前へ

次へ

「CHAIいく!CHAIくる!トゥアートゥアートゥアー」東京ファイナル!

CHAI | 2019.01.07

CHAIのワンマンツアー「CHAIいく!CHAIくる!トゥアートゥアートゥアー」のファイナルが、12月19日、東京・Zepp Tokyoで開催された。新潟・GOLDEN PIGS BLACK STAGEからスタートし、計12公演。ひと足早いクリスマスプレゼントをばらまいたり、2ndアルバムがリリースされることを発表したりとスペシャル感満載ではあったが、こんなに大きな会場であってもCHAIはCHAIらしく音楽と自由を楽しんでいることがしっかりと伝わってくるファイナルだったと思う。

開演前の諸注意を伝えるアナウンス。メンバー自身による「トゥデイのお約束」は「カメラよし、ストーリーよし、思い切り歌うもよし。思う存分楽しんでちょうだい!」ということで、スマホのカメラをオンにしたオーディエンスが4人の登場を待ち構える。おなじみのオープニングSEは、紗幕の後ろでメンバーの生演奏バージョン。激しい照明が映し出す4つのシルエットが、会場の空気を一気に高めていた。

「ハロー東京!」

ステージセットの<CHAI>ロゴがピカピカと光り、真っピンクの照明が包み込んでスタートした1曲目は「Sound & Stomach」。どっしりしたビートが会場を心地よく揺らしながら、「ボーイズ・セコ・メン」へ。後半に向かってどんどん熱を帯びていくバンドのグルーヴは貫禄すら感じられる。リズムを止めることなく「ヴィレヴァンの」に突入。マナのラップは、愛らしさと迫力の対比が最高だ。

続いては、カイリー・ミノーグの「I Should Be So Lucky」の替え歌&ダンスでTシャツ付きシングル「GREAT JOB/ウィンタム」などを紹介し、Wham!の「Last Christmas」の替え歌(アカペラ)で自己紹介。最後の決めポーズにも大歓声が沸き起こっていた。

「東京!CHAIだよ!今年1年CHAIのことを見とった人、応援してくれてるみんなは気づいとると思うんだけど!I have many complex」(マナ)
「ワタシ、コンプレックス、タクサンアル」(ユウキ)
オモシロ通訳をかますCHAIらしいやりとりでのMCタイム。「コンプレックスは個性だよ!みんな素晴らしい!」「YES or YES!?」からのコール&レスポンスからの流れで披露される曲はもちろん「N.E.O.」だ。ユウキのベースとユナのドラムが生み出すぶっといグルーヴ、抜群のニュアンスでリズムを刻み展開していくカナのギター、扇動するマナのボーカルにフロアは揺れっぱなし。マナとカナがメインステージからせり出した花道で歌い踊った「ハイハイあかちゃん」、ユウキがキーボードを弾いた「クールクールビジョン」はまるで巨大なフェスの会場にいるかのような錯覚すら覚えるテンションだった。揚げ物の映像も一役買った「フライド」が終わると、4人は会場を見渡しつつ、生中継で楽しんでくれてるみんなにも手を振りながら改めてのご挨拶。その後「CHAIは食べることがめっちゃ好きで」とトークが始まったのだが、嫌いな食べ物をどうやったら食べられるようになるかというテーマで会場のお客さんも巻き込んでいく。ものすごいスピードで、しかも4人同時に喋ったりしながら進行していった結果、「叩き潰す」「すり潰す」「味噌で味なんて消しゃいい」と豪快なアドバイスで着地(笑)。話が料理から4人の”家事シェア”に移ったところで披露されたのは「GREAT JOB」。これはCHAIとパナソニックのコラボレーションで「家事がはかどる音楽」として生まれた新曲だ。年末の大掃除に向けた強い味方(!?)が披露されたところで、ここからは「ウォーキング・スター」「ほれちゃった」「フラットガール」というミドルテンポのゾーンへ。少ない音数を効果的に鳴らしながら、可愛かったり切なかったりする女の子の気持ちを表現していた。

ライブもいよいよ後半戦ということで、4人のサングラス姿に歓声が上がった「We Are Musician」では、肩甲骨に溜まった老廃物を流すべく腕を上げるようにメンバーが促す。スクリーンにはこれまでのライブ写真が次々と映し出され、メンバーはステージも花道も所狭しと走り回ってエネルギーを爆発させている。最後にはピンクのテープが噴射され、オーディエンスの興奮はそのまま「ブー!」コールでおなじみの「ぎゃらんぶー」へ。ちなみにこの曲が最初にリリースされたのは「ほったらかシリーズ」という彼女たちの1st EPだったが、それがちょうど2年前。小さなライブハウスでも今と同じように自由にステージを楽しんでいたけど、この2年の間に海外での知名度もさらに上がり、国内のライブ会場もどんどん大きくなるなど、CHAIの音楽はより多くの人の元へ届くようになった。彼女たちがいつも口にする”NEOかわいい″という言葉の意味も、国を問わず理解や共感が深まっているんじゃないかなと思う。そんな風にこれからも自由に歌っていってほしいなというリスナー側の願いと、これからどう未来を楽しんでいこうかなというメンバーのワクワク感を反映させたようなこの日の「フューチャー」は、なんだかとても感動的な景色を運んできてくれたよう気がした。

「ツアーファイナル、初めてのZepp Tokyo!こんなにいっぱい来てくれて本当に嬉しい~!本当にありがと~!楽しんどる~?」(ユナ)

最後の最後までいい感じで心地よいユルさを残しつつ、本編ラストは「sayonara complex」。高く掲げられたオーディエンスの両手が、大きく左右に揺れていた。

もうすぐクリスマスということで、アンコールでは赤いサンタの帽子やトナカイのツノのカチューシャをつけて登場。「ウィンタム」が流れる中、フロアに向かってプレゼントをばら撒きながら、4人は花道で楽しそうにステップを踏んだりしていた。そしてマナから重大発表ということで、CHAIの2ndアルバム『PUNK』を2月13日にリリースすることがアナウンスされた。「“PINK”からの“PUNK”ね(笑)。“PUNK”は2019年のCHAIのテーマ。より自分らしく生きる、なりたい自分になるっていうパンクな精神を忘れないように、っていう『PUNK』!チェックしてねー!」(マナ)ということで、そのアルバムに収録されている新曲「CHOOSE GO!」を披露。ライブは「これからもわがままに生きてね!」というメッセージを添えた「アイム・ミー」で幕を閉じたが、オーディエンスに向かって最高の笑顔で手を振っている4人のバックで流れていたEMOTIONSの「Best Of My Love」が、この夜の多幸感やお互いに対する愛と誇りを伝えていたようだった。

【取材・文:山田邦子】
【撮影:中磯ヨシオ】

tag一覧 J-POP ライブ 女性ボーカル CHAI

リリース情報

PUNK

PUNK

2019年02月13日

OTEMOYAN record

1.CHOOSE GO!
2.GREAT JOB
3.アイム・ミー
4.ウィンタイム
5.THIS IS CHAI
6.ファッショニスタ
7.FAMILY MEMBER
8.カーリー・アドベンチャー
9.Feel the BEAT
10.フューチャー

セットリスト

CHAIいく!CHAIくる!トゥアートゥアートゥアー
2018.12.19@Zepp Tokyo

  1. 1 Sound & Stomach
  2. 2 ボーイズ・セコ・メン
  3. 3 ヴィレヴァンの
  4. 4 自己紹介
  5. 5 N.E.O.
  6. 6 ハイハイあかちゃん
  7. 7 クールクールビジョン
  8. 8 フライド
  9. 9 GREAT JOB
  10. 10 ウォーキング・スター
  11. 11 ほれちゃった
  12. 12 フラットガール
  13. 13 We Are Musician
  14. 14 ぎゃらんぶー
  15. 15 フューチャー
  16. 16 sayonara complex
  17. <ENCORE>
  18. 1 CHOOSE GO!
  19. 2 アイム・ミー

お知らせ

■ライブ情報

影响呈现-NEO-KAWAII 日本女子朋克乐队CHAI,2019中国巡演
01/08(火) 广州 MAO Livehouse
01/09(水) 深セン B10 Live
01/11(土) 北京 疆进酒 Omni Space

CHAI LIVE TOUR 2019 in Taipei
01/13(日)台北THE WALL

“JAPAN TOUR 2019” Superorganism/スーパーオーガニズム
01/22(火)SHIBUYA TSUTAYA O-EAST

CHAI US TOUR
03/13(水)SXSW
03/14(木)SXSW
03/15(金)SXSW
03/16(土)SXSW
03/18()月Washington DC ー DC9
03/19(火)Brooklyn NY ー Market Hotel
03/20(水)Toronto ONT ー Velvet Underground
03/22(金)Boise ID ー Treefort Music Festival
03/23(土)Boise ID ー Treefort Music Festival
03/25(月)Los Angeles CA ー Moroccan Lounge
03/27(水)San Francisco CA ー Rickshaw Stop [Popscene]
03/29(金)Seattle WA ー Vera Project
03/30(土)Portland OR ー Holocene

PRIMAVERA SOUND 2019
05/31(金)PARC DEL FORUM, BARCELONA

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る