前へ

次へ

クリープハイプ、フラワーカンパニーズを招いた主催ライブの模様をレポート!

クリープハイプ | 2013.02.27

 クリープハイプ主催の対バン企画ライブ『ストリップ歌小屋』は、フラワーカンパニーズからスタートした。「深夜高速」「吐きたくなるほど愛されたい」「脳内百景」「真冬の盆踊り」など、代表曲を連発した他、新曲「ビューティフルドリーマー」も披露。20年以上に亘って精力的なライブ活動をしている彼らならではの貫禄のサウンドが観客をグイグイ巻き込んでいった。「もうストリップは始まっていますよ。彼はズボンしか穿いていません!」とグレートマエカワ(B)を指差した鈴木圭介(Vo)。「これは普段からのステージ衣装だから」と、地肌にオーバーオールを纏ったマエカワがすかさず返す――というような絶妙な掛け合いを展開するMCも実に楽しい。初めてフラカンのライブを観た人も、ファンになってしまったはずだ。

 SEは流れず、暗転したステージ上にふらりと現れたクリープハイプ。小川幸慈(G)、長谷川カオナシ(B)、小泉拓(Dr)に続いて登場した尾崎世界観(Vo & G)が、まずは挨拶をした。「憧れのフラワーカンパニーズと対バンするって、昔の俺が聞いたら驚くと思います。でも、今日は勝ちにきました! 昔、このリキッドルームでフラカンを見てた当時の自分のその先に行きたいと思います。よろしければ、ご一緒に!」。そして雪崩れ込んだ1曲目「オレンジ」。観客は全力で飛び跳ねながら盛り上がる。「おやすみ泣き声、さよなら歌姫」「SHE IS FINE」……アッパーな曲が立て続けに演奏され、場内の温度はどんどん上昇していった。

「蜂蜜と風呂場」「ABCDC」など、躍動感と哀愁が奇跡的なバランスで融合している曲が、クリープハイプのオリジナリティを改めて強く実感させてくれた前半戦。「そろそろバイトをやめて1年になります。警備員のバイトをしていた時に、三十代半ばくらいの同僚に靴を隠された事件がありまして……。制服にコンバースで警備をすることになりました(笑)」というホロ苦い思い出を語り、観客を大爆笑させてから「バイト バイト バイト」を始めるなど、尾崎のMCも冴え渡っていた。

 心地よい横揺れでフロアを包んだ「グレーマンのせいにする」。カオナシがリードボーカルを務めた「火まつり」。アグレッシブなサウンドを轟かせた「身も蓋もない水槽」…などを経て、いよいよ終盤へと突入。「イノチミジカシコイセヨオトメ」「手と手」を連発した後、「またアンコールで会いましょう!」という人を喰った一言を尾崎が添えて「愛の標識」。エモーショナルなサウンドが場内いっぱいに響き渡り、本編は終了した。

 アンコールを求める手拍子に応えて彼らが戻ってくると、男性客から「ありがとう!」という声がかかった。「こちらこそありがとう! 今日、男子多いね」と、嬉しそうな表情を浮かべた尾崎。そして、「なんか“セックスのバンド”みたいな感じが去年はひどかったから、2013年はあの曲はやりません! もっと、それ以外のいいところを伝えていこうかと」と言った。観客は残念がって「えー!」という声を上げたが、あの曲をやらないはずがない。カオナシがお馴染みのフレーズをベースで弾き、スタートしたのはもちろん「HE IS MINE」。曲の中盤、淫靡なムードのピンク色のライトで染まったステージ。尾崎が《今度会ったら何をしようか 今度会ったら》と歌ったのに続き、観客は《セックスしよう!》と全力でコールしたのであった。

「HE IS MINE」を演奏し終えると、彼らは再びステージを後にしたが、すぐにダブルアンコールへ。「3月6日にシングルが出ます。曲はギリギリまで公開しないのですが……今日は特別にやります!」と尾崎が言い、ラストに披露したのは「社会の窓」。シャープなビート、マイクに噛みつくような攻撃的な歌唱スタイルが印象的な曲であった。アグレッシブなサウンドに刺激され、汗だくになりながら踊った観客。場内の誰も彼もが完全燃焼した、最高のクライマックスとなった。

【取材・文:田中 大】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル クリープハイプ

関連記事

リリース情報

社会の窓(初回盤)

社会の窓(初回盤)

2013年03月06日

ビクターエンタテインメント

1. 社会の窓
2. 週刊誌
3. さっきの話
4. ウワノソラ ~2012年11月24日、東京キネマ倶楽部にて
5. 社会の窓(オリジナルカラオケ)

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■ライブ情報

ユウベル presents MUSIC CUBE 1
2013/03/16(土)広島クラブクアトロ

J-WAVE 25th ANNIVERSARY "THE KINGS PLACE" LIVE vol.2
2013/03/26(火)新木場STUDIO COAST

Victor GMpV presents"MUSIC TAGS vol.1"
2013/04/25(木)SHIBUYA-AX

SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2013 in 東京
2013/05/03(祝)日比谷野外大音楽堂

「クリープハイプの窓」
2013/05/25(土)札幌cube garden
2013/05/31(金)仙台CLUB JUNK BOX
2013/06/01(土)新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
2013/06/08(土)福岡BEAT STATION
2013/06/09(日)広島ナミキジャンクション
2013/06/14(金)大阪BIG CAT
2013/06/15(土)名古屋BOTTOM LINE
2013/06/21(金)中野サンプラザホール

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る