前へ

次へ

COMIN’KOBE17”出演バンドとの絆の深さ”を感じた伝説の1日をレポート!(第2弾)

COMIN’KOBE | 2017.05.26

 阪神淡路大震災の10年目に立ち上がり、今年で13回目を迎える入場無料のチャリティーフェス「COMIN’KOBE」が、今年も5月7日に神戸ポートアイランド、ワールド記念ホール、神戸国際展示場1、2,3号館の4会場同時開催で行われた。

 本イベントの主催者である松原氏はガンで手術をしたものの、転移し余命宣告を受けている。症状が悪化するなか、昨年リリースされたHi-Standardの新曲から勇気をもらい、症状が治まったとか。そんな中、今年もイベント開催を決意。カミコベにハイスタが出演することを夢見ていたことから、無理を承知で出演を依頼すると、まさかの快諾の返事が来た。そしてイベント当日、ハイスタメンバーがステージに登場。「stay gold」を含む4曲を披露し、カミコベにまた新たな伝説を作り上げた。ここでは、そんな伝説的なライブの模様を、神戸国際展示場1号館「ESP BLACK Stage」、「1号館の虎 Stage」、神戸国際展示場2号館「246 Stage」。神戸国際展示場3号館「ビジュアルアーツ「R Stage」、国際会議場「KOBE CITY Stage」からレポートする。

 ビジュアルアーツ「R」「L」Stage」では左右交互にステージを展開。「R」ステージ2番手のヒステリックパニックは「去年のカミコベで、ワールド(一番大きなステージ)で会いましょうって言ったけど、今年もまだステージは遠かった…。リベンジをして、伝説を作りにきました!!」と、「人生ゲーム」でライブが始まると、フロアは早々にヘドバンにモッシュにダイブと、一気に熱量を上げていく。とも(Vo)の太いスクリームがフロアに響き、おかっち(Ba)、やっち(Dr)の重低音がオーディエンスを激しく踊らせる。続く「ねこ地獄」、とも、Tack朗(Gt&Vo)、$EIGO(Gt&Cho)の3人によるシャウト、ハイトーンボイス、高速ラップとバラエティ豊かなボーカルに極悪なラウドサウンドが爆ぜるように展開していく。ラスト「うそつき。」まで、ダイブするオーディエンスが多すぎてステージが見えなくなるほどの盛り上がりを見せた彼ら。「募金して帰れよ!!」、イベントの意志を大いに叫び、短い時間ながら圧倒的なインパクトを残していった。

「ESP 「Black」「RED」Stage」も同フロアに左右交互にステージが展開され、「Black」では関西を中心に活動する4人組バンド、MELLOWSHiPが「あなた達の心を突き刺しに、記憶に残りに来ました!!」と、「OVERKILL」からがっちりとオーディエンスの心を掴みにかかる。艶のあるメロ、芯の強いミクスチャーサウンド、緩急のついたサウンドが心地良く体を揺さぶっていく。続く「The Delicious Rap Show Massacre」ではToshiki(Gt)がフロアへ飛び出しフロアを煽ると、観客らはモッシュに2Stepにと思い思いに音を楽しむ。tomoki(Vo& Ba)はあまりの興奮っぷりに「MCをカットしてでも(ライブを)盛り上げたい」と、ステージに懸ける思いを叫ぶ。最終曲「Tomorrow」では、骨太なTatsuya(Dr)のリズム、緻密に作り込まれた$ENKIN(Gt&Vo)のメロが次々に表情を変えながら、フロアの熱気を高めていく。全4曲と、限られた時間の中でもしっかりと次へ繋げるステージングを見せてくれた彼ら。バンドが向かう次の道へ、しっかりと観客を引きよせたに違いない。

 続く「ESP Black」ステージ、7番手に登場したのは初出演のRhythmic Toy World。「思いっきりバカになる準備出来てる~?」と「波紋シンドローム」からタイトなリズムがフロアを揺らしていく。攻撃的な中にもポップなメロはたまらなく快感だ♪ 次曲「Team B」ではリリックの通り、ぎゅぎゅっと濃厚な“グッドミュージック”でオーディエンスを巻き込んでいく。ライブ定番曲でもあるアグレッシブなナンバー「とおりゃんせ」では転調しまくりのご機嫌なサウンドに、メンバーも思わずフロアへダイブをぶちかます! MCでは、過去に本イベントのオーディション企画「出れんの!? カミコベ!?」に応募していたことを告白し、念願のステージに立てた喜びを語る。そしてラスト「いろはにほへと」、四つ打ちサウンドかと思えばまたも複雑に転調していく楽曲で最後の最後までフロアを大いに沸かし、初出演のイベントにしっかりと軌跡を残していった。

 大小さまざまなステージが展開される本イベント。思わぬところでライブが繰り広げられているが、「246stage」もまさにそう。通常は会議室に使われるような小さなフロアが一転して、熱気昂るライブハウスへと姿を代える。ステージ 5番手に登場したALL OFFは他のステージに負けまいと、確かな爪痕を残すステージングで魅せてくれた。「踊らせに来ました!!」、so-hey(Vo)が声高らかに叫び1曲目「One More Chance!!」へ。のっけから体を大きく揺らしにかかる重低音、ジリジリと迫る心地よいスピード感で一気に勝負を掛けていく。「Sweet Sweet Crazy」ではキャッチーなメロの中にも、緩急をつけた楽曲展開にオーディエンスもご機嫌に踊りまくる。楽曲はハードコアやメタル、オルタナにラウドと次々に表情を変えるも1曲1曲が濃厚で、気付けばあっという間に彼らの世界へ。最終曲「Just Tonight」が終わるころには、あまりの盛り上がりに会場の熱はまるで真夏のような温度にまで上昇していた。

 物販フロアの一角に設置された「1号館の虎Stage」は観客らが目当ての物販に並ぶ中でのライブで、たくさんの人がバンドに触れる可能性が高いステージでもある。地元・神戸出身のalcottは透明感のあるメロディと深みのある唯一無二の世界観で魅せてくれた。「その姿は美しい」で始まったライブ、優しくて丸みのあるメロディと透明感ある歌声が広がっていく。浸透率の高い歌声に心癒されたかと思えば、続く「ポップコーンウーマンに捧ぐ」では「ピーチクパーチクうるさい女性に捧げます」と、皮肉たっぷりなポップソングで踊らせる。MCでは地元出身ということもあり、改めてイベントの主旨や懸ける思いを熱く語り、ラスト「さくらの麓」へ。派手さや爆発力に頼るのではなく、しっかりとバンドの世界観を音に打ち出したステージで全5曲を走り抜けた。

 数ある会場の中でも、唯一着席スタイルでライブが楽しめるのが国際会議場「KOBE CITY Stage」だ。1曲目「ヘールボップ」から力強く美しい歌声とピアノの音色で観衆を圧倒した日食なつこ。悲しみや喜び、数ある感情に色をつけ、肉をつけるように歌う彼女のステージはこれまでに何度となく観てきたが、毎度心奪われて仕方がない。「黒い天球儀」では煌々と赤い照明に照らされるなか、情熱的な歌声で魅せたかと思えば、続く「水流のロック」ではタイトルのままに絶えることのない水の流れのように、時に優しく時に激しく攻め込んでいく。ラスト「ログマロープ」、華奢な指先から奏でられるスピード感のあるジャジーなピアノ、追い立てるように歌いあげる歌声で魅せられ、席から立ちあがり大きく体を揺さぶる観客の姿も。「カミコベ、良い夜を過ごしてください」、最後まで“らしい”ステージで全6曲のライブが終了した。

「Kiss FM KOBE Stage」ではいよいよトリのステージへ。フレデリックは「カミコベのトリ、フレデリック始めます!」と「オワラセナイト」でライブスタート。バンドの特徴でもある中毒性の高いビートはもちろん、バンドの持つ骨太なサウンドで短い時間のステージの中でも、しっかりと勝負をかけているのが伝わってくる。メンバーと観客との息もぴったりな「オドループ」ではメロディのキレの良さに思わずニヤリ。カミコベは結成当初から8年連続で出演している彼ら、MCでは「(カミコベは)大事な場所。このステージ、この声で、口でみんなに伝えたい。フレデリックに大事な仲間が増えます!」と、これまでサポートだった高橋武(Dr)が正式メンバーになることを告知。そして「4人のバンド、よりオンリーワンなバンドになります!!」と気持ちを新たに、最終曲「オンリーワンダー」へ。4人の決意を音に代え、熱量高いステージを突き進んだ彼ら。この日を境に、より大きくステップアップする彼らの今後に期待したい!

 本イベントで一番大きなステージ、ワールド記念ホールでの「World Stage」ではKen Yokoyamaが圧巻のライブを披露してくれた。「今年も呼んでくれてありがとう。短い時間だけど、色んなバンドを見てロックンロールの虜になってくれたらうれしい」と「Let The Beat Carry On」でライブがスタート。バンドのテーマソングでもある同曲の披露に会場から大きな歓声が沸き起こる。小気味よいビートは止まることなく次曲「Maybe,Maybe」へ。畳みかけるように打ち込まれるパンクロックに無我夢中で追いつこうと、オーディエンスたちは拳を掲げて音に応えていく。MCでは「カミコベ」がフリーフェスではなく、チャリティーフェスであることを強く語ると、「I Won’t Turn Off My Radio」「Punk Rock Dream」と心昂るサウンドをブチ込んでいく。ステージラスト、「やっぱり言わなきゃ…」と震災をきっかけにスタートした本イベントに出演する思い、イベントに参加することで人生を豊かにしてほしいと思いを語る横山。「東北の震災で自分も変わった。震災後のパンクロックを聴いてくれ!」と「Ricky Punks Ⅲ」へ。英詞で歌われる彼の楽曲は、爽快なパンクサウンドに隠れることもあるが、この曲をこの場所で演る意味、ぜひそれを感じとってほしい。

【取材・文:黒田奈保子】
【撮影:フレデリック…Viola Kam (V’z Twinkle Photography)】




COMIN’KOBE17 出演アーティストのコメントMOVIEが到着!

EMTG MUSIC編集部がピックアップした13組のアーティストのコメントMOVIEを一挙掲載!
⇒特設ページはこちら

COMIN’KOBE17 ライブレポート

「ESP BLACK Stage」「1号館の虎 Stage」「246 Stage」「ビジュアルアーツ「R Stage」「KOBE CITY Stage」のレポートも掲載中!
⇒ライブレポートはこちら

COMIN’ KOBE17 オフィシャル モバイルバッテリー

2回分の充電が可能、電池の残り量がひと目で見える、コンパクトで持ち運びに便利なモバイルバッテリーは5月31日まで受注販売を受付中!
⇒COMIN‘ KOBE17 オフィシャル モバイルバッテリー



tag一覧 J-POP ライブ ヒステリックパニック MELLOWSHiP Rhythmic Toy World ALL OFF alcott 日食なつこ

トップに戻る