前へ

次へ

今回は直球ロック!!破格の才能を見せつけ続ける清 竜人の“WORK”ツアー最終公演

清 竜人 | 2013.12.24

 オーガニックなサウンドをベースに、哲学的な言葉を綴っていた初期作から、突如アニソンやゲームミュージックをフィーチャーしたド派手な電波系ソングを生み出し、その揺り戻しのごとくアコースティックスタイルへ──。そんなこれまで彼が生み出してきた多種多様な世界観をギュっと凝縮させたポップアルバム『WORK』をリリースし、東名阪ツアーを行なった清 竜人。TOKIE(ba)、ASA-CHANG(dr)という、彼のライブにとって盤石の2人に加え、佐藤タイジ(gt)、伊東ミキオ(key)という凄腕プレイヤー達と共に、めくるめく夢物語のような『WORK』の音世界をどう彩るのか。ツアーファイナルとなった東京・SHIBUYA-AXに集まったオーディエンス達は、開演を静かに待っている。

 ダークで荘厳なSEが会場に鳴り響く中、ゆっくりと会場の明かりが落ち、メンバーが登場。ステージ中央に立った清 竜人は、足を大きく左右に開いて、軽くストレッチしている。そして、SEの雰囲気を盛り立てるかのように、アヴァンギャルドな「Microphone is…」がスタート。ノイジーかつ強烈な音像でフロアをいきなり圧倒する。ハンドマイクで熱唱する清は、照明が激しく瞬く中、手を高く掲げていた。曲が終わるとオーディエンスは大興奮。歓喜の声が静まり、しばしの沈黙の後、「イザナギの後遺症」へ。曲間を詰めて一気に突っ走って行く構成ではなく、1曲1曲をじっくりとプレイすることで、楽曲のより深いところまでオーディエンスを誘って行く。そこから「あくま」「悲システム」といった初期に生み出された重々しい世界観の楽曲を披露。歪に入り組んだ世界を嘆くように、蔑むように、それでいてそれを愛おしく思うように、切々と歌い上げていく。

 そんなヘヴィな雰囲気を、「ジョン・L・フライの嘘」の軽やかなピアノが一気に切り開いた。ライブはそこからポップな方向へ舵を切っていく。続く「Zipangu」のドリーミーなサウンドが多幸感をぐっと一気に引き上げ、身体をしならせながら全身で歌い上げた「きみはディスティニーズガール」は、実にソウルフル。アウトロのフェイクは、佐藤タイジの躍動的なギターソロとも相まって、天井知らずの高揚感を生み出していた。

 ミュージカルを繰り広げたり、弾き語り形式で行なったりと、作品にあわせライブの形態も切り替えていた清 竜人。もちろんどのライブも楽しんでいたのだが、この日はもう、目に見えて楽しんでいるのが伝わってきた。楽しそうに身体を揺らしているオーディエンスを笑顔で何度も指差したり、ちょっと弾き損じてしまったメンバーと笑い合ったり、微笑ましい光景を何度も目にした。「ぼくらはつながってるんだな」では、ラストでマイクをフロアに向けると、オーディエンスがシンガロング。とにかくハッピーな空気が、会場中に満ち満ちていた。

 後半戦はアルバム『WORK』を中心に披露。「Katie」では、足をバタバタさせながら狂おしいまでの愛を歌い、オーディエンスの手拍子が躍動感を増幅させた「Championship」や、変拍子が心地よい「UNDER」の2曲ではギターを手に取り、バンドメンバー達とアンサンブルを構築していく。ラストは「All My Life」。力強く美しいラブソングは、この日一番強い輝きを放っていた。ギター、ベース、キーボード、ドラムと、ひとりずつ演奏を終える形でステージを離れていき、最後に残ったのは歌声のみ。ひとり情熱的に歌い終えると、足早にステージから去って行った。

 拍手に応えて再び登場すると、アンコールとしてパンクチューン「I Don’t Understand」を叩きつけ、全楽曲が終了。最後に「ありがとう」と一言だけオーディエンスに感謝を伝え、この日のライブは終了した。時間にして約90分。MCは一切なし。その分、濃密で高純度なポップスをもって、シンガーとして、それを作り出した音楽家として、ただひたすらにオーディエンスを魅了し続けた。

 現在の清 竜人は、ヴィジュアルを含め、リリースごとにガラリと作風を変えるそのスタイルから、トリックスター的な視線が注がれているのは事実だ。実際、そういった周りを煙に巻く感じは僕も大好きだし、次に何をしでかすか分からないワクワク感がたまらなかったりする。だがしかし、そんなギミックはあくまでも飾り。清 竜人の生み出した音楽=「WORK」に、改めて打ちのめされた夜だった。

【取材・文:山口哲生】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル 清 竜人

関連記事

リリース情報

WORK

WORK

2013年10月23日

EMI Records Japan

1. Zipangu
2. Katie
3. All My Life
4. LOVE & PEACE
5. UNDER
6. The Movement
7. Microphone is…
8. Championship
9. Disclosure
10. I Don’t Understand

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

“WORK” TOUR
2013.12.6@SHIBUYA-AX

  1. Microphone is…
  2. イザナギの後遺症
  3. あくま
  4. 悲システム
  5. ジョン・L・フライの嘘
  6. Zipangu
  7. LOVE&PEACE
  8. きみはディスティニーズガール
  9. ぼくらはつながってるんだな
  10. ジョイフル
  11. パパ&ママ愛してるよ!
  12. Katie
  13. The Movement
  14. Championship
  15. UNDER
  16. All My Life
Encore
  1. I Don’t Understand

トップに戻る