前へ

次へ

怒涛のロングツアー完走! バイブス爆上げのファイナル公演をレポート!

ENTH | 2020.01.06

 ステージ背面には今年3月にリリースされた4thミニアルバム『SLEEPWALK』のアートワークが飾られていた。ビキニの女性、青いペンキ、お花など、過去最高にシュールな絵柄だ。それもENTHの予定調和を裏切り、一言では語り尽くせない曲調や展開、突飛な歌詞表現などに繋がっているように感じる。だが、今日のライブを観て、奇を衒うアプローチに長けたバンドとは一味も二味も違う表情を身に付けていた。

 全49本にも及ぶ『SLEEPWALK』レコ発ツアーはファイナルの対バンにハルカミライを迎え、彼らが十分過ぎるほど場を温めたあと、ついに主役のENTHが登場。20時7分にSEが流れ、daipon(Vo/Ba)、Naoki(Gt/Cho)、takumi(Dr/Cho)のメンバー3人が揃うと、「MANKO CHODAINA」で本編スタート。芯の太い極太リズム、メタリックな強靭リフ、豪快なシャウトでいきなり焚き付けると、すかさず「Crime in my mind」に移行。フロアは激しいモッシュとクラウドサーフが勃発し、ソリッドかつタイトな演奏力に圧倒されるばかりだ。
 スカのリズムを織り込んだ「HAHA」で観客を踊らせると、人気曲「“TH”」や「NO MONEY」と腰の据わった超ヘビー・グルーヴを撒き散らす。もう、序盤から3ピースのカタマリ感を突きつける爆発力に心を根こそぎ奪われる。

 「すげえ! O-EASTソールドアウト! 3月から回ったツアー、今日がファイナル。とにかく楽しんでってください。これ入れて49本目、すごくない? 集大成というより、昨日よりもかっこよく!」とdaiponが言うと、「IN MY VEIN」をプレイ。メロディアスな歌声を高らかに響かせたあと、「Get Started Together」では男臭い疾走感で駆け抜け、再びフロアをぐっちゃぐちゃに掻き回していた。
 そんなカオティックな盛り上がりにファスト&ヘビーな「Grimm」を放つと、次は「HANGOVER」をプレイ。個人的にも大好きな1曲であり、音源以上に荒々しさが前面に出たアプローチに興奮した。突如takumiが歌い上げるリズミカルなボーカルパートもユニークで、一筋縄ではいかないENTHのミクスチャーっぷりが表れた曲調に会場も沸き上がった。「ANU」を挟んだあと、妖しげなグルーヴを放つ「VooDoo Shangrila」、歌詞がユニークな「SUKI」と進み、ショウは折り返し地点を迎える。

 ここで対バンのハルカミライに感謝の言葉を伝えると、「今日もいつもどおり、みんなと暴れるだけ!」と言い放ち、「SWAY」を披露。スケール感のある歌メロと大陸的なロックサウンドが融合された楽曲はライブで一段と映え、QUEENの「We Will Rock You」を彷彿させるドラムパートもかっこよかった。さらに「HENT」「Bong! Cafe’au lait! Acoustic Guitar!」と攻撃的なナンバーが続くと、フロアには湯気らしきものが立ち上り、ENTHのアグレッシブな演奏に観客も必死に食らい付いている様子だった。
 「まだいけるか?」と呼びかけると、イントロからたくさんの人を合唱~ジャンプさせたのは「LOVE ME MORE」だ。キャッチーな歌メロとノリ抜群のサウンドにより、大合唱が広がっていく。その光景を見て、「みんないい顔してるわ!」とdaiponもうれしそうな笑みを浮かべていた。そしてENTHは、スサシことSPARK!!SOUND!!SHOW!!とスプリット・アルバム『#ワイタイスカッ』を3月4日に発表、また3月から4月にかけて東名阪の2マンツアーを行うことを告知。しかもその新作には、2バンドの共作曲も収録されているようで、「一緒に曲を作った、すごいから!」と自信満々に語りかけていた。これは期待していいだろう。というか、今から楽しみで仕方がない。

 「今回のツアーはアンコールやってない、面倒くせえから。あと5曲、燃え尽きれますか?」と声をかけ、「Gentleman Kill」に突入。ラストスパートをかけるべく、「NO FATE」を経て、図太い音色を響かせたのは「SLEEPWALK」だ。ポジティブな意志を宿したメッセージ性も相まって、バンドの器のでかさを感じる表現力にも唸った。
 「この命なくなる瞬間まで、遊び続けようぜ!」と言うと、怒濤の2ビートで駆け抜ける「Will」をプレイ。狂喜乱舞の盛り上がりを呈すと、ここで名曲「ムーンレイカー」へ。エモーショナルなdaiponの歌声の訴求力は半端じゃなく、アンセム感のある曲調がたくさんの人の心を射抜いていた。「楽しかったから、もう1曲やるわ!」と切り出すと、予定外に「Let it die(t)~まこっつ走れ~」を披露。サークルモッシュが繰り広げられるすさまじい活気を作り出し、全22曲1時間強のショウは幕を閉じた。

 ENTHの音楽の根っこにはメロディックがあり、そこにラウド、スカ、ミクスチャーの枝葉を伸ばした豊かな攻撃力が大きな武器となっている。けれど、タフでワイルドに押しまくる今日の豪放なライブを観て、バンドの幹をより一層太くした強靭なサウンドにシビれた。ジャンルどうこうより、3ピースの骨太な演奏力にずっと耳を奪われてしまった。49本という怒濤のツアーにより、ライブ力に磨きをかけ、ひと回りもふた回りも大きく成長を遂げていたENTH。メロディックから今日の対バン・ハルカミライのように歌を大事にしたロックバンド、さらにメタル/ラウド勢とも堂々張り合える凄味のあるオーラを放ち続けていた。「俺らふざけてるだけですから」とdaiponはよく口にするけれど、本気でふざけている奴らの突破力は尋常じゃない。来年の展開を含めて、ENTHの動向からますます目が離せない。

【取材・文:荒金良介】
【撮影:Daiki Miura】

tag一覧 J-POP ライブ 男性ボーカル ENTH ハルカミライ

リリース情報

SLEEPWALK

SLEEPWALK

2019年03月06日

TRUST RECORDS

01.SLEEPWALK
02.SUKI
03.IN MY VEIN
04.SELF
05.NO MONEY
06.ANU
07.SWAY

セットリスト

SLEEPWALK TOUR 2019
2019.11.29@渋谷TSUTAYA O-EAST

  1. 01.MANKO CHODAINA
  2. 02.Crime in my mind
  3. 03.HAHA
  4. 04.“TH”
  5. 05.NO MONEY
  6. 06.IN MY VEIN
  7. 07.Get Started Together
  8. 08.Grimm
  9. 09.HANGOVER
  10. 10.ANU
  11. 11.VooDoo Shangrila
  12. 12.SUKI
  13. 13.SWAY
  14. 14.HENT
  15. 15.Bong! Cafe’au lait! Acoustic Guitar!
  16. 16.LOVE ME MORE
  17. 17.Gentleman Kill
  18. 18.NO FATE
  19. 19.SLEEPWALK
  20. 20.Will
  21. 21.ムーンレイカー
  22. 22.Let it die(t)~まこっつ走れ~

お知らせ

■ライブ情報

ENTH presents SLEEPWALK TOUR 2019
EXTRA SHOW

2020/01/25(土) 沖縄 桜坂セントラル
w) ヤングオオハラ/BACK LIFT

ENTH & SPARK!!SOUND!!SHOW!! presents
爆走!白虎珍道中

2020/03/27(金) 大阪 梅田CLUB QUATTRO
2020/04/17(金) 愛知 名古屋CLUB QUATTRO
2020/04/23(木) 東京 渋谷CLUB QUATTRO



KUZIRA presents
Pay The Piper TOUR Final Series

2020/01/12(土) 愛知 名古屋CLUB QUATTRO

Northern19 presents THREE to ONE TOUR
2020/01/18(土) 兵庫 神戸太陽と虎
2020/01/19(日) 広島 CAVE-BE

GOOD4NOTHING presents
MELODIC COASTER 2020

2020/02/01(土) 東京 渋谷CLUB QUATTRO/TAKE OFF 7

HEY-SMITH presents
OSAKA HAZIKETEMAZARE TOUR 2020

2020/02/08(土) 宮城 RENSA・darwin・JUNK BOX・MACANA・enn 2nd・enn 3rd
2020/02/15(土) 東京 Veats Shibuya・TSUTAYA O-nest・TSUTAYA O-Crest
2020/02/22(土) 大阪 なんばHatch・BIGCAT・DROP・SUN HALL・FANJ twice・pangea

ICE GRILL$ presents
HOMESAFE/HOLLOW SUNS JAPAN TOUR 2020

2020/02/10(月) 愛知 名古屋Party’z

Fear, and Loathing in Las Vegas presents
HYPERTOUCHNESS

2020/02/13(木) 神奈川 川崎CLUB CITTA’

PROJECT FAMILY presents
TENJIN ONTAQ 2020

2020/03/14(土)、03/15(日) 福岡 public bar Bassic.・LIVEHOUSE CB・Early Believers・graf・Kieth Flack・LIVE HOUSE Queblick・public space 四次元・Voodoo Lounge

Hump Back presents
"僕らの夢や足は止まらないツアー”

2020/03/15(日) 山口 周南RIZING HALL

LONGMAN presents LONGMAN TOUR2020
2020/03/29(日) 広島 セカンドクラッチ

Age Factory presents NOVA CITY
2020/05/05(火・祝) 大阪 Creative center Osaka

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る