前へ

次へ

急成長を続ける注目のニューエイジ・ポップ・ユニット、Maison book girlのツアーファイナルをレポート

Maison book girl | 2017.05.19

 メンバーの地元(矢川葵は大阪、井上唯は福岡、和田輪は北海道、コショージメグミは新潟出身)や愛知を巡り、ついに迎えたツアーファイナルの会場は東京・赤坂ブリッツ。昨年の11月6日に行ったワンマンライヴの会場はshibuya WWW Xだったので、目に見えて規模が大きくなっている。スタート前からフロアで待っていたファンたちのウキウキした様子も、ここ数ヶ月で急速に高まったMaison book girlの人気をハッキリと示していた。

 インストナンバー「ending」が始まり、ステージを覆っている紗幕に投影された映像。その向こう側に4人が登場したのがぼんやりと見えると、観客は歓声を上げた。そして「sin morning」がスタート。真っ白な紗幕はステージを覆い続け、歌いながら踊るメンバーたちの黒いシルエットがミステリアスに揺らめいた。曲が終盤に差し掛かると幕は切って落とされ、姿を現した矢川、井上、和田、コショージ。ドラマチックなオープニングであった。

 その後も「end of Summer dream」「veranda」「faithlessness」……メジャー1stアルバム『image』の順番通りにライヴは進行していった。サウンドを聴いているだけでも様々な風景や物語がイメージできる同作だが、メンバーたちの歌やダンスを観ながら噛み締めると、より立体的に迫って来た。特に息を呑まされたのは、中盤で展開したインスト曲の「int」。フォーメーションを多彩に変化させ続け、優雅に踊りながら空間を構築する彼女たちの姿が、とても神々しかった。

「townscape」を皮切りに突入した後半も美しい場面の連続だった。“時の経つのも忘れる”という表現がよく使われるが、あの場にいた全ての人が、まさにそんな感覚を味わったのではないだろうか。荒れ狂うように鳴り響くピアノ音色が観客を熱く興奮させていた「karma」。激しいクラップが巻き起こっていた「screen」。抒情的なメロディが壮大に広がった「blue light」……MCなどを間に一切挟むことなく、ひたすら曲を届け、本編を締め括ったのはメンバーたちのポエトリーリーディング「opening」。コショージ作の詩が、温かい感動を呼んでいた。

 アンコールを求める観客の手拍子(「bath room」に盛り込まれている印象的なリズムを打ち鳴らすのが恒例)に応えて再登場したメンバーたち。「平日だから仕事とかあったと思うんだけど、頑張って来てくれてありがとうございます」、感極まった様子でコショージが挨拶をした後、4人それぞれが順番に想いを語った。
「私はずっと自信がなさすぎて、大勢の人の前で喋るのが怖くて。でも、みなさんが見つけてくれて。自分で自分を悪く言うのは失礼かなと。みんなの自慢の和田輪になりたいと思いました。これもひとえにみなさんのおかげだと思っています。これからも和田輪とMaison book girlをよろしくお願いします」(和田)
「昔から1人で行動するのが好きで、友だちも少ないんですけど(笑)。人と密に接するのが苦じゃないのが珍しくて。くさいことを言うけど……この3人のメンバーと会えたのは運命じゃないかなと。喧嘩とか、一緒に山を乗り越えたとかいう話はないんですけど(笑)。この3人となら一緒にやれると思います。ここにいるみんなも運命だと思います」(矢川)
「初期から観てる方々は知っていると思いますが、私は何もできなくて(笑)。昨年デビューできて、ブクガのことを考えることが増えました。地元がめっちゃ好きだったのに、自然とブクガがある東京が同じように好きになっています。ブクガのこと、3人のこと、スタッフさん、みんなのことが好きなんだなと。ブクガをもっと広めたいと思いました」(井上)
「何話そうかなと昨日の夜、お風呂で湯船に入りながら考えたら、出るタイミングが分からなくなって具合が悪くなった(笑)。音楽を続けられたらいいね?アイドルの2年半はバンドだと7年くらいの価値があるのかもしれない。犬の年齢みたいに(笑)。みんなの手を離さないようにするので、応援をよろしくお願いします!」(コショージ)

 コショージが想いを語った時、4人が照れくさそうにしつつも、笑顔を交わして手を繋ぎ合っていたのが微笑ましかった。そして、お馴染みのナンバー「cloudy irony」「lost AGE」「bed」「snow irony」「bath room」を連発したアンコール。「今日の景色をみんなの角膜に閉じ込めて、一生消えませんように!」とコショージが言い、最後に披露されたのは「lastscene」。一緒に振り付けを踊り、大合唱する観客の一体感が圧倒的であった。

「以上、Maison book girlでした。ありがとうございました!」と挨拶をして、ステージを後にしたメンバーたち。スクリーンに「Maison book girl 2017.0719 new single release」という文字が浮かび上がると、観客は大喜びしていた。現代音楽的な変拍子、先の読めない展開、幻想的な旋律、様々な解釈を誘う歌詞、ユニークな動きを取り入れたダンスなど、独特な要素をたくさん持っているブクガだが、J-POPシーンのど真ん中に飛び出し得る強烈な輝きを持っていることを、このライヴは鮮やかに証明していた。ファンタジー映画のような華やかさ、精緻に構築されたサウンドの刺激、メンバーたちの親しみやすい存在感が絶妙に融合しているブクガは、今後さらに幅広い層のファンから支持されるようになるはずだ。

【取材・文:田中 大】
【撮影:稲垣謙一】

tag一覧 J-POP ライブ 女性ボーカル Maison book girl

リリース情報

image

image

2017年04月05日

徳間ジャパンコミュニケーションズ

1. ending
2. sin morning
3. end of Summer dream
4. veranda
5. faithlessness
6. int
7. townscape
8. karma
9. screen
10. blue light
11. opening

セットリスト

Solitude HOTEL 3F
2017.5.9@赤坂BLITZ

  1. 01. ending
  2. 02. sin morning
  3. 03. end of Summer dream
  4. 04. veranda
  5. 05. faithlessness
  6. 06. int
  7. 07. townscape
  8. 08. karma
  9. 09. screen
  10. 10. blue light
  11. 11. opening
  12.  ENCORE
    1. EN 1.cloudy irony
    2. EN 2.lost AGE
    3. EN 3.bed
    4. EN 4.snow irony
    5. EN 5.bath room
    6. EN 6.lastscene

お知らせ

■ライブ情報

湯会@東京天然温泉 古代の湯
05/20(土) 東京天然温泉 古代の湯

ekoms presents 「oto no ha」
05/21(日) 新宿MARZ

くるくるデパート 〜新学期だよ進級SP!
05/22(月) 阿佐ヶ谷ロフト

フィロソフィーのダンス 定期公演 『FUNKY BUT CHIC Vol.14』
05/26.金下北沢ガーデン

Shimokitazawa SOUND CRUISING 2017
05/27(土) 下北沢全域

夜明けの月と煙 vol.10
05/29(月) 青山月見ル君想フ

【ジワジワ】ワダ特〜presented by水野しず〜【くる】
05/30(火) 阿佐ヶ谷ロフト

sora tob sakana presents. 〜月面の扉〜
06/04(日) 渋谷TSUTAYA O-nest

『SKA×iDOL SUMMITvol.2』
06/11(日) 今池3STAR

mezcolanza VS Maison book girl
06/17(土) 下北沢SHELTER

YATSUI FESTIVAL!2017
06/17(土) 渋谷内複数会場

『中野ロープウェイ開店8周年記念ライブ! 千秋楽』
06/22(木) 新宿LOFT

アイドル横丁夏まつり!!〜2017〜
07/08(土) - 07/09(日) 横浜赤レンガパーク

ピエールフェス 2017
07/16(日) 恵比寿LIQUIDROOM

TOKYO IDOL FESTIVAL 2017
08/04(金) - 08/06(日)
お台場・青海周辺エリア

JAM EXPO 2017
08/26(土) - 08/27(日) 横浜アリーナ

夏の魔物2017 in KAWASAKI
09/10(日) 川崎市東扇島東公園・特設会場

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る