前へ

次へ

記録的な寒気も巻き込んだ、フラカンの日比谷野外音楽堂ライヴをレポート!

フラワーカンパニーズ | 2013.05.08

 まさに“真冬の盆踊り”である。彼らの定番曲に引き寄せられたのか、日本列島上空に寒気が流れ込み、4月21日の東京は気温6度を下回った。48年振りの寒さだという。そんな夜に日比谷野外音楽堂ライヴ。逆に燃える。この逆境に燃えないわけがない。それがフラワーカンパニーズだからだ。

「寒いぞぉぉぉ!! 日比谷あぁぁぁ!!」
 鈴木圭介の絶叫から間髪入れずに「なれのはて」。さらに「煮込んでロック」「SO LIFE」。最新アルバム『ハッピーエンド』からの3曲は、昨年10月から始まった「ハッピーエンド2012‐2013」ツアーでたっぷり煮込まれ、ファイナルにふさわしい曲となっていた。
 もちろんお馴染みの楽曲も健在だ。会場中が「♪今夜2人にあ・め・が・ふ・る!」と人差し指を振った「恋をしましょう」。哀愁のスカが一転、「オォォォ?」の怒声で祭に変貌した「切符」。そこに参戦した最新シングル「ビューティフルドリーマー」もまた、60年代テイストと心に染みる歌で存在感を出す。
 圧巻は1998年発表の「トラッシュ」。重厚なリフと黒いリズムに、ハイ・テンションなラップが乗る。ゴキブリのごとく這いずり、ゴキブリのごとく飛べ。「飛べぇぇぇ! 飛べ!! 飛べ!!」で一斉にジャンプ。冷えきった体に血が通う。

 温めてくれたのは体だけではなかった。あと数日で44歳になるという圭介。
「東京に出てきて20年。20年ですよ。鳴かず飛ばずぅ??(場内爆笑)20年経ってもまだ諦めてないぞーー!!」
 このMCの後、「元少年の歌」は効いた。夢ばかり見ていた少年時代。大人だって変わらないぜと胸を張る歌に心が温かくなる。こだまのように「ロックンロー!」「ロックンロー!」「ロックンロー!」と叫ぶ「ロックンロール」に心が熱くなる。ステージに跪いて「♪何もない。もう何もない。このまま死ぬまでずっと涙なんて流れない」と絶望を連射する「吐きたくなるほど愛されたい」に目頭まで熱くなってしまう。

 そんな彼らには避けて通れないことがあった。2011年3月11日2時46分。『ハッピーエンド』はあの残酷な運命と正面から向き合ったアルバムだ。だからライヴでもそれは絶対に避けて通ることはできない。その瞬間、未来が見えなくなった「246」、耐え難い別れに「どこへも行くな」と叫んだ「また明日」と息を呑む曲が続く。そしてスキマスイッチの常田真太郎を迎えた「エンドロール」。走れない自転車は鉄クズ同然、役に立たない人間もクズ同然。歌なんて届かない。俺には何もできない。震災から一年後に襲った無力感がぞっとするほど容赦なく語られる。

 それがどうした。何もできないことがどうした。奥歯を噛んで、ぐっと踏ん張って、そこから立ちあがれ。ひとりぼっちでも時代遅れでも堂々と立つ東京タワーのように。常田真太郎の指が鍵盤を叩き、竹安堅一が渾身のチョーキングを唸らせ、ミスター小西が絶え間なくドラムを打ち、野音の観客は高々と拳を上げ、鈴木圭介が「日比谷―――ッ!!」と叫んだ。MCでグレートマエカワが「この曲順は決めていた」と紹介した「東京タワー」。それはあの日から2年を経て、彼らがたどり着いた最初の答えだった。

 そこから一気に駆け抜ける。でたらめの限りを尽くして未来を作れと「YES,FUTURE」。グレートマエカワは「NO オーバーオール NO LIFE!!」と上半身裸のオーバーオール姿となり、日比谷野音は「♪ヨッサホイ、ヨッサホイ」と「真冬の盆踊り」を具現化して踊った。そのひとつひとつが「エンドロール」で誓った夢のため。40年後、遠くの夜空から、傷ついた誰かのもとへ歌を届ける。でっかいでっかい夢の始まりだ。

【取材・文:柳村睦子】
【撮影:柴田恵理】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル フラワーカンパニーズ

関連記事

リリース情報

@WWW 2013.1.23 Premium Live “Beautiful Dreamer”

@WWW 2013.1.23 Premium Live “Beautiful Dreamer”

2013年03月20日

SMAR

DISC-1 CD
01. 春の手前
02. あったかいコーヒー
03. 日々のあぶく
04. ビューティフルドリーマー
05. エンドロール
06. たましいによろしく
07. 落ち葉
08. 真赤な太陽
09. 感情七号線
10. 春色の道
11. 深夜高速
12. サヨナラBABY

DISC-2 初回盤限定DVD
01. 「ビューティフルドリーマー」Music Clip
02. 「ビューティフルドリーマー」”みんなのゆめver.”Music Clip

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

“ハッピーエンド2012-2013”追加公演
2013.4.21 @ 日比谷野外大音楽堂

  1. なれのはて
  2. 煮込んでロック
  3. SO LIFE
  4. 恋をしましょう
  5. 人生GOES ON
  6. 切符
  7. 永遠の田舎者
  8. ビューティフルドリーマー
  9. トラッシュ
  10. 元少年の歌
  11. ロックンロール
  12. 吐きたくなるほど愛されたい
  13. 246
  14. また明日
  15. エンドロール
  16. 東京タワー
  17. 脳内百景
  18. NUDE CORE ROCK’N’ROLL
  19. チェスト
  20. YES,FUTURE
Encore
  1. 天使
  2. はぐれ者讃歌
  3. 真冬の盆踊り
Encore2
  1. 深夜高速
  2. サヨナラBABY

お知らせ

■ライブ情報

「百万石音楽祭」
2013/06/01(土)石川県 産業展示会館3号館

「ロックの日!子供ばんど×フラカン」
2013/06/09(日)東京都 下北沢GARDEN

フラワーカンパニーズpresents〜シリーズ・人間の爆発〜
2013/06/13(木)愛知県 E.L.L

「〜もういちどハッピーエンド〜」
2013/06/15(土) 岡山県 ペパーランド
2013/06/16(日)香川県 DIME
2013/06/22(土)京都府 磔磔
2013/06/23(日)兵庫県 VARIT
2013/06/29(土)栃木県 HEAVEN’S ROCK宇都宮VJ-2
2013/06/30(日)栃木県 HEAVEN’S ROCK宇都宮VJ-2

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る