前へ

次へ

2日間で7万人を動員! WANIMA初のドーム公演「Everybody!! Tour Final」をレポート!

WANIMA | 2018.09.04

 西武球場前駅に着くと、赤、黄、緑のラスタカラーで彩られたWANIMAのTシャツを着た人たちでごった返していた。しかも会場周辺は屋台や自動販売機が多く設置され、開演前に食べたり、飲んだりして、みんな楽しそうに談笑している。その光景は、"WANIMAフェス"と言いたくなる活気を呈していた。  個人的に初めて埼玉・メットライフドームに足を踏み入れたのだが、会場のサイドは吹き抜けとなっており、柱に支えられた形で巨大な屋根が覆い被さっている。空調も特になく、屋根のある野外フェス(?)みたいな雰囲気で、とにかくこの日は蒸し暑かった。だが、それ以上にWANIMAのライブは太陽のごとき灼熱のパフォーマンスを見せつけてくれた。

 最新作であり35万枚を突破したメジャー1stフルアルバム『Everybody!!』を引っ提げた全国ツアーファイナルはバンド初のドーム公演!2デイズで7万人を収容、ツアー全体を通して20万人という破格の観客動員を達成。そのドーム最終日は3ピース・バンドが3万5千人といかに向き合うのか、興味はその一点に尽きた。18時7分、10カウントを経て、KENTA(Vo&Ba)、KO-SHIN(Gt&Cho)、FUJI(Dr&Cho)のメンバー3人が登場。1曲目「OLE!!」が始まった瞬間、アリーナには水が放出され、これには観客も大フィーバー。続けて陽気なスカのリズムが心地いい「BIG UP」に入ると、アリーナ、スタンドは踊り出す人たちで溢れ出す。ふとステージ背面に目をやると、赤、黄、緑のヤシの木がライトアップされていた。

「我々の夏がやって来た! 元気しとった?」とKENTAは相変わらず人懐っこく語りかけた後、花道でスイカ割りを披露して夏気分を煽ってくる。この形式張らない自由さも彼ららしいではないか。

「Japanese Pride」、「やってみよう」と続き、次の「THANX」の曲中にハイタッチを促し、観客同士が笑顔で手を合わせる光景を作り上げる。「Drive」を挟んで、アッパーな「CHEEKY」をやり終えると、FUJIお得意のモノマネで場を沸かせた。それからステージ自体がアリーナ中央の花道まで移動し、「いいから」を披露。ステージが360度回転する中で演奏を繰り広げ、全ベクトルに気持ちを届けたいんだ!という意志をビシビシと感じ取れた。
 曲間には会場に風鈴の音が鳴り響く。「無理をせずに水分補給してね」とKENTAは優しく呼びかけ、今度は花道上手(かみて)側の小ステージで「SNOW」をじっくり聴かせる。その流れから聴いた新曲「りんどう」も素晴しく、心を震わせるように歌い上げるKENTAの歌声に陶酔した。

 その余韻に耽る間もなく、KO-SHINが一旦ステージから消えてしまう。何事かと思ったら、ガチのトイレタイムでこれにはメンバー2人も驚きを隠せない。しかし、そんなハプニングも笑いに変えられるのはWANIMAの親しみやすいキャラゆえだろう。観客も嬉々として、その様子を楽しんでいるようだった。再び全速力で戻って来るKO-SHINを迎え入れ、花道下手(しもて)の小ステージにて、「ここから」をアコースティック編成で披露。バンドと観客の距離感をグッと縮める演出も奏功し、ここから後半戦に突入だ。
「ともに」、「雨あがり」、「ヒューマン」とエモーショナルな歌を存分に響かせ、聴く者の背中を力強く押し続ける。続いてカラフルなレーザー光線が飛び交う中で「オドルヨル」、「サブマリン」と放ち、アリーナ、スタンド全体を巻き込む底なしのパワーを発揮。勢いづくドームの熱気をさらに焚き付けたのは「シグナル」だった。曲の始まりから観客はドッと騒ぎ、至福の表情で曲の世界に浸っている。そして、本編最後は「Everybody!!」を解き放ち、《肌の色 言葉 国を超え この星の彼方に…》というスケールの大きな歌詞もドームで一段と映えていた。

 アンコールに入ると、スクリーンに足ツボマッサージや千本ノックにトライするメンバー3人の映像が流れた後、疾走感溢れる「花火」へ。天上に花火が浮かび上がる演出もあり、夏っぽい様々な仕掛けもこのドームでしか味わえないものだった。それからKENTAは花道を走り抜け、アリーナ内に入ると、観客と肌が触れ合う距離で“リクエストコーナー”を宣言。一人の男性ファンが「TRACE」をリクエストすると、「昨日も歌ってないから、歌詞やばないな」とボソッと呟きつつ、同曲をプレイした。そこで大きな合唱を巻き起こし、残りは1曲のみ。「これからもWANIMAと共に生きてください!」と力強く訴え、ラスト曲「これだけは」を披露。「みんな愛しとるよー!」と曲中に何度も同じ言葉を告げ、メンバー自身が何より名残惜しそうに演奏しているようだった。最後はKO-SHINが「ここに連れて来てくれて、ありがとうございます!」と大声で感謝の意を叫び、一本締めにて終了。

 全22曲2時間半に及ぶ長尺ライブを無事に完走。総じてドームならではの凝った演出効果に目を奪われたものの、何より素晴しかったのはWANIMAの歌と演奏と楽曲の力だった。ものすごく当たり前の結論になるけれど、3ピースのバンド感をもっとも強く鳴り響かせ、それが大きな感動を呼び起こすファイナル公演であった。WANIMAの音楽はスタジアムクラスの会場を突き抜け、場外ホームラン級の飛距離を記録していたのだ。これは断じて比喩ではない。バンド・サウンドのかっこ良さを堂々見せつけ、すべての観客を魅了する説得力を身に付けていたのだから。

 なお、今日のライブの模様を収めた2nd DVD/Blu-ray『Everybody!! TOUR FINAL』が11月28日にリリースされることが決定。また、普段なかなか行くことができない地域を回るツアー『1 CHANCE NIGHT TOUR 2018-2019』の開催も告知。ドーム2デイズで力を蓄えたWANIMAが、再び各地で大暴れしてくれることだろう。

【取材・文:荒金良介】
【撮影:瀧本 JON... 行秀/岸田哲平】

tag一覧 J-POP ライブ 男性ボーカル WANIMA

リリース情報

[配信]Drive

[配信]Drive

2018年05月16日

ワーナーミュージックジャパン

01.Drive

このアルバムを購入

セットリスト

WANIMA Everybody!! Tour Final 2018.08.26@メットライフドーム

  1. 01.OLE!!
  2. 02.BIG UP
  3. 03.Japanese Pride
  4. 04.やってみよう
  5. 05.THANX
  6. 06.Drive
  7. 07.CHEEKY
  8. 08.いいから
  9. 09.SLOW
  10. 10.りんどう
  11. 11.ここから(アコースティック)
  12. 12.ともに
  13. 13.雨あがり
  14. 14.ヒューマン
  15. 15.Hey Lady
  16. 16.オドルヨル
  17. 17.サブマリン
  18. 18.シグナル
  19. 19.Everybody!!
  20. 【ENCORE】
  21. EN 01.花火
  22. EN 02.TRACE
  23. EN 03.これだけは

お知らせ

■ライブ情報

1CHANCE NIGHT TOUR 2018→2019
[2018]
11/05(月) Zepp NAGOYA
11/07(水) Zepp Osaka Bayside
11/08(木) Zepp Osaka Bayside
11/13(火) 仙台PIT
11/19(月) Zepp Sapporo
11/21(水) 旭川市民文化会館
11/23(金・祝) 釧路市民文化会館
11/25(日) 苫小牧市民会館
12/08(土) Zepp Fukuoka
[2019]
01/11(金) 周南市文化会館
01/13(日) 米子コンベンションセンター BiG SHiP
01/14(月・祝) 倉敷市民会館
01/24(木) 石川県・本多の森ホール
01/25(金) 福井フェニックス・プラザ
01/27(日) コラニー文化ホール(山梨県立県民文化ホール)大ホール
01/29(火) 長野県・ホクト文化ホール・大ホール
02/07(木) 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 大ホール
02/08(金) なら100年会館 大ホール
02/16(土) 宇都宮市文化会館 大ホール
02/17(日) ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール
02/19(火) けんしん郡山文化センター大ホール(郡山市民文化センター)
02/21(木) リンクステーションホール青森(青森市文化会館)
02/26(火) 鹿児島市民文化ホール 第一
02/27(水) アルモニーサンク北九州ソレイユホール
03/01(金) 大分iichiko総合文化センター
03/02(土) 市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
03/04(月) 佐賀市文化会館 大ホール

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る