レビュー

EMTG MUSIC ”Coming Up Artist 2017” | 2017.01.20

EMTG MUSIC編集部が2017年大活躍を期待する精鋭10組を選出!


EMTG MUSIC編集部が大活躍を期待する精鋭10組を選出!

 2010年からスタートした「EMTG MUSIC」は"LIVE"という空間をアーティストとリスナーの距離が最も近づく場所と考え、リリース作品のインタビューはもちろん、速報だけにこだわらず、ライブの本質に迫ったレポートを掲載することを続けてきました。

 ここ数年の日本の音楽シーンは、大規模なフェスがニューカマーの登竜門になったこともあり、ライブを大切にしているアーティストが多く輩出されました。
 今のシーンを担うアーティストの中にも、精力的にライブを展開してきて、現在のスタンスを確立しているアーティストがたくさんいます。

 こうして、ライブシーンが新たな盛り上がりを見せる中、当サイトは、デビュー前、新人、ベテランなどの垣根を超え、リリース、ライブ取材を行ってきました。

 2017年、「EMTG MUSIC」はスタートから7年目に突入します。
 毎年、年の初めに、その年に当サイトが一層の活躍を期待するアーティストを選出させていただく「Coming Up Artist」企画も、本年で6回目となりました。

 毎年部門別にしていた枠を取っ払い、精鋭10組を選出させていただきました。2017年、新たな音楽シーンを盛り上げてくれるだろうという祈願も込め、EMTG MUSICでも応援していきたいと思います。

EMTG MUSIC 編集部一同

今年のComing Up Artistに選ばれたのはこの10組!


様々なジャンルが融合した唯一無二のサウンドで話題沸騰中

Nulbarich(ナルバリッチ)

シンガーソングライターのJQを中心に2016年に結成。基本は5人で活動を行っているが、演奏形態に応じてメンバーを入れ替えるという手法を取っているため固定はしていない。ソウル、ファンク、ジャズなどを基調に各プレイヤーのセンスをちりばめた楽曲はまさに唯一無二。各地のラジオ局で1stシングル「Hometown」がオンエアされるとたちまち話題を呼び、同曲はテレビ番組「TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY」の挿入歌としても話題に。

■今回の「Coming Up Artist2017」受賞の感想

この度はComing Up Artist2017に選んでいただき本当にありがとうございます。
Coming Up Artist2017の名にふさわしいアーティストになれるよう今年もさらに精進してきたいと思ってます。
今後ともよろしくお願い致します。


■EMTG MUSIC にてレビューやニュースなどで取り上げさせていただいたことに際しての感想

僕らは何かコンセプトを決めてやってるグループではなく出来る事とやりたい事を全力で表現してるつもりなのでニュースやレビュー
は対外的に自分等を見れる大切なソースです。そして僕らの音楽を広げていただいてるのでとても嬉しいです。もっとたくさん取り上げていただけるようにもっともっとアートに磨きをかけていきたいと思ってます。


■今後 EMTG MUSIC に期待すること

このままたくさんの素晴らしいアーティストさんをフックアップする存在でいてください!
Coming Up Artistでフェスとかはやらないですよね?笑


■直近のリリース、ライブの告知

[Release]
1st album『Guess Who?』Now On Sale!
[LIVE]
2/18「京音-KYOTO- 2017」出演 ※出演日未定
4/8 「SYNCHRONICITY’17」出演
4/29~4/30「ARABAKI ROCK FEST.17」出演 ※出演日未定
その他、詳細は公式HPをご覧下さい!


■2017 年の抱負

今年もLiveと作品両方ともしっかり経験と勉強を積んでしっかりスキルアップします。
そしてもっとたくさんの人にみてもらえるように頑張っていきたいです。





正統派ギターロックバンドの中でも突き抜けた存在感を放つ

Halo at 四畳半

前身バンドでの活動を経て、2012年に現メンバーでの活動をスタート。2015年に初全国流通盤『APOGEE』をリリース。
温かみのある歌声、どこか別の世界へ連れて行ってくれる、夢を見させてくれるような言葉の数々……正統派ギターロックバンドがいる中でも、彼らの楽曲は大きな存在感を放つ。
今年1月には渋谷WWW Xにて開催したリリースツアーのファイナルはソールドアウトし、大成功のうちに幕を閉じた。何年も何十年先も愛されること間違いなしの4人組だ。






聴くものすべてを笑顔にしてくれるサウンドが魅力

sumika

2013年に結成された4人組。アコースティックバンド編成“sumika&sumika[camp session]”の顔も持っている。片岡健太(Vo./Gt.)の体調不良による活動休止から見事復活をし、2016年はミニアルバム2作を発表。ユニクロのCMでは彼らの楽曲が使用され、同CM出演にはメンバー全員での出演を果たす。ZEPP DiverCity(TOKYO)での最終公演を含む東名阪+福岡+宮城での2月開催のツアーは全会場ソールドアウト。聴く者を笑顔にする軽快なメロディは、世代問わず多くの人を魅了するだろう。






ピアノの美しい旋律を軸に、様々な表情を見せる楽曲の幅広さは必聴

SHE’S

昨年6月にシングル「Morning Glow」でメジャーデビューを果たした大阪在住の4人組ピアノロックバンド。疾走感のあるサウンドに温かく包み込まれるようなピアノの音色と、エモーショナルな歌声が合わさった彼らの楽曲は驚くほど自然に体に溶け込み、唯一無二の世界観を紡ぎ出す。 昨年8月には「ROCK IN JAPAN FES」「RISING SUN ROCK FESTIVAL」「WILD BUNCH FEST」等、大型フェスにも初出演を果たし、多くのリスナーを虜に。今年1月25日には待望の1st フルアルバム『プルーストと花束』のリリースを控え、3月からは赤坂BLITZを含む全10公演のワンマンツアーを行う。様々な表情を見せる楽曲の幅広さと、心を鷲掴みにする歌声は必聴。






淀みなく放たれる言葉の数々と熱いライブパフォーマンスは圧巻

My Hair is Bad

2008年に地元・新潟で結成された3ピースロックバンド。胸を締め付けられるほどストレートで正直な“あなた”を想う言葉の数々、それを彩る優しくも骨太なサウンドが人気を呼び、昨年シングル「時代をあつめて」で衝撃のメジャーデビューを果たす。My Hair is Bad=“ライブバンド”と言っても過言ではないほど、年間通して驚異的な本数のライブを行っている彼ら。圧倒的な求心力を兼ね備えたそのライブパフォーマンスもマイヘアの大きな魅力のひとつである。昨年末から敢行中の全43公演に渡る全国ツアー東京公演は5月4日(木)日比谷野外大音楽堂、ツアーファイナルは6月18日に地元新潟にて開催予定。






中毒性バツグンの楽曲は多くのキッズたちを興奮させ躍らせる

ヤバイTシャツ屋さん

2012年に結成された大阪出身の3ピースロックバンド。バンド名もさることながら、中毒性のあるメロディと現代社会に渦巻く様々な感情や人々の日常をストレートに描いたユニークな歌詞が話題を呼び、通称“ヤバT”と親しまれ、昨年は「COMIN’ KOBE」「YATSUI FESTIVAL」「京都大作戦」「ピエールフェス」「ROCK IN JAPAN FES」等々、多数の大型フェスやイベントに出演。11月には1stフルアルバム『We love Tank-top』でメジャーに進出し、オリコン週間CDアルバムランキングで初登場7位を獲得。“メジャー版”と題してMVをハリウッドで撮影したり、NHK「お母さんといっしょ」のエンディング曲をカバーしてサークルモッシュを起こさせたりと、常に遊び心満載のその破天荒な活動から今年も目が離せない。






女性の心理をリアルに描いた歌詞は“ミオラー”と呼ばれるファンを増殖中!

ミオヤマザキ

東京で結成された4人組ロックバンド。ミオヤマザキの楽曲をテーマに制作したプロモーションアプリ「マヂヤミ彼女」がApp Storeのランキングで1位を記録。「メンヘラ」「女に浮気がバレる26の法則」「水商売」など、恋愛に対するリアルな歌詞が特に女性からの圧倒的な支持を得ている。
2014年のクリスマスイブにシングル「民法第709条」でメジャーデビュー。4月1日には日比谷野外第音楽堂にてワンマンライブ“ミオヤマザキ ワンマンスレ「重大告白」”を開催する。

■今回の「Coming Up Artist2017」受賞の感想

この度は“Coming Up Artist 2017”にノミネートして頂きありがとうございます。
【本当に私たちで大丈夫ですか?】と未だに思っています。
きっと物好きな審査委員の方がいらっしゃったんですかね。
でも嬉しいです。
ありがとうございます。


■EMTG MUSIC にてレビューやライブレポートなどで取り上げさせていただいたことに際しての感想

私の趣味はエゴサでして、
EMTG MUSICさんの検索エンジンでも[ミオヤマザキ]でエゴサさせてもらったところ、今の所、“6件”しか取り上げてもらっていませんでした。

なので、今回ノミネートされたからには今年はもっとたくさん取り上げてもらえるとうれしいな。はーと。


■今後EMTG MUSIC に期待すること

こんな時代だからこそ、私は目の前で起きた事を信じたいです。
だけど目の前で起きた事、それだけでそれの全てを判断する事は難しいのも事実。

誰かの目の前で起きたことを出来るだけ知れる場所であってほしいなって思ってます。


■直近のリリース、ライブの告知

4月1日私達は日比谷野外音楽でワンマンをします。

私達の『重大告白』を聞きに来て下さい。


■2017 年の抱負

変わるものは変わる。
変わらないものは変わらない。
だから変化を恐れない1年になればいいと思います。
私も、みんなも、
こんなに生きづらい世の中でも、
あなたといられるその時だけは、
生きててよかったなんて思えたりします。
だから一緒にいられる時間を出来るだけ作れればいいなって思っています






GoogleのCM出演も果たした福岡発・ハイカラギターロックバンド

ポルカドットスティングレイ

地元・福岡を拠点に活動中のハイカラギターロックバンド。絶妙なバランスでキレのある絶妙なハーモニーを奏でるギター、小気味よいリズムを刻むベース・ドラムは必聴だ。また、憂いを帯びた妖艶な立ち振る舞いでギターをかき鳴らし、エモーショナルな歌声を披露するフロントマン・雫の存在もこのバンドの大きな魅力のひとつ。昨年はメンバー全員でGoogle AndroidのテレビCMにも出演し、話題を呼んだ。2月に開催予定の東名阪ワンマンツアーは全公演即日SOLD OUTとなっており、業界内外問わず、期待度の高さが伺える大注目バンドだ。

■今回の「Coming Up Artist2017」受賞の感想

大変光栄です!益々飛躍の年にして参ろうと思いました。


■EMTG MUSICにてインタビューを受けたこと、ライヴレポートで取り上げさせていただいたことに際しての感想

全員でインタビューを受けるのが初めてだったので、一同少し緊張しましたが、大変楽しかったです!


■今後EMTG MUSICに期待すること

またぜひ記事に登場したいです!そのときにはビッグニュースを引っさげて来られるように頑張ります。


■今後のリリース、ライブの告知

『ポルカドットスティングレイ 2017 TOUR 骨抜き』 ( 全公演、即日SOLD OUT!!)
2017年2月3日(金)名古屋池下CLUB UPSET
2017年2月4日(土)心斎橋CONPASS
2017年2月19日(日)Shibuya WWW


2017/2/25(土)東京・EXシアター六本木
TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL presents
「METROCK ZERO 2017」 supported by EX THEATER TV

【出演】 赤い公園 / 雨のパレード / GOOD ON THE REEL / ポルカドットスティングレイ

METROCK ZERO|メトロックゼロ: http://metrock.jp/zero/


■2017年の抱負

ズバリ、売れることです。2017年をポルカドットスティングレイの年にするのが目標です。






シーンを越え多くのリスナーに愛される“グッドサウンド”は必聴

LONGMAN

愛媛発・男女ツインボーカルのメロディックパンクバンド。2012年に現メンバーでの活動をスタートさせ、2014年には自主レーベル“BELDE RECORDS”を立ち上げる。心地良く耳に響き渡る息の合ったツインボーカルと、疾走感のある“グッドメロディ”は、常に聴くものにパワーを与えてくれる。2016年は、地元である四国で開催された「MONSTER baSH」だけでなく、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」「WILD BUNCH FEST」等様々なフェスにも出演し、11月2日にリリースした2ndフルアルバム『SO YOUNG』はオリコンインディーズチャート2位という過去最高位を獲得。メロコアシーンだけでなく、ロックシーンでの活躍も期待されている。






自分たちの感覚を信じ“DIY”の精神で勢いを増し着実に進み続ける4人組

感覚ピエロ

2013年に大阪で結成後、すぐに“Just Imagine. Just Idea.”を略した自主レーベル&マネジメント“JIJI / JIJI RECORDS”を設立。現在も自主プロデュースで活動を続けている。骨太で体を揺さぶられるロックサウンドのパワーは、ライブでその何十倍もの威力を増し毎年様々なフェス・イベントに出演。
昨年は「拝啓、いつかの君へ」が、宮藤官九郎が脚本を務めた日曜ドラマ「ゆとりですがなにか」の主題歌に抜擢されるなど、ますます勢いを増しているDIYバンドだ。

まじ、めっちゃ嬉しいっす、ハンパねえっす。
ハンパねぇ賞貰ったのでハンパねぇバンドになります。2017年しっかりよろしくお願いします。

横山 直弘 (Vo&Gt)


「Coming up Artist 2017」
ノミネートいただきました◎
あー、もーだいすき。

秋月 琢登 (Gt)



Coming up Artist 2017に我々感覚ピエロをノミネートしていただきありがとうございます。
僕個人としては良くも悪くもあまり周りに流されず普段通りのクオリティを上げつつ、感覚ピエロというバンドに励んでいきたいと思っておりますので今後とも応援宜しくお願いします。

滝口 大樹 (Ba)



First of all, I’m honored to be nominated for "Coming Up Artist 2017". Thank you.
I was surprised when I heard this story.
Really? Are we really?
I could not accept it.
However, as time passed, I began to realize.
"We were nominated."
From now on I will do my best not to forget this feeling.
Thank you.Thank you.
Thank you very much.

西尾 健太 (Dr / from:日本)







トップに戻る