ハロウィンシーズンにピッタリ! MAN WITH A MISSIONがタイトルもズバリ『Trick or Treat e.p.』をリリース

MAN WITH A MISSION | 2011.10.19

謎のオオカミ軍団、MAN WITH A MISSION。この夏は、各地のイベントに出演、話題となっていた彼らが10月5日、ハロウィンシーズンにちなんだミニアルバム『Trick or Treat.ep.』をリリースした。パーティーシーズンにピッタリの曲達のほか、今年7月に行われた1stワンマンライブの音源6曲を収録。彼らの良さが詰まった作品について、バンドで唯一言葉が話せるというギターのジャンケン・ジョニーに語ってもらった。

EMTG:今回リリースしたミニアルバム『Trick or Treat e.p.』ですが、これは時期的にもハロウィンを意識したものですか?
ジャンケン・ジョニー:イェス! コンセプト自体ハ、夏前カラ考エテマシタ! 季節ト、リンクサセタイ……ト。我々ハ、オオカミデモアリマスシ、ジャケット、タイトルカラモ、ハロウィンヲ連想サセタイト思イマシテ、敢エテ、コノ時期、コノタイトルデ発売サセテイタダキマシタ!
EMTG:タイトル曲でもある3曲目の「Trick or Treat」は特に歌詞もかわいいですし、イベントが盛り上がりそうなパーティーロックだなと感じました。
ジャンケン・ジョニー:ソウデスネ! マサニ、ミンナデパーティーシタリ、ハッチャケタイ時ニ聴イテイタダキタイト思イマス! コレダケ真ッ直グナ、パーティーチューンを発表サセテイタダイタノハ我々初メテナノデスガ、イエス! コノ時期ハ、ハロウィンヲ意識シテ、コウイウ曲ヲブチ込モウトイウコトニナリマシタ。
EMTG:で、1曲目なんですが、こちらはかのニルヴァーナの「Smells Like Teen Sprit」のカバーですよね。ライブでもこれを演奏するとエラく盛り上がっていますが、カバーするキッカケは?当然、メンバーの皆さんが大好きだった……ということですよね ?
ジャンケン・ジョニー:イエス! 曲モ好キデスガ、ニルヴァーナ自体ガ大好キデス。ナノデ、敢エテ代表曲デアリ、皆様ガ御存知ノ曲ニ挑戦サセテイタダキマシタ!
EMTG:好きなだけに、かえって挑戦するのは勇気がいりますよね。
ジャンケン・ジョニー:イエス! 恐レ多サ満載デシタケドモ……イロイロナDJイベントヤ、夏フェスノ転換時ニDJガ、ヨクコノ曲ノ、マッシュアップヲカケテイタンデス。スルト、ニルヴァーナヲ知ラナイ人モ知ッテイル人モ、世代ヲコエテスゴク盛リ上ガッテマシタ。コノ曲ニハ聴ク人ヲ高揚サセル何カガアルノダト思イマシタ! 楽曲ノ持ツコノ衝動ヲ生カシテ、バンドデハダンサブルニアレンジシテ、ミンナト楽シメレバイイナト思イ、カバーニ挑ミマシタ。
EMTG:そして2曲目はリード曲でもある「Feel and Think」ですね。こちらのミュージッククリップを見させていただいたんですが、これまた完全なるハロウィン仕様で。
ジャンケン・ジョニー:イエス! コノ盤自体ガ、ハロウィンヲイメージシテイルノデ。タダ、楽曲ノ持ッテイルメッセージ性ハ、季節関係ナク年柄年中聴イテイタダケル内容ニナッテオリマス。
EMTG:そう考えると、4曲目の「Chasing Sunrise」は、シンプルで暖かみがある曲で意外性がありますね。
ジャンケン・ジョニー:イエス! 新録ノ曲トシテハ最後ノ曲ナノデ、パーティーノ終ワリヲ意識シテ4曲目ニシテミマシタ!
EMTG:なるほど。まさにパーティー仕様ですね。ただ、全体的にはポジティブで元気になる普遍的なメッセージが込められている気がします。そもそも、バンドの原動力になっているのはどういう部分でしょうか?
ジャンケン・ジョニー:オ~、我々5匹トモ、イロイロナ場面デ音楽ニ元気ヲモラッテイマスシ、救ワレルコトモタクサンアリマス。ソレゾレノ動機ハ違ウカモシレマセンガ、少ナクトモ音楽ニ対シテ、コレ以上ナイクライノ感謝ト、リスペクトヲ常ニ持ッテオリマス。動機ハ、ソコダト思イマス。音楽ヲ通シテ、我々モ好キナアーティスト達カラ、タクサンノ共感ヲモラッテオリマスガ、ソレト同ジコトヲ、モットイロンナ人ニ感ジテモラエレバト思ッテマス。
EMTG:ちなみに、ファン層はどんな感じなんでしょう?
ジャンケン・ジョニー:オー、我々ノライブニ来テクレルオ客様ハ、非常ニ幅広イデスネ! 十代ノキャピキャピノオ客様モイラッシャレバ、コノアイダハ最前列ニ“コノ方ハドウ見テモ還暦ヲ迎エテイルダロウ”トイウオジイチャンガ、ヘッドバンギングシテマシテ。ニッポンモ捨テタモンジャナイト思イマシタ!
EMTG:幅広いですねぇ!(笑)。
ジャンケン・ジョニー:イエスイエス! 我々モ、ソレガ一番イイト思ッテマス。ドンナ年齢層デモ、ドンナ人種デモ伝ワルノガ音楽ダト思ッテマスノデ!
EMTG:そういえば、海外でもライブしてますよね。
ジャンケン・ジョニー:イエス! 昨年11月ニ、アメリカデライブシマシタ。
EMTG:この雰囲気だけに……かなり盛り上がったんじゃないですか?
ジャンケン・ジョニー:オー、我々、コウイッタ見タクレデスノデ、日本ダト、ステージニ出タ瞬間ニキャーキャー言ワレマスケドモ、アメリカ人、オオカミゴトキデハ微動ダニシナカッタデス。
EMTG:え? そうなんですか?
ジャンケン・ジョニー:イエスイエス! 酔ッパラッテイル奴ラガ来タノカ?グライデ……。デモ、ライブガ始マッタラ、音楽トシテ楽シンデイタダケタノデ良カッタデス!
EMTG:なるほど(笑)。その気になるライブですが、いよいよツアーがハロウィンの10月31日から渋谷eggmanを皮切りに始まりますね。ツアータイトルがズバリ“草食男子絶滅ツアー 2011/2012”というネーミングですが(笑)、ここに込めた思いとは?
ジャンケン・ジョニー:イエス! オ肉ヲ食ベナサイトイウコトデス! ハジケタイ時ニハジケロトイウ意味デモアリマスガ、深イコトヲ言ウト、ソコマデ考エテイルワケデハアリマセン! コノ前モ、メールノ問イ合ワセデ、“ツアー名についてなんですが、私が何を食べようと私の自由のはずです”トイウ意見ヲイタダキマシタガ、ワタシモ、ソノ通リダト思イマス! 偏食ニハ気ヲツケテクダサイ……ト思イマシタ!
EMTG:初日はハロウィンだけに、お客さんも仮装するとかって決まりはあるんですか?
ジャンケン・ジョニー:イエス! 一応、チョット仮装シテキテクダサイ、トイウノハイベントトシテ打チ出シテマス。タダ、万ガ一、ソウイッタ用意ヲ忘レテシマッタ人ノタメニ、様々ナ用意ヲシテオリマス! ナノデ冒険シタイ人ハ、当日普段着デ来てクダサイ!
EMTG:いいですね! 日本では今ひとつハロウィンが根付きませんが、ぜひMAN WITH A MISSIONに盛り上げて欲しいです。
ジャンケン・ジョニー:イエス! 盛リ上ガッテイルノハ六本木ト東急ハンズクライデスカラ。モウチョット根付イテ欲シイデス!
EMTG:最後に、当面の野望とか目標はありますか?
ジャンケン・ジョニー:イエス! 今、ツイッター上デ、各都道府県、19名ガ“この県に来てください”ト呼ンデイタダケレバ、ソレガドコダロウト駆ケツケテライブヲスル企画ヲヤッテオリマス。ソレガ残ストコロ10カ所クライナノデ、ハヤイウチニ全国制覇シタイデス! ドウシテモ、ライブハ大都市ニ集中シテシマウノデ、皆様ガ求メテクダサルノデアレバ、ドコニデモウカガイタイデス!
EMTG:実はいい人……いえ、オオカミさん達なんですね?(笑)。ありがとうございました!

【 取材・文:海江敦士 】

tag一覧 アルバム インタビュー 男性ボーカル MAN WITH A MISSION

関連記事

ビデオコメント

リリース情報

Trick or Treat e.p.

Trick or Treat e.p.

2011年10月05日

日本クラウン

1.Smaells Like Teen Sprit
2.Feel and Think
3.Trick or Treat
4.Chasing Sunrise
~Live Tracks~
from First one-man Live”JAPAN MARKING TOUR FINAL”
at SHIBUYA eggman(July 3rd 2011)
5.DANCE EVERYBODY
6.WELCOME TO THE NEWWORLD
7.ROCK IN THE HOUSE
8.NOTHING’S GONNA CHANCE MY WAY
9.NEVER FXXKIN’ MIND THE RULES
10.1997

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■マイ検索ワード

●ジャンケン・ジョニー
草食男子

全クモッテ理解デキナイノデ困ッタ時ノウィキペディアデ調ベルコトニシマシタ。

■ライブ情報

『Trick or Treat e.p.』リリース記念HELLOWEEN PARTY
2011/10/31(月)渋谷eggman
東名阪ワンマン公演
2012/1/21(土) 心斎橋CLUB DROP
2012/1/22(日) 名古屋ell. FITS ALL
2012/1/27(金) 恵比寿 LIQUIDROOM

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください

トップに戻る