前へ

次へ

PUSHIM、20周年に向けたアニバーサリーイヤーのスタート!

PUSHIM | 2019.01.17

 PUSHIMが年末恒例のプレミアム公演を始めてから、今年で6回目を迎えた。PUSHIMのライブは常にアクティブで、観客と共に歌い踊り、老若男女を巻き込む開放的でフリーダムなもの。着席食事スタイルの会場はどうだろう?と思ったのは単なる杞憂で、これを見ないと1年が終われない風物詩としてすっかり定着した。いいことがあっても悪いことがあっても、終わり良ければすべて良し。12月27日のBillboard Live東京、『YEAR END PREMIUM LIVE 2018』の幕が開く。

 階段を下りて客席の間を抜け、笑顔で手を振りながらステージに上がるPUSHIMとバンドのメンバーたち。オープニングは柔らかくゆるやかに、エレクトリック・ピアノの優しい音色に乗せた「In My Village」からスタート。9月のイベント『GROOVE VILLAGE 2018』でも歌われていた、リズムなしでも歌の力だけで観客を一気に引き込む、スローだがパワフルな新曲だ。

「トーキョー! 楽しんで参りましょう」

 間髪入れずに、ご機嫌なスカのリズムが鳴り響く。これを聴いて体が動かない人はいないだろう、「Love This Music」はライブ序盤で勢いをつけるのにうってつけの1曲。続けて「Light Up Your Fire」は、ゆったりテンポのハートウォームなレゲエ・チューン。指先に触れるFeeling、行く手を照らす地上の太陽--。歌いながらテーブル席の観客の指先にタッチしてゆく、親密なパフォーマンスがうれしい。ステージ上からの呼びかけに、観客全員が大きな手振りで応える。着席だって歌えるし手を振れる。ライブハウスの熱さに大人の余裕を加えた、Billboard Live東京ならではの一体感ある盛り上がりだ。

「Rising Sun」はダークで力強いレゲエのリズムの上で、ギター・ソロやベース・ソロなど、優れたミュージシャンの個性をたっぷりと。レゲエのダンスにはエロティックなものが多いが、PUSHIMのダンスはそれだけでなく、エクササイズのようしなやかで健康的なムーヴが美しくかっこいい。体のキレも歌の伸びもばっちりだ。

「楽しんでますか? 飲んでますか? 今夜は自由にやりましょう」

 紹介されたバンド・メンバーは、HOME GROWNからTANCO(B)とYUKKY(Dr)、そしてNODATIN(G)、Mi3(Key)、CHINO(Back Vo)というお馴染みの面々に加え、PUSHIMがその才能を高く評価するシンガーソングライターZIN(TOKYO CRITTERS/Soulflex)が今年のゲストアーティスト&バック・ボーカルで参加。ZINの透明感あるソウル・ボイスをフィーチャーした相聞歌「MATTAKU」は、PUSHIMとのデュエットで恋人ムードたっぷり、一つ一つのアクションに歓声が飛ぶ。歌い終わってZINの頬にキスをしたPUSHIMが、「堂々とパワハラやってます」と笑わせる。とてもいいムードだ。

 恋する女の浮き沈みの激しい心理をリアルに語るMCのあとは、とびきりピュアな恋の歌「ねむれない夜」へ。ピアノ、ウッドベース、アコースティック・ギターの美しいアンサンブルはもちろん、PUSHIMの歌が圧倒的に素晴らしい。その歌はレゲエやブラック・ミュージックの枠を超え、もはやエイジアン・ソウルとでも呼びたい親しみと深みを持つオリジナルなものだ。

「2018年は災害、天災、いろんなことがありました。宇宙規模で、いろんな変化が起きています。だからこそ、毎日一生懸命生きていきましょう。年の瀬にこんなにたくさんの人が来てくれて、私はそれだけで幸せです」

 ライブはそろそろ中盤。白いボルサリーノを伊達にかぶり、沢田研二のカバー「勝手にしやがれ」で一気にスパート。強力なレゲエ・ロック・チューン「The Freedom Rock」でぐんぐん加速し、「立って踊ってええねんで!」と観客を煽り、アップテンポの「JAMAICA JAMAICA」を畳みかける。NODATINがステージ最前線に飛び出してソロを弾きまくり、CHINOがパワフルな美声を響かせる。負けじとPUSHIMもステージ狭しと踊り歌い、中間部に「People In The Shadow」のフレーズを加えながら大熱演。会場内のボルテージは最高潮だ。

 2019年は、メジャー・デビュー20周年。「3月13日に新しいアルバムをリリースします!」という発表に観客が沸いた。タイトルは『immature』=「未熟者」を意味するタイトルをあえて掲げ、20年目の再スタートへと向かうPUSHIMの決意は、彼女を愛し続けてきたファンに大きな勇気を与えるだろう。1999年のデビュー・ミニ・アルバムに収録されていた「For Your Song」と、2002年のヒット・チューン「Forever」を、まるで新曲のように丁寧に歌い上げるPUSHIM。その歌はいつどこで聴いても、初めて聴いた時の新鮮な感動を思い起こさせてくれる。

 アンコール。レゲエ、ソウル、R&Bなどを深く消化した壮大なバラード「a song dedicated」は、PUSHIMからあなたへの最高の愛の歌だ。「君に」「君に」「君に」と、一人一人を指さしながらメッセージを送る、心あたたまるパフォーマンスもばっちり決まった。そしてラストを飾る「Messenger」は、あなたを含む世界のすべてを包み込むメッセージ・チューン。言えよ、未来はbeautiful--。PUSHIMの歌はすべてがラブソングで、励ましで、生きることを肯定する。「Happy Chrismas」のメロディを引用したエンディングに乗せ、「良いお年を!」と叫ぶPUSHIM。いつだってその豊かな歌声と笑顔が、我々を元気づけてくれる。

「I pray」を高らかに歌いながら、手を振りながら、階段をのぼり客席の間を抜けてゆくPUSHIMとバンドのメンバーに贈られる、スタンディング・オベーションと大歓声。今年もありがとう、来年また会いましょう。2019年もPUSHIMは素晴らしい歌を聴かせてくれる、そう確信する素晴らしいライブだった。

【撮影:@_24young _】
【取材・文:宮本英夫】

tag一覧 J-POP ライブ 女性ボーカル PUSHIM

リリース情報

TO THE NEXT

TO THE NEXT

2018年02月14日

徳間ジャパンコミュニケーションズ

1. TO THE NEXT / PUSHIM×韻シスト
2. Dreamin’ / PUSHIM×韻シスト
3. Rising Sun / PUSHIM
4. とまらない / 韻シスト
5. SPACE&TIME / 韻シストBAND
6. TO THE NEXT (DJ Mitsu the Beats REMIX) / PUSHIM×韻シスト

リリース情報

immature

immature

2019年03月13日

徳間ジャパンコミュニケーションズ

全11曲収録予定

セットリスト

YEAR END PREMIUM LIVE 2018
2018.12.27@Billboard Live東京

  1. 01.Intro
  2. 02.In My Village
  3. 03.Love This Music
  4. 04.Rising Sun
  5. 05.MATTAKU
  6. 06.ねむれない夜
  7. 07.勝手にしやがれ
  8. 08.The Freedom Rock
  9. 09.JAMAICA JAMAICA
  10. 10.For Your Song
  11. 11.Forever
【ENCORE】
  1. EN-1.a song dedicated
  2. EN-2.Messenger

トップに戻る