前へ

次へ

快進撃を予感させる、KEYTALKのインディーズラストライブ!!

KEYTALK | 2013.11.28

 後方までギッシリと観客が入っている場内が暗転すると、湧き起った歓声。流れるSEに合わせて手拍子をする人々の熱気が尋常ではない。そんな中、勢い良くステージに駆け込んできた小野武正 a.k.a. ぺーい(Gt./MC/Cho.)、首藤義勝 a.k.a. おしゃれ番長 改め 文学少年 改め 宇宙人 改めジョニー義勝(Vo./Ba.)、寺中友将 a.k.a. 巨匠/アーロン寺中 (Vo./Gt.)、八木優樹 a.k.a. オムスター/涙の貴公子センチメンタル八木(Dr./Cho.)。各々が素早くスタンバイを終えると、1曲目「UNITY」がスタートした。絶妙なコンビネーションのツインボーカルを展開する寺中&首藤、裏メロのフレーズを華麗に連発して曲に奥行きを添える小野、快感のツボを的確に刺激するダンスビートを刻み続ける八木……4人の最強のアンサンブルに刺激され、みるみる内に激しいタテノリのダンスで揺れたフロア。続いて雪崩れ込んだ「アゲイン」では、観客が踊りながら振り上げる腕の勢いがますますエスカレートする。そして「fiction escape」では、最早ライブの終盤にさしかかったかのように笑顔と汗まみれの光景が辺り一面に広がっていた。

 「S.H.S.S」と「ブザービーター」も演奏した後、MCタイムへ。「リキッドルーム! 俺がオムスターだ!」(八木)。「八木のテンションがどこまで上がるかが見どころです」(小野)。「オムスターの覚醒を見届けに来ました!」(首藤)。「今日は覚醒前夜祭であり、インディーズラストライブでもあります」(寺中)……『オムスター覚醒!「コースター」リリース前夜祭』というライブのタイトルの主旨をテンション高く説明した4人であったが、「インディーズラストって言うけど、売れなくてインディーズに戻ることもあるかも……」とふと寺中が呟き、「すぐマイナス思考になるんだから(笑)」と小野がすかさずツッコミを入れる。演奏中に負けず劣らず、彼らはMCでもコンビネーションが抜群であった。

 「八木ちゃんが覚醒するようにパワーを送って! では、八木ちゃんが覚醒する曲を」と小野が人々を煽って「コースター」。新曲だが早くも絶好のライブチューンとしてのパワーを発揮していた。綺麗なメロディと軽快なリズムが融合した「sympathy」。エネルギッシュな爆音を4人が一丸となって轟かせた「B型」。3曲を一気に演奏した後、「今日はワンマンということで、普段やらないような曲もやります」と寺中が言い、披露されたのは「茜色」。寺中が透明感に満ちた歌声を響かせ、観客はうっとりと耳を傾ける。続いて「フォーマルハウト」。瑞々しいサウンドがじっくり広がっていく。美しいメロディを噛み締めるひと時となった。

 この日の来場者にプレゼントされたCDの収録曲「おはようトゥエンティ」。何処かファンキーな風味を帯びた「blue moon light」。スピード感たっぷりに駆け抜けつつ絶妙なグルーヴを躍動させた「a picture book」を経て、再びインターバル。「今、KEYTALKはJ-WAVEで『THE KINGS PLACE』というレギュラー番組をやっています。その中の“即興系アンサー”というコーナーで、八木くんが曲を作っていまして」と小野が言い、カーゴパンツを穿いていると汗が目立って困るという苦悩を即興のメロディで歌い始めた八木……そんな場面も挟みつつ、寺中のものまねタイムへ。ミスチル桜井和寿&平井堅のものまねを巧みに何度も切り替え、まるで豪華デュエットが実現したかのように「瞳をとじて」を熱唱。バンドマンの域を遥かに超えたハイクオリティなネタは、観客を大爆笑させていた。

 ライブでは初披露となる「OSAKA SUTAN」を皮切りに突入した後半戦。「ゼロ」「PASSION」「ストラクチャー」も立て続けに演奏して、場内の気温の上昇は止まらない。そんな中、心地よいアクセントとなったのが「Winter March」。切ない心情を滲ませるこの曲は、観客の身も心も甘酸っぱく揺らしていた。そして「太陽系リフレイン」で再びヒートアップ! 小野がフロアへと降り、下手側前方にあるカウンターの上に乗っかってソロプレイをする場面も飛び出し、観客も一層興奮を露わにして踊りまくる。季節を逆行させかねない熱いエネルギーを迸らせた「MABOROSHI SUMMER」。人々が夢中になって飛び跳ねるフロアの光景を、メンバー4人が心底幸せそうに眺めながら演奏する姿が印象的だった「アワーワールド」……本編の全曲が終了した時、何とも言えない昂揚感が会場全体に漂っていた。

 アンコールを求める声に応えて戻ってきたメンバーたち。「来年、もっと大きいところへ向かって行こうと思うのですが、ついて来てくれますか?」と小野が問いかけると、熱い歓声がステージに向って返される。「ありがとう。では、最新シングルでまだやっていない曲を。盛り上がっていきましょう!」と煽り、まず披露されたのは「スポットライト」。明るいトーンのダンスビートがフロアを温めていく。続いて「トラベリング」も演奏して、ステージから降りた4人。しかし、観客はさらなるアンコールを求めて手拍子。メンバーたちは大はしゃぎしながら再登場した。「さっきタケちゃんがちょっと言ったけど、ラジオで“即興系アンサー”というコーナーがありまして。八木ちゃんが今日の感謝の気持ちを歌うそうです」と寺中が説明し、「構成はどうする?」と相談が始まる。すると「Aメロ・サビ。尺は8小節で」とリクエストした八木。そして寺中と小野のギター、首藤のコーラスも加わった演奏で「♪リキッド リキッド? 今日は俺たちのワンマンにきてくれてありがと?」と即興の歌が元気よく歌い上げられた。和やかなムードとなったところで、いよいよラストの曲「夕映えの街、今」。会場全体がビリビリと震えるくらいの爆音が観客を完全燃焼させていく。寺中は終盤でギターを外し、身軽なハンドマイク体勢となってステージ上を巡って皆を煽り続ける。ついに曲が幕切れた時、感極まった観客は一斉に唸るような歓声を上げた。

 笑顔を浮かべ、手を振りながらステージから去っていった首藤と小野。寺中が八木のTシャツを脱がした後、2人で仲良く深々とお辞儀をするのが微笑ましい。魅力的な曲の数々、安定感抜群の演奏、そしてメンバーたちの愛すべきキャラクターを、全篇で堪能したライブであった。

【取材・文:田中 大】
【撮影:白石達也】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル KEYTALK

リリース情報

KEYTALK「コースター」(初回限定盤) [CD+DVD]

KEYTALK「コースター」(初回限定盤) [CD+DVD]

2013年11月20日

Getting Better/ビクターエンタテインメント

1.コースター
2.スポットライト
3.Winter March
4.OSAKA SUNTAN

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

オムスター覚醒!「コースター」リリース前夜祭
2013.11.17@恵比寿LIQUIDROOM

  1. UNITY
  2. アゲイン
  3. fiction escape
  4. S.H.S.S
  5. ブザービーター
  6. コースター
  7. Sympathy
  8. B型
  9. 茜色
  10. フォーマルハウト
  11. おはようトゥエンティ
  12. Blue moon light
  13. a picture book
  14. OSAKA SUNTAN
  15. ゼロ
  16. PASSION
  17. ストラクチャー
  18. Winter March
  19. 太陽系リフレイン
  20. MABOROSHI SUMMER
  21. アワーワールド
  22. スポットライト
  23. トラベリング
  24. 即興系アンサー
  25. 夕映えの街、今

お知らせ

■ライブ情報

KOGA RECORDS NIGHT 忘年会スペシャル 2013
2013/12/07(土)新代田FEVER

SABOTEN PRESENTS AFRICAN NIGHT 2013 THE暴年会〜開票式〜
2013/12/21(土)下北沢Cave-Be

J-WAVE 25TH ANNIVERSARY "THE KINGS PLACE" LIVE VOL.4
2013/12/27(金)新木場STUDIO COAST

FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY
2013/12/29(日)インテックス大阪

COUNTDOWN JAPAN 13/14
2013/12/30(月)幕張メッセ国際展示場1〜8ホール、イベントホール

LIVEMASTERS INC. COUNTDOWN "GT2014"
2013/12/31(火)Zepp DiverCity Tokyo

ROCKIN’ON PRESENTS JAPAN’S NEXT VOL.1
2014/01/20(月)渋谷O-WEST

2014 NEW YEAR PREMIUM "GO LIVE VOL.1"
2014/01/26(日)EX THEATER ROPPONGI

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る