんやの拍手。「ハリセン☆煩悩MARS」(はりせんぼんのまーす)というタイトルからして迷曲中の迷曲も、このふたりにかかると往年の大ヒット曲に聞こえちゃうから不思議。ツカミはオッケーでなければならないオープニングを、見事に飾ってくれたのである。

 続いたのは、Skoop On Somebody。白いシャイニーなシャツにストール姿のTAKEが歌い出すと、もうそこは濃密な夜の世界。トーク・ボックスを駆使したKO-ICHIROのコーラス・ワークが素敵な「Ooo, Baby Baby」で、会場は早くもうっとりとなった。「みんな楽しんでる? 今日はいつもよりメロウにいかせていただこうかなと思ってます」とTAKE。ああ、もう、今日はそれでお願いします! と言いたくなるくらい、抑えめのトーンの豊かな表情に魅せられる。音量のダイナミクス、巧みなリタルダンド(テンポを徐々に遅くする)など、バンドも含めて抜群の表現力だ。「Everlasting Love」からの「バラ色」では、大人の包容力にあふれた高揚感に、思わず心地よく身を委ねた。

 その熱を引き継いだのが三浦大知。「SOUL POWER」には3度目の登場だ。まずは、スケールの大きいヒップホップ・ナンバーといった赴きの「Anchor」。独特のメタリックな響きを持った声の力強さに惹き付けられた。「一緒に踊りましょう!」と始まった「GO FOR IT」では、華麗なステップも。とにかく動きがなめらかで、ジャンプするように踏み出す一歩が大きい。フレッシュさと男っぽさがにじむキメポーズには、「キャーッ!」という黄色い声も上がった。たった2曲で会場をあれだけザワつかせたパワーに、心底敬服。

 さて、中盤に登場したのは、光るパープルのスーツに身を包んだゴスペラーズ。いきなりアッパーにいくか、と、思わせといてのバラード「Be shiny」。手の動きが印象的な可愛い振付けと、酒井、村上のソフトな歌声になんだかホッとする。ここで村上がSOUL POWERの中心人物のひとりとして、9年目の所感を一言。「大地クンのあの動きに比べたら、オレたち、古代人が出て来たぞ?みたいなもんで(笑)」と、自虐ネタも織りまぜて楽しませてくれる。
 和やかな雰囲気の中、ここで5年振りの出演となるZOOCOがジョイント。彼女もまた今年20周年だという。同世代の同志として愛のあるコラボが奏でられた。続いて、発売されたばかりの「SING!!!!!」。“「SOUL POWER」では新曲をお披露目する”を、課してきたゴスペラーズ。今回は20周年への思いがつまった曲ということもあり、一段と気合いが感じられた。というか、今までにない曲調、今までにない振り付け、今までにないゴスペラーズが存分に楽しめた。9月にリリースされるアルバムから一足先に「HIT ME」も披露。これもちょっと今までにないロック・テイスト。20周年だからといってヘンに落ち着かないゴスペラーズ。その裏切り方がいい。
 最後は「東京スヰート」。延々と繰り返されるリプライズで、全員がむせぶようにからむフェイクに圧倒された。実はこれ、今年3月に急逝されたオリジナル・ラヴのドラマー宮田繁男さんがアレンジしたナンバー。終演後、村上はそうポツッと語ってくれた。ステージではあえてアナウンスされてなかったが、実はゴスペラーズの宮田氏へ追悼の思いがこめられたシーンだったのである。

 続いて、やはり「20周年同級生」の露崎春女。まずは黒沢 薫がデュエットで参加した「Here and Now」。「同級生」ならではのふたりのやりとりにクスッとしながら、ゆったりと素敵なデュエットを味わった。圧巻だったのはブロードウェイ・ミュージカル『ドリームガールズ』からのナンバー「And I am Telling you not going」。テクニックも心も最強でなければ歌いこなせないこの難曲を、堂々と自分らしく歌いきった姿に、観客は時間が止まったように釘づけとなった。

 パイプオルガンが鳴り響く中、トリとして登場したのは鈴木雅之。まずは和製ゴスペル・ナンバー「Liberty」を珍しくシャウトをまじえて歌う。「マーチン!」と会場のあちこちから男性の声が上がった。それをすかさず拾い、「声もかかったようです。マーチンことラブソングの王様・鈴木雅之です」と自己紹介。キッチリとショーを進めていく独特のユーモアある語り口が素敵だ。その中で、「今回は、大瀧詠一さんの曲をソウル・トライアングル(鈴木雅之、ゴスペラーズ、Skoop On Somebody)でやるというのはどうでしょう。これはSOUL POWERでしかできない。鈴木雅之流ナイアガラ・セレクションです」と宣言。ソロで「幸せな結末」、TAKEと「熱き心に」、ゴスペラーズと「君は天然色」と、誰もが知ってるヒット曲のオンパレードとなった。
 ここでソウル・トライアングル一同が横一列に並ぶ。ゴスペラッツやエナメル・ブラザーズ(SOUL POWERから生まれた鈴木&黒沢のデュオ)のレコーディングをのぞきに来た話、さらには、デビュー前のシャネルズをレコーディングに呼んだ話など、大瀧詠一にまつわる貴重なエピソードもわんさと飛び出した。そのくだんのデビュー前シャネルズ参加曲とは「禁煙音頭」。「音頭も立派なダンス・ミュージックだから」という大瀧の言葉に、鈴木は納得したという。これを、シャネルズのベース・ボーカル佐藤善雄も加わり、全員でコミカルに奏でたのには観客も大ウケ。最後は会場の大コーラスで「夢で逢えたら」。「マーチンは今のままボーカリストとして歌い続ければいいんだからなと言ってくれた」と思い出を語りながら、声をつまらせる鈴木。そこからの「歌うたいのバラッド」では、私自身の個人的な思いも重なり、涙腺が崩壊。心をこめて歌うということの深さに、あらためて頭を垂れたいと思った瞬間だった。

 アンコールは、ダンス☆マン扮するダン・コーネリアスの導きで、恒例のソウルトレイン風の展開。今年もSOUL POWERに先駆けて発売された『ソウル・サミット II selected by SOUL POWER』からのナンバーを、出演者のさまざまな組み合わせで聞かせてくれた。ソウル・ミュージック啓蒙として、これもひとつ重要な時間だ。カバーに出るそれぞれのボイス・キャラの新発見もあり、楽しい。そして、オーラスはやはりこれ、「WE GOT SOUL POWER」。3時間半に及ぶ長丁場の疲れが吹っ飛ぶほどに、ビシッとパワフルに全員の歌声でイベントを締めくくってくれた。
 ショーとしての運びがスッキリし、そこここに定番もでき、打ち上げ花火的なはしゃぎモードは薄れた。その代わり伝わってきたのは、蒔かれた種が根づいていくときに放出される芯の熱だ。そんな9回目だった気がする。さて、10回目ではどんな発熱っぷりを見せてくれるのだろうか。今から楽しみでならない。

【取材・文:藤井美保】
【撮影:緒車寿一】

tag一覧 ライブ イベント 鈴木雅之 ゴスペラーズ Skoop On Somebody 三浦大知

リリース情報

ソウル・サミット II selected by SOUL POWER

ソウル・サミット II selected by SOUL POWER

2014年06月25日

SMJ

1. ハーヴェスト・フォー・ザ・ワールド
2. 愛してほしい
3. シャワー・ミー・ウィズ・ユア・ラヴ
4. スーパースター
5. ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール
6. ホワット・マイ・ベイビー・ニーズ・ナウ・イズ・ア・リトル・モア・ラヴィン
7. ソウル・シスター、ブラウン・シュガー
8. 悲しいへだたり(ネクスト・トゥ・ユー)
9. ウー・ベイビー・ベイビー
10. ララは愛の言葉
11. 裏切り者のテーマ
12. 別れたくないのに
13. フィラデルフィアより愛をこめて
14. エヴリ・リトル・シング・アバウト・ユー (with フル・フォース)
15. ユー・メイク・ミー・フィール・ブラン・ニュー(誓い)
16. ジャスト・マイ・ラック
17. ブギー・ワンダーランド (with エモーションズ)

このアルバムを購入

リリース情報

SING!!!!!(初回生産限定盤)[CD+DVD]

SING!!!!!(初回生産限定盤)[CD+DVD]

2014年07月09日

キューンミュージック

[CD]
1. SING!!!!!
2. Be shiny

[DVD]
・「SING!!!!!」MUSIC VIDEO
・「SING!!!!!」making
・祝!ゴスペラーズ デビュー20周年 G20 最強のGOSは誰だ!?「KING OF GOS」選手権

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

SOUL POWER TOKYO SUMMIT 2014
2014.7.12@東京国際フォーラム ホールA


    THE☆FUNKS
  1. 「THE☆FUNKSのテーマ」SP2014
  2. ハリセン☆煩悩MARS

  3. SKOOP ON SOMEBODY
  4. Soul’n Roll
  5. Ooo Baby Baby [Miracles]
  6. Amanogawa
  7. Everlasting Love
  8. バラ色

  9. 三浦大知
  10. Anchor
  11. Go For It

  12. ゴスペラーズ
  13. Soul Ballad
  14. Be Shiny
  15. Love Stream(+Zooco)
  16. Sing!!!!!
  17. HIT Me
  18. 東京スヰート

  19. 露崎春女
  20. Here And Now (+黒沢薫)
  21. And I’m Telling You I’m Not Going [Jennifer Holiday]

  22. 鈴木雅之
  23. Liberty
  24. 幸せな結末
  25. 熱き心に(+Skoop On Somebody)
  26. 君は天然色(+Skoop On Somebody+ゴスペラーズ)
  27. 禁煙音頭(+佐藤善雄+Skoop On Somebody+ゴスペラーズ)
  28. 夢で逢えたら(+佐藤善雄+Skoop On Somebody+ゴスペラーズ)
  29. 歌うたいのバラッド

Encore
  1. Soul Sister, Brown Sugar [Sam & Dave](エナメル・ブラザース=鈴木雅之+黒沢薫、Bro. KONE)
  2. You’ll Never Find Another Love Like Mine [Lou Rawls](佐藤善雄+北山陽一+ZOOCO)
  3. You Make Me Feel Like Brand New [Stylistics](武田と哲也+露崎春女)
  4. The Way You Make Me Feel [Michael Jackson](黒沢薫+三浦大知+武田と哲也)
  5. What My Baby Needs Now Is A Little More Lovin’ [Lyn Collins](鈴木雅之+ZOOCO)
  6. La La Means I Love You [Delphonics](安岡優+ダンスマン)
  7. Shower Me With Your Love [Surface](TAKE+鈴木雅之+Bro. KONE)
  8. Harvest For The World [Isley Brothers](ゴスペラーズ)
  9. Boogie Wonderland [Earth Wind & Fire](ダンスマン+ZOOCO+露崎春女+オールキャスト)
  10. We Got Soul Power (オールキャスト)

トップに戻る