サウンド面でも更に洗練された新曲を発表した、ゆずをロングインタビュー!!

ゆず | 2012.05.15

EMTG:「with you」は日本生命のCMソングにもなっていますが、どんなところから曲作りが始まったのですか?
北川:これはCMの話がなかったら出来ていない曲ですね。前の日本生命のCMソングになっていた「虹」を震災直後のCMでも使っていただいていたんですが、同じ制作チームから「新たなCMを作るにあたって、またゆずさんにお願いしたい」という熱のこもったプレゼンがあって、そこからスタートしました。“みらいへの挑戦”というテーマをいただいて、楽曲制作のために取材をし、なおかつそのドキュメント映像も使用するとのことで、初めてのことがたくさんあり、刺激をもらいながらトライしました。
EMTG:こうした形のコラボレーション、岩沢さんはいかがでしたか?
岩沢:ベスト盤とほぼ同時期に新曲を作るというスタンスがいいなと思ってました。前のベスト盤の『Home』と『Going』を出した時に、「GOING HOME」という曲を作った時の心境に近いかもしれない。ベストだけではなく、次の新たな曲も作ろうじゃないかって。その意味では、いいタイミングでお話をいただいたなと思いました。ただしCMありきの着手の仕方だったので、北川さんが苦心している様子も伝わってきましたけど。
EMTG:初めての作り方となると、産みの苦しみもありそうですよね。
北川:“with you”というテーマ自体はCMの話をいただく前から温めていたんですよ。15周年のベストアルバム『YUZU YOU』を出すことになった時から、そのベスト盤を1曲で表す曲を作りたいということはずっと頭にあったんですよ。CMのお話しをいただいて、最初はもっと日本生命のCMの企画内容に寄る形で曲を書いてたんですが、なかなかはかどらず、もともと持っていた“with you”というテーマに戻してみようということで、作っていったという感じですね。幸いなことに、日本生命からいただいたテーマと僕らが15周年で伝えようとしてた“with you”というテーマとで重なる部分がかなりあったので、タイアップ曲ではあるけれど、無理なくいつも通りのゆずの曲の作り方に、プラスαがあるという感覚で作ることが出来ました。
EMTG:体操の内村航平選手、アーティストの高橋理子さん、西洋野菜農家の浅野悦男さん、ニッセイの方々と、取材してみて、いかがでしたか?
岩沢:常に追求しているという姿勢は職業が違っても一緒だなと思いました。“だってそうしないとおもしろくないじゃん”ってやり続けている人達の姿を見ると、刺激になりますよね。フィールドは違えど、僕らもそういうところを目指してやっているし、今回のシングルもその刺激をエキスして、出来上がった作品なのかなと思います。
EMTG:取材した方々の人選は?
北川:日本生命から提案していただいた方々ですね。ただ、内村選手に関しては「翔」という曲が体操のテーマ曲だったこともあって、実際に生で体操も見させてもらっていて、思い入れも強かったので、「僕らも会いたいです」ということはお伝えしてました。内村選手もゆずの曲を聴いてくれているとの言ってくれて嬉しかったです。
EMTG:取材での相手の言葉が歌詞に反映した部分はありますか?
北川:具体的に言葉自体は使っていないんですよ。取材をする時って、いつもだいたいそうなんですけど、言葉よりもその人の熱を感じることが重要なので。
EMTG:サビの“きっといつか夢を掴むその日まで”というところも、人間の熱が伝わってくるフレーズですね。
北川:サビのモチーフは仕事で神戸に行って、ひとりだけ残るということになり、そのホテルで断片を作った思い出がありますね。夢という言葉を使うのは善し悪しがあるので、迷うことが多いんですよ。僕自身も夢を描けない学生時代があったので、そういう人が聴いた時に責められているような気持ちにしたくなかった。なので、この言葉を使うのは勇気が必要でした。取材とは別に、色んな方が挑戦してるテーマをネット上で募集して、その文章を見ながら作業をしたんですが、主婦の方や学生の方が大きなコトではなくても明日に向かって挑戦している姿が見えてくるような気がして、自然に“夢”という言葉に託せたというか、背中を押してもらいました。“夢”という言葉をいろんなことに置き換えてもらえる作品にすべく作っていました。
EMTG:サビの最後の“with you”というコーラスも新鮮でした。
北川:今回、自分的にキモだと思ってるのはあの“with you”のラインなんですよ。ちょっと機械っぽい感じ、ボーカロイドっぽい感じをイメージしつつ、自分が普通に歌っていたら、絶対にやらないラインなんだけど、もし自分がボーカロイドでいじくったら、こんな感じになるかなって想像しながら作りました。ボーカロイドゆずバージョン、初音ミクならぬ、初音ゆずみたいな(笑)。あれは人に近づけて機械がやっているけれど、機械に近づけて人がやったらどうなるのかっていう逆の発想。みんながデジタルでやってることをアナログで丁寧にやったらおもしろいんじゃないかなって。人間的なものと機械的なものが行ったり来たりすることで、人間味がないようであるような感じをうまく表現出来たかなと思ってます。
EMTG: 岩沢さんは曲が出来るまでは見守っていたんですか?
岩沢:北川さんが水面下で作っていた曲をある日突然、“これが「with you」です”って出されたという感じでしたね。「with you」という存在があるらしいっていうところから実際に仮歌録りに行くまでに時間がかかって、曲もどんどん変化していったので、歌いこんで録るというよりは、聴き込んで歌入れをした曲ですね。僕はひたすら「with you」の完成を待っていました。
北川:Aメロもかなり悩んだところで。サビはしっかりしてたので、そのサビと同じぐらいの価値を持つAメロを作りたかった。僕が出演させてもらったテレビドラマ『イノセント・ラヴ』でお兄ちゃんを演じていた福士誠治君の芝居を見に行ったんですよ。芝居の内容は関係ないんですけど、自分が煮詰まってた時に違うフィールドで頑張っている彼を見て、自分も頑張らなきゃって、帰りのタクシーで奮起した瞬間にAメロが言葉と共に浮かんできました。
EMTG:Dメロも時空を超えるような独特の広がりがありますね。
北川:「趣味はDメロ作り」って書きたいぐらい、Dメロを作るの好きなんですけど(笑)、新しい感じでってみました。イメージとしてはサカナクション。ユズクションみたいな。(笑)
EMTG:サウンドを作る上でポイントにしたことは?
北川:いつもは弾き語りにどんどん足していく感じなんですけど、この曲は全部が同時進行でした。歌の存在感はイメージ出来ていたので、サウンドは攻めたいな、聴いたことのないものにしたいなって思ってました。「虹」の流れをいい意味で組みながら、蔦谷好位置君と一緒に作ったんですが、ゆず、クラシック、さらには蔦谷君の持っているダンス・ミュージックやクラブ・ミュージックの要素の融合のおもしろさを極めたいなって。
EMTG:確かにイントロなどからもクラシックの雰囲気が漂っています。
北川:イントロのチェロなどはバッハをヒントにしたところはありますね。チェロの前に入ってくる音もエレキを重ねて作っているんですが、クラシック的な音をあえてループで入れたり、4つ打ちのリズムにアナログなものを入れたり、アナログとデジタルの融合は最初から意識していました。
EMTG:そうしたサウンドに乗ることによって、歌詞もこれまでとは違う部分もあるのではないですか?
北川:仮歌を適当な英語で歌っていて、フィーリングを大事に作ったので、いままでのゆずの曲よりも歌の余白がありますね。テンポのわりにたっぷり歌ってるところが多い。普段はもうちょっと言葉を詰め込むんですけど、あえて詰め込まないで、英語っぽい譜割にしているので、歌詞のはめ方も難しかった。言葉数も多くないし、メロディーも削って削って必要なものしかない構成になっているので、その分歌に対するプライオリティが高くなっていて、言い訳出来ない感じになってます(笑)。
EMTG:ハーモニーも新鮮に響いてきました。
岩沢:信じられないぐらい高いんですよ(笑)。本チャンでこの高さ、出るのかな、大丈夫かなっていう不安はあったんですが、なんとか絞りだしました(笑)。キー的に高いところと低いところがたくさん出てくる曲で、高低差が相当あるので、ひとりだと歌いきるのは難しい曲だと思います。ゆずは2人組なんですが、2人必要だなっていう曲ですね。
EMTG:コーラスの寄り添い方も温かみがあって、いいですね。
北川:そこは気をつけました。高いんだけど、優しくなるにはどうしたらいいかなって、考えながらやりました。
岩沢:デモの段階では二声、三声でやっていたんですけど、蔦谷君からの提案もあって、もう一声加えてみたり、普通だったら入れなくてもいいところに入れたり、おもしろい挑戦もたくさんやったんですが、さすがだな、蔦谷好位置と思いました(笑)。
EMTG:“未来への挑戦”というキーワードとサウンドのアプローチも連動していますね。
北川:今まで通りのことをやろうと思えば、経験値もあるので出来るんですが、新しいことに挑戦すると、あってるのか間違ってるのかわからないから、怖くなる瞬間もあるんですよ。でもきっと色んな分野で挑戦している人たちも、恐怖や不安を乗り越えているんだろうし、自分たちが音楽でそういうことをメッセージしようとする以上、自分たちも限界を越えるべく挑戦しなきゃ説得力がないよなって。
EMTG:“信じてくれた君の為”というフレーズも印象的でした。
北川:新たな挑戦は大変だけど、それを支えてくれるのは聴いてくれる人たちですから。歌詞の通りですね。最終的に聴いてくれる人にちゃんと届けたいという一心しかない。
EMTG:この曲はたくさんの人が関わっている分だけ、期待も大きかったと思うのですが、その分だけ、不安やプレッシャーをはねのけるパワーも感じました。
北川:そこはちょっと歌詞に出ちゃいましたね(笑)。何もないところから挑戦するのも挑戦だと思うんですけど、今あるところから飛び立とうとする時の怖さというのもあって。今回は最初から背負ってるものが大きかったので、こういう作り方はたまにやるくらいがいいのかなって思いました(笑)。でも楽しみにしてくれる人がいることがうれしいという気持ちもあって。怖さとうれしさが半分半分でした(笑)。
EMTG:2曲目の「イエス」も深みのある素晴らしい曲ですね。未来へとまなざしが存在するという意味では「with you」との共通点もありそうですが、曲調はまったく違う。この組み合わせも実にいい感じです。「イエス」はどんなきっかけから生まれたのですか?
岩沢:「with you」のカップリングとして、どんな曲がいいのかなっていうことから作り始めてました。「with you」のデモ段階のものを聴いた時に、突き抜けたポップな曲になるんだろうなというイメージがあったので、最初はもうちょっとマニアックなマイナー寄りのものを作っていたんですが、「with you」が完成形に近づいていくにつれて、ただ突き抜けただけのポップソングではなくなってきて、いい意味で憂いを背負っていって、味が出てきので、違う曲がいいなと思って、書き直しました。「with you」という曲が持ち始めた憂いみたいなものを若干ヒントにしつつ、「with you」と一緒に1枚の作品としてまとまった時にいいだろうというイメージを追求して作っていきました。
EMTG:一見、シンプルなんだけど、深い味わいのある世界が魅力的です。
岩沢:変わったことをやってるだろうっていうことを出したくなかったんですよ。そこは気つけました。も実はすごいことやってる、みたいな。料理でいうところの下処理はしっかりやりました。最初からシンプルにしようと思っていたわけではないんですが、やっていくうちにシンプルなアレンジが似合うんだろうなって思って、気持ちいい聞き心地を追求しました。アコギだけで録ったテイクの段階で情感があったので、素材を活かしつつ、足りないものをちょっとだけ足していくだけで十分味が出たのかなって。
EMTG:歌詞も自然にすっと染みこんできます。
岩沢:詞に関しては未来への希望みたいなことを言いたかったんですけど、言葉を選びたくなかったというか、出てくるものを素直に書ければいいなと思っていました。
EMTG:北川さんは最初に「イエス」を聴いた時、どんな印象を持ちましたか?
北川:シングルって、1枚通してひとつの作品として完成すると思っているんですが、「with you」の作業に集中している時に、 岩沢君からあがってきたものを聴いて、これはいいシングルになるなって思いました。最初に聴いた時から完成されていたし、歌詞で描かれていることもいろんな人に置き換えて解釈できるし、歌としてもすごくいいなと。
EMTG:確かに様々な解釈が可能な普遍的な歌でもありますよね。
岩沢:丘が出てきたり、風が出てきたりするんですけど、それぞれに想像するシーンって、きっと違うと思うんですよ。聴き手側の想像力に委ねて、それぞれが頭の中で場面転換してくれたらいいなってことは考えていました。
EMTG:タイトルにもなっている“イエス”はとてもシンプルな言葉ですけど、思いの詰まったフレーズとして響いてきました。この言葉はすぐに出てきたのですか?
岩沢:そうですね。去年の災害のことは頭の中から離れないこととして残っているんですが、そうした中でも、永久になくならない言葉って必ずあるなって思っていて、そのひとつがこの時は“イエス”だったという。
EMTG:柔らかかつ繊細な歌声が染みてきました。どんな意識で歌ったのですか?
岩沢:オケが薄くてシンプルな分だけ、息の量をできるだけ抑えることは心がけましたね。演奏と呼応した歌にしたかったんですよ。エンジニアさんにもギターを弾きながら歌っているようにしてほしいって、オーダーしました。
EMTG:寄り添うようなハーモニーもいい感じです。
北川:それぞれの作業が同時に進行していたので、セパレートだった部分も多くて、スタジオに行ったら、僕の歌う場所がすでに用意されていたんですよ。ただし 岩沢君の持っている世界観は大事だけど、そこだけで終わっちゃいけないというか、自分の声が重なることでゆずになっていく過程も大事にしようと心がけました。
EMTG:3曲目には「虹」のシンフォニックオーケストラver.が入っています。これは『YUZU YOU』収録の「栄光の架橋」(シンフォニックオーケストラver.)と同じ時期に北京で録ったんですか?
北川:そうですね。同じ流れで録りました。
EMTG:「虹」はオリジナルバージョンのアレンジも見事だったので、また違う形で入れるのはかなりハードルの高い作業だったのではないですか?
北川:確かにハードルは高かったですね。もとの「虹」の完成度が高かったので、新たに作るのはちょっと怖かったんですけど、今回日本生命のCMを再びやるにあたって、「虹」を使いたいという話があって、自分たちとしても新しいものにトライしたかったので、この形になりました。場面がいくつもある歌なので、きっとオーケストラが合うだろうなということは思っていました。実を言うと、「栄光の架橋」よりも「虹」のほうが先にあったんですよ。ベスト盤の話が出てきた時にせっかくだから「栄光の架橋」もトライしようってことになったという。
EMTG:「虹」のオーケストラアレンジはどんなことをリクエストしたんですか?
北川:今回アレンジをしてくれた方とデータでやりとりをしながらという作り方だったんですが、その方が「虹」という曲が好きで、すでに「虹」のテーマが頭の中にあるとのことだったので、ある程度お任せしつつ。とてもいいものが出来たと思ってます。
EMTG:シンフォニックオーケストラver.は時間の進行までもが見えてくるような作品になっていますよね。雨が上がって、空に虹がかかっていく光景が浮かんできました。
北川:そうですね。特に冒頭の部分は、雨上がりに雲の切れ間から光がさして、虹が架かっていく光景が見えてくるようなものになりましたね。
EMTG:岩沢さんはシンフォニックオーケストラver.については?
岩沢:この曲はツアーでも何度かアレンジを変えて、いろんな形にしてきた曲で、可能性があるのはわかっていたので、とても楽しみにしてました。実際にデモ段階で聴いた時に、テンポがちょっと遅くなって、雰囲気がさらにオーケストラ寄りになったので、さらに期待が大きくなっていくという。ただ、キーの高い曲でもあるので、そういう曲のテンポを落とすと、息が持つのかな、これは大変だぞって、本チャン録りはちょっとビビリましたけど(笑)。
EMTG:中国国立交響楽団の演奏はどうでしたか?
岩沢:仮歌を録って日本から持っていったんですよ。で、北京で本物のオーケストラの音を録って差し替えた時に、そのままでも悪くはなかったんですけど、やはり歌い直さなければと思うぐらい、人間の出した音のうねりのすごさを実感しました。特に音が立ち上がる瞬間とか、鍵盤だったら、押せば音が鳴るんですけど、弦の場合は弓を引いた後に音が来るみたいな生き物みたいな感じがした。なので、そのうねりを感じながら歌い直したんですが、多分、そのテイクはもう1度やってくれと言っても出来ないですね。
EMTG:北川さんは歌に関しては?
北川:「栄光の架橋」の時もそうだったんですが、かなり歌い込んで自分の中に入っている曲なので、仮歌の段階からすんなりと出来ました。曲を作った当初はすごく難しいなと感じていたんですが、歌い込むうちに結構歌えるようになっていて、知らず知らず少しは成長していたのかなって。
EMTG:シングルのジャケットも斬新なデザインですね。
北川:『YUZU YOU』のアルバムジャケットでリニューアルしたゆずマンを一緒に描いてくれたファンタジスタ歌麿呂君っていうアーチストの感性がすごく好きで、一緒にモノを作ったら楽しいなと思って、是非にとお願いしました。彼の作品の中に迷彩があったんですが、迷彩っていろんなアーティストがトライしているんですよ。「虹」という曲を作る時に、色んな「虹」という曲があるから、ゆずなりの歌を作ろうって思ったのに近くて、みんなが作っているからこそ、個性が出るところがある。彼の作る迷彩が気に入っていたんですが、じゃあさらにゆずオリジナルで歌麿呂君が作る迷彩って、どんなものになるんだろうって、曲を聴いた上で作ってもらいました。迷彩って、軍隊が使ったりするものだから、ピースじゃないイメージがあるんですが、逆にピースなものになって、不思議な感じのものになった。
EMTG:依頼する時にはリクエストしたことは?
北川:細かく指示はしてないんですけど、2~3回作り直してもらってますね。最初、トロピカルな感じだったんですけど、ゆずがトロピカル過ぎるのはどうかなって、進化していってこうなりました。
岩沢:こういうものって、作り手の感性がいかに発揮されるかが重要なので、もうお任せしますって。完成したものを見て、素晴らしいなと思いました。
北川:デジタルとアナログのミクスチャーの話とも共通するんですけど、アニメやコミックの吹き出しみたいなものがルーツになってるところもあって、様々な要素のミクスチャーの楽しさという点ではリンクしてますね。
EMTG:ジャケットからも挑戦、冒険の姿勢が見えてきますね。
北川:いつもそうありたいと思ってます。ちょっと怖いですけどね。
EMTG:ベストアルバム『YUZU YOU』、そしてシングル「with you」と、流れとしてもいい感じなのではないですか?
岩沢:当初はベストアルバムとニューシングルを一緒に出そうということで進行していたんですが、新曲はもっと良くなるはずだと信じて、発売日をちょっと後にして、さらに磨き上げる作業をやったんですが、それが結果的に良かったのかなと。ベストアルバムを出してすぐ、次のシングルを発表できるのは意義があることだと思います。
北川:最初のベストを出した時には「GOING HOME」という新曲を作って、アルバムの最後に入れさせてもらったんですが、それがひとつの区切りのマルをつけるというニュアンスだったとすると、今回は次のスタートを切れているという実感があるので、それがとてもうれしいです。これも“みらいへ”っていう感じだなって。

tag一覧 シングル インタビュー 男性ボーカル ゆず

関連記事

リリース情報

with you

with you

2012年05月23日

トイズファクトリー

1. with you
2. イエス 
3. 虹[Symphonic Orchestra Version]

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

トップに戻る