前へ

次へ

クリープハイプ 4年ぶりの日本武道館で、アルバム&全国ライブハウスツアーも発表!

クリープハイプ | 2018.06.11

「今も理不尽なことに悔しくなって、許せないことがある。この気持ちはどこに行くのかなとずっと考えています。だからこそ、曲が出来る。クリープハイプは、そういうことを歌いたい、歌っています……」
 ライブ中盤。「大丈夫」の後のMC。尾崎は、バイト時代の話を始めた。当時、自分からお金を借りてはそれを返さない先輩がいた。返済を切り出せなかった自分がいたと前置きし、その時、どうして借りたヤツの方が強いのか、理不尽だと思った。冒頭で紹介したのは、このエピソードを話した後の尾崎の言葉である。彼は、こう締め括った。
「世の中が無かったことにしている、小さい想いを歌っている。だからクリープハイプは、その想いを全部受け止めます」
 この言葉を受け歌われたのは「明日はどっちだ」だった。

 5月11日、金曜日。日本武道館。八角形の北側に設置されステージ。セットはじつにシンプル。照明を吊り下げたトラスも、極限まで本数を少なくしている。天井ギリギリの客席からもステージの4人が伺えるセット。日本武道館の席を全部使えば、360°の客席になる。この日はセンターステージでも無いのに、320°くらいまで埋まっていた。それも、2階の最後列までぎっしり。まさに、パンパンだ。超満員の観客を最初に楽しませたのは、6本の短い映像だった。出演しているのはメンバー。女装もありのコミカルな演技、センスあるフレーミングやテンポのよい編集に、大観衆がドッと沸く。中でもドッカーンと日本武道館を大爆笑させたのは、過去、彼らの楽曲が使用されたCM(日焼けどめとか、カップ焼きそばとか……以下、検索してくださいね)に直結するパロディ映像だった。文句なしのレア映像。ライブ以外でお目にかかるのは難しいだろうなと思わせる、いろんな意味でスレスレの挑戦&ビックサプライズに、会場の期待が一気に高まる。暗転する日本武道館。薄闇の中にうっすら浮かぶステージ。メンバーが順番に出てきてスタンバイする。歓声と拍手が、ステージに降り注いでいく。尾崎がマイクをとった。

「ありがとう。(映像では)パロディでCMをやったけど。これから本物のクリープハイプがクリープハイプをやります。今日は何でもないただの日だ。その日を最高にしましょう、よろしくお願いします」

 クリープハイプ、4年ぶり、2度目の日本武道館。1曲目を飾ったのは、ミディアムバラード「ねがいり」だった。“前回の日本武道館で最後に歌った曲、あれから4年経って、本当に白髪が増えました”という紹介から「寝癖」。リズム隊の太く筋肉質な音が、曲をぐぃっと底上げしていく。深いブルーに沈むステージの中「おやすみ泣き声、さよなら歌姫」へ。サビでパッと解放されるメロディーは、深い青のライティングと相まって、メロディーが深海から水面へ飛び出してきたようだった。改めてクリープハイプのサビの瞬発力を目の当たりにしてドキドキした。

 尾崎が“今日はクリープハイプのすべてを見せないといけないから、ダラダラしている暇はありません。あの先へ、この先へ”と言って「オレンジ」。2番のサビで巻き舌のニュアンスを出した歌い回しを見せた尾崎。ギターの小川はステージ前、ギリギリに出てきて客を盛り上げる。エンディング間際には、ベースの長谷川カオナシのアクションに合わせ、観客からクラップが起こった。次の曲をイメージさせる言葉で紡いでいくセットリスト。その言葉のセレクトも、じつにお見事。同様の手法をとるアーティストは少なくないが、自分の想いを中心に語るにとどまっている場合も多い。クリープハイプは、自分の想いを伝えながら、歌詞の世界から遠く離れない温度の言葉を選び、ロマンチックにストーリーを紡いでいく。曲を生かすために選択された言葉が、楽曲と一緒に“クリープハイプの実像”を丁寧に、観客に編み込んでいく。しかも綺麗に、時に大胆な模様を描きながら。すごいな、この緻密さ。なのに、そう見せないバンドの気風もいい。メンバー同士が、他の音をしっかり聴いていて、尾崎のボーカルを支える盤石のアンサンブル。ロックのグルーヴとポップスの繊細さの同居。様々なクリープハイプが、多彩な言葉とメロディーでどんどん紡がれていく。ひと縫い、ひと縫い、丁寧に。その様は、まるで、言葉とメロディーを使った、刺繍のようだと思った。

 超満員の客席は、1曲、1曲をじっくり聴いている。曲に合わせてクラップする、MCに笑う、映像に爆笑する、尾崎の言葉を噛みしめる……と、じつに忙しい。でもこの忙しさこそ、観客の欲求が解放された証拠ではなかろうか。客はバンドの鏡だという言葉があるけれど、クリープハイプのお客さんは、じつに欲張り。騒ぐだけじゃ満足しないし、いい曲を聴かせるだけでも満足しない。それはクリープハイプもそうだ。欲張り同士が、欲求を共有している。それが、他のバンドにない一体感になって、この日の日本武道館全体を包んでいた。そんな観客とバンドの関係性を象徴したかのような尾崎のMC。

「なんか満たされてしまうような。でも(ライブが)終わったらまたエゴサーチして。書かれたのを読んでまた足りなくなるから、ちょうどいいな(笑)。しゃべりすぎましたね、しゃべりすぎたのは……」
「夏のせい~」と、ワンフレーズ歌い「ラブホテル」へ。ステージを左右後方から照らすように2階席の端に設置された2台のミラーボール、さらにステージ前に埋め込まれるように置かれた大きなミラーボールが、様々な角度からの光に乱反射し、日本武道館に光の破片を散らす。それは跳ねた水滴のようでもあり、海中の泡のようでもあった。

 アップチューンを連発しながら、ライブ本編はエンディングへ向かう。キラーチューン「HE IS MINE」では、尾崎の“見ての通り、とても神聖な場所です。汚してはいけません。だから絶対に、絶対に言わないでください”という期待の言葉に見事に観客が応え、大観衆の「セッ○スしよう!」が響いた。その瞬間、メンバー4人が、一斉に笑っていた。観客も全員笑っていた。最新曲の「栞」で本編は幕を閉じた。終わった後、ステージを斜め後方から見下ろしている1階席と2階席を、のぞき込むように見上げながら「見づらかったでしょう?」と声をかけた尾崎世界観。歓声と拍手が起こっている客席をゆっくり見回し、こう口にした。
「本当にこんなに……ありがとう、感謝しています」

 やまない拍手、アンコールに応え、再びステージに登場したクリープハイプの4人。カントリーティストの「なぎら」を披露した後、9月にニューアルバムを発売すること、続いて全国23か所のツアーを行うことを発表した。
ダブルアンコールも含め、全部で27曲。ライブに対するスタンス、セットリスト、観客への向き合い方、演奏、映像を含んだ演出と、どれをとってもハイクオリティーで、ライブバンドとしての次のフェーズを感じられる内容だった。しかしながら、やっぱり最後に思ったのは、このバンドの曲の良さ、である。いい曲を聴き手にしっかり届けよう、最高の状態で再現しようというメンバーの気迫(といっても、内に秘めたような熱さなのですが)と、観客を楽しませようというサービス精神は、楽曲に新旧関係ない瑞々しさをもたらしていた。この瑞々しさこそ、今のクリープハイプの状態に直結しているのではあるまいか。MCで尾崎はバンドの状態を「今が1番いい」と言ったが、この言葉をこの日のライブは、鮮烈に表していた。誰もが納得するくらい、鮮やかに。そして力強く。

【取材・文:伊藤亜希】
【撮影: SHINTO TAKESHI】

tag一覧 J-POP ライブ 男性ボーカル クリープハイプ

リリース情報

クリープハイプ × STUTS「NO SWALLOWS, NO LIFE.」

クリープハイプ × STUTS「NO SWALLOWS, NO LIFE.」

2017年05月31日

ユニバーサルシグマ

M1. NO SWALLOWS, NO LIFE. / クリープハイプ × STUTS
M2. 東京音頭 / クリープハイプ

セットリスト

クリープハイプのすべて
2018.05.11@日本武道館

  1. 01.ねがいり
  2. 02.寝癖
  3. 03.おやすみ泣き声、さよなら歌姫
  4. 04.オレンジ
  5. 05.エロ
  6. 06.左耳
  7. 07.ABCDC
  8. 08.火まつり
  9. 09.鬼
  10. 10.おばけでいいからはやくきて
  11. 11.ウワノソラ
  12. 12.さっきはごめんね、ありがとう
  13. 13.ボーイズENDガールズ
  14. 14.大丈夫
  15. 15.明日はどっちだ
  16. 16.イノチミジカシコイセヨオトメ
  17. 17.手と手
  18. 18.ラブホテル
  19. 19.かえるの唄
  20. 20.憂、燦々
  21. 21.HE IS MINE
  22. 22.社会の窓
  23. 23.イト
  24. 24.栞
  25. 【ENCORE】
  26. En 01.なぎら
  27. En 02.二十九、三十
  28. 【W ENCORE】
  29. WEn 1.愛の標識

お知らせ

■ライブ情報

さユり「2マンツアー『月と越境』」
06/16(土)名古屋DIAMOND HALL

京都大作戦2018〜去年は雷雨でごめんな祭〜
07/08(日)京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ

WILD BUNCH FEST. 2018
07/29(日)山口きらら博記念公園

rockin’on presents ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018
08/04(土) @ 国営ひたち海浜公園

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO
08/11(土・祝)石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ

MONSTER baSH 2018
08/19(日)国営讃岐まんのう公園

RUSH BALL 2018 20th Anniversary
08/25(土)泉大津フェニックス

SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018
09/02(日)山梨県 山中湖交流プラザ きらら

JA共済 Presents RADIO BERRY ベリテンライブ2018 Special
09/09(日)栃木県井頭公園運動広場

PIA MUSIC COMPLEX 2018
09/29(土)新木場 若洲公園
09/30(日)新木場 若洲公園

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る