前へ

次へ

MIYAVI、“SLAP THE BEAT”ツアー最終公演で魅せた世界基準のパフォーマンス!

MIYAVI | 2013.10.24

 「世界のてっぺん取ったる」と豪語し、何度となく過酷なワールドツアーと国内ツアーを行ってきた彼にとって、世界デビュー作となる『MIYAVI』を引っ提げての国内ツアーは、支えてくれたファンへの返答であり、次に目指すものの報告でもあった。ひとつの達成感と次の野望。「MIYAVI "SLAP THE BEAT" TOUR 2013」ファイナルとなった渋谷AXで、MIYAVIが表したのはそれだった。

 幕開けは、「DAY 1」。世界への第1歩とも言えるフランス人DJのYUKSEKとコラボした曲だが、ライヴでは例によって得意のスラップ・ギターとBOBOドラムだけで極上のハイテンションなプレイで圧倒する。「Are You Ready,Tokyo?」と叫びながらオーディエンスと応酬し、「世界中に俺達の声ひびかせようぜ!」と呼びかけた「STRONG」と続くと、フロアは興奮のるつぼに。

 新曲を全部やると宣言し、ステージ狭しと動き回りながら唯一無二のスラップ・ギターを弾き歌うMIYAVIに目も耳も奪われるが、以前はマイクスタンドが何本も立っていたステージにこの日は1本。ヘッドセット・マイクに変えて、更に身軽にプレイしている。加えて、最新作『MIYAVI』は最新のエレクトロ・ダンス・ミュージックを取り入れている事から、ライヴでもプログラミングした音を使って立体的なサウンドにすることをチョイスしていた。ソリッドな持ち味を変える事なく見るたびに工夫を重ねアップデートしているMIYAVIの向上心には、本当に感服させられる。その成果が確実に演奏に現れている。ダンサブルな「CHASE IT」ではフロアが揺れ、アッパーな「HELL NO」ではオイ・コールが沸き起こった。「JUSTICE」はクールに、ファンキーでセクシーな「SECRET」は踊りながらギターソロで惹き付ける。最小限のドラムセットで最大限のビートを叩き出すBOBOとの息の合った演奏で、変化に富んだ最新作の曲もライヴ仕立ての魅力が板についていた。

 今の彼が放つホットなエナジーは、性別も年齢も国境も関係なく惹き付ける事を、フロアに溢れる人たちが示していた。それは「最新作は、国籍や肌の色関係なく世界中の人が同じ景色を共有できる事をイメージした」とMCしたように彼自身が思い描いた事でもある。そんなオーディエンスを前に彼が報告したのは、アンジェリーナ・ジョリーが監督する映画『UNBROKEN』に出演する事、そのため海外リリースとワールド・ツアーのスケジュールが変わった事。その報告を真剣に聴きながら、新たな道に踏み出したMIYAVIをオーディエンスが祝福したのは言うまでもない。そして観客への気遣いも見せて一段と一体感を強めた中盤は、ここに至るまでを振り返るように歌った「君に願いを」、未来への思いを込めた「GUARD YOU」の弾き語りで、情感豊かな歌から彼の真摯な思いを伝えた。シンガーとしても確実に彼は成長して来ている。映画出演を経験したら、更に懐の深いシンガーになるに違いない。

 後半は再び『MIYAVI』の曲でダンサブルな熱気を上げて行く。以前のモノクロームのストイシズムに比べるとカラフルで余裕さえ感じさせるプレイで、時には外連味さえ感じさせるほとだ。クルクル回ったり肩の上にギターを乗せたり、イナバウアーばりに反り返って弾いたりと変幻自在。彼にとってそんなことはお茶の子さいさい。その先にあるものを彼は見せて聴かせて行きたいのだ。サンプラーを自ら操作しながらダンサブルに攻め込んで「世界でここが一番熱い!」と叫んだ「GANRYU」から「狂った世界、生き抜こうぜ」と呼びかけた「SURVIVE」、「ひとつになろうぜ」と歌った「FUTURISTIC LOVE」に「踊らされる前に踊ろうぜ」と誘った「HORIZON」と、終盤はこれ以上ない熱気に包まれた。

 アンコールでは、今回のツアーの思い出や、この日起きたら声が出ず漢方薬や点滴を受けてきたと話して驚かせたが、ここまで同様そんなことをものともせず「AHEAD OF THE LIGHT」「WHAT’S MY NAME?」などをパワー全開で演奏し、「ありがとう、もっとデカくなって帰ってきます」と宣言。BOBOと会場全体を収める記念撮影をした後はステージを降りて前方のオーディエンスとハイタッチし、「素敵な夜を、MIYAVIでした」と頭を下げた。世界を股に掛けたサムライ・ギタリストとして道を進むほどに謙虚になり、夢を実現させるほどに未来を見ている彼が、次は何を見せてくれるのか期待が更に大きくなった夜だった。

【取材・文:今井智子】
【撮影:Yosuke Torii】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル MIYAVI

リリース情報

MIYAVI

MIYAVI

2013年06月19日

EMI Records Japan

1. Justice
2. Horizon
3. Chase It
4. Secret
5. Cry LikeThis
6. Guard You
7. No One Knows My Name(Slap It)
8. Hell No
9. Ahead Of The Light
10. Day 1(Album Version)
11. Free World

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

“SLAP THE BEAT”TOUR 2013
2013.10.14@SHIBUYA-AX

  1. DAY 1
  2. STRONG
  3. CHASE IT
  4. HELL NO
  5. JUSTICE
  6. SECRET
  7. CHILLIN’CHILLIN’MONEY BLUE$
  8. SELFISH LOVE
  9. 君に願いを
  10. GUARD YOU
  11. CRY LIKE THIS
  12. NO ONE KNOWS MY NAME(SLAP IT)
  13. GANRYU
  14. SURVIVE
  15. FUTURISTIC LOVE
  16. HORIZON
Encore
  1. AHEAD OF THE LIGHT
  2. FREE WORLD
  3. WHAT’S MY NAME?

トップに戻る