前へ

次へ

長澤知之、バンドサウンドでワンマンツアーのファイナル公演は大熱狂!

長澤知之 | 2014.03.14

 夕方のニュースでは、コートを脱ぎ、腕にかけて街を歩くサラリーマンやOLの姿を映していた。突然、春めいた2月末日。今の長澤知之、そのツアーファイナルにはうってつけだ。訳もなくそんなことを思う。

 短く鳴らされたサウンドチェックのギター音に顔を上げると、会場には思いのほか、“お一人様”が多い。皆、それぞれの思いを抱えて開演を待つ。長澤のライヴではよく見る光景、だがその人々の数は着実に増えつつある。

 青い光が包むステージに、ゆっくりと繰り出される人影。今回のバンドメンバーである西川進(G)、松田“FIRE”卓己(Ba)、タナカジュン(Dr)に続き現れた長澤からは、どことなくリラックスした様子が窺える。オープニング・ナンバーは「あんまり素敵じゃない世界」。一斉に挙がった手、西川と共に“虹を刻む”長澤の頬は、早くも紅潮しているようにみえた。

 西川の特徴あるギターを筆頭に、胸骨に響く野太いビートを放つ松田、リズム&ムードを牽引するタナカ。その中心となり、また一歩引いたところでプレイする長澤も含めた圧倒的なアンサンブル。それと拮抗する長澤の喉も全開だ。曲の合間には客席に向かって手を振り、普段着の表情でおどけてみせる長澤。『来てくれてありがとう、この空間に』。

 「フラッシュバック瞬き」では三色の歌声と夢幻を、「夢先案内人」ではクリアなキャンバスに絵の具をボトッと塗りたくったような混沌とした音像で、立体的なドラマを描いてみせる。アコギに持ち替えた「無条件幸福」では踵を上げ下げしながら、観客の手拍子とともにポジティヴなリズムを刻み、一転、「幻覚」では乱暴なストロークでサイケデリックなステージへと豹変。生身の主人公が長澤に憑依、その多面性が声色に現れては消えていく。眠りに就くように静寂の中に溶けていったギターの先にある「黄金の在処」、ロックンロール・ショウの様相となった「片思い」。今晩のお酒の約束を取りつけてはしゃいだ後の「はぐれ雲けもの道ひとり旅」では、鮮やかなロード・ムービーを映し出してみせた。どうしようもない孤独を闇の中の蛍光灯に求めた「24時のランドリー」。少し大人になったかつての青年、その胸にはどんな思いが去来しているのだろう。長澤が言う。『いろんな人の記憶の中に入ることがありがたい』。

 事務所の先輩に促されてチャレンジしたコール&レスポンスの素晴らしさに感動したというエピソードからの「誰より愛を込めて」。長澤の指南によるコール&レスポンスを皆で練習し、長澤が歌い出した瞬間、何かがスルリとほどけてゆく気がした。間奏で繰り広げられるソロパート、ふと向けられた長澤の背中、その黒いTシャツは汗でぐっしょりだ。観客と長澤、そしてバンド・メンバーとの、この日、この場限りの共演に、長澤が拍手を贈る。観客もそれに拍手で応えた。

 「左巻きのゼンマイ」「俺のアレ」「P.S.S.O.S.」といった初期の曲では、イントロで歓声が沸く。サウンドの変遷あれど、何の作為も感じさせない長澤の歌は、かつてと同じように心の赴くまま放たれた。部屋で酔っ払いながら作ったという「ハレルヤ」で長澤はギターを置き、マイクスタンドに向かう。演奏をメンバーに委ね、やがてマイクを手にした長澤は、酔いどれ男のようなダミ声を出し、おどけ、客席に手を伸ばし、音の中を突っ走り、そして歌った。怒涛のロック・モードは「THE ROLE」「EXISTAR」へとなだれ込み、ギタープレイヤーとしての存在感を見せつけた長澤。再び空気を一変させたのは、「マンドラゴラの花」だ。幻想の中のノイズが頭の中ではち切れる寸前のような声、音。空から見る街の灯りのようにも、空に瞬く星のようにも見える、散りばめられた輝き。「STOP THE MUSIC」。無数の小さな光の中、歌う長澤は独り。そして灯りは消えた。

 アンコール。バンドメンバーはツアーグッズのタオルを手に登場。長澤が大勢の観客と共に、ステージの上で下ではためかせた。“俺とお前”の絶唱は会場を明るく照らした。「GOODBYE,HELLO」。何物にも縛られない確かな約束をした長澤は歌い終えた後、また少しおどけて、だが律儀に一礼し、ステージを降りた。

 『最後だからデビュー曲をやらせていただきます』。2度目のアンコールで再び独りになった長澤。星空をバックに、目の前にいる君、そしてまだ見ぬ君に向けた「僕らの輝き」はかつてないほど優しく、温かだった。

【取材・文:篠原美江】
【撮影:TSUNEO KOGA】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル 長澤知之

関連記事

リリース情報

黄金の在処

黄金の在処

2013年11月06日

ATSUGUA RECORDS

1.GOODBYE, HELLO
2.フラッシュバック瞬き
3.スーパーマーケット・ブルース
4.そのキスひとつで
5.誰より愛を込めて
6.追憶
7.黄金の在処
8.無条件幸福
9.VACANCES
10.あんまり素敵じゃない世界
11.あとの祭り
12.ハレルヤ
13.STOP THE MUSIC

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

リリース情報

FILMS

FILMS

2014年02月15日

ATSUGUA RECORDS

1.僕らの輝き
2.RED 
3.P.S.S.O.S. 
4.EXISTAR 
5.24 時のランドリー 
6.三日月の誓い 
7.明日のラストナイト 
8.俺はグビ 
9.JUNKLIFE 
10.カスミソウ 
11.バベル 
12.あんまり素敵じゃない世界 
13.GOODBYE,HELLO 
14.そのキスひとつで 
15.フラッシュバック瞬き

このアルバムを購入

セットリスト

“Nagasa・Oneman8 Band Ver.”
2014.02.28@恵比寿LIQUIDROOM

  1. あんまり素敵じゃない世界
  2. 明日のラストナイト
  3. 追憶
  4. フラッシュバック瞬き
  5. 夢先案内人
  6. 無条件幸福
  7. 幻覚
  8. 黄金の在処
  9. 片思い
  10. はぐれ雲けもの道ひとり旅
  11. 24時のランドリー
  12. 誰より愛を込めて
  13. 左巻きのゼンマイ
  14. 俺のアレ
  15. P.S.S.O.S.
  16. ハレルヤ
  17. THE ROLE
  18. EXISTAR
  19. マンドラゴラの花
  20. STOP THE MUSIC
ENCORE1
  1. バベル
  2. GOODBYE,HELLO
Encore2
  1. 僕らの輝き(弾き語り)

お知らせ

■ライブ情報

長澤知之 LIVE 〜IN MY ROOM〜
2014/04/10(木)青山月見ル君想フ
2014/05/27(火)青山月見ル君想フ
2014/06/26(木)青山月見ル君想フ

Augusta Camp 2014
2014/07/26(土)山中湖交流プラザ きらら ・シアターひびき

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る