前へ

次へ

どんな音楽も5人が奏でればチェコになる。圧巻のツアーファイナルをレポ!

Czecho No Republic | 2014.10.27

 つい最近までメンバーの脱退や加入が続いたCzecho No Republic(チェコ・ノーリパブリック)がようやく現在のメンバー“5人”で演奏するために作り上げたアルバム『MANTLE』。このアルバムを引っさげたツアーファイナルの赤坂ブリッツは改めて現5人のチェコが最強であることを実感するライブだった。

 会場に入ると風船や花を飾ったカラフルなステージが出迎える。「こんばんは、チェコ・ノー・リパブリックです!」と武井優心(Vo・B)が叫ぶと、ライブは「Amazing Parade」からスタートした。ステージ前方の4人(左から砂川一黄[G]、タカハシマイ[Key・Cho]、武井、八木類[G・Key])が等間隔に並び、賑やかに繰り広げられる演奏は“ウェルカム!一緒に楽しもう!”とでも言うような開けっぴろげな雰囲気。スクリーンにはメリーゴーランドが映し出され、紅一点タカハシの赤いスカートがリズムに合わせて左右に揺れた。いきなり会場は踊りっぱなしだ。

 3曲終えて、「今日はファイナルだって、砂川さん」という武井の振りに、「ファイナル!よく来たぜー!」という空回り気味の気合いで応えた砂川。そんな楽しいやりとりを挟むと、八木はギターからキーボードへとポジションを変え、タカハシはタンバリンを楽しげに鳴らす。初期の代表曲「レインボー」だ。山崎正太郎がドラムの縁をカッカッと叩くリムタップからタカハシがメインボーカルをとった童謡っぽい「Filed Poppy」、さらに「Summer Love」ではベースボーカルの武井がギターに持ち替えると、「JOB!」のメインボーカルはギターの八木。メンバーが時に担当楽器を替えながら、各楽器の個性を最大限を生かすチェコのステージは、まさに音楽が溢れ出る、という言葉がしっくりくる。

 和やかな空気を一変したのは中盤「Clap Your Hands」だった。切り裂く残響音、歪んだギターから始まった混沌としたエレポップが体感温度を下げる。寂しげで憂いのあるポップソング「Hello, My Friend Sophie」をタカハシがしっとりと歌うと、エキゾチックでクセの強い「Maridabu」では、まるでダークファンタジーの世界に迷いこんだような感覚に陥る。マントル=核と名付けられた最新アルバムのなかでも最も濃くて深い部分に触れたような瞬間だった。

 ひとたび演奏が終わると、「ありがとうー!!」と叫ぶ声にエフェクターをかけて遊ぶやんちゃな一面を見せたメンバー。武井が各地で話したが、なかなかまとまらないという長話を始めた。要約すると、「共通点がある人ほど仲良くなれる。何年後かにこの赤坂ブリッツにいる人同士が出会ったら……セックスチャンス!」、そんな話だった。ちょっと最後で台無しだったけど(笑)、ここまで最高のライブを作り上げきた自負が言わせた発言なのかもしれない。そして「まだまだ俺のメガネが曇り足りない!」という砂川の煽りを合図に再び演奏へと流れ込む。

 前作アルバム『NEVERLAND』からの楽曲「ネバーランド」や「MUSIC」を交えながらの後半。客席は激しくバウンスする。それは気づけばちょっと異様な光景だった。チェコが奏でる、たとえばフジロックに出演する洋楽インディーバンドにも通じるような解放的なサウンドが、シーンを席巻するJ-ROCKのバンドと同じように、ここ赤坂ブリッツを満員にして日本の若いリスナーを虜にしている。これがチェコの凄さだ。

 そして、アルバム『MANTLE』随一のキラーチューン「No Way」で5人の力強い演奏が1,300人のお客さんを至福の場所へ引き連れて行くと、一気にフィナーレへ。「5人じゃ足りないので全員で歌って、この曲を完成させてください!」(武井)と言って始まった「ダイナソー」のあと、ツアータイトルでもある「2014年宇宙の旅」では頭上にミラーボールが回り、ラストナンバー「Changing My Life」へ。メンバーがステージの上の風船を客席にほうり込みながら盛り上げた会場は言いようのない多幸感に包まれていた。

 アンコールはまず砂川がひとりステージに現れ、ドラゴンボールの名シーンを再現して笑いをとる。武井は「よくこのクオリティで再現しようと思ったな」という評価だったが、会場は盛り上がったので結果オーライだ。この流れでドラゴンボールの主題歌となった11月発売の新曲「Oh Yeah!!!!!!!」を披露。武井いわく“小学生でも歌える仕様”というこの曲は2台のキーボードが絡み合うデジタル色の強いナンバー。今までのチェコにはない、それでも随所に息づくチェコらしい(→トルツメ)さがかっこいい曲だった。さらにダブルアンコールでは、かつてこの赤坂でメンバーを増やそうと語り合った昔話を挟んで、最後は(正式にではないが)現在のメンバー5人になって初めてのシングル「アイボリー」で締めくくった。

 ダブルアンコールまで全21曲。2ndアルバム『MANTLE』で獲得した縦横無尽な5人のポップミュージックは確かにチェコの血肉となっていた。そして、どんな音楽も5人が奏でればCzecho No Republicになるという最強のムードが今のメンバーにはある。そんな5人の姿が本当に眩しいツアーファイナルだった。

【取材・文:秦 理絵】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル Czecho No Republic

リリース情報

Oh Yeah!!!!!!!(初回限定盤)[CD+DVD]

Oh Yeah!!!!!!!(初回限定盤)[CD+DVD]

2014年11月12日

日本コロムビア

[CD]
1. Oh Yeah!!!!!!!
2. Come On
3. Sunday Juggler
4. Yeah Oh!!!!!!!

【初回盤DVD内容】
◆RUSH BALL 2014
1.Amazing Parade
2.ダイナソー
◆「MANTLE TOUR ~2014年宇宙の旅~」@F.A.D YOKOHAMA
3.Crazy Crazy Love
4.JOB!
5.Field Poppy
6.No Way
◆MUSIC VIDEO
7.ネバーランド
8.MUSIC
9.Amazing Parade
10.No Way

セットリスト

MANTLE TOUR ~2014年宇宙の旅~
2014.10.10@赤坂BLITZ

  1. Amazing Parade
  2. Call Her
  3. Crazy Crazy Love
  4. レインボー
  5. Field Poppy
  6. Summer Love
  7. JOB!
  8. 幽霊船
  9. Festival
  10. Clap Your Hands
  11. Hello, My Friend Sophie
  12. Maridabu
  13. ネバーランド
  14. MUSIC
  15. No Way
  16. ダイナソー
  17. Melody
  18. 2014年宇宙の旅
  19. Changing My Life
Encore
  1. Oh Yeah!!!!!!!
  2. ショートバケーション
Encore2
  1. アイボリー

お知らせ

■ライブ情報

Czecho No Republicプレゼンツ熱戦・烈戦・超激戦 天下一仮装会~チェコに元気を分けてくれSPARKING2014~
2014/10/31(金)Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

日本工学院ミュージックカレッジ presents KAMA ROCK FESTIVAL 2014
2014/11/02(日)日本工学院専門学校 蒲田キャンパス 2号館6階 Digital Open Studio

GLICO LIVE "NEXT" SPECIAL
2014/11/11(火)心斎橋BIGCAT

ペースシャワー列伝100巻記念公演 第119巻 紅一点(こういってん)の宴
2014/11/18(火)新宿LOFT

音流小演会2014~Winter Festival~
2014/12/04(木)渋谷eggman

Yamaha Acoustic Mind 2014 ~ L Series 40th Anniversary Special Live ~
2014/12/15(月)心斎橋BIGCAT

ATF 15th 大感謝祭! フォーエヴァーヤング!! ~渋谷でメリクリ編~
2014/12/25(木)渋谷CLUB QUATTRO

rockin’on presents COUNTDOWN JAPAN 14/15
2014/12/30(火)幕張メッセ国際展示場1~11ホール、イベントホール

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る