秦 基博の新境地ともいえる、ニューシングル「Q & A」リリース!

秦 基博 | 2015.09.11

 聴いて驚いた。アコギとドラムを中心に、ベース、オルガン、エレキギターが絡むタイトなロックバンド・サウンドに乗って、言葉を畳み込むようなボーカルが炸裂する。このエモーショナルな「Q & A」が、秦 基博のニューシングルだ。東野圭吾の小説を原作とした映画『天空の蜂』の主題歌で、原発を巡るスリリングなサスペンス映画の強烈なアクセントとなっている。
 「ひまわりの約束」(映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌)、「水彩の月」(映画『あん』主題歌)と2作続いた映画主題歌はどちらも美しいバラードだった。だからなおさら「Q & A」の攻撃的な構えが衝撃的だ。そして、そうしたサウンドの中に♪憎しみも裏を返せばつまり同じだ 愛だ♪という一撃を埋め込んでいるのは、間違いなく秦だ。

EMTG:すごくアグレッシヴなシングルだね。
秦:一個一個のマイクから、全体の音の処理まで、トゲトゲしいくらい攻撃的な作り方をしました。痛々しくはしたくなかったですけど。
EMTG:特に歌がすごくエモーショナル! 感情があふれまくってる。
秦:一聴して「秦だ!」とわからなくてもいいと思ってました。振り切って作ってみたかったんです。それでも「秦だ!」とわかってもらえるはずだから。
EMTG:「Q & A」はどんな風に作ったの?
秦:映画を観させてもらって、日本映画の中でも飛び抜けてスケールが大きいと思ったんです。で、どんな歌が合うかなと考えていたら、僕がもともと持っていた攻撃的なサウンド感のスケッチがあって、「これが合う!」と思ったので、そのデッサンを完成させていきました。
EMTG:このところ映画の主題歌が続いていたけど?
秦:「ひまわりの約束」も「水彩の月」も、映画に呼ばれるままに作ったら、どちらもバラードになりました。でも今回の『天空の蜂』はバラードじゃないなと思いました。このスケール感は、言葉を多く詰め込むのがいいんじゃないかと感じました。一方で、アルバムのための曲作りをする中で、ドラムとアコギの絡みに乗って、言葉で畳みかける歌に挑戦しようと考えていたんですよ。そのためのスケッチを持っていたので、『天空の蜂』でそれをやるべきだと思ったんです。
EMTG:いいタイミングだったんだね。
秦:はい。僕の企みと、映画の出会いが、うまく合致しました(笑)。
EMTG:そういうことってあるんだね(笑)。映画の方から「秦くん得意のバラードをお願いします」って言われなかったの?(笑)
秦:それはなかったです(笑)。とにかく映画を観て、好きにやってくださいとだけ言われてましたから。
EMTG:そうしたら“新しいチャレンジ”が実現したんだ。いい流れの中にいるね。
秦:はい。その流れの中で、今までやってきてなかったことに挑戦するために、いろいろ考えました。言葉にグルーブ感を出すために、Aメロの歌詞の終わりは母音を“エ”で揃えるとか、リフレインとか、言葉の音的なニュアンスを工夫しました。そうすることで、シリアスな内容でもポップスとして楽しんでもらえるように考えたし、「Q & A」というタイトルも軽やかさを意識しましたね。
EMTG:「Q & A」っていうタイトルはどこから?
秦:歌の冒頭で、「この手は人を守るためにあるのか? 人を傷つけるためにあるのか?」っていう“Q&A”がある。誰だって守るためって言いたいけど、本当にそうなのか、歌の最後で問いかける。問いかけで終わる歌を、初めて書きました。
EMTG:歌詞全体のテーマは?
秦:映画の主人公と、その盟友2人の在り様をテーマにしています。2人はそれぞれに原発と巨大ヘリコプターを作っている。どちらも役に立つのと同時に、時には危険なものにもなる。開発者の2人は同じような境遇にありながら運命が大きく分かれていくんですね。それを分けたものは何なのか? それを描くことを任されたので、やりがいがありました。
EMTG:白黒裏表は紙一重って歌ってるね。
秦:そういう言葉の持っている重さに気を付けて、歌詞を書きました。軽やかさも出したかったので、そういうところにもこだわりつつ。愛とか憎しみとか、大きな言葉をぶつけることで、スケール感を出そうと思ったんですよ。
EMTG:秦くんらしいやり方だなあ。大きな言葉をぶつけ合ってるから、今回の歌は、感情の量が多いんだ。
秦:そうかもしれないです。「ひまわり」も「水彩の月」も、歌詞のテーマはある意味“死生観”だったと思うんですよ。でも「Q & A」は“どちらかに振り切れること”がテーマだった。そのためには、穏やかなバラードではなくて、音も振り切れてなくてはならない。逆に言えば、このサウンドも聴いて欲しかったんです。リズムの激しさや、エレキの鳴り方も聴いて欲しい。でも、その中心には歌とアコギがあって、“秦の基本”はブレていない。
EMTG:確かにブレはないね。
秦:パッと聴いて“秦”とわかる歌とサウンドはすでにあると思うんですよ。それがブレてはいないから、この歌は「とはいえ、秦だ!」になるんじゃないかって。
EMTG:「とはいえ、秦だ!」って、すごい自信だね(笑)。前作オリジナルアルバムの『Signed POP』は“秦印”を付けるアルバムだったけど。
秦:そうですね。あれはいろんな所に自分のサイン=印を付けた。今はもう、すでにそれが入っている。今回は、自分らしさはすでにあるっていう前提から始められました。しかも「Q & A」では、憎んだり、妬んだりっていう今まであまり歌ってこなかった“負の感情”も描いてます。
EMTG:負の感情って、誰にでもあるものだよね。
秦:はい。負の感情って扱いにくいものなんですけど、どんな感情においてもエンターテイメントにしていく。負の感情もポップスとして楽しめるように作ることを意識しました。
EMTG:それも新しいね。さて、次のアルバムはどんな感じになりそう?
秦:このタイミングで「Q & A」を出せてよかったです。「Q & A」 みたいな曲が入っている“秦のアルバム”ってどうなるのって、リスナーの方々にドギマギして欲しいです(笑)。
EMTG:あはは、楽しみだなあ。カップリングの「恋はやさし野辺の花よ」は?
秦:CMで依頼された曲で、「一瞬をとらえたCMにしたい」と言われたので、自分の歌のピークをどこにもってくるかを考えましたね。短歌とかの世界観に近い。それで、弾き語りにして、恋に落ちる瞬間を歌おうと思いました。
EMTG:「Dear Mr.Tomorrow(with String Quartet)」は?
秦:原曲は全部自分で演奏しているので、ストリングスで歌うことで景色を変えてみたかったんです。このアレンジで9月5日に青森“三内丸山遺跡”の野外会場で歌ったんですけど、それをCDを手にする方にも味わってほしいと思って入れました。もう2年以上前の曲ですけど、リリースしてからも、曲が成長したり、違った表情を見せてくれることがあるんですよ。
EMTG:ライブも絶好調だね。
秦:9月26日には横浜赤レンガパークで山崎まさよしさんの20周年のイベントがあるので、オーガスタ全員で盛り上げます!
EMTG:楽しみにしてます! どうもありがとう。

【取材・文:平山雄一】

tag一覧 シングル インタビュー 男性ボーカル 秦 基博

ビデオコメント

リリース情報

Q & A(初回生産限定盤)[CD+スペシャルブックレット]

Q & A(初回生産限定盤)[CD+スペシャルブックレット]

2015年09月09日

オーガスタレコード/アリオラジャパン

1.Q & A
2.恋はやさし野辺の花よ
3.Dear Mr.Tomorrow (with String Quartet)
4.Q & A(backing track)

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■マイ検索ワード

インシュレーター
スピーカーの下に置いて、余計な振動を防ぐオーディオパーツで、前にスタッフの人から借りたら自宅のオーディオの音が劇的によくなったんです。で、検索して自分で買ったら、イマイチ気に入ってません(苦笑)。


■ライブ情報

YAMAZAKI MASAYOSHI in Augusta Camp 2015 ~20th Anniversary~
2015/09/26(土)横浜 赤レンガパーク 野外特設ステージ

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る