前へ

次へ

ユニコーン「イーガジャケジョロ」ツアーファイナル!大阪公演1日目をレポート

UNICORN | 2014.07.25

 ついにツアーも大団円。巨大な幕張メッセのステージを見事にやっつけたユニコーンが、大阪に乗り込んできた。
 開演前のBGMはロカビリー。アルバム『イーガジャケジョロ』で、ロカビリー歌手として目覚めたEBIことニセン14(カズシ)が主役だってことがバレバレじゃん(笑)。
 そう、“予告”どおり、オープニングはEBIがハンドマイクでリードボーカルを取る「夢見た男」からスタートだ。ステージ上にセットされたピンクのドアを開けて入ってきたEBIが身体をくねらせて歌うと、大阪城ホールはもう大騒ぎ。さらには曲の途中で、電飾入りフラフープ(昭和の時代に流行った遊び)を操るダンサーが10人乱入してきて盛り上げる。幕張のときはSPARKS GO GOの八熊慎一がダンスリーダーを務めていたが、大阪では誰がリーダーなのだろう。ユニコーンらしい“アナログな演出”がいい。ついでに言うと、EBIのボーカルにはお風呂場みたいなエコーがかかっていて、ロカビリー・ムードたっぷり。これも“アナログ・エコー”だったりして。ちなみに、この曲ではABEDONがベースを弾いていて、これがまたいいんだなぁ。

 2曲目は『イーガジャケジョロ』きってのコンセプト・ナンバー「KEEP ON ROCK’N ROLL」だ。ロックンロールを信じる気持ちを込めたミディアム・ロックが鳴り響く。
 続く「スターな男」のロックなイントロでOTが「ヤァー!」とシャウトすると、会場は全員大興奮。そんじょそこらの若手バンドには絶対できない、野太いロックンロールだ。大会場ライブならではの面白演出もいいが、大会場ならではのユニコーンのビッグ・グルーヴが堪能できるのが嬉しい。フロアもスタンドも一気に爆発して、ユニコーンが完全にライブの主導権を握ったのだった。

 ここでステージ上方にセットされたマルチ・スクリーンにメンバー5人の姿が映し出される。カッコいい川西幸一のドラムに聴きほれながら画面を見ると、ん?? なんか川西っさんの様子が変。他のメンバーの映像も変?変?変? まず、動作がのろのろしている。顔もなんかジジくさい。違和感に目を凝らすと、リアルタイムでメンバーが映っていると思っていたら、そこにはメンバーに似てはいるが、老人5人の別人バンドが映っていたのだった。
 『イーガジャケジョロ』のジャケットを思い出してみるといい。完全合成写真で老人と化したメンバーが映っていたが、アレ的なトリック映像が使われていたのだ。曲が進むうちに、オーディエンスがそのトリックに気付いて、ザワザワが広がっていく。とどめはエンディングで川西っさんがドラム・ソロをやるのだが、完全に音とズレてる映像を見て、みんな大爆笑。やってくれるぜ、ユニコーン。
 ちなみにこの“老人ユニコーン”映像は、幕張初日ギリギリに完成したのだが、幕張の本番で初めて見たメンバー自身が大笑いしてしまったのだった。

 今日の最初のMC担当は川西っさん。「おーさかー、ユニコーンです。アリーナ・ファイナルの前日でーす!」。それを受けてIT社長こと手島いさむがサクッとメンバーを紹介する。「あなたが太陽」では、あのくーだらないPV映像が流れる。負けずにステージ上ではOTと手島がよたよたダンス。客席から「かわいい!」の声が飛ぶ。かわいいって…(笑)。

 さて前半のハイライトは、EBIコーナー。オープニングでチラッと予告したように、完全EBIメインのロカビリー・ショーが展開される。真っ赤なバラを添えたマイクを握りしめたEBIのなりきりっぷりが凄い。ツアーの序盤はちょっとだけ照れがあったEBIが、完全に振り切って大活躍。「今日は七夕ですよね。7列7番がベイビーです! そこんとこ、よろしく!」というEBIの意味不明のMCで、“77客席”にプレゼントされたのは、これまた真っ赤なバラだった。
 続く「看護婦ロック」ではリーゼントのウィッグを装着。ABEDONがブルースハープを吹き、そこに手島のギターが絡む。OTもリーゼントでウッドベースを弾きまくる。この熱にやられて、僕の隣の席の母と息子が歌い出す。音楽で遊びまくるユニコーンならではの光景だ。間髪入れずにABEDONがフライングVを抱えて現われて「WAO!」。息つくヒマもありゃしない。

 さらにABEDONが所有のフライングVを全部ステージに持ってこさせて、自慢が始まる。一本一本、抱えては鏡を覗き込み、「うーん、これじゃない」。そうこうするうちにハプニングが発生。なんとガールズバンド仕様のフライングVを、お客さんの一人にあげてしまったのだ。ABEDONの太っ腹ぶりに場内はおおいに盛り上がる。

 次は川西っさんコーナー。アルバム最大の面白ソング「俺のタクシー」では、タクシー運転手に扮し、お客役のABEDONと寸劇で笑わせる。「トキメキーノ」では小型のカクテルドラムでビシッとビートを叩き出す。しまいにはアルバム最大の珍曲「イーガジャケジョロ」でコール&レスポンスまでやってのけた。

EBI、川西っさんときて、最後の電大メンバー手島コーナーは、なんとピアノの弾き語りで「それだけのこと」。ツアー序盤は緊張しまくっていた手島が、アリーナで堂々のピアノ&ボーカルを披露して大拍手を浴びていた。その直後に、「新甘えん坊将軍」ってなんだよ(笑)。

 終盤はまさかのラップナンバー「さらばビッチ」。「服部」もアリーナ・ツアーで追加されて、オーディエンスは大喜びだ。

 アンコールには、地元・吉本興業のすっちー&吉田が登場して、ユニコーン以上にグダグダと“ドリル乳首”。「おいおい、ユニコーンさん、待ってんぞ」とお約束の締めで退場。
 「まだ明日もありますけど、今年のツアーはこれで終わりです」とOTが言って、ラストナンバーは「ひまわり」。ホールツアーでは歌わなかった名曲に、会場はじっと聴き入る。再結成ツアーのオープニングがこの曲だったことを、なぜか思い出して、胸がきゅんとした夜だった。

【取材・文:平山雄一】



※写真は6月28日 幕張メッセ公演のものです。

tag一覧 ライブ 男性ボーカル UNICORN

リリース情報

イーガジャケジョロ

イーガジャケジョロ

2014年03月26日

Ki/oon Music

1. イーガジャケジョロ
2. 夢見た男
3. Boys & Girls
4. あなたが太陽
5. 早口カレー
6. We are All Right
7. KEEP ON ROCK’N ROLL
8. 俺のタクシー
9. ユトリDEATH
10. トキメキーノ
11. お前BABY
12. それだけのこと
13. 鳥の特急便
14. Feel So Moon

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

ユニコーンツアー2014
"イーガジャケジョロ"
2014.7.7@大阪城ホール

  1. 夢見た男
  2. KEEP ON ROCK’N ROLL
  3. We are All Right
  4. 早口カレー
  5. 新甘えん坊将軍
  6. それだけのこと
  7. オレンジジュース
  8. ユトリDeath
  9. 服部
  10. さらばビッチ
  11. Boys&Girls
  12. 大迷惑
  13. あなたが太陽
  14. スターな男
  15. お前Baby
  16. 頼みたいぜ
  17. WAO!
  18. 看護婦ロック
  19. 俺のタクシー
  20. 鳥の特急便
  21. イーガジャケジョロ
  22. トキメキーノ
  23. Feel So Moon
Encore
  1. はいYES!
  2. ひまわり

お知らせ

■ライブ情報

rockin’on presents ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014
2014/08/10(木)国営ひたち海浜公園

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO
2014/08/15(金)石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ
2014/08/16(土)石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ
※ユニコーン・ABEDON・電大・サンフジンズの出演

WILD BUNCH FEST. 2014
2014/08/24(日)山口きらら博記念公園

OTODAMA’14~音泉魂~“必死のパッチで10回目!”
2014/09/07(日)大阪・泉大津フェニックス

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る