アジアン5ピースバンド「DAY6」、日本初のアルバム『THE BEST DAY』

DAY6 | 2018.06.05

 6月6日にベストアルバム『THE BEST DAY』をリリースするDAY6(読み:デイシックス)は、2PMやGOT7、TWICEらが所属する韓国の音楽事務所・JYPエンターテインメントが手がけた初のアジアン5ピースバンドだ。メンバー自身が作詞作曲を手がけた楽曲はエモーショナルなロックにポストロック、アコースティックまで幅広く、どれも洋楽の匂いを感じさせる「美メロ」を持った良質な曲ばかり。さらに、メンバー全員がメインボーカルをとり、重層的なコーラスワークとともに「歌」を表現していくスタイルは彼らの最大の特徴となっている。EMTG MUSICでは初となるインタビューを通して5人の個性、どんな経緯でDAY6を結成し、どうやってオリジナルな表現が生まれたのかを探ってみた。

EMTG:最初にみなさんのパーソナルなところを知りたいので、DAY6にちなんで、以下の6つの「LIKE=好き」なもの(1「自分のルックス、〇〇が可愛くて好き」、2「〇〇が好きで集めてます」、3「日本の〇〇が好き」、4「好きなミュージシャンは〇〇」、5「DAY6のライブの〇〇が好き」、6「DAY6の〇〇が好き」)をひとりづつ答えてもらえますか?
ドウン(Dr):はい、僕はドラムを担当しているDAY6の末っ子です。1は足の爪。カワイイんです(微笑)。2は集めてはいないんですけど、ゲームがすごい好きです。3は街の景色。4はRADWINMPS先輩!! 5は観客と一緒に作っていくところ。6は音楽。兄貴たちが作る音楽がとても好きですね。
ソンジン(Vo・Gt):DAY6のリーダーをしています。1は目ですね。2はパフューム。3は風景。4はED SHEERAN、JAMES ARTHUR。5は、僕もお客さんと一緒に作っていくところ。6は正直で率直なところです。
ウォンピル(Key・Vo):ウォンピルです。1は……歯並び?
ドウン:可愛くて好きなところだよ?
ウォンピル:えっと、……じゃあ笑うと目尻にシワがよるところです。2はこれから集めようとしているのがジムで使うトレーニングウェア。いま2つ集めました。3は音楽。4はCOLDPLAY。日本だと米津玄師さん。5は親しみやすさ。6は多彩なところ。
ジェイ(Gt・Vo・Rap):僕はDAY6のジェイです。1は耳のホクロ。2は最近あまり読めてないんですけど、本を集めてます。3は雰囲気。4はDANIEL CAESAR。5はエネルギッシュなところ。6は素直なところですね。
ヨンケイ(Ba・Vo・Rap):ヨンケイです。1はまるでピアスをしているような耳のホクロ。2は世の中の美味しい食べ物をお腹のなかに集めてます(微笑)。3は僕も日本の雰囲気が好きなんですが、これだと2つもジェイさんとかぶってしまうので、日本の音楽の歌詞! 4はMr.Childrenさん。5は毎回違って新しいところ。6はMy Dayが大好きなところ。My Dayとは僕たちのファンの名称です。
EMTG:洋楽だけではなく、日本のバンドも聴いてらっしゃるんですね。DAY6という名前にはどんな意味が込められてるんですか?
ドウン:月曜から金曜日までは僕ら5人が、土曜日は僕らとファンのみなさんで、1週間のうち6日間をDAY6で楽しみましょうという意味です。日曜日はお休みです(微笑)。
EMTG:ファンのことをMy Dayと呼ぶ理由は?
ヨンケイ:これは僕たちの曲名からきていまして。その曲は、君のことをずっと考えているあまり僕の1日は君でいっぱいなんだという内容なんですね。それぐらい僕たちにとって大切な存在なんだという意味です。
EMTG:みなさんは最初からバンドをやりたかったんですか?
ヨンケイ:やりたかった人もいれば。
ドウン:はい! えっ、僕だけですか(笑)?
ヨンケイ:そうじゃないメンバーもいます。でも、音楽を愛する気持ちは同じだったからこそ、この事務所でみんなが出会えて。ある日事務所から「バンドを組んだらどうだろう?」と提案されたことで、僕たちが1つのチームになり、バンドとして第一歩を踏み出したんです。
EMTG:そうだったんですね。DAY6はメンバー全員が作詞・作曲にたずさわり、その曲を4人がメインボーカルをとりながら歌っていくという独自のスタイルをとっていますが。結成当初からそこはこだわってたんですか?
ウォンピル:ええ。最初から僕たちはTHE BEATLESのようにみんなが歌えるバンドになりたいと思っていたので、曲を作るときからメンバー全員がボーカルとして参加できる曲を考えながら作ってます。
ソンジン:いまはメインボーカルも5人になりました。僕らはただ単に歌えるだけではなく、各々がボーカルスタイルを持ってますから。バンドだろうがアコースティックだろうが、どんなサウンドでもそこに僕らの歌がのれば、僕たちらしさは表現できるんです。
EMTG:メインだけではなく、コーラスワークも5人の声をフルに使ってらっしゃいますが。ハーモニーのアレンジも自分たちで?
ヨンケイ:僕たちが作ることもあれば、作家さんと一緒に作ることもあります。
EMTG:今回発売するベストアルバム『THE BEST DAY』はどんなテーマで作ったものですか?
ジェイ:僕たちは韓国で2017年1月から12月まで、毎月デジタルシングルを発表するというプロジェクト<EVERY DAY6>をやっていまして。そのときに発表したタイトル曲をすべて収録したのがこのアルバムです。それに加え、昨年韓国で発売されたアルバムに収録された2曲、そして今回新しく「Congratulations」と「You Were Beautiful」の英語バージョン、「I Wait」の日本語バージョンを録音して入れました。ベスト盤ですけど、これが僕たちの日本初のアルバムなので、みなさんにDAY6のカラーがどういうものかを知ってもらいたい。そういう気持ちで作っていきました。
EMTG:このなかでお気に入りの楽曲は?
ドウン:僕が好きな曲は「I Smile」です。ドラムがダイナミックなところがいいんですよ。
ウォンピル:僕も同じです。演奏していてバラード的な要素もありつつ、そうじゃない部分もあるので、プレイしてても楽しい。
ソンジン:僕は「When you love someone」。この曲は誰かを愛したことがある人であれば、どんな人でも共感できると思います。
ジェイ:僕もソンジンさんと同じ。曲調や、歩きながら聴いても楽しめる感じが好きです。
ヨンケイ:僕は「I Like You 」。自分が好きな人に歌ってあげたいなと思う曲だからです。
EMTG:アルバム発売後は初の日本単独公演『1st LIVE in JAPAN “THE BEST DAY”』も控えてます。どんなライブにしたいですか?
ソンジン:DAY6がどんなライブをするのか。それをストレートに見せたいです。
EMTG:続いて、7月25日に発売する新曲「Stop The Rain」はなんと生形真一氏(Nothing’s Carved In Store,ELLEGARDEN)プロデュース。こちらも期待が高まりますね!
ウォンピル:生形さんと一緒に日本でレコーディングをして、いままでとは違うサウンドになってますので期待して待ってて下さい!

【取材・文:東條祥恵】

tag一覧 アルバム インタビュー 男性ボーカル DAY6 韓国

リリース情報

THE BEST DAY

THE BEST DAY

2018年06月06日

ワーナーミュージックジャパン

1.I Wait
2.You Were Beautiful
3.How can I Say
4.I’m Serious
5.DANCE DANCE
6.I Smile
7.Hi Hello
8.What Can I Do
9.I Loved You
10.When you love someone
11.All Alone
12.I Like You
13.Congratulations (Final ver.)
14.Letting Go (Rebooted ver.)
15.Congratulations (English Ver.)
16.I Wait (Japanese Ver.)
17.You Were Beautiful (English Ver.)

お知らせ

■ライブ情報

DAY6 1st LIVE in JAPAN "THE BEST DAY"
06/13(水)[東京]渋谷 TSUTAYA O-EAST
06/14(木)[大阪]梅田 umeda TRAD

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る