前へ

次へ

SPYAIR、“MILLION”ツアーの最終日、渋谷公会堂をレポート!

SPYAIR | 2014.01.16

 “ロックの殿堂”渋谷公会堂にサイレンが鳴り響く。緊急事態を告げる赤いライトが回転する。それ以上に目を引くのが、舞台狭しと作られたステージセットだ。シルバーの金属製の楕円形トラスを中心に、二重の楕円が取り巻く。そう、アルバム『MILLION』のジャケットにあった野外セットの“ミニ版”だ。ツアー前にメンバーは、椅子付きホールをフルに活かした使い方をすると言っていたが、まず目に飛び込んできた“ホール戦略”第一弾がこれだった。中心の楕円はスクリーンになっていて、SPYAIRのシンボルマークが炎に包まれている。さあ、SPYAIR初のホールツアー、ファイナルの始まりだ。

 ライブのオープニングは単刀直入、いつも最新アルバムの1曲目と決まっている。ドラムのKENTAにスポットライトが当たり、「OVERLOAD」がスタート。ボーカルのIKE、ギターのUZ、ベースのMOMIKENは真っ黒なパーカーのフードを目深にかぶり、不気味なムードを漂わす。やる気満々のオーディエンスは右手を上げて♪Oh Oh Oh♪と歌い出す。楕円トラスに付いているライトがぐるぐる回って、会場をアオる。カッコいい。しかし、言わせてもらえば、このセットや演出は90年代のバンドがよくやっていたもの。しかし、このところほとんど使われていなかった手法なので、僕の目にもとても新鮮に映った。同時に、SPYAIRによく似合うと思った。もちろん今、SPYAIRを支持している人たちは、そんな昔の演出を知っているわけもなく、ただ一点、初めて観る「ライトに浮かび上がる楕円トラス」に映えるSPYAIRに、「カッコいい」のひと言を叫ぶだけ。それで、いいのだ!

 「OVERLOAD」のエンディングで、3人はフードを脱ぐ。IKEが「ようこそ、SPYAIRのライブへ」とシャウトする。続いては「現状ディストラクション」だ。ダークなイメージの「OVERLOAD」が、SPYAIRのロック感を充分にまき散らした後だけに、そのままハードな世界に突入すると思っていた。それを見事に裏切って、ポップな「現状ディストラクション」を持ってきたことで、視界が急に開けたように感じた。ホールならではの、潔いアプローチだ。してみると、これがSPYAIRホール戦略第二弾だな。
 もっと言えば、この日のライブが大成功を収めたのは、よく考えられた“セット リスト”に負うところが大きい。前半はポップなSPYAIR、中盤では聴かせるSPYAIR、そして終盤は生身でロックするSPYAIRという構成になっていて、とてもわかりやすい。それは舞台も客席も広いホールのライブでは、必要不可欠の要素だ。ライブハウスなら、メンバーの表情も含めて音楽を補うファクターがあるから、少々、アーティスト側が勝手なことをやってもオーディエンスは理解できる。が、広いホールではできるだけメッセージが伝わりやすい工夫をしなければ感情を共有できない。その代り、共有できたときの感動は広くて大きくなる。
 「OVERLOAD」から「Naked」までの怒涛の6曲は、完璧と言ってよかった。特にKENTAのドラムの成長が、広いホールだからしっかり確認できた。満員のオーディエンスのノリを損なうことなく、ぐいぐい引っ張っていく。それを受けて、IKEが活き活きとアピールする。今のロックシーンに“ホールが似合うボーカリスト”は数えるほどしかいないが、IKEは間違いなくその一人だ。「Are You Champion? Yeah!! I’m Champion!!」ではレコーディングと同じく4人のチアガールがステージに登場して華を添える。が、あくまで主人公はSPYAIRだ。

 中盤のハイライトは、アコースティック・セットの「My Friend」だった。UZは ギターのままだが、IKEがギターを持ち、MOMIKENがタンバリンを叩き、なんとKENTAがベースを弾く。そのKENTAが「おのおの、楽器を変えてやってみようってことで。でも、なんでUZはギターなの?」と聞くと、UZが「俺まで違う楽器をやると、皆さんに聴かせられないから(笑)。でも楽しそうだから、いつか他の楽器をやってみたいな。ツアーでずっとやってきて、みんなが中学生みたいな表情になる。最初の頃に比べたら、演奏がすごく伸びた」。4人全員が歌い、演奏する。「My Friend」に込められた気持ちをそのまま表わす、ナイスな企画だった。

 終盤は前半とは対照的に、ミクスチャー・ロックのニュアンスが濃く、ロックバンドとしての正念場のセットリストだ。「Supersonic」ではUZが見事にラップを決める。だがコンピュータのサポートが無くなると、演奏が粗くなるシーンがあった。それでもギリギリ乗り切って進むSPYAIRの強い味方は、オーディエンスだ。4人の背中を押すように、会場は大騒ぎだ。もうひとつ、SPYAIRの強味は、曲のよさだ。丁寧なアルバム作りが、こうした大事な場面で威力を発揮する。

 「サムライハート(Some Like It Hot!!)」が終わった後、UZが口を開いた。
 「このツアーが始まる前に、大事なアルバムのツアーがホールでいいのかという違和感があった。でもライブをやる度に、ホールの素晴らしさをみんなに教えてもらった。やってよかったと思ってます。心が折れそうな時、今、俺たちが見てる景色を思い描いて乗り越えてきました」。
 ツアーを締めくくるにふさわしい言葉に、会場から大きな拍手が起こる。ここからのSPYAIRが凄かった。「雨上がりに咲く花」のIKEは、この日いちばんの声で歌った。イントロをオーディエンスが歌った「虹」は、4人の気持ちが揃って、言葉がよく伝わってきた。ホールのSPYAIRで特筆されるべきは、彼らが“歌を伝えるバンド”だと言うこと。それが第四弾だった。
 アンコールの新曲「JUST ONE LIFE」は、SPYAIRのそんな魅力をよく伝えていた。そして「SINGING」は、4人とオーディエンス全員の歌として最後を飾ったのだった。1年前の武道館ライブを、遥かに超える内容のライブだった。この成果は、この春に敢行されるZeppツアーに現われることだろう。

【取材・文:平山雄一】
【撮影:石井亜希】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル SPYAIR

関連記事

リリース情報

JUST ONE LIFE(初回限定盤)[CD+DVD]

JUST ONE LIFE(初回限定盤)[CD+DVD]

2013年11月13日

SMAR

1.JUST ONE LIFE
2.Radio
3.JUST ONE LIFE(inst.)  
4.Radio(inst.)

このアルバムを購入

リリース情報

MILLION(初回限定盤A) [CD+DVD]

MILLION(初回限定盤A) [CD+DVD]

2013年08月07日

SMAR

ディスク:1
1.OVERLOAD
2.Turning Point
3.現状ディストラクション
4.サクラミツツキ
5.Winding Road
6.Are You Champion? Yeah!! I’m Champion !!
7.STAND UP
8.Supersonic
9.雨上がりに咲く花
10.虹
11.16 And Life

ディスク:2
1.WENDY 〜It’s You〜(MUSIC VIDEO)
2.サクラミツツキ(MUSIC VIDEO)
3.虹(MUSIC VIDEO)
4.現状ディストラクション(MUSIC VIDEO)
5.OVERLOAD(LIVE)
6.ジャパニケーション(LIVE)
7.0 GAME(LIVE)
8.サクラミツツキ(LIVE)

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

SPYAIR TOUR 2013 “MILLION”
2013.12.27@渋谷公会堂

  1. OVERLOAD
  2. 現状ディストラクション
  3. Last Moment
  4. WENDY 〜It’s You〜
  5. Are You Champion? Yeah!! I’m Champion !!
  6. Naked
  7. サクラミツツキ
  8. Winding Road
  9. LINK IT ALL
  10. 16 And Life
  11. My Friend(acoustic)
  12. 0 GAME
  13. Supersonic
  14. STAND UP
  15. Turning Point
  16. 感情ディスコード
  17. ジャパニケーション
  18. サムライハート(Some Like It Hot!!)
  19. 雨上がりに咲く花
Encore
  1. JUST ONE LIFE
  2. SINGING

お知らせ

■ライブ情報

SPYAIR TOUR 2014
2014/05/03(土・祝)東京都 Zepp DiverCity TOKYO
2014/05/06(火・祝)愛知県 Zepp Nagoya
2014/05/07(水)愛知県 Zepp Nagoya
2014/05/10(土)北海道 Zepp Sapporo
2014/05/12(月)宮城県 Rensa
2014/05/17(土)福岡県 Zepp Fukuoka
2014/05/18(日)大阪府 Zepp Namba
2014/05/20(火)広島県 広島CLUB QUATTRO
2014/05/25(日)東京都 Zepp Tokyo

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る