キュウソネコカミからリスナーへ試金石となる最新作『ハッピーポンコツランド』

キュウソネコカミ | 2015.01.14

 キュウソネコカミの最新ミニアルバム『ハッピーポンコツランド』が届いた。まさかのメジャーデビューから7ヵ月。一気に全国区の人気者となった5人が作り上げたのは、愛すべき“ポンコツ”たちをネタにした、笑いあり、ホラーあり、ひと風呂のあり(!)のユーモアたっぷり人間讃歌。しかも宇宙をテーマに真面目に歌った「GALAXY」は、ちゃっかり『ドラゴンボール改』のエンディング曲にも決定してしまった。この1枚をどう聴く?
 バンドからリスナーへの試金石となる、キュウソネコカミ、変化作!

 
EMTG:メジャー1stミニアルバム『チェンジ ザ ワールド』の時は、「キュウソ、メジャーに行って変わったな」とか言われたりしました?
オカザワカズマ(G):あんまり言われませんでしたね。計算して言われないように作ったんですよ、あれは。
ヨコタシンノスケ(Key・Vo):でも今回は、「キュウソ変わったな」とか言われても仕方がないなと思ってるんです。実際、自分たちの中でもやり方を変えた部分が多かった。でも、こういうのをやって、これでも受け入れてくれるんだったら、これからもっとキュウソはかっこよくなるっていう。『ハッピーポンコツランド』は意思表示なんですよ。
オカザワ:逆にこのアルバムを聴いて、「キュウソらしい」って思ってくれたら、「あ、わかってくれてる」と思いますね。真のらしさをわかってくれてる。
ソゴウタイスケ(Dr):あなた、キュウソお好きですね、っていう(笑)。
EMTG:具体的に、そのやり方を変えたっていうのを説明すると?
ヨコタ:イメージ的に、『チェンジ ザ ワールド』は、インディーズから引っ張ってきたもの。「キュウソネコカミです。メジャーデビューです。メジャーでもインディーズ感出してやっていきます」っていう要素が強かったんです。で、次の作品は、メジャーになってから聴くお客さんも増えてくる。だから、もうちょっとメジャー寄りの曲があったとしても、そこから取り込むっていうか。その入り口を増やしたかったんです。
EMTG:なるほど。それが1曲目の「GALAXY」でよくわかりますね。ストレートに宇宙を歌うっていう、今までにキュウソにはない曲で。
ヨコタ:真面目ですよね(笑)。「GALAXY」はライブの爆発力じゃなくて、楽器のアンサンブルとかをもっと聴かせてもいいのかなっていう、“良い曲”のイメージで作ったんです。CDに入れるための良い曲というか。
EMTG:そういう意味で、「GALAXY」は、『ドラゴンボール改』のED曲にもなってて、間口が広がるチャンスだと思うんですが、そのへんの経緯は?
ヤマサキセイヤ(Vo・G):「GALAXY」が出来た直後にこのお話を頂いて、『ぴったりの曲がある!!』となって、聴いて頂いたところ、決定しました!
EMTG:今回はキュウソ初のタイアップですよね?
ヤマサキ:そうです。しかも俺ら的にもめちゃくちゃ嬉しいタイアップです。
ヨコタ:本当は冗談で言ってたんですよ。「 「GALAXY」でタイアップ1本ぐらいとれないですかね?」って。
ヤマサキ:この曲自体も何かのタイアップに使われるような作り方をしようって始めたんですよ。
EMTG:いわゆるキャッチーなものにしたかったってこと?
ヨコタ:そう。サビが開ける感じで。しかもBPMも俺らのライブだったら早いほうがいいけど、もっと曲を聴かせることを想像して、落としてみたし。
ヤマサキ:こういうのをやったのは初めてやな。
オカザワ:だから何もディスってないです(笑)。
EMTG:ちなみに宇宙っていうテーマはどこから?
ヤマサキ:もともと宇宙の話は好きやったんですよ。映画だと『メン・イン・ブラック』とか『オブリビオン』とか。宇宙人が潜んでる、みたいな。
オカザワ:浅いわ~(笑)。
EMTG:でも、その大作宇宙モノっぽいベタの感じがこの曲の面白いところですよ。
オカザワ:それがみんなの好きなところなんですよね。
ヤマサキ:ちょうどいい大衆性。『MW(ムウ)』ぐらい深くなってしまうと、誰もついてこられへん。
ヨコタ:で、よく歌詞を見たら、意外と本当に良い歌詞なんですよ。俺がセイヤに対して思っている、誰にも書けない詞の才能っていうのは、今までだったら「サブカル女子」とか、ああいうところにあると思ってたけど、実はこういうところにあるって、初めて俺も気づきました。いろいろ引き出しあるんだって。安心しましたね。
ヤマサキ:ちょっとムカついてたんですよ。「お前、ネタ切れたら終わりやろ」「実体験なくなったら終了や」みたいなことをヒソヒソ言われて(笑)。
EMTG:そうだったんですね。実体験っぽいのほうでは、「勇者ロトシック」でギャンブルのことを歌ってて。キーボードがギラギラしてて、けっこう印象的でした。
ヨコタ:あれは、まずセイヤにギャンブルの曲って言われて、ギャンブルっぽい音をちゃんと出さないといけないと思ったんです。今回はそういうのが多いですね。その曲に見合った音色、見合ったフレージングみたいなのを目指した。「フィーバーした時の音をやって」みたいに言われたんですけど。……パチンコってやったことあります?
EMTG:ないです。
ヨコタ:僕もやったことないんですけど。セイヤはパチンコをやってて、めっちゃ来る音があるって言うんですよ。
ヤマサキ:その音が出たら、脳内物質がぶわーってなるんですよ。ハイビスカスフラッシュ。(高い声で)ヒュンヒュンヒュン!っていうのがあるんですよ。
カワクボ:確率が高いリーチ?
ヤマサキ:いや、それが鳴ったらほぼ当たりやねん。あー、なった!来た、当たりや。
ヨコタ:それをアレンジした音がサビの前に入ってるんですよ。俺たちも、ひとりしかその音を知らなかったから、「本当に入れる?」って最後まで言ってたけど。
オカザワ:(セイヤに)説明されるわけですよ。これが鳴ったら当たりやで!って。
ヨコタ:めっちゃ熱いの(笑)。
ヤマサキ:この最後の玉が回り出すんですよ。その玉も1個4円。入る。入って、リールが回る。回って、ハイビスカスが鳴る、おー、当たったー!8,000円ゲット!
EMTG:っていう時の音なんですね(笑)。
ヨコタ:で、これもギャンブルやってる人をちょっと冷めた目で見るというか。
ヤマサキ:結局、宝くじとかパチンコでお金を稼ごうとするやつは落ちていくっていう。
ヨコタ:テーマは悲しい。
オカザワ:だから、人間の本質に迫ってるよね。セイヤさんの良いところは、それを天然でやるところだなと思うんですよ。
EMTG:どこまで意識してるのかな?って思います。
ヨコタ:わからないですよね。
オカザワ:お、人間っていうものの儚さを入れてきたなっていう。
EMTG:それは『ハッピーポンコツランド』全体のテーマといえるかもしれない。
ヨコタ:そうですね、今までは怒りがあったんですけど、わりかし怒りじゃないよね、今回。
EMTG:で、最後に言っておきたいのが、今回の『ハッピーポンコツランド』って、タイトルがすごくいい!「ポンコツ」って言葉がよく出てきたなーと思いました。
ヨコタ:おー、そうなんですよ。よくぞ言ってくれました!
ヤマサキ:もう出させられたって感じですけどね……(苦笑)。
EMTG:ダメ人間に対する愛情を感じる言葉ですよ、“ポンコツ”って。
オカザワ:僕たちの周りにはキュウソっぽい人が集まってくるんですけど、それが、集まってくる人、集まってくる人みんな仕事はすごいできるんですけど、なんでこんなことをやらかすんだって、面白いミスをするんですよ。それを僕らはイジっちゃう。
ヨコタ:そう、「本当ポンコツですね、あなたは」みたいな。「バカですね~」って。
カワクボ:楽しませてくれる間抜けさ、みたいな感じがいいですよね。
ヨコタ:今回、アルバムのイメージを考えたときに、セイヤは30個ぐらいバーッて出してきたんですよ。
セイヤ:あった。これです。(スマホでタイトル名候補を見せる)
EMTG:うわー、スゴい。……この、『この世の中』とか、わかる気がする。
ヨコタ:でも、それだとちょっと渋いんですよね。悲哀が強すぎてブルースになっちゃうんですよ。
EMTG:10年後ぐらいの作品だったらありかも(笑)。
全員:あははははは!
EMTG:まとめると、なんとなく『ハッピーポンコツランド』って、「人の世とは?」みたいなことを感じる作品なんですよね。
ヨコタ:そうですね。離婚しそうな人も、ギャンブルにハマってる人も、ただ温泉好きな人も、みんな、ちょっとダメさがあるけど……みたいな。
EMTG:ポンコツでもいいじゃんって。
ヨコタ:相田みつをみたいだよね。いいじゃない、人間だもの(笑)。

【取材・文:秦理絵】

tag一覧 アルバム インタビュー 男性ボーカル キュウソネコカミ

関連記事

ビデオコメント

リリース情報

ハッピーポンコツランド(初回限定盤)[CD+DVD]

ハッピーポンコツランド(初回限定盤)[CD+DVD]

2015年01月14日

ビクターエンタテインメント

[CD]
1. GALAXY
2. OS
3. Scary song
4. 貧困ビジネス
5. 要するに飽きた
6. 勇者ロトシック
7. なんまんだ

[DVD]
“DMCC-REAL ONEMAN TOUR- ~DOSA MAWARI CHU CHU~”THE MOVIE
全国ツアーの各地ライブダイジェスト映像+ステージ裏からオフショットまで収録したロードムービー!!副音声にはメンバー全員による解説(雑談)を収録!

このアルバムを購入

お知らせ

■マイ検索ワード

●ヨコタシンノスケ
[Alexandros] アルバム

対バンがあったので、調べました。今度買います。

●ソゴウタイスケ
毛玉取り機

毛玉が目立ってきたんで、毛玉取り器買おうかなと。今まで毛玉取り器のチカラを信じていなかったんです。で、買ってみたら、めちゃくちゃ取れる!今それが楽しくてしょうがないです。

●ヤマサキセイヤ
住岡梨奈さん

最近テラスハウスに出ていた住岡梨奈さんに似ているって言われたので、検索しました。そしたら一枚だけすっごい似ているやつがありました。今度皆に見せます。

●カワクボタクロウ
マハリクマハリタ 意味

仏教用語らしいんです。なんかめっちゃ悟りを開いた坊さんが~みたいな。 でもヤンバラヤンヤンヤンの意味はわからんかった。

●オカザワカズマ
背中 左 痛み

すごく痛くて調べたら、どうやら姿勢が悪いみたい。温泉でも入ってfu~!


■ライブ情報

DMCC?REAL ONEMAN TOUR?~ドコまでもチョコチョコ~
2015/01/15(木) 大阪BIG CAT
2015/01/17(土) 仙台Rensa
2015/01/19(月) 高松MONSTER
2015/01/24(土) 新木場STUDIO COAST
2015/01/27(火) 札幌PENNY LANE24
2015/01/30(金) 新潟LOTS
2015/02/01(日) 名古屋DIAMOND HALL
2015/02/03(火) 広島CLUB QUATTRO
2015/02/06(金) 大阪なんばHatch
2015/02/08(日) 福岡DRUM LOGOS

DMCC -REAL ONEMAN TOUR- EXTRA!!!~Don’t Make ChoColate~
2015/02/14(土)豊洲PIT

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る