SPYAIRのニューシングルは力強さと切なさを兼ね備えた疾走系サマーロック!!

SPYAIR | 2011.06.06

 生粋のストリート生まれのロックバンド、SPYAIR。昨年、「LIAR」でメジャー・デビューを果たし、今年3月にインディーズ時代のキラーチューン「ジャパニケーション」を新録してリリース。バンドのエッジとポテンシャルを見せつけた。
 そして期待の中、発表するのはダンサブルでポップな「サムライハート(Some Like It Hot!!)」。作曲はUZ(g/Pro)、作詞はMOMIKEN(b)が担当。パワーがあるのに、聴いてて切なさが伝わってくる不思議な魅力を持つナンバーだ。アニメ『銀魂』のエンディング・テーマにピックアップされると同時に、おそらくバンドにとって今後大切な曲になりそうだ。IKE(vo)、MOMIKEN、UZ、KENTA(dr)、ENZEL☆(DJ)の5人に話をきいてみた。


EMTG:聴いて、まず、かっこいい曲だと思った。
UZ:今回、音は遊び心っていうか、隙間がある方がいろんな音が聴こえてかっこいいかなと思って。たとえば韓流って1から10までかっこいいけど、それよりも黒人がただハンドクラップするだけでかっこいいでしょっていう、そんな感じを出したかったんです。
EMTG:どんな風にできた曲なの?
UZ:去年の夏にアルバム用に作っておいた曲です。
MOMIKEN:歌詞もワンコーラス分はあって。
UZ:で、アニメのタイアップの話をもらって、この曲を仕上げることになって。
MOMIKEN:最後の最後に、「タイトル的な言葉をドカンと入れてほしい」って言われて。
EMTG:乱暴な注文だなあ(笑)。
MOMIKEN:(笑)で、みんなで考えたんです。でもなかなか正解が見えなくて。
KENTA:ある日、ライブの帰りの車の中で♪サブレでポン!♪って言葉が出てきて、「それ、ハマリいいね」って。
MOMIKEN:俺もハマリいいなとは思って、あやうく決まりそうになったんだけど(笑)。
EMTG:あはは、ダメダメ。
IKE:そのとき、“サムライハート”と、それを“Some Like It Hot!!”に言い換えるっていうのが出てきた。
MOMIKEN:ダブル・ミーニング、二重の意味があるって、いいじゃないですか。
IKE:“Some Like It Hot!!”、オアツイのがお好きって、僕らのバンドにも合ってるし。
EMTG:なんだか“空耳アワー”みたいな話だな(笑)。
MOMIKEN:(笑)で、それに決まった。
UZ:その部分のメロディを足しました。で、やってみたら、みんな気に入って。乱暴な注文だったけど、むしろ「ありがとうございます」っていう感じですね。
EMTG:結果、よかったね。パワーのある曲なのに、聴いてて切ない感じがする。特に♪ムカつくんだ そんな自分も 無関心な世界も♪ってフレーズが気になった。これって、もしかしたら、ストリートでやってた頃の実感?
MOMIKEN:そうです。俺らがバンドを始めたての、名古屋の栄公園でライブやってたときに感じたことです。
IKE:お客さんの誰の足も、止めることができなかった。素通りされることが、本当に悔しかった。でも、ここで止めたらこの先の歴史は作られないし。
KENTA:ドラム叩きながら、フロント陣の悔しさは分かってた。後ろから見ていると、お客さんの目線がこっちを向いていないのが分かる。だから「サムライハート」は、お客さんを止められない時代の自分らのことを、愛しながら生きていくっていう歌でもあります。
EMTG:♪Hey!!Hey!! 応えて 誰かいませんか♪も、そういうことか。
ENZEL☆:そうです。だから、♪Hey!!Hey!!♪のところはみんなに歌って欲しい。俺はそういうパフォーマンスをします。
EMTG:それって、いいね。もうひとつ思ったのは、リズムにパワーがあるってこと。
UZ:音楽の作り方が変わってきましたね。エディットしてもいいけど、生のグルーブを出したいと思うようになった。
IKE:コンピュータの打ち込みの方がいろいろ乗せやすいけど、今までの僕らになかったグルーブが出せたと思います。歌の息遣いも出せたと思う。
EMTG:そういう音作りのせいか、ギター・ソロもいいね。
UZ:hideさんの「ROCKET DIVE」のソロを目指したんですけど。ああいうのが、ギタリストらしくて好きです。
EMTG:カップリングの「LINK IT ALL」も、いいバラードだなあ。
IKE:元々、壮大なバラードが好きなんですよ。
EMTG:ただ、こういうストレートなバラードは、相当演奏力がないと、かっこよく決まらない。
UZ:そうなんですよ。ひとつの賭けでしたね。だって、そのままやったら、高校生の初オリジナルみたいになっちゃう(笑)。俺ら、ようやくこういうのができるようになってきたんだと思います。
EMTG:そして歌詞は震災のことを歌ってるように聴こえた。
MOMIKEN:そうです。でも、それを歌うのは、正直、怖かったです。みんなの価値観が日々変わる時期に、歌えるんだろうかって。頑張れって歌うのは、無理だと思った。ただ、東京にいて被災した自分たちが何を残すかって考えて。
IKE:ライブすることしかできない自分たちが、ライブをできなくなった。みじめだったです。
KENTA:きっと、しばらく後で音楽が必要とされる時期が来るとは思ってたんですけど。
UZ:人として、動きたかった。SPYAIRとして何かできないかって考えたとき、曲を作ろうと思った。このシングルに入れるかどうかは分からなかったけど、間に合ってよかったです。
IKE:そして延期したライブ(渋谷クラブクアトロ・ワンマン)をやる6月8日にリリースすることになった。その日のライブは凄いことやろうと思い描いているので、楽しみにしてきてください。
EMTG:楽しみにしてます!

【取材・文 平山雄一】

tag一覧 SPYAIR

リリース情報

サムライハート(Some Like It Hot!!)【初回限定盤】

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

サムライハート(Some Like It Hot!!)【初回限定盤】

発売日: 2011年06月08日

価格: ¥ 1,429(本体)+税

レーベル: SMAR

収録曲

【初回生産限定盤】CD+DVD(MUSIC VIDEO)

[DISC:1]
1. サムライハート(Some Like It Hot!!)
(TV東京系アニメーション「銀魂」エンディングテーマ)
2. Crazy
3. LINK IT ALL

[DISC:2]
サムライハート(Some Like It Hot!!) ミュージックビデオ

リリース情報

サムライハート(Some Like It Hot!!)【初回仕様限定盤】

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

サムライハート(Some Like It Hot!!)【初回仕様限定盤】

発売日: 2011年06月08日

価格: ¥ 1,143(本体)+税

レーベル: SMAR

収録曲

【初回仕様限定盤】アニメ絵柄描き下ろし三方背BOX仕様

[DISC:1]
1. サムライハート(Some Like It Hot!!)
(TV東京系アニメーション「銀魂」エンディングテーマ)
2. Crazy
3. LINK IT ALL

[DISC:2]
サムライハート(Some Like It Hot!!) ミュージックビデオ

関連記事

INFORMATION

■ライブ情報

♪SPYAIR LIVE in 日比谷野外大音楽堂
◆2011年10月30日(日)
【東京】日比谷野外大音楽堂
[問]DISK GARAGE
03-5436-9600

※詳しくはホームページをご覧ください。


■ライブ情報

◆ZIP-FM「AIR’s ROCK」
毎週木曜23:30

◆MUSIC ON! TV「5リオシ!」
毎月第4土曜22:00

◆NET RADIO「UZとKENTAのどらいい感じ」
OFFICIAL HPにて毎週金曜更新

トップに戻る