AI、ドラマ主題歌としてオンエア中の「VOICE」をリリース!

AI | 2013.02.15

 現在放送中のTBSテレビ系金曜ドラマ『夜行観覧車』。その主題歌として耳に残るのがAIのニューシングル「VOICE」(2月13日発売)。彼女らしい芯の通ったメッセージが込められた楽曲は、その力強いボーカルとともに聴く者に迫ってくる。ふと“愛”を考えたくなるこの時代、AIからの問いかけがこの「VOICE」には詰まっているのだ。なぜ人々はお互いに傷つけ合うのか。AIだからこその発想で練り上げた言葉を、緻密なトラックがもり立てる。今回は楽曲の生まれた背景や、世の中の抱える問題について、AI流にビシッと語ってもらった。

EMTG:ニューシングルの「VOICE」は、ドラマ『夜行観覧車』のお話がありきで制作が進んだとのことですが。
AI:そうですね。この話が決まった時、ドラマの制作スタッフさんと打ち合わせがありまして。そこではドロドロした感じのドラマではあるんだけど、最後には希望が感じられる曲にして欲しいっていうオーダーがあったんですね。で、そもそもなぜ私にこの話がきたのかっていうと、スタッフの方が私の「I Wanna Know」(=06年リリースの14thシングル)っていう曲がすごくドラマのイメージに合うと思って、声をかけてくれたみたいなんです。私もすごく好きな曲だったし、イメージが合うというのも何となくわかる気がしたし。ただ、やっぱり同じ曲は作れないので、そこは苦労しました。だけど、曲のイメージはすごくわいてきましたね。
EMTG:台本も前もって読まれていたんですよね?
AI:台本ももらって、最初のストーリーは読みました。“ああ?、こんな感じか!”って(笑)。
EMTG:非常に気になります(笑)。
AI:この前、初めて自分の曲がドラマの中で流れるのを見せてもらったんですけど、雰囲気が合ってるなと思いました。
EMTG:タイトルの「VOICE」はどういう思いでつけられたんですか?
AI:タイトルが全然決まらなくて。ホントにスタッフとみんなで考えたんですよ。いくつか候補を出しても出しても“う?ん”って感じで。私、“これいいね!”ってピンとこないとイヤなんですよ。で、最終的に“VOICE”っていう言葉は入ってないんだけど、人が言いたくても言えないことがあるっていう意味もあるし、ドラマのポスターとかで全員が指を口にあてているポーズもあるんで、「VOICE」だったらいいなと。それで最終的に決めました。
EMTG:歌詞の中には“愛”って言葉が多く入ってますよね。
AI:最初はタイトルに“愛”を入れようかなと思ったんですけど、AIで“愛”もな?って(苦笑)。
EMTG:ただ、歌詞の中で“例え言葉で通じなくても 話し合えばいいのに 心で”っていうフレーズがあるので、すごく“VOICE”は感じますよ。
AI:そうですね。ちょうど中国と日本のあいだでも摩擦があったじゃないですか。私は日本人だけど、どっちの国も好きだし、言葉は通じなくても、もっとお互いに話し合えればいいのに……って感じで、その言葉を入れ込みました。もちろん、日本と中国だけじゃなく、世界中で争っている人達も含めてね。ちょうど、歌詞を書いている時に、日本と中国の問題だけじゃなく、いじめの問題をニュースで見ていて。逆にみんなが力を合わせることができたらすごいのになって思うんですよ。何がいいとか何がダメってことじゃなく、もっと愛情があればいいのにってすごく思って。そうすればもっと変わっていくんじゃないかな。まぁ、そういうメッセージを入れながらも、ドラマの内容に近づけたくて。ドラマの中で表現されているみたいに、ホントはやりたくないのに、まわりに合わせたり……みたいな部分をね。
EMTG:近所づきあいや学校だけでなく、昨今はママ友間でも、合わせないと仲間はずれになるなんて話をきいたことがあります。
AI:あ、きいたことなる! 私がその場にいたら、普通に言っちゃいそう(笑)。“ちょっと何やってんの?”って(笑)。
EMTG:言って欲しいです(笑)。
AI:“何でイジメるの?”ってきいちゃいます! その人と合わないから、あまりかかわらないようにしようかなっていうのはあるかもしれない。でも、イジメようとかは絶対にないよね!
EMTG:もう……ドラマに出るしかないですね!
AI:いや?、ホントにそれしかないですね(笑)。隣の家のいじわるなオバチャンとか(笑)。
EMTG:正義の味方でお願いしたいです(笑)。
AI:立ち話をしているオバチャンでもいいですけどね(笑)。犬を散歩させてるとか、スーパーのレジ打ちとか。一瞬だけ映るみたいな。3秒でいいですから(笑)。セリフはない方がいいです。
EMTG:見たいですね(笑)。ところで、カップリングの「FOR YOU」は、ガラリと雰囲気の違うバラードに仕上がってますが。これ、ラブソングにも、ファンの人に向けた歌のようにも感じられるんですが、こういう気持ちは込められたんですか?
AI:そうですね。この曲はもともと、Fifty1 Fiftyっていうアメリカのプロデューサーチームと作った曲で、最初私がラブソングとして英語の歌詞をつけてたんですね。
EMTG:あ、やっぱり! 実はこの曲を聴いた時に、英詞バージョンが聴きたいと思ったんですよ。
AI:ホントですか! でも、英詞だと全然内容が違うんです。なぜかというと、この英語バージョンを聴いてCMソングに選んでくれたKUBOTA(産業機械メーカー)の方が“地球に優しかったり、環境を考えていきたい”っていうことを語ってたんですね。それで、“あ?、やっぱりでっかい愛を歌ったほうがいいな”って思って。それで、内容をちょっと考えました。もともとは“私はいつもあなたのそばにはいられない。私はひとりしかいないから”っていう歌詞だったんですけど、そこをでっかい愛にするために、遠く離れている人にも思いが届くようにっていう……大きい愛ですよね。それを歌詞にまとめました。
EMTG:ところで、気になるところがスペシャル盤と通常盤ダブル購入者特典で、“夜行観覧車が1周する間、AIに悩みを聞いてもらう券”が抽選で10名様にあたるかもしれない……という(笑)。これ、マジに当てたいですよね(笑)。
AI:これ、ヤバイでしょう! なんかメーカーのスタッフさんと話し合って、どうせやるんだったら面白いことをやろうって。もうファンの子達もね、そんじょそこらの特典じゃ喜ばないから(笑)。ふたりっきりですよ! 約10分くらいかな? まぁ、私自身、みんなの悩みをきくのが好きですし。
EMTG:当選した人は絶対にうれしいですよね。では最後に、2013年の目標はありますか?
AI:いろいろやらなきゃいけないこともあるんですけど、最終的にはアルバムを作りたいですね。また海外に行ったりするかもしれないですけど。今年もがんばりますよ! 死にものぐるいで! まずは観覧車でファンの人の悩みをきかないと……ですけどね(笑)。

【取材・文:海江敦士】

tag一覧 シングル インタビュー 女性ボーカル AI

関連記事

ビデオコメント

リリース情報

VOICE(スペシャル盤)

VOICE(スペシャル盤)

2013年02月13日

EMIミュージックジャパン

ディスク:1
1. VOICE
2. FOR YOU
3. My Desire -Dinner Show with Choir-
4. INDEPENDENT WOMAN -Dinner Show with Choir-
5. Wavin’ Flag -Version AI- (Coca-Cola Celebration Mix) -Dinner Show with Choir-
6. WHY WE SING -Dinner Show with Choir-
7. For my Sister -Dinner Show with Choir-
8. Story -Dinner Show with Choir-
9. ハピネス -Dinner Show with Choir-
ディスク:2
1. VOICE [Music Video]
2. ハピネス -スマイル・バージョン [Music Video]

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■マイ検索ワード

ゴッドタン マジ歌選手権 ロバート秋山
「ゴッドタン」のマジ歌選手権に出てるロバート秋山のキャラが面白くて、動画を見たかったので検索しました


■ライブ情報

「NAGOYA COLLECTION 2013 SPRING-SUMMER」
2013/02/24(日)愛知県体育館

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る