前へ

次へ

THE NOVEMBERSの2作品レコ発ツアーファイナルのワンマンライヴをレポ

THE NOVEMBERS | 2013.07.12

 『GIFT』と『Fourth wall』という2枚のEPを掲げたツアーのファイナルだ。恵比寿ガーデンホールは、都内有数のショッピングエリア内にあり、会場の天井は高く、ステージの間口が広く取られていて、非常にスタイリッシュな空間だ。なので通常、ロックバンドはあまり使わない。が、独自の美意識を持つTHE NOVEMBERSには、逆にピッタリ合っている。実際、この日のライブはそんな会場の雰囲気を活かして、実にTHE NOVEMBERSらしいオープニングを決めてくれたのだった。

 開演前、会場にはミラーボールから幻想的な色彩がまき散らされている。最新EP『Fourth wall』の「dogma」からライブがスタートすると、ステージ前面に張られた紗幕に極彩色のカレイドスコープの模様が映し出される。その模様は色がにじんでいたりして、まるでロールシャッハ・テストのように人の横顔に見えたり、仏像に見えたりする。さらには紗幕を透かして演奏するメンバーがうっすら見える。あまりに刺激的なビジュアルに、自分がどこにいるのか分からなくなってしまい、かなりヤバい雰囲気だ。続く「primal」では、メンバーの背後から真っ赤な光が当てられ、紗幕には赤い光の中でメンバーの黒いシルエットがうごめく。エンディングではストロボが点滅し、ヤバい、ヤバい。3曲目「Figure 0」では、ピンクとパープルのレーザー光が、アンシンメトリーに会場を染める。通常のレーザーとは明らかに異なる使い方は、ある種、演劇的で、ガーデンホールのTHE NOVEMBERSにはよく似合っていた。

 そんな演出によって“異界”に運ばれた耳に、突き刺さる音がまたヤバい。狙いをピンポイントに絞って冷静にシャウトする小林祐介、エッジーなトーンの高松浩史のベース、ケンゴマツモトのギターは色彩豊かに、吉木諒祐のドラムは太いビートで異空間をそのまま前に押し出す。

 照明も音響も間違いなく現シーンのトップレベルだ。次々に繰り出される演出は、バンドの音楽のイメージを増幅させる。だから、THE NOVEMBERSの世界に目も耳もどっぷり浸かったオーディエンスは、瞳を大きく見開いて、ニコニコ楽しんでいる。ライブはそのまま上昇を続け、4曲目「瓦礫の上で」では、素晴らしく耽美的なツインギターを聴かせてくれた。

 視覚的な演出が一段落したところで、耳は演奏に集中していく。凄かったのは「Reunion with Marr」から「Slogan」へのシークエンス。ダークな世界観を美しいメロディに乗せて堂々と打ち出す迫力は、まさに“チアノーゼ・ポップ”。青白い肌から漂い出す美の気配に、鳥肌が立つ。『GIFT』からの曲のクライマックスはここにあった。

 一方、『Fourth wall』のピークは最終盤にあった。

「『GIFT』と『Fourth wall』という二つの作品のためのツアーを、5月からやってきました。このファイナルは唯一のワンマンで、特別なことを一緒に味わってもらえて光栄です。今回のテーマは、僕たちなりの”未来”です。それを象徴する曲を最後にやります」。

 始まったのは、EP『Fourth wall』のラストに収められた組曲風の「Dream of Venus」と「children」。丁寧に積み上げられていくサウンドの力で、オーディエンスたちは幻想から抜け出し、リアルな幸福感に満たされていく。

 THE NOVEMBERSは昨年、大好きなファッションブランド “LAD MUSICIAN”のショーにコラボ出演した際、ファッション、音楽、照明などの要素をトータルで考える姿勢に共鳴したという。このファイナルの前半は、そうした影響が強く表れたコンセプチュアルなショーだった。そして後半は、純粋にバンドのパフォーマンスのみで構成されるライブだった。どちらも今のTHE NOVEMBERSの実力と充実を物語る内容で、シーンで唯一の存在感を強くアピールしていた。同時に、それは閉鎖的なものではなく、音楽好きなリスナーに向けて開かれている点が特筆されるべきだろう。はっきり言って今、THE NOVEMBERSに似たバンドはない。似たようなバンドがひしめくJ-ROCKシーンに少し飽きているファンは、一度、THE NOVEMBERSを見てみるといい。

 そうしてライブ後、楽屋に行くと、CHARAが「今度、小林くんとバンドやるのよぅ」と嬉しそうに話しかけてきた。CHARAもJ-POPシーンで唯一の世界観を持つアーティストだ。そんな斬新なジョイントも含めて、THE NOVEMBERSは今確実に、バンドとしてジャンプアップの季節を迎えている。本当にヤバいのは、これからだ。

【取材・文 平山雄一】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル THE NOVEMBERS

リリース情報

GIFT

GIFT

2012年11月07日

DAIZAWA RECORDS/UK.PROJECT

1. Moire
2. Harem
3. Reunion with Marr
4. ウトムヌカラ
5. Slogan
6. GIFT

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

リリース情報

Fourth wall

Fourth wall

2013年05月15日

UKプロジェクト

1. Krishna
2. dogma
3. primal
4. Fiedel
5. Observer effect
6-I. Dream of Venus
6-II. children

注: [紙ジャケット仕様]
画像ではグレーで表現していますが、実際の製品はシルバーの紙に印刷されています

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

“GIFT” and “Fourth wall” Release Tour “I’ll Be Your Mirror”
2013.6.29@恵比寿ガーデンホール

  1. dogma
  2. primal
  3. Figure 0
  4. 瓦礫の上で
  5. Harem
  6. Reunion with Marr
  7. Slogan
  8. ウユニの恋人
  9. philia
  10. GIFT
  11. Stay Away
  12. 永遠の複製
  13. ニールの灰に
  14. Fiedel
  15. Observer effect
  16. dysphoria
  17. 彼岸で散る青
  18. Dream of Venus
  19. children
Encore
  1. ウトムヌカラ
  2. Moire

お知らせ

■ライブ情報

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013
2013/08/03(土)国営ひたち海浜公園

UKFC on the Road 2013
2013/08/21(水)新木場STUDIO COAST
2013/08/22(木)新木場STUDIO COAST

RUSH BALL 15th
2013/09/01(日)泉大津フェニックス

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る