加藤ミリヤ、初のコンプリートベスト『M BEST』をリリース!

加藤ミリヤ | 2011.08.03

8月3日、加藤ミリヤにとって、初のコンプリートベストとなる『M BEST』がリリースされる。【Disc1】には十代、【Disc2】には二十代からの楽曲が並び、まさに彼女の歴史が詰め込まれた内容だ。歌詞に表現されているリアルな感情が、年齢とともに変化しているのも興味深い。
また、ファッションリーダーとしても注目されている彼女だけに、特典も豪華!VOGUE JAPANとのコラボによるパッケージだけでなく、初回限定盤には3人のフォトグラファーとコラボした52ページにおよぶフォトブックもついているので、視覚的にも楽しめる。この『M BEST』を聴くと、年齢問わず蘇る感情を共有できるはずだ。加藤ミリヤを知らない人にもぜひ手にとって欲しいアルバム。秋には待望の全国ツアーも決定しているだけに、今年後半の活躍にも期待大!

EMTG:いよいよ2枚組のコンプリートベスト『M BEST』がリリースされますね。初回限定盤には豪華なフォトブックもついているそうですが、その内容も気になります。
加藤ミリヤ:このフォトブックでは3人のフォトグラファーとコラボしているんですが、テーマが東京だったんですね。自分が東京で音楽をやっているという意識がすごくあるし、単純に東京っていう街がすごく好きなんです。このタイミングで、音楽をやらせてもらっている街にいる自分を切り取りたいなって。しかも3人のフォトグラファーに、いつもとは違う自分を引き出してもらえたら面白いんじゃないかと。で、朝と日中と夜に分けて撮影しました。面白かったのは昼間、新宿のゴールデン街で撮影した時かな。
EMTG:えっ!すごく意外……だけど、何かハマりそうな気もします(笑)。
加藤ミリヤ:もちろん飲みに行ったこともなかったんですけど、すごく行ってみたい場所だったんですね。恐らくみんなの私のイメージからは連想できないような繁華街のはずれに、自分が入り込んだら面白い写真が撮れるんじゃないかなって思って。あとは渋谷のセンター街とかスクランブル交差点でも撮りました。
EMTG:えっ!そんなところに行ったら、女の子達に見つかって大変だったんじゃ?
加藤ミリヤ:大変になるかも……と思って、始めてSPの方にも来ていただいたのに、意外と気づかれなくて(笑)。平日の朝9時くらいだったんですけど。
EMTG:ファンの子はみんな学校に行っている時間帯ですね(笑)。それにしても新宿ゴールデン街と渋谷っていう対比も面白い!
加藤ミリヤ:いつもそうなんですけど、フラッシュアイデアなんですよね(笑)。昼間、ロケした部分には“Tokyo Mouse”ってタイトルをつけたんですけど、ネズミみたいに汚いところでも生きてゆく感覚っていうのかな、そういうのもすごく好きで。あとは、コート ニー・ラブになりきるみたいなイメージで、もしコートニー・ラブが小説家で音楽でビール好きだったら……みたいなイメージをテーマにしたりとか。
EMTG:面白そうですね。
加藤ミリヤ:メイクもグチャグチャにして。唇もポッテリさせるために、唐辛子の入ったグロスを塗りまくって撮ったりして。あと、“Miss Tiny Angel”っていうコンセプトの撮影は唯一女性カメラマンで、それはかわいらしい感じにしました。どれも、すごく見ていただきたいです。
EMTG:フォトブックもボリュームたっぷりですが、音源のボリュームもタップリですね。気づけば代表曲の数が膨大だし、ご自身でも振り返ってみてどう思われました?
加藤ミリヤ:一番思ったのは、ホントにその時の瞬間を切り取って曲を書いてきたんだなってことですね。16歳から22歳まで、この何年間かのあいだに、自分がいろんなことを感じてきたんだなって。もちろん、十代は十代でしか感じられないことも確かにあったし、その時しか感じないであろう感情を曲に書いてこれて、すごくよかったと思います。だから2枚通して聴くと、別人かってくらい変化が面白いですね。やっぱり加藤ミリヤの面白さって変化していくことだと思うんですよ。ひとりの女の子がいろんなことを感じで変わっていく様をわかっていただけるんじゃないかと思いますね。
EMTG:曲順を考えるのって大変だったんじゃないですか?
加藤ミリヤ:それがすごくすんなり決まったんです。1と2のディスク分けは基本的に十代と二十代なんですけど、そういう分け方をしたら曲のバランスもちょうどよくて。1曲目と一番最後の曲っていうのがまず決まってたんですね。ディスク1の1曲目は「夜空」から始まって「19 Memories」で終わりたいっていうのと、ディスク2は「SAYONARAベイベー」で始まって、最後の締めくくりは「勇者たち」がいいなって。「勇者たち」は、メッセージ的にもいいものがあったし、アーティストとしても、この曲を作った時は“すごくいい曲ができた!”って思えたんですよ。曲ができた瞬間も、自分であまり覚えていないくらいアッサリ曲ができて……降ってきたみたいな感じ。もともと私って、恋愛の歌を打ち出すより、自分の内側にある感情を表現するのが得意だっから、すごく私らしい曲だなって思えたんですよね。それもあって最後にもってきました。
EMTG:なるほど。でも、聴き手の感想としては、トラックの完成度はデビュー当時から高かったんだなって実感します。歌の内容には変化がありますけど、昔の曲を聴いても違和感がないというか。ひょっとして、十代から大人だったってことでしょうか?(笑)。
加藤ミリヤ:大人ぶってたって感じですかね(笑)。今よりもとがってたし、ディスク1を聴くと、その当時を思い出します。ちょっと恥ずかしいみたいな。声も若いし。
EMTG:しかも十代から二十代の数年間って、すごく濃いと思うんですよ。ご自身では何年分くらいのボリュームだと思いますか?
加藤ミリヤ:実際には7年くらい経ってるんですけど、逆にあまり感じないかな?(笑)。もうすぐ誕生日(この取材後無事23歳に)なんですけど、まだ23歳なんだって感じで。結構昔からいるみたいに思われがちなんですけど(笑)、自分ではまだまだ若手の気持ちだし、気持ちは変わってないと思います。
EMTG:最後に、このタイミングでベストアルバムをリリースする思いとは?
加藤ミリヤ:イメージ的にはベストって区切りとして出すものだと思うんです。ベストを出させてもらえるアーティストになれるのはすごく幸せなことだし、自分のキャリアが認められたような感覚がありますね。去年の年末くらいからベスト盤を意識し始めたんですが、スタッフと一緒にいる中で、そ んな話が自然に出てきたんですよね。そろそろ区切りをつけてもいいなって思いもあったし、新しい出発にもなるし、それによって自分にも新しい意識が芽生えるかなって思ったんです。
EMTG:ファンにとっても、思い出の曲が詰まった大事なアルバムになりそうですね。
加藤ミリヤ:そうあってもらえると嬉しいです。私の歴史でもあり、私と一緒に歩んできてくれた女の子達の歴史でもありますもんね。あとは、新曲を2曲入れたんですけど、特に「Me」っていう曲には“こういう風に見てもらいたいな”って思いも込めてるんです。このべストを機会に加藤ミリヤを知ってくれた人にもぜひ聴いてもらいたいですね!

【 取材・文:海江敦士 】

tag一覧 アルバム 女性ボーカル 加藤ミリヤ

リリース情報

M BEST

M BEST

2011年08月03日

SMR

ディスク:1
1. 夜空
2. Never let go
3. ディア ロンリーガール
4. ジョウネツ
5. Love me, i love you
6. Beautiful
7. ソツギョウ
8. Last Summer
9. Eyes on you
10. I WILL
11. このままずっと朝まで
12. Love is...
13. LALALA feat.若旦那(湘南乃風)
14. FUTURECHECKA feat.SIMON,COMA-CHI & TARO SOUL
15. 最後のI LOVE YOU
16. 19 Memories
ディスク:2
1. SAYONARAベイベー
2. 恋シテル (Album Ver.)
3. Love Forever
4. Aitai
5. WHY
6. 20-CRY-
7. Destiny
8. BYE BYE
9. Last Love
10. X.O.X.O.
11. I miss you
12. BELIEVE
13. DESIRE
14. BABY!BABY!BABY!
15. RAINBOW
16. Me
17. 勇者たち
ディスク:3
1. 夜空 (Music Video)
2. Never let go (Music Video)
3. ディア ロンリーガール (Music Video)
4. ジョウネツ (Music Video)
5. Beautiful (Music Video)
6. ソツギョウ (Music Video)
7. Last Summer (Music Video)
8. Eyes on you (Music Video)
9. I WILL (Music Video)
10. このままずっと朝まで (Music Video)
11. Love is... (Music Video)
12. LALALA feat.若旦那(湘南乃風) (Music Video)
13. FUTURECHECKA feat.SIMON,COMA-CHI & TARO SOUL (Music Video)
14. 最後のI LOVE YOU (Acoustic Ver.) (Music Video)
15. 19 Memories (Music Video)
16. SAYONARAベイベー (Music Video)
17. 恋シテル (Music Video)
18. Love Forever (Music Video)
19. Aitai (Music Video)
20. WHY (Music Video)
21. 20-CRY- (Music Video)
22. Destiny (Music Video)
23. BYE BYE (Music Video)
24. SENSATION feat.Kento Mori (Music Video)
25. Last Love (Music Video)
26. X.O.X.O. (Music Video)
27. 勇者たち (Music Video)
28. BELIEVE (Music Video)
29. BABY!BABY!BABY! (Music Video)
30. DESIRE (Music Video)
ディスク:4
1. “ETERNAL HEAVEN” Tour 2010-2011 Teaser
2. Ring Tour 2009 Digest
3. TOKYO STAR Tour 2008 Digest
4. Love, Power & Soul (prologue movie) -From Ring Tour 2009- (Special Tour Movie)
5. L-O-V-E (interlude movie) -From Ring Tour 2009- (Special Tour Movie)
6. HEAVEN or HELL (prologue movie) -From “ETERNAL HEAVEN” Tour 2010-2011- (Special Tour Movie)
7. Freedom of Speechless (interlude movie) -From “ETERNAL HEAVEN” Tour 2010-2011- (Special Tour Movie)

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

INFORMATION

マイ検索ワード

リア充
この言葉の意味も知らなくて(笑)。たぶんネット用語みたいなものに興味がないからかもしれないですね。これも何のことだろう?って感じでスルー してたんです。でも“リア充でミリヤのCD聴いてる”みたいな意見をどこかで見て。それで調べたんですよ。最初は読み方もよくわからなかったんで “リアミツ”で調べちゃったり(笑)。あ、最終的にはちゃんと意味がわかりました(笑)。

■ライブ情報

♪KAWI JAMELE presents
加藤ミリヤ M BEST TOUR 2011

◆開始日:2011年10月8日(土)~

※ツアーの詳細はオフィシャルサイトをご確認下さい

トップに戻る