FLiP連載「メストーク」4回目。ついに出ました“コイバナ”。リアルなテーマで爆笑の連続。

FLiP | 2012.11.02

FLiPのMOVIE+テキスト連載「メストーク」とは?

【出演者】
サチコ=FLiPのVo&G 1988年5月24日生。
ユウコ=FLiPのG&Cho. 1989年3月11日生。
サヤカ=FLiPのB&Cho. 1988年4月14日生。
ユウミ=FLiPのDr&Cho.1989年3月31日生。

【番組内容】
 FLiPのFLiPによる、FLiPについてのリアル・トーク!! 
 メンバーが、FLiPを形成しているキーワードが書かれたカードを引き、そのキーワードについて語ります。
 音楽やバンドにまつわる言葉はもちろん、メンバーのキャラクターを掘り下げる、様々なキーワードを用意。カードの裏にどんな言葉が書かれているか、誰がどの キーワードを引き当てるかは、取材当日、メンバーがカードをひくまでまでわかりません!
 この瞬発力勝負の、ミステリアス&スリリングな、パンク企画に、FLiPのメンバーが喜怒哀ROCK全開でチャレンジします。

 カードを引く瞬間の表情はMOVIEで、その後、キーワードについてのトークは、じっくりと彼女達の言葉をひも解いていけるよう、TEXTにて掲載!
 また、右上の「動画コメント」では、「FLiPの近況トーク」と題して、彼女達の活動を追った、リアルなコメントを配信していきます。

■キーワード・7『Ko-i-Ba-Na(コイバナ)』(ユウミ)


―出ましたね、メストークの王道、コイバナです。コイバナといえば、恋愛相談。

4人 :
おぉ?!
ユウコ:
そうだね?
ユウミ:
相談、してるよね(笑)。
サチコ:
隠しておけないんだよね(笑)。

―というわけで、最初は相談に答えてもらう形でいきましょう。まずこちらも恋愛相談の王道、“彼氏ができないけど、どうすればいいですか?”。

ユウミ:
はい!(←半分、挙手)

―ユウミさん、かなり前のめりですね、ありがとうございます(笑)。

ユウミ:
最近まで自分がそうだったし(笑)。
一同 :
ははははははは(大爆笑)。

―他のメンバーに、相談されてました?

サチコ:
話は聞いてましたね。
ユウミ:
でも、私の場合、好きな人がいて想いが叶わないって感じだったから、何故彼氏ができないかと言われると……私が好まれてなかったんだろうなあ、と。
一同 :
あははははははは(爆笑)。
ユウコ:
切ない?(笑)。
ユウミ:
相談の答えじゃないよね、これじゃ。私、結構、好きな人に対して、ガンガンいくんですよ。ガンガンいって、ダメな時はダメですっきりする。そうじゃないと、モゾモゾして気持ち悪い。そこにいくまでは、段階があるから、結構考えますけどね。例えば、メールもバランス良く返したりとか(笑)。それで自分の事を気にいってくれたら、OKじゃないですか。だから段取りは、大切にします。

―好きな人ができたら気持ちをはっきり伝えないと……っていうのはあります?

ユウミ:
そうですね。そうじゃないと始らないっていうか。“とりあえず、言ってみたらいいんじゃないかな”っていうのはあります。

―では、“好きな人がいないけど、彼氏が欲しい、どうしたらいい?”という相談がきたら、皆さん、どう答えますか?

サヤカ:
いないけど、彼氏欲しい、みたいな?

―そうそう。好きな人いない、当然彼氏はいない、ちょっと焦ってるかも……みたいな女子に相談されたとしたら?

サチコ:
1人の時間を大切にしたほうがいいと思う。自分が充実してて輝いていたら、相手も現れると思うし、焦って作るものじゃないよね。例えば、自分が好きじゃない人から好きって言われて付き合っても、それは自分に嘘をついてるから、うまくいかないんですよ、絶対。だから、好きな人がいなかったら、自然体でいたほうがいいと思う。
ユウミ:
そう、自然体でいるのって、すごく大事だよね。

―でもさ、自然体でいるって、難しいんだよね。

4人 :
そうそう、そう!
ユウミ:
カッコつけちゃうんだよね。ま、全部自分がやってた事なんだけど(笑)。
一同 :
きゃはははははは(大爆笑)
ユウコ:
1年前くらいの、ユウミだね。
ユウミ:
そう。過去の自分が、今の自分に相談してる、みたいな(笑)。でも、本当にそうだったもん。ほんと、タイミングとかもあるんだよね。
サチコ:
絶対にあるよね。なんか……今は恋愛、ちょっといいかな……って思って、自分の時間を大事にして、充実してるなって時に、ふと“あ、この人いいかも”って人が現れたりする事があると思うし。。
ユウコ:
“彼氏欲しい、欲しい”って言ってる時は、絶対にできない。

―本当にそうですよね。あれは、どうしてでしょうね。何か出てるのかな?

ユウコ:
たぶん、出るんだと思う、絶対に出てるんだと思う、何かが。
サヤカ:
なんかそこが、男の人はわかるんだよね、きっと。
ユウコ:
たぶん“近づいたら、食われる”みたいなの、男性は感じてるんじゃない?

―食われるって!(笑)

ユウコ:
はははははは(笑)。

―では、せっかくの“コイバナ”なので、リアルな質問を。彼氏、好きな人に言われて、いちばんショックだった言葉は?

サチコ:
うわー、結構あるな、自分、結構あるよぉー。

―結構ありますか、うふふ、そうですか!(←期待)。

サチコ:
でも、ここでは言えない事ばかり。記事にはできない事だらけ(一同大爆笑)。だからちょっとライトなの、探します。待ってください(笑)。
ユウミ:
“おしゃれして”って言われました。
サチコ
ユウコ:
サヤカ
……!
ユウコ:
その彼は、彼女におしゃれを求めてたの?
ユウミ:
そうそうそう。相手は、彼女の理想像みたいなのが、ちゃんとあったんでしょうね。でも言ってくれないで、デートした時に“ちゃんとおしゃれしよう”って言われて。“あー、私的には、おしゃれしてきたんだけど……”って(笑)。
サチコ:
……(真剣に考えている)あー、ダメだ、自分!(笑)全然、出て来ない。極端なの、ばっかり(笑)。

―いいですよ、ゆっくり考えてください。

ユウコ:
私は“1人で生きていけそうだから”って言われた事がある。1人で生きていける人なんて、いないじゃん。
ユウミ:
この野郎、って?
ユウコ:
そう、もう、バカか―って。
サヤカ:
んー……あんまり思い当たる事が無い。
ユウミ:
言われた事、自分の中で抹消してる?
サヤカ:
それもある、うん……。
ユウミ:
抹消系?
ユウコ:
あはははは(笑)。魔性じゃなくて抹消系?(笑)
サヤカ:
なんか……普通に“飲みすぎないで”とかはある。
一同 :
うわははははははは(笑)。

―ショックだった言葉とかではなく、心配ですね、それは(笑)。

サヤカ:
そうですよね?。言われてショックじゃなかったから……(一同爆笑)。

―逆に、彼氏に言われて嬉しかった言葉は?

サチコ:
“もし別れても、一生、記憶の中に残っている人だよ”っていう言葉は、嬉しかった。“それぞれの道を歩いても、人として大切な人だ”って言われた時は、すごく嬉しかったですね。
ユウコ:
地味に嬉しかったのは……“本当にありのままでいていいんだよ”って言葉でしたね。
サチコ:
結構、嬉しいね、それね。
ユウコ:
そう。そういう事、思ってても、普通、なかなか言えないじゃないですか。ちゃんと口に出して言ってくれた事が嬉しかったですね。
サチコ:
今の言葉に近いの、あります。自分が、自分の感情をコントロールできない時“本当に振りまわしてごめん”って言ったら“それもサチコでしょ”って。“そういうサチコが好きなんだから”って言われた時は……
ユウミ:
いいねぇ、いいねぇ。
ユウコ:
あぁあああ、いいねぇー。
サチコ:
すごく嬉しかった。
サヤカ:
なんか……そんな深い感じで言われた事ないな(笑)。
一同 :
うわははははは(大爆笑)。

―“今日は、飲まないで帰って来たね?”とか?

4人 :
あははははははは(大爆笑)。
ユウコ:
“そんなサーヤも好きだよ”みたいな(爆笑)。
サヤカ:
それは嫌だ(笑)。普通になっちゃうかもしれないけど“結婚したい人”って言われたのは、すごく嬉しい。
サチコ:
それ、嬉しいね。
ユウミ:
私もサーヤと結婚したいよ。
ユウコ:
それ違うよ。
ユウミ:
私は、付き合う前だったんだけど、相手の人が“私が自分の事を好きって言ってくれるのが嬉しい”って言われた時、嬉しかった。言われた時は“それ当たり前じゃん”って思ったんだけど、言われた後に考えてたら“両想いって事じゃん”って思って、じわじわっと嬉しくなりましたね。

■キーワード・8『Moon(月)』(サヤカ)


サヤカ:
月って、不思議なモノってイメージ。

ユウミ:
月は大人になってから、あんまり見ないようにしてる。月は女性の象徴だから、男の人が見るものって聞いてから、あんまり見ない。月を見て狼になるの、男性じゃないですか。だから、月は男の人にパワーをもたらすものって考えが、いつから出て来て。月が出てても“月、綺麗だな。でもずっとは見てられないな”って、不思議な感覚でいますけどね。

サチコ:
小さい頃は月はただの月でしか無かったけど、20歳を超えてからちょっと違ってきて。女性のサイクルは、月の満ち欠けの影響もあるって話があるじゃないですか。今日めちゃくちゃ体調悪いって時に、ボイストレーナーの先生が“今日新月だからよ”って言って。新月近辺は、パワーが溢れているから、人間が生まれ変わる周期で、体から毒素を出そうとしているから、調子が悪くなってるって言われて。この月の話を聞いて、人間も動物なんだなって、改めて思うようになったんですね。

ユウコ:
月って、引力にも関わるんだよね。ユウコも月の満ち欠けって、女性に似てるなって思ってて、だから太陽よりも月が好きだし。自分は、本当に……夜型、深夜……?

サチコ:
夜行性?

ユウコ:
そう、夜行性なんですよ(笑)。いちばん夜が好きで、1人で月を眺めながらお酒飲んだりしてますね。見てて落ち着くんですよね。親近感がある。

―FLiPには「今夜月で会いましょう」(アルバム『XX emotion』収録)って曲がありますよね。作詞をサヤカさんが手掛けている。どんなイメージで書いた歌詞?

サヤカ:
最初、楽曲を聴いて、モンスターっていうか、不思議な生き物が出て来て。ちょっと不思議な生き物の事を書きたいと思ったんです。で、狼を使おうと思って。自分の中では、狼って、ちょっと切ないっていうか。一匹狼って言葉もあるくらいで、孤独っていうイメージがあったんですね。で、狼といったら月だし、切なさもリンクするから、恋愛の話にして、片思いの心情を書いたんですよね。

―じゃあ最後に。ちょっと切り口を変えて。月といえば暦。それぞれ、いちばん好きな月を聞いて、終わりにしましょう。

ユウコ:
いちばんテンションがあがるのは8月。いちばん遊べるし(笑)。
ユウミ:
3月か4月。卒業とか入学とか、新しい道に進む時期じゃないですか。友達と別れたりして、めっちゃ淋しい、みたいな気持ちはあるんですけど、新しいところに踏み出すワクワク感と、新しい人とかの出会いとかもあって、いろんな気持ちが出てくるなぁと思って。出会いと別れが、一度に来る時期。そういう気持ちを繰り返していくの、私嫌いじゃないから。人間っぽいなと思うんですよね。
サヤカ:
新年がすごく好きだから、1月かな。年末から年明けにかけての雰囲気がすごく好きなんですよ。今でも、新しい年に変わるって思った瞬間、ドキドキするんですよね。お参りとか行くのもすごく好きだし。クリスマスとか誕生日とかは違うワクワクがあるから、好きですね。
サチコ:
私、サーヤと逆かもしれない。12月ですね。年の最後だし、この1年間の自分がまとまって12月に来るじゃないですか。寒いし、いちばん人恋しくなる季節。だからより感情的になるし、想いにふけやすいっていうか。いつもよりより感情的になる月だから、12月がいちばん好きですね。

tag一覧 動画インタビュー 男性ボーカル FLiP

関連記事

ビデオコメント

リリース情報

XX emotion(初回盤)

XX emotion(初回盤)

2012年05月16日

DefSTAR RECORDS

ディスク:1
1.CHERRY BOMB
2.ワルサー
3.エミモア
4.ワンダーランド
5.Everything is alright
6.YUKEMURI DJ
7.最後の晩餐
8.Shut Up, Men!
9.ホシイモノハ
10.でも maybe
11.今夜月で会いましょう
12.ふつつか少女
13.GHOST BUSTER

ディスク:2
ライラ MV
カザーナ MV
カートニアゴ MV
ナガイキス MV
ホシイモノハ MV
ワンダーランド MV
CHERRY BOMB MV

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■ライブ情報

日本工学院専門学校 かまた祭
『KAMAROCK FESTIVAL’12』

2012/11/04(日)日本工学院専門学校 蒲田キャンパス
2号館6階 デジタルオープンスタジオ

FLiP 2nd Album「XX emotion」リリースツアー
~喜怒愛ROCK ワンマンVer.~(後半)

2012/11/02(金)渋谷CLUB QUATTRO
2012/11/17(土)沖縄桜坂セントラル

LOVE! LIFE! LIVE! 〜X’mas special?
2012/12/17(月)SHIBUYA-AX

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る