WEAVERがメンバー3人の可能性にこだわった新作『Handmade』をリリース!

WEAVER | 2013.01.16

EMTG:ニューアルバム『Handmade』、聴かせていただきました! 昨年、3人だけで全国ツアーを行って得たものが詰まっているような気がしますね。
河邉徹:ツアーを始める前にも曲作りをしていたんですけど、いざツアーが終わってみると、もっと作れるんじゃないかって感じたし、以前にあった曲もリアレンジしてみたりして。やっぱりツアーで得たものを出したいっていう部分はあったと思います。
EMTG:タイトルから連想すると、できるだけ3人の音で作り上げようっていう意志を感じるんですが、そのあたりは?
奥野翔太:アルバムを作るのを大前提に、セルフプロデュースで3人でやろうってところからスタートしてるんですよ。でも、アルバムを作り始めた頃は、3人の音以外は入れるべきではないのかとか、そういう部分でもすごく悩みました。でも、結果的に3人でやることに意味を持たせつつ、曲が必要としている楽器は入れていこうって決めました。
EMTG:歌詞も毎回、物語性を感じるものが多いんですが、今回はさらに具体的な世界観を出してますよね。
河邉徹:WEAVERでやれることのひとつとして、ドラマチックさを表現できることだと思うんです。曲が持っているドラマチックな要素を形にして、そのストーリーの中で共感してもらえる作品にしたくて。
EMTG:特に「風の船~Bug’s ship~」とか、すごくメルヘンな絵が浮かびますね。メッセージはシリアスなんですが。
杉本雄治:今言ってもらった通り、ドリーミーな世界観は、これまでもあったと思うし、歌詞に関してはもう彼(=河邉を指す)の持ち味ですよね。でも、今回のアルバムはそこからもう一歩踏み出してると思うんです。
EMTG:ああ、それが強いメッセージとして残るのかもしれないですね。
杉本雄治:そうなんです。影の部分というか、生っぽさみたいなものも、このアルバムでは伝えたいと。例えば「Shall we dance」では当初、舞踏会みたいな世界を描いたような雰囲気だったんですけど、ライブでも伝わるようなリアリティーのある言葉をもっと入れた方がいいんじゃないかってことで、書き直してもらったりしました。
EMTG:確かにタイトルの「Shall we dance」ってファンシーな言葉だけど、もっと“頭で考えずに体を動かそう!”って言っている気がするんですよね。そういう意味でも、逞しさを感じます。あと、異色だと思ったのが「アーティスト」とか「偽善者の声」。確かに影の部分を歌われているような気がします。
河邉徹:今までだったら、こういう歌詞を書く勇気がなかったというか、書いても人に伝わらないんじゃないかって思って踏み出せなかったんです。でも、今回はセルフプロデュースだし、書きたい世界を書こうと。だから「アーティスト」っていうタイトルも、僕自身、作家の太宰治がすごく好きだったこともあって、最初は「斜陽」ってタイトルをつけてたくらいなんです(苦笑)。
EMTG:おお! 太宰が好きだったとは!
河邉徹:それでも、ただ“辛い”っていう部分で作品を終わらせないために、その先も前に進めるような内容を意識しました。
EMTG:人間の心の奥底みたいな部分にも焦点をあてたんですね。
杉本雄治:作詞する上で、河邉の中の葛藤はもちろんあったと思うんです。今まではテーマがあって、そこに向けて歌詞を書いていることが多かったと思うから。でも、そうすると、伝えることも限られてきて、似たようなものになってしまう……。でも、今回のアルバムはこの3人の中から出てくる、それぞれ自由な部分で作品を作ろうっていう思いがあったんで、それがうまく出せた気がします。
EMTG:リアルに一歩踏み出せたんですね。
杉本雄治:ホントに自分の思っていることを書けているなっていう印象はありました。
EMTG:あと、もう1曲気になるのが「君がいた夏の空」なんですよ。夏の話かと思いきや、実はそうではないという(笑)。
河邉徹:そうなんです(笑)。
EMTG:しかも歌詞の中に“セントーサ”とか、ものすごく現実味のある地名が出てきたりして。これも新鮮でした。
河邉徹:これはですね、もともと「君がいた夏の空」っていう言葉が、曲が仕上がったあたりからずっとあったんです。でも、ワンコーラスは出来ていたのに、どんな歌にするのか完結できてなかったんですよね。そう思っていたところに、2012年3月と9月、シンガポールでライブをする機会があって。セントーサはシンガポールの観光地の名前なんです。そこに実際に行った時に見た景色や観光客の姿から、自分の中でひとつの物語がまとまったんですよね。
杉本雄治:この曲は一番話し合った曲かもしれないです(笑)。ライブハウス以降に出来た曲は、3人での話し合いも多かったんですけど、「君がいた 夏の空」はライブハウスツアー前に出来た曲だったんですよ。その頃は、河邉が感じたまま歌詞を書いて欲しいっていう考えだったんですけど、もちろん僕の中にも作りたい世界があって。最初はそこで、すれ違ったりしてました。テーマ的に。
EMTG:そこは南の島じゃないんだよ!みたいな?(笑)。
杉本雄治:そういうことじゃなく(笑)。やっぱり恋愛ソングって、主人公達のいるシーンへの誘導と、相手に対する伝わりやすいシンプルな言葉があって共感できると思うんです。でも、最初はシーンへの誘導が抽象的だったんですよね。さっき河邉も言ってましたけど、空想の中で描いた世界だったんでしょうね。最終的には具体的な内容だし、しっかりと光景が浮かぶようになりました。
EMTG:季節的な部分で言うと「君がいた夏の空」の次に「ふたりは雪のように」っていう曲が来てますよね。この曲は冬のイメージで書いたんですか?
奥野翔太:全然テーマは違いましたね(笑)。
河邉徹:別な形で仕上がってたんです。別の歌詞ものっていたし。
奥野翔太:もともとはエイトビートだし、他の楽器も入っていて、「僕らの永遠~何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから~」のような壮大な曲になっていたんです。でも、『Handmade』ではひと皮むけた部分を出したかったし、以前と同じようなことをするのもどうかって考えたら躊躇してしまって。それでアレンジをガラッと変えてたら、冬らしくなったんですよね。
EMTG:こうやっていろんな部分を打ち出したアルバムの出だしがインストの「Performance」っていうのも象徴的ですよね。
杉本雄治:何となくインストをやれたらいいなって思いはあったんですけど、そう思い始めた2011年後半の時期は、まだ不安があったんです。僕らを好きでいてくれる人は、やっぱりWEAVERの歌を聴いてくれていると思うし、インストで自分達の気持ちがうまく伝わるのかどうかわからないし。でも、2013年は、聴いてくれる人の心地よい部分に寄り添うだけじゃなく、新しいことを提示したり、いろんなことに挑戦したりしたいんです。バンド側からカッコいいこと、面白いことを提案していきたい。昨年のツアーで自信もついてきたし、今回インストを入れることに関しては、抵抗がなかったですね。
河邉徹:最初は僕らの自己満足になるんじゃないかと思ったんです。でも、去年のライブハウスツアーでは楽器で遊ぶこともしてきたので、今だったらファンの皆さんにも楽しんでもらえるかなと。
杉本雄治:あと「Free will」はWEAVERの次のステップを感じてもらえる曲になったと思います。ホントは次のアルバムに入れようと思ってたんですよ。やっぱり『Handmade』は3人の生の音が入るべきだと思ったし、これは少しベクトルが違う実験的なサウンドだったから。でも、曲を聴かせたら他のふたりも気に入ってくれて『Homemade』に入れようって言ってくれたんです。
EMTG:アルバムを掲げたツアーも3月からスタートしますね。これも楽しみです。
河邉徹:2012年、3人でライブハウスツアーをやろうってことで始まって、そこで得たものを『Handmade』っていうアルバムで形にできたんで、3人の流れを大事にしたいなって思います。新曲も多いので、これまでとはガラッと違う雰囲気になると思います。
EMTG:最後に2013年の目標を!
杉本雄治:この流れを切らさずに瞬間を大事にして、感じたことをどんどん曲にして、アルバムをもう1枚年内に出すぐらいの勢いでがんばりたいです!
奥野翔太:僕は違う楽器を弾けるようになりたい。ゆくゆくはチェロを弾けるようになりたいんですよ。バンドでどう活かせるかはわかりませんけど、まずチェロを買うことを目標にしたいです(笑)。
河邉徹:僕は英語の歌詞を書いてみたいんで、勉強します!
EMTG:3人の意見をまとめたら、年内、チェロを使った英語詞のアルバムが出来ちゃいますね(笑)。
全員:お?っ!(笑)。

【取材・文:海江敦士】

tag一覧 アルバム インタビュー 男性ボーカル WEAVER

関連記事

ビデオコメント

リリース情報

Handmade(初回盤)

Handmade(初回盤)

2013年01月16日

A-Sketch

ディスク:1
1. Performance
2. Shall we dance
3. 風の船 ~Bug’s ship~
4. Reach out
5. blue bird
6. アーティスト
7. 君がいた夏の空
8. ふたりは雪のように
9. 偽善者の声
10. Free will
11. The sun and clouds
ディスク:2
1. Hard to say I love you (MTV Unplugged ライブ)
2. つよがりバンビ (MTV Unplugged ライブ)
3. 管制塔 (MTV Unplugged ライブ)
4. トキドキセカイ (MTV Unplugged ライブ)
5. 僕らの永遠~何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから~ (MTV Unplugged ライブ)
6. WEAVERの2012年に行われたライブハウスツアー、レコーディングなどの活動に密着したドキュメンタリー映像

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■マイ検索ワード

●杉本雄治
整体

 マッサージライブがあると、そうしても筋肉が疲れるし、ほぐさないと演奏にひびくので。特に去年のライブハウスツアー中は、各地方でいろいろ検索しました。

●奥野翔太
FACEBOOK 大喜利 おもしろ画像集

写真にひと言とかあるじゃないですか。それが面白いんですよ。電車の中で見てしまうと、かなり危険です(笑)。メッチャ面白いです! しかも結構 ヒネリが効いてるんですよね。

●河邉徹
延滞料金

某レンタルショップの延滞料金を調べました。ツアーから戻ってきたタイミングで返却期日だったのに返すのを忘れてしまって。気づいたのが夜中で、 一度ふとんに入ったんですよね。でも、ベッドの中で検索したら、たくさん借りていたせいで、ここで返さなければ結構な料金になったんです(笑)。 それで無理矢理起きて返しに行きました。

トップに戻る