名古屋発のエンターテインメント集団、BOYS AND MENのニューシングル「進化理論」

BOYS AND MEN | 2018.04.18

 驚くほどにキャッチーかつアッパー、スリリングなスピード感と胸のすくような爽快感が一体となって全身を駆け巡る。名古屋発のエンターテインメント集団、BOYS AND MENのニューシングルにして、新幹線をモチーフにしたTVアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』のオープニングテーマとしても話題沸騰中の「進化理論」はまさに夢の超特急のごとく聴き手をめくるめくボイメンワールドへと導いてくれる1曲だ。楽曲やアニメとのコラボレーションついてのあれやこれやから、ついに決定したナゴヤドームでのワンマンライブへの意気込みまで、今回はメンバーを代表して辻本達規、小林豊、平松賢人の3人にたっぷりと語ってもらおう。さあ、みなさんご一緒に“ガンガンズダンダン!”。

EMTG:新曲「進化理論」はもともと『シンカリオン』のオープニングテーマとして生まれた曲なんでしょうか。
小林豊:はい。僕たちだけじゃ出せない楽曲ということで、コラボはいちばん意識してますね。アニメに沿った世界観を楽曲でもしっかり出せたらいいな、と。
辻本達規:新幹線がモチーフになったアニメなので、爽快感と疾走感を重視して作っていただいた曲なんです。
EMTG:アッパーなサウンドだし、スピード感がありますよね。しかも一回、聴けばすぐに覚えられるくらい、めちゃくちゃキャッチーで。
平松賢人:アニメのテーマソングということで子供にも響く曲になっているから覚えやすいのかも。
小林:だから、いつも以上にキャッチーに聴こえるんでしょうね。
EMTG:レコーディングではどんなことを意識して歌われました?
平松:ヒーローが闘ってる最中のようなテンションで。“こうやって闘うんだろうな”とかヒーローになり切った気持ちで歌いましたね、僕は。
辻本:あと勢いはすごく大事にして歌ってます。勢いがなくなっちゃったらこの曲は終わりだと思っているので、上手く歌うというよりは勢いでドーン!と(笑)。
小林:聴いてくれる人は絶対テンション上がるだろうなと思ったので、僕は自分も歌っていてテンションが上がるっていうところを大切にして歌いました。自分が楽しまないと人は楽しんでくれないと思うので。
EMTG:歌っていても楽しいですよね、これは。一緒に歌いたくなっちゃう。
平松:実際、子供たちも一緒になって歌ってくれるんですよ。僕ら、『ボイメン体操』っていう番組で幼稚園や保育園を回らせてもらってるんですけど、“『シンカリオン』って知ってる?”って聞くと“知ってる!”って応えてくれて、“じゃあ曲わかる?”って言ったら“♪ガンガンズダンダン!”って。あれはすごく嬉しかったな。
辻本:アニメを観た子供たちが大人になってからもずっと覚えていてくれる曲になったらいいなって思いますね。僕らもありますからね、子供の頃に観ていて未だに歌えるアニメの主題歌とか。これもそういう曲になってくれるんじゃないかなっていう手応えは感じているので。
EMTG:ちなみにどんなアニメをご覧になってました? やっぱり戦闘ロボット系とか?
小林:俺、『機動戦士ガンダムSEED』観てました。あと『コードギアス』も好きで。
辻本:俺はアニメじゃないけど『忍者戦隊カクレンジャー』はずっと観てましたね。やっぱり男だからヒーローものとか大好きなんですよ。子供の頃はそれを楽しみに生きてたと言ってもいいぐらい。観れなかったときなんて、その後の1週間は絶望だったから(笑)。そういう想いをしてきたからこそ、今回、こうやってアニメのオープニングテーマを歌えるのがすごく嬉しいなってより強く思いますね。自分のそういう思い出があるから。
平松:僕はあんまりヒーローものやロボットアニメを観てこなかった世代なんですけど、その代わり小さい頃からずーっと電車が大好きで、実家の近くの踏切までよく名古屋の在来線を眺めに行ってたんですよ。だから新幹線なんてホント夢の超特急で。だって在来線はすごく頑張っても時速120kmぐらいしか出ないのに新幹線は300km近く、はやぶさに至っては320km出るんですよ? 僕が当時、いちばん好きだったのは500系で。500系っていうのは……(以下略)。
辻本:めちゃくちゃ語ったな(笑)。
EMTG:愛がすごく伝わってきます(笑)。
平松:大好きですもん! でも子供の頃ってなかなか乗る機会がないじゃないですか。仕方がないから入場券だけ買って、新幹線ホームに見に行ったりしてたぐらい好きで。だから今回、新幹線のアニメとコラボできるって聞いたときはもう飛び上がりましたね。
EMTG:今は移動とかで新幹線にもよく乗られるでしょう? 
平松:はい。今日もこのあと新幹線で名古屋まで帰ります(笑)。
辻本:でも僕ら、活動を始めた最初の頃は新幹線に乗れなかったんですよ。東京で仕事があるときは車で来ていて。ボイメンのメンバーって結構デカいヤツが多いのでギュウギュウの状態で4~5時間、渋滞してたらもっとかかりますからね。しかも布団とかも積んでて(笑)。なので、いつか新幹線に乗りたいってずっと思ってました。たぶん普通の人以上に相当強いモチベーションになってたんじゃないかな。ようやく乗れるようになったときは“やっとここまで来れたんだな”ってしみじみしましたもん。
EMTG:新幹線だと名古屋~東京間ってかなり近く感じますよね。
辻本:ビックリしましたよ、“速っ! もう着いちゃった!”って(笑)。
EMTG:新幹線で楽しみにしていることはありますか。
辻本:アイスクリーム(←即答)。めちゃくちゃ美味いんですよ、新幹線のアイスクリーム。でも、ちょっと高めなのでなかなか手が出せなくて(笑)。ナゴヤドームで野球をやってるときもまったく同じアイスを売ってるんですけど、小さい頃はお父さんの機嫌がいいときしか買ってもらえなくて。なので僕のあのアイスに対するこだわりがもうすごいんです。
小林:この間も辻本が車内でそのアイスを買ったんですけど、すぐ食べればいいのに隣の本田(剛文)にわざわざ“買っちゃった~”って言ってから食べるんですよ(笑)。ホント好きなんだなと思って。
辻本:だってアイスで300円なんて贅沢すぎるでしょ。だから“最近、仕事がんばったよね”っていうときにだけ買うことにしてて。
平松:ご褒美かよ、かわいいな!(一同爆笑) 
EMTG:ところで歌詞に“ダンダン地団駄!/踏まれるくらい独走中”とありますけど、実際そう感じる瞬間ってあります?
辻本:他の曲でもそういう歌詞って出てきますけど、今そうだから歌詞に入れたというよりは、どちらかというと“そうなりたい”っていう願望なんですよね。ハッタリが多いんで、僕ら(笑)。
平松:言ったからには、そうならなきゃっていうのもあるし。
辻本:逆に知らない人にはそう勘違いしてもらえたらいいなって(笑)。
EMTG:それにしても今回はカップリングの「サムライチョップ」「かましてこうぜテッペン」も含めて全部がボイメンのテーマと言ってもいいような強い曲が揃いましたね。
辻本:ホントどれもボイメンの代表作になるんじゃないかなってぐらい強い曲で。
平松:だって“♪ガンガンズダンダン!”で“♪サムラーイチョップ”で“♪ドドスコバンバンバンyeah”だもん、濃い~よ!(一同爆笑) このシングルで初めてBOYS AND MENを聴いた人がビックリしちゃうかも。
小林:押して! 押して! 押して!だからね(笑)。
辻本:ていうか、事務所は作戦とか考えてないのかな?(笑) バランスとかさ。
小林:もうちょっとキュンとするような、ねぇ?
平松:最後はしっとり締める、とか(笑)。
辻本:逆に今年はこの勢いでいくぞっていう姿勢の表われなのかもしれない(笑)。
EMTG:夏には誠、秋にはYankee5で全国ツアーも開催されますし、ぜひ“♪ガンガンズダンダン!”と進んでいってください。しかも、なんとナゴヤドームでのワンマンも決定したということで。
辻本:はい。“夢はナゴヤドームでライブをすること”ってずっと言い続けてきましたけど、最初にそれを言ったのが小林君なんですよ。それこそ結成当初、お客さんが20人ぐらいのときから言ってて。当時はむちゃくちゃ笑われましたけど。
小林:今はもう辞めちゃったメンバーからも“叶わない夢を公言するのは恥ずかしいからやめてよ”って言われたんですけど“別にお前の夢じゃないからいいじゃん、俺の夢だから”って、それでここまで来たので。やっぱり言えば叶うんだなって思ったし、叶うかどうかはわからないけど信じてきたのが今の10人なんだなって。
EMTG:口にすることで覚悟もより強くなるし、頑張れる。結果、夢を叶えられるだけの力がつくってことなんでしょうね。
辻本:ずっと言い続けてきたことが形になって本当に嬉しいです。もちろん不安もありますけど、ボイメンはいつでも無謀なことにチャレンジしていくことが大事だと思っているので、今のタイミングで4万人規模のライヴに挑戦するっていうのはまさにボイメンなのかなって。
小林:本当だったら順序が違うもんね。俺ら、アリーナツアーすらしてないですから。
平松:そう、アリーナでワンマンをやったのは日本武道館と日本ガイシホールだけなので。
EMTG:たしかに! でも、その感じもボイメンらしいです。
小林:周りには“やれるから、やるんでしょ”って思ってる人も多いですけど、僕らからしたら“やれないから、やるんだよ”って(笑)。
辻本:全員が一丸となって全速力で走らないと絶対に成功できない夢ですけど、だからこそ挑む意味があるんだって思ってます。

【取材・文:本間夕子】

tag一覧 J-POP シングル インタビュー 男性ボーカル BOYS AND MEN

リリース情報

進化理論

進化理論

2018年05月09日

ユニバーサルミュージック

1.進化理論
2.サムライチョップ
3.かましてこうぜテッペン
4.進化理論 -Instrumental-
5.サムライチョップ -Instrumental-
6.かましてこうぜテッペン -Instrumental-

お知らせ

■コメント動画




■ライブ情報

誠ツアー
06/24(日)[東京] Zepp Tokyo
07/22(日)[愛知] Zepp Nagoya
08/03(金)[大阪] Zepp Osaka Bayside

YanKee5ツアー
10/06(土)[北海道] Zepp Sapporo
10/20(土)[福岡] BARK UP FUKUOKA

ナゴヤドーム単独ライブ開催決定!
2019/01/14(月・祝)ナゴヤドーム



ニューシングル 「進化理論」リリースイベント
04/21(土)[埼玉]イオンレイクタウン mori 1F木の広場
04/22(日)[東京]モリタウン
05/03(木・祝)[静岡]サンストリート浜北
05/06(日)[兵庫]阪急西宮ガーデンズ 4Fスカイガーデン・木の葉のステージ

SAPPORO COLLECTION2018
04/28(土)[北海道]北海きたえーる

超ニコラジ supported by サッポロ生ビール黒ラベル
04/28(土)[千葉]幕張メッセ
04/29(日)[千葉]幕張メッセ

TOKACHI presentsSUNNY TRAIN REVUE 2018 ~テレビがフェスつくっちゃいました!~
07/28(土)[北海道]いわみざわ公園 野外音楽堂キタオン

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る