前へ

次へ

Rhythmic Toy World「SHOOTING TOUR」Zepp DiverCity東京ファイナルをレポート

Rhythmic Toy World | 2018.11.16

Rhythmic Toy Worldの全国ツアー「SHOOTING TOUR」のファイナル、東京・Zepp DiverCity公演。バンドにとって過去最高規模のライブでメンバーの4人は、独創的なロックサウンド、強いメッセージを込めた歌詞、遊び心に溢れたステージング、そして、オーディエンスとの強い絆を真っ直ぐに見せつけてくれた。

4月にリリースされたメジャー1stアルバム『SHOT』を引っ提げた全国ツアー「SHOOTING TOUR」。5月からスタートし、KNOCK OUT MONKEY、ヒトリエ、CIVILIAN、グッドモーニングアメリカ、シナリオアート、phatmans after school、GOOD ON THE REEL、アルコサイト、NUBO、MAGIC OF LiFE、bivouac、鴉といった魅力的なゲスト・バンドを迎えた対バンライブ、そして、8月からは全国各地でワンマンライブを行ってきた彼ら。この日(10月29日/東京・Zepp DiverCity)のライブで彼は、メジャーデビュー以降の最初の集大成と呼びたくなるような、エモーショナルかつポジティブなステージを繰り広げた。

 開演前のBGMは「Error」(Granidelia)、「君が私をダメにする」(黒木渚)などエッジとポップを兼ね備えたアーティストたちの楽曲。こういうセレクトにもバンドの意志を感じるな……などと思っているうちにフロアの照明が落とされ、メンバーが次々と登場。  「ウォー!」という強烈な歓声のなか、オープニングナンバー「BOARD」が放たれる。勢い、パワー、グルーヴを共存させたバンドサウンド、エモーショナルなメロディライン、そして、「GO!!大気圏突破ですSHOT!!乗り込め僕らへ」というラインが響き渡り、観客の興奮はアッと言う間に上がっていく。“Rhythmic Toy Worldは夢を乗せてどこまでも飛んでいく宇宙船”というテーマで制作されたというこの曲は、現在の彼らのとことん前向きなモードと直結していると思う。

さらに須藤憲太郎(Ba)のスラップベースにリードされた「Team B」、「おまえらのでっかいでっかい声ちょうだい!」(内田直孝/V&G)という煽りに反応し、フロアから凄まじいシャウト&シンガロングが巻き起こった「ペーパー人間」を披露。
「ついに、ついにお台場まで来ちゃったよ! もっともっとみんなと遊びてえなと思うんだけど、おまえら準備できてる?」(内田)というMC、”俺らと一緒にASOBOYA!”のコール&レスポンスを挟み、メロディックなギターフレーズと強靭なリズム・セクションがひとつになった「いろはにほへと」、アルバムの収録曲「ラストオーダー」へ。カラフルなアッパーチューンの魅力を思い切り増幅させるメンバーのステージングはまさに最高潮だ。パワーとしなやかさを兼ね備えた磯村貴宏(Dr)のドラム、スラップを効果的に交えながら骨太のグルーヴを生み出す須藤のベース、ド派手なフレージングと正確なカッティングで楽曲に彩りを与える岸明平(G)のギター。このバンドのアンサンブルは、今回のツアーによって確実に向上した。的確なテクニックと表現力を共存させた彼らのサウンドは、現在のシーンのなかでもかなり際立っていると思う。

「予想以上にめっちゃ楽しい! あのデカいガンダム(お台場名物、等身大の機動戦士ガンダム)でも、ここにいるみんなには勝てないな。今日がファイナルなんだけど……終わらないっしょ。“まだまだ足らねえよ。50、60才までやれよ”という気持ちでこれからも応援よろしくお願いします!」(内田)というMCの後は、このバンドのハイブリッドな音楽性をダイレクトに体感できるシーンが続く。ギターポップ、ヘビィロック、メロコア、ファンク、ヒップホップといった幅広いファクターを自由に取り込み、想像を超えた楽曲展開をドラマティックな手触りのメロディ、真摯なメッセージ性を込めた歌詞によってオーディエンスを惹きつけていく。
特にシャープなダンスビートと“偽物なんかに負けてたまるか”というワードがぶつかり合う「ブッシャカ」は最高。“ブッシャカ!ブッシャカ!”という観客のコールを含め、このツアーのなかで新たなライブ・アンセムとして定着したようだ。さらに「とおりゃんせ」では内田が客席に飛び込み、フロアは熱狂の渦に巻き込まれる。身体を張ったパフォーマンスで観客とコミュニケーションを取ろうとする姿勢もまた、このバンドが支持され続けている理由だろう。

 母親に対する愛情、感謝を率直に歌い上げた「リバナ」、内田の男くさいボーカルが心に残った「27時」でじんわりとした感動を生み出し、ライブはいよいよ後半へ。「描いた日々に」「輝きだす」などの前向きな意志を描いたアッパーチューンを次々と放ち、観客の心と身体を揺らしまくる。「みんな、手を上げてもらっていい? その手を自分の胸に当ててもらっていいかな。みんが触ってるそれ、俺の宝物です」(内田)という言葉に導かれた「ライブハウス」そして、“頑張れ生きる人 君は誰かを思える人 本当は強い人”という、4人の生き方とも強く重なるラインがしっかりと伝わってきた「僕の声」(TVアニメ「弱虫ペダル GLORY LINE」OPテーマ)で本編は終了した。

“ASOBOYAコール”に導かれ、再びステージに登場した4人。「ツアー、すげえ大変だったよ。みんなに何を届ければいいんだろう?って試行錯誤して、試して。でも、すごく楽しかった。
時間が許す限り、アンコールやります!」(内田)という言葉から、まずは彼らのライブのテーマソングとも言える「ASOBOYA」を演奏。さらに未発表の新曲「ヒトノカケラ」、代表曲のひとつである「さなぎ」などを披露し、汗だくのオーディエンスをさらに盛り上げる。メンバーがステージを去っても、コールは鳴り止まず。笑顔で登場したメンバーはダブルアンコールとして「あなたに出会えて」を放ち、ツアーファイナル公演を締めくくった。

 ツアー終了後もまったくペースを落とすことなくライブを続けているRhythmic Toy World。12月から来年1月にかけて福岡、富山、茨城、大阪、愛知、福島、東京で「TeamぶっちぎりTOUR vol.1」を開催。さらに2019年3月1日(金)には東京・恵比寿LIQUID ROOMで「Rhythmic Toy World 結成10周年記念LIVE」も決定している。結成10周年のアニバーサリー・イヤーを目前にした彼らはここから、さらなる飛躍を目指して突き進むことになるはずだ。

【取材・文:森朋之】
【撮影:タマイシンゴ】

tag一覧 J-POP ライブ 男性ボーカル Rhythmic Toy World

リリース情報

SHOT

SHOT

2018年04月25日

ビクターエンタテインメント

1. BOARD
2. 僕の声〔Album Ver.〕
3. ラストオーダー
4. さなぎ〔想像力の最前線Ver.〕
5. 会えるように
6. ペーパー人間
7. ブッシャカ
8. 青く赤く
9. ライブハウス
10. 27時
11. 革命の唄
12. ASOBOYA
13. リバナ

セットリスト

SHOOTING TOUR
2018.10.29@Zepp DiverCity

  1. 1. BOARD
  2. 2. Team B
  3. 3. ペーパー人間
  4. 4. いろはにほへと
  5. 5. ラストオーダー
  6. 6. 十六夜クレーター
  7. 7. 終末のカンヴァセーション
  8. 8. s.m.p
  9. 9. JIGOKU
  10. 10. ブッシャカ
  11. 11. S.F
  12. 12. 波紋シンドローム
  13. 13. とおりゃんせ (×2)
  14. 14. リバナ
  15. 15. 27時
  16. 16. 描いた日々に
  17. 17. 輝きだす
  18. 18. いつか
  19. 19. ライブハウス
  20. 20. 僕の声
  21. [アンコール]
  22. 21. ASOBOYA
  23. 22. ヒトノカケラ《新曲》
  24. 23. さなぎ
  25. 24. フレフレ
  26. 25. 会えるように
  27. [ダブルアンコール]
  28. 26. あなたに出会えて

お知らせ

■ライブ情報

TeamぶっちぎりTOUR Vol.1
2018/11/24(土)富山 SOULPOWER
2018/12/07(金)水戸 LIGHT HOUSE
2018/12/16(日)大阪 LIVE SQUARE 2nd LINE
2018/12/17(月)名古屋APOLLO BASE
2018/12/21(金)郡山 CLUB #9
2019/01/05(土)代官山UNIT

Rhythmic Toy World 結成10周年記念LIVE
2019/03/01(金)恵比寿LIQUIDROOM

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る