前へ

次へ

ゆず、『LAND』の世界を完全再現!現実とアノ世界をつなぐ幻想的なライブ

ゆず | 2013.10.08

 2013年5月1日。ゆずは、2年3ヵ月ぶりとなる通算11枚目のアルバムをリリースした。彼らがこのアルバムに付けたタイトルは『LAND』。アルバムジャケットを手掛けたのは、世界的現代美術家の村上隆だ(村上隆とタッグを組むのは、2005年にリリースされたベストアルバム『Home 1997-2000』『Going 2001-2005』以来8年ぶりのこと)。
 『LAND』というファンタジックなタイトルと村上隆とのタッグとなれば、素晴しくコンセプチュアルなモノであることが想像出来る。そしてそのコンセプチュアルなアルバム『LAND』を引っさげてまわった全国17ヵ所29公演というスケジュールで行われた「YUZU ARENA TOUR 2013 GO LAND」も、アルバムに詰め込まれた『LAND』の世界を堪能出来た素晴しいライヴだったのは言うまでもない。

 9月22日の横浜アリーナでのライヴは、6月15日の北海道からスタートしたこのツアーの追加公演でもあり、ツアー全体のセミファイナルの場でもあったこともあり、今回のコンセプトでもある、【“自分たちがいま生きている島国=日本”と、幻想世界へ誘う“ランド”】の2つの意味合いが、すっかり根付いていたのがとても印象的だった。会場内に一歩足を踏み入れた瞬間、まさに、そこは『LAND』一色だったのである。
 アルバムのリード曲でもあった「LAND」のミュージックビデオの世界観がそのまま再現されたかのようなステージ。そのステージの上では、LANDの世界の住人達がオーディエンスを迎え入れていた。

 鐘の音を合図にそのサーカスは幕を開けた。
胸に大きな赤いハートを抱いた少女がステージに現れると(この少女もミュージックビデオに登場するLANDの世界の住人だ)、1曲目に「砂漠のメリーゴーランド」が届けられた。少し物悲しさがフロアに広がった。そんな世界観も、まさしくこの『LAND』のテーマでもある。北川と岩沢はサブステージからメインステージへと移動し、間髪入れず、「流れ星キラリ」の心を打つメロの上で声をハモらせた。
 今回のツアーでは5曲目に“日替わりメニュー曲”が置かれていて、日によって違う楽曲が演奏されたが、この日は、「命果てるまで」。“生きている”ということの尊さを歌ったその歌の中で、2人はとことん強く生きることを叫んだ。柔らかな印象を放つゆずに、揺るがない強さを見た瞬間でもあった。きっと彼らのこんな言葉にも、オーディエンスは強く惹かれているのだろう。この時代に生まれ、生きる苦しみや悲しみと向き合う現実と、歌を通して、こうして1つになれる喜びを歌う彼らは、まさに、『LAND』で掲げたテーマそのものを、これまでも歌ってきたのだ。
「今回の『GO LAND』ツアーは、『LAND』というアルバムの世界観を表現しています。なので、もちろん『LAND』の曲もたくさんやりますが、『LAND』の世界観にぴったりと合う様な、あんな曲やこんな曲、懐かしい曲もやりますんで、そちらの方も楽しんでいって下さい!」
 そんな北川のMCに、大きな歓声を返すオーディエンス。彼らは、そんな言葉どおり、2ndアルバムから「始まりの場所」、1stアルバムから「贈る詩」など、さらには、シングルデビュー曲であった「夏色」までも披露したのだった。しかし。そんな15年も前の曲たちが、まったく古さを感じさせることなく、こんなにもコンセプチュアルに作り込まれた『LAND』の世界の中に自然と馴染んで聴こえてきたことに、改めて、ゆずというアーティストの偉大さを感じた。

 北川はこの日、集まったオーディエンスに、「10代の人?! 20代の人?! 30代の人?!」と問いかけ、挙手させていったのだが、ナント、下は0?10歳、最年長は70歳というファン層の広さに、岩沢も北川も心からの感謝の言葉を贈っていた。
「しかし、0?10歳のコスプレした子供たち………、きっと望んでいないのに、無理矢理着させられて来たのでしょう………可哀相に……」
 と付け加えた北川の一言に、会場は笑いの渦となった。そんな洒落のきいたテンポのいい北川のトークもまた、ゆずのライヴの魅力なのだ。北川と岩沢の人間的なあたたかさと強さを、直に感じたライヴでもあった。
 そして。ライヴ後半やアンコールでは、LANDの住人達と共に、ミュージカルテイストでライヴを盛り上げたのだった。  この2DAYSで、今年に入って横浜アリーナでライヴを行うのが10回目であることと、デビューしてから、この日が60回目の横浜アリーナ公演であったことを告げ、改めてオーディエンスに感謝の言葉を贈っていたのも実に印象的だった。その言葉とこの日のライヴを受け、この先もずっと彼らとオーディエンスの関係性が続いていくであろうことを確信した。

【取材・文:武市尚子】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル ゆず

関連記事

リリース情報

雨のち晴レルヤ/守ってあげたい

雨のち晴レルヤ/守ってあげたい

2013年11月13日

SENHA&Co.

1.雨のち晴レルヤ
2.守ってあげたい
3.飛行機雲

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

LAWSON presents
YUZU ARENA TOUR 2013 “GO LAND”
supported by 日本生命
2013.9.22@横浜アリーナ

  1. 砂漠のメリーゴーランド
  2. 流れ星キラリ
  3. 飛べない鳥
  4. 始まりの場所
  5. 命果てるまで
  6. 贈る詩
  7. 遊園地
  8. 灯影
  9. with you
  10. DOT PIERROT
  11. 仮面ライター
  12. REASON
  13. LAND
  14. LOVE & PEACH
  15. GO★GO!!サウナ
  16. 夏色
  17. ムーンライトパレード
Encore
  1. ゼラニウム
  2. また明日
  3. イロトリドリ
Encore
  1. 友 ~旅立ちの時~

お知らせ

【ゆず5大ニュース】
★DVD / Blu-ray『LIVE FILMS GO LAND』2013 年12月発売決定!
★NHK 連続テレビ小説『ごちそうさん』の主題歌「雨のち晴レルヤ」が11月13日のCD発売に先駆け、iTunes Store、レコチョクにて配信中!
★映画『劇場版HUNETR×HUNTER ―The LAST MISSION―』の主題歌「表裏一体」を含む40th Single、2014年1月発売決定!
★来春、12thアルバム、発売決定!
★2014年初夏、全国アリーナツアー開催決定!


■ライブ情報

めざまし LIVE ISLAND TOUR 2013 FINAL
in 日本武道館

2013/10/26(土)日本武道館

Golden Circle Vol.18〜Yohito Teraoka 20th Anniversary Special〜
2013/11/09(土)日本武道館

ニッポン放送開局60週年記念 ラジオが教えてくれた音楽コンサート 〜あの日の自分に帰る夜〜
2013/11/03(日)東京国際フォーラム・ホールA

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る