前へ

次へ

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、リリースツアーのファイナルは大成功!

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ | 2018.04.06

 ここまでの自身を全て出し切りながらも、今後のポテンシャルや新たなる幅や引き出し、そして、バックボーンや影響を受けたアーティストまでをも感じさせてくれた、彼らの縮図のようなライブであった。

 この2月に1stフルアルバム『トランシーバ・デート』を発売し、好評を博しているキイチビール&ザ・ホーリーティッツ。そのレコ発ライブツアーのファイナルが渋谷スターラウンジにて行われた。この日は彼ら初のワンマン。チケットは既に完売し、場内は立錐の余地が無いほど超満員であった。

 登場SEはTheピーズの「いんらんBaby」。彼らがフェイバリット・バンドに掲げるバンドの曲だ。同曲に乗り手を挙げてステージに入ってくるメンバー。ボーカル&ギターのキイチビールの放つギターのフィードバック音の中から、1曲目の「パウエル」のイントロが現われる。ゆっくり、少しとろけた感じの6/8のロッカバラードな同曲。ラストの♪いろんなことがやれそうだ♪とは、まさに今の彼らの気分だろう。続いて、ドライブ感溢れる「はじめまして、キイチビール&ザ・ホーリーティッツです。」に入るとライブは一気に加速。KDも楽しげにピョンピョン跳ねながらコーラスを加える。同曲ではファズを踏んだキイチビールの豪快なギターソロも聴きどころであった。同曲を終えると、「今日はなんかスゲえでっけえことしよう!」とキイチビールが会場に共創を呼びかける。
ライブは、りょうによるオルガンの音色や浮遊感のあるシンセも伴う自己紹介的な曲「キイチビールのテーマ」へ。そこでは会場を交えた乾杯が交わされ、「たまらない夜」では、静かなる激しさをフロア全体に広げていった。

 この日は貴重な曲やこの日ならではの選曲も耳を惹いた。ドラムのタカヒロによる裏打ちのリズムも印象的な「レガエ」では、橋本=タフネス=樹によるファットなレゲエ的ベースラインや、りょうのスティールパンの音色。またKDもエッグシェイカーで会場に心地よさや横ノリを寄与していけば、ノンストップで入った、こちらも古くからのレパートリー「ハンモック」に於いては、≪朝になるまで一緒にハンモックに揺られよう≫と会場をゆったりと誘った。
対して最新アルバムの楽曲たちも負けてはいない。ベースとギターのユニゾンのイントロから入った「ビールを用意しててね」では、いい意味でのモラトリアム感が会場全体に広がっていき、突然の宇宙旅行へと誘った「ロケット裸族」では、宇宙船の窓越しの世界がキイチとKDによるツインボーカルで歌われる。また、「トランシーバ・デート」では、コンクリートジャングルでのトランシーバを通したコミュニケーションを歌い、その特異なシチュエーションやその時の心持ちに場内が同化していった。

 とは言え、彼らも本格始動からわずか2年弱。さすがにレパートリーも限られている。それもあり、この日はカバー曲も多くプレイされた。アンニュイな雰囲気ながらラストはエモさへと向かった、ローザ・ルクセンブルグ「橋の下」。また、Theピーズ「実験4号」やトモフスキー「コインランドリーデート」(続く「トランシーバ・デート」とは「デート」繋がり)、後半にはKDがメインボーカルのカーネーションの「夜の煙突」も。それぞれ独特なアレンジや歌で楽しませてくれた。

 加えて、この日は幾つかの彼らの今後も伺えた。中でも新曲たちは、従来なかった彼らのウェットな部分を含め、今後の新しい一面をうかがわせた。「日照りになれば裸になって」は、「暗い曲」と自称した8ビートナンバー。ピアノソロもウェットで、これまでにない感じを醸し出す。同曲の後半の激化ゾーンは文字通りカオスで、ズブズブと引き込まれていった。逆に、こちらも新曲の「平成が終わる」は、君への愛しくてたまらない気持ちを彼らならではの表現で歌い上げるナンバー。各所に登場するスキャットも、かなりキャッチーであった。

 特別にこの日だけのサービスもあった。ここでは、彼らのニューアルバムの特典CDだった自作のCM集より数曲が歌われる。各々15秒程だが物事を本音で捉えたリリック、キャッチーなメロディーは、キイチのポップソングライターとしての才能を改めて実感させた。合わせて、枚数限定だった1stEPの隠れトラックや、そのEPの特典CDに入っていた楽曲たちも披露され、ロッカバラードと三拍子の合成曲「シナレルマエニシネ」では、身近な人が死ぬのは悲しいことだからその前に死ね、と歌われた。

 後半戦は場内が明るく華やぐ曲が連射された。KDがメインヴォーカルのドライブ感溢れる「プラスチックラブ」では、橋本タフネス樹の5弦ベースのグルーヴィーな運指も冴え、ビートの倍テンになる箇所での盛り上がりがハイライトを生んだ「夏の夜」を経て、「世の中のことわからない」では、本当に大事なことや重大なことは実は自分の身近にしかないということを改めて教えてくれるかのように響いた。

「いつも自分が聴きたい曲や自分を慰めたい曲を作ってる。でも最近は、それらが自分の手を離れ、他の人の生活の一部になっていることを実感できて嬉しい」とキイチ。ギター一本で歌い出し、後半にはそこにバンドサウンドが加わり、更なる生命力を帯びる「東京タワー」、続く8ビートで疾走感たっぷりのガレージナンバー「ちっちゃなハート」で大団円を迎え、本編は終了した。

 アンコールとダブルアンコールでは、これまでとこれからが交互に鳴らされた。先にプレイされた新曲はダイナミックな曲想のメロディーロックナンバー。りょうによるオルガンの音色も印象的だった。また、ダブルアンコールでは、「かっぱえびせん」が久々に鳴らされ、そこでは、結成当初から彼らの歌はキャッチ―でメロディアスで親しみやすかったことを改めて伺い知ることが出来た。

「全曲やり切っちゃったんで演れる曲がない(笑)」(キイチ)と、見事全25曲を演り切り(小曲を入れ全28曲)、ステージを去った彼ら。1年前に偶然、動員もまだそこそこだった彼らを観て、以来数多く参じてきた私からすると、1年でこの光景が見られるとは…といった感慨深さがあった。この日のライブは、私が観た中では最も素晴らしいものであった。

 ちょっとした悩みによるやるせなさを抱え、入ったこの日のライブだったが、彼らの歌の数々を浴び、頷き、会場を出る際には、“まっ、そんなことどうでもいいか”と、妙に前向きになり、不思議なバイタリティと活力が注入された、この日の自分。
キイチビール&ザ・ホーリーティッツよ、まだまだどんどん大きくなってやれ! そして、この世の多くのモラトリアムをその歌で救ってやれ!! モラトリアムなヤツらを救えるのは、モラトリアムな中から生まれた歌だけなのだから。

【取材・文:池田スカオ和宏】
【写真:南風子】

tag一覧 J-POP ライブ キイチビール&ザ・ホーリーティッツ

リリース情報

トランシーバ・デート

トランシーバ・デート

2018年02月07日

PTA

1.たまらない夜
2.パウエル
3.世の中のことわからない
4.プラスチックラブ
5.ビールを用意しててね
6.ロケット裸族
7.トランシーバ・デート
8.夏の夜
9.東京タワー
10.ちっちゃなハート
全10曲

セットリスト

1st full album『トランシーバ・デート』リリースツアーファイナル
2018.3.24@渋谷Star Lounge

  1. 1.パウエル
  2. 2.はじめまして、キイチビール&ザ・ホーリーティッツです。
  3. 3.キイチビールのテーマ
  4. 4.たまらない夜
  5. 5.レガエ
  6. 6.ハンモック
  7. 7.ビールを用意しててね
  8. 8.ロケット裸族
  9. 9.橋の下(ローザ・ルクセンブルグカバー)
  10. 10.日照りになれば裸になって(新曲)
  11. 11.平成が終わる(新曲)
  12. 12.実験4号(ピーズカバー)
  13. 13.mc&CMソング
  14. 14.シナレルマエニシネ
  15. 15.マック
  16. 16.コインランドリーデート(トモフスキーカバー)
  17. 17.トランシーバ・デート
  18. 18.プラスチックラブ
  19. 19.夜の煙突(カーネーションカバー)
  20. 20.夏の夜
  21. 21.世の中のことわからない
  22. 22.東京タワー
  23. 23.ちっちゃなハート
  24.  【ENCORE】
  25. En-1.新曲
  26. En-2.かっぱえびせん

トップに戻る